月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 9 分で読了)

バイト先の後輩と浮気から始まった俺の青春物語Episode,4【クリスマス会】(1/2ページ目)

投稿:2021-09-14 00:28:00

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

聡◆V1eXcAA(埼玉県/20代)
前回の話

季節は本格的に年末に向かっていった。

一番の稼ぎ時。

予約でほぼ満席もこの時期は当たり前。空いた席にすぐ来店があったり、予約が退店時間と入店時間がほとんどないなんて、ザラにあった。

普段は優しい店長だが、この時期ばかりは殺気だっており、口調も荒くなる。

(怒られてるのは大体、林だが・・・)

そんな、今年も残すところ僅かになった迎えた、クリスマスイブ。

今日と明日の、この2日間だけは暇だ。

まぁ、こんな店にクリスマスには来ないだろうから。

店長が突然、クリスマス会をしようと言ってきた。

(ただ単に、みんなで飲みたいだけだろうが・・・)

彼氏・彼女持ちは不参加の権利が当たれられたが、俺、里帆、林は強制参加だった。

里帆と林はちゃんとした(?)恋人がいないので分かるが、俺はなぜ・・・?

店長に聞いたら、

「あぁ、お前の彼女さんも年末忙しいから、休めないだろ?大丈夫!落ち着いたら連休あげるからどっか行ってこい!!」

っと、言われた。

まぁ、確かにそのとおりだ。

ショッピングモールのアパレルで働く明美は、クリスマスは勿論、年末年始も忙しいので休みは取れない。

毎年会えない日が多くなるので、不機嫌なるのだが、頑張って働いてお金を貯めて旅行に行こうと言ったら、それ以来文句も少なく頑張っている。

(週1位では会うが、その分求めてくる量と回数が半端ない…)

そして浮気相手となっている、バイト先の後輩の里帆。

会うとしたら、バイトが一緒の日なので2人時間を過ごすのは、バイトが終わってからだ。

明美と会う日は基本休みの日なので、被る事はない。

里帆は家に来ても、自分の荷物は勿論、家中を掃除してくれたり、ゴミを捨ててくれたりと、痕跡は何も残さない。

ただ忙しく、どちらとも2人では会えない日々を過ごしていた。

クリスマスイブ当日。

店内は予想以上に静かで、いつもよりかなり早くみんなで帰ることが出来た。

みんなで店長の家に行った。

一人暮らしだが、広く部屋数の多い賃貸マンションに住んでいる。

そこには料理長の姿もあった。

店長より少し年上で、物静かなタイプ。

絶対自分から行くとは言わないので、店長がしつこく誘ったのだろう。

結婚してるのかは知らない。

男メンバーはアルバイトを含む5人、女子メンバーは里帆を含む3人だった。

深夜の飲み会がスタートした。

通常の人なら寝てる時間に開始。もう流石に慣れてきた。

店長が用意した、チキンや揚げ物などクリスマスらしい料理が並んだ。

お酒もオシャレにスパークリングワインだった。

仲間内で楽しい時間を過ごした。

かなりハイペースで飲んでたので、その場で寝る人もしばしば。大学生のアルバイトと林も沈没した。

グダリも見え始めたので、会は一旦終わり、休憩タイムとなった。

始発までまだ少しある。

電車で帰るメンバーもいたので、一旦みんな雑魚寝した。

料理長も始発組なので、座りながら寝ていた。

女子メンバーの寝床は、店長が別部屋を用意してたのでそちらに移動した。

里帆も帰らずに少し寝てくみたいだ。

俺も帰ろうかと思ったが、そのまま寝る事にした。

店長が電気を消し暗くした。

30分もしないうちに全員寝た。

店長のイビキがうるさい。

その時突然、むこうのドアがガチャッと開いた。

里帆が出てきた。

トイレかなと思い、顔を上げて見ようとすると、目の前にいた。

真っ暗の中、携帯の明かりだけなので、びっくりして声が出そうになったが、人差し指を立て口に当て(シー)のポーズ。

何事かと思ったら、いきなり俺の寝てる布団に入ってきた。

みんな寝てるとはいえ、マズイと思い、押し出そうとすると、携帯を見せてきた。

文字がメールの文章に打ってある。

「(少しで良いから一緒にいさせて・・)」

「(手繋いでて下さい・・・)」

・・・胸がキュンとする

布団を深めにかけ、里帆の姿を隠した。

抱きかかえながら手を繋ぐと、安心した表情に。

その後も、携帯を打ち込み、見せてきて、

「(手と頭いい子いい子はセット!)」

と、打ち込んであった。

はいはい、と思い頭を撫でる俺。

満足そうな笑顔の里帆。

5分もしてないと思うが、里帆が立ち上がろうとした。

満足したんだろう。

手を掴み、振り向いた所にキスをした。

驚いて目を丸くしたが、すぐに目を閉じた。

その後、口パクで

「(ありがとう)」

だけ言い、部屋に戻った。

(どういたしまして)

その時、誰かの咳払いが聞こえた。

びっくりして振り向くと、だれも起きていない。

電気も暗いし、よく見えない。

店長が寝ぼけたのかな?

