【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

官能小説・エロ小説(約 4 分で読了)

【評価が高め】いつのまにか高校で憧れの的になっていた、陸上部の妹と僕との話

投稿:2024-03-02 22:29:50

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

DanDan◆USIFFpA

僕の妹は高校で陸上部に所属している。

短距離走者の妹は、インターハイへの出場を目指すエースだ。

スレンダーな体型と、女優並みの美しい彼女は学校でも一番の憧れの的になった。

しかし最近はスランプなのか、浮かない顔をしている日が多くなった。

僕はたまたま妹が、3年生の教室に来ているのに気がついた。

周りの男子達がざわめいたからだ。

「おおっ、美佳どうした。」

すると妹は僕に駆け寄って来て、腕を組んだ。

わが妹ながら、美しい彼女が僕に胸を押し付けてくるとドキドキする。

「あのね、先輩に届け物なの。何か騒ぎになっちゃって困っちゃった。お兄ちゃん、ちょっと助けて!」

僕は一年生の校舎まで、妹を送って行く事にした。

「最近タイムが上がらないの。コーチと一緒にいろいろ考えてるんだけどね」

それで妹は最近浮かない顔をしていたのか。

「あのね、空気抵抗を減らすために、ウエアを少しでも薄くしたら良いかもって言われて。お兄ちゃん、これ見てよ」

妹は周りに人がいないのを確認すると、いきなり僕にスカートをめくって見せた。

そこにはまるでビキニのような形のウエアショーツがあった。

「実はね、インナーも履いてないの」

僕は妹に着るのをやめるよう説得した。

確かに最近の女子陸上は、ウエアの面積が小さくピタッとなっている。

しかしこれは少しやり過ぎじゃないか。

僕は大事な妹をこんな姿でみんなの前で晒したくはなかった。

「でもこれで走れば少しでもタイムが稼げるなら・・わたしやるわ」

その日から、陸上部の練習には、人だかりが出来始めた。

妹は、スポーツブラのような上着に、ビキニのショーツを着けていた。

しかもインナーを着けていないばかりに、ショーツの前から割れ目の形がクッキリと浮かんでいる。

妹は屈伸運動のあと、股間を広げて片足ずつ関節を伸ばし始めた。

男子たちの視線が集まってざわめきが起こった。

「おい、はみ出てるんじゃ無いか?」

周りから囁く声が聞こえた。

目を凝らすと、ビキニの隙間から少しだけ何かがはみ出しているように見えた。

僕は慌てて妹に駆け寄って、ウエアを直すように言った。

すると妹は無防備に足をガニ股に開いて、僕の前で股間のはみ出しをチェックしたのだ。

「チェっ、バカ兄貴の野郎」

男子たちが不満を垂らす声が聞こえた。

その後、日を追うごとに妹のウエアの面積はどんどん小さくなって行った。

いまや股が鋭くV字に切れ上がり、尻の半分以上が露出してしまっていた。

そしてある夜に、僕は妹を部屋に呼んで注意した。

「美佳。今のウエアを着て僕に見せてみな」

彼女は素直に従った。

すでに妹のウエアは、マイクロビキニとも言える大きさにまで縮小していて、かろうじて割れ目が隠れているようにしか見えない。

「お前、コーチに騙されてないのか?」

妹はハッとした表情になって、僕を見た。

「そ、そう言えば・・。最近よく触られてる!」

聞くと、姿勢の矯正だとか何とかで、胸だとか、股の間に手を入れられるらしい。

「今日なんて、中にに手を入れてきて、直接指で胸とアソコを触られたの。ウエアが小さいせいかな」

僕は驚いた。

この美しくて可愛い自慢の妹が、直接手であちこちを触られたのか。

僕は悔しくなって、どんなふうに触られたのか、教えるように妹に聞いた。

すると妹は、おもむろに僕の手を取って、下着の下にもぐらせ、乳首を触らせた。

「お兄ちゃん。こ、こんな感じにされたの・・はあっ、何か恥ずかしいね」

妹の小さな乳首が徐々に固くなって来ているのがわかった。

「ああんっ。お兄ちゃん。あんまり動かさないで。くすぐったいけど、何か先っぽが変な感じ」

妹は顔を赤らめながら、美しい顔で僕を見つめている。

「あとね、下の方はこんな感じに・・」

妹は僕の片手を掴んで股間の方に持って行くと、ショーツの中に入れて直接割れ目の上をなぞった。

「ああっ、いやん。そ、ソコは感じるとこ」