俺もそのまま寝た。

起きたら、女性陣の姿はない。

里帆もいなかった。

林と店長はまだ寝ていたが、料理長の姿もなかった。

少し頭が痛い。家に帰ってまた寝よう・・・

年末はあっという間に過ぎた。

年も明け、年始は忙しいが、過ぎれば落ち着く。

そんなある平日。

今日は明美と一日OFF。かなり久々だ。

特に用事もなく、家に来たいというので、家に呼んだ。

時刻はお昼を少し前。

家のチャイムがなった。

開けると明美がいた。

合鍵は持ってない。以前渡す機会もあったが、

「持っていたら毎日来ちゃうから我慢する為に持たない」

からだと言った。今となっては正解かもしれない。

お昼は、ピザでも頼もうかと話していた。

寝転びながら、携帯でピザのサイトに入り探した。

「この前頼んだの何だっけ??」

俺が聞く。

「・・・・・・・・・」

すぐそばにくっついて寝ころんでいるが、明美の返事がない。

「ねぇ、聞いてる?」

そう言って、明美の方を見た瞬間、キスをしてきた。

多分、こっちを見る瞬間を待っていたのだろう。

「ねぇ、エッチしよ・・・?」

最近どちらともしてないので、俺もムラムラしていた。

すぐさま発情モード。

俺は頷き、もう一度明美にキスしながら、態勢を変えていく。

段々と押し倒していき、上に覆いかぶさるような体勢で上から激しくキスをした。

舌を入れると明美も舌を絡めてきて、お互いの口の中で絡まりあう。

呼吸が苦しくなる程だ。

一度キスを止め、明美を見る。

ニコッと笑った。

今日の服装は、クリーム色のニットのワンピース。

下から手を潜り込ませる。丈も短く、

膝から太ももへ、さするように段々と手を中に入れていく。

触れるか触れないかの微妙なソフトタッチ。

「あん・・・」

「すごいやらしい・・・」

明美は、目を閉じ、手をグーにして口元に持っていく。(爪を嗅ぐような感じ)

明美が感じている時のしぐさだ。

すぐパンツまでたどり着いた。

内またを引き続きソフトタッチで触る。

ギリギリまで攻めるが、また戻ってくる。

「さ、聡くんエッチ・・・」

「こんな事されたら・・・」

「私・・・、興奮しちゃうよ・・・」

しかしまだ止めない。

明美の段々と大きい声で喘ぎ始めた。

「あんっ!!」

「あん・・・もうやばいよ・・・」

「お願い触って・・・!!」

そのままお尻辺りを触った。

直に感触があった。

Tバックだ。

少し驚き、明美を見ると、俺の感情に気付いたのか、いたずらっぽい笑みを浮かべ、ペロッと舌をだした。

少しずつ、ワンピースを上にあげていく。

赤い下着が目に止まった。

そのままパンツの上から明美の陰部を指でスーっと触る。

よく見ると、穴付近がパンツ越しでもわかる位に、楕円形に染みてきている。

思わず息を呑む。

「あん・・・もう、エッチ・・・」

まだ手は、口元にあった。

下からそのまま脱がし、下着姿に。

上下赤いセクシーな下着。

下のTバックもそうだが、ブラも面積が少なめ。

乳首が見えそうだ。

興奮も最高潮。

俺はブラの上から激しく明美の胸を揉む。

上下に激しく揉んだので、乳首が時より見え隠れする。

「あんっっ、ダメんっっ」

「聡くん・・気持ちいいよんっ!」

そういいながらも、ギンギンになった俺のアソコをズボンに上からさすってくる。

その次はブラを外し、直で揉む。

揉みながら乳首を舐めた。

明美の乳首はもうビンビンだった。

豊満な胸にしゃぶりつく。

ビンビンの乳首を舐め回した。

舌でぺロペロ舐める度に、俺の頭を抱きかかえながら喘ぐ明美。

「あんっっっ!!」

「だめんっっ!!」

「乳首でイッちゃうよぉん!!」

「ずっと・・・」

「こうして欲しかったんだよ・・・?」

明美に胸の前で抱きかかえるから、呼吸がしづらい。

やっと解放された。

もう少しTバック姿を見ていたがったが、我慢できずに、パンツを一気に脱がした。

キスをしにいく俺。

そのまま明美の膣内に入れる。

最初は焦らそうと思ったが、もうそんな余裕はない。

もうビチョビチョ状態だったので、一気に奥まで指を挿入した。

「あんっっ!!だめっんっっ!!」

「あんっっ、もっと優しくっっ」

「あん、あんっっっ」

間髪入れずに次は指を2本入れ、素早く腕ごと動かした。

「あんっあんっあんっっ」

「さ、さとしくぅんっ」

「あん、今日はげしいぃんっ」

「あんっ、あんっ・・・」

「き、きもちいいぃんっ!!」

「あ、あんっ、もうだめ・・・」

「いく、あんっ」

「い、いっいくぅぅんっっー!!」

壊れたのかと思うぐらいに、ビクビク動いた。

はぁはぁと、息をする明美。

まだまだ終わらない。

そのまま明美の股を開き、陰部を舐めた。

愛液で洪水状態だったが、明美の好きなクリを責める。

「あんっっ」

「聡くん、ダメんっっっ」

「イっちゃったばっかだよんっっ」

「もうおかしくなっちゃうーっ」

「あんっ、あんっ」

「もうだめーーっっ!!」

叫び声のように喘ぎ、すぐまたイかせた。

さすがにぐたっとする明美。

少し休み、俺の服を脱がしてきた。

「さっきのお返しね♡」

そう言って、俺を仰向けに寝かすと、一気に咥えた。

唾液を多めにして、ジュボジュボといやらしい音が響く。

頭を上下に動かす。ショートの髪が揺れる。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。