僕は、自分から指を動かして、割れ目の奥からクリトリスにかけて、丸く円を書くように、少し強めに押し込んでみた。

「あっ、ああんっ。お兄ちゃん、それだめえっ!」

妹は背筋をピンと伸ばして、一瞬ブルブルっと震えた。

もしかすると、妹はすでに逝くという感覚を知っているのだろうか。

「美佳。ひょっとしていま気持ちよくなった?」

美佳は軽く僕の頭を叩いて、膨れっ面をした。

「お兄ちゃん、わたしいま軽く逝っちゃったよー。だって、いつもはお兄ちゃんを思って自分でしてるのよ。リアルで触られたりしたら、マジで気持ちよくなっちゃうよー。」

妹は、さらに強い視線で僕を見つめて来た。

そして僕が視線を外せずにいると、ついに彼女はそっと僕に唇を重ねて来たのだった。

「はあっ、ああ。お兄ちゃん、好きよ。昔から大好き」

妹の割れ目が、突然洪水のようにあふれて来た。

そして彼女は、僕に舌を絡めた大人のキスをして来たのだ。

「お、おい。お前こんなキスどこで・・」

妹は僕が言い終わらないうちに、また激しくキスをして来た。

「いつもぬいぐるみとかで練習を・・ハハっ。けどホントは、お兄ちゃんが寝てる時にもいっぱいしてるんだけど、気が付いてない?」

僕は一度寝ると何をされても起きないのだ。

「わたしのファーストキスはお兄ちゃん。」

そしてまた妹は僕の唇に舌を押し入れて来た。

「ねえ、お兄ちゃん。もっと逝かせて。美佳のアソコを触ってもいいよ。学校の人気者のアソコだよ!」

僕はついに美佳を全裸にしてしまった。

形の良い胸の先には、まだ小さな乳首が恥ずかしそうに、ちょこんと付いていた。

しかし妹は信じられないほど足が長い。

そして股間を見ると、何故かツルツルに仕上がっていた。

「あのね。今日全部コーチに剃られちゃった。なんかタイムが縮まるんだって」

妹は半泣きの顔で言った。

そんなのコーチの嘘に決まっていた。

僕は素直に人を信じる妹が可哀想になり、彼女のカラダをぎゅっと抱きしめた。

そして僕は、妹の乳首とクリトリスを優しく撫で回したのだ。

「ああんっ。気持ちいい。やっぱりお兄ちゃんが好き」

僕は妹の乳首を舌で転がしたあと、クリトリスに唇をつけた。

「はふんっ、そこっ。いやあんっ!」

妹の割れ目から、愛液がどっとあふれて来た。

僕はさらに動きを激しくして、妹のおまんこの入り口に舌を抜き差しした。

すると、ついに妹の声が切羽詰まってきた。

「あっ、あっ、ああっ。なんか来る。だめえっ。い、逝くうっ!」

妹が逝ったと同時に、割れ目の奥から何かがプシューっと飛び散った。

「あはっ、ゴメンお兄ちゃん。何か出ちゃったよー」

僕は、妹の吹いた潮でびしょ濡れの顔を彼女と見合わせ、思わず笑ってしまった。

そのあと、僕はコーチを問い詰め、結局彼は学校を辞めてしまった。

妹は今日もトラックで練習に励んでいる。

「お兄ちゃん!」

逆光の中、キラキラ輝く髪の毛の中で、妹が僕に微笑みかけた。

僕はこの先のも、妹の素敵な笑顔を守って行こうと心に決めたのであった。

この話の続き

ついに僕の妹のインターハイ出場が決まった。あの男性コーチが学校を辞めたあと、代わりの新しい女性コーチが妹を出場へと導いてくれたのだ。しかしひとつだけ問題があった。妹の陸上ウエアが、以前のように薄くて小さなままなのだ。僕はコーチに文句を言った。しかし彼女は取り合わなかった。どう…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:12人
いいね
投票:27人
文章が上手
投票:10人
続編希望
投票:32人
お気に入り
投票:14人
名作
投票:6人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:101ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 2回
  • 41回
  • 237回
  • 3,843回
  • 6,218位
  • 2,910位
  • 2,298位
  • 2,974位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 4Pt
  • 69Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 1,179位
  • 1,565位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]