【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

官能小説・エロ小説(約 4 分で読了)

【評価が高め】いつのまにか高校で憧れの的になっていた、陸上部の妹と僕との話②

投稿:2024-03-03 12:49:00

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

DanDan◆USIFFpA
前回の話

僕の妹は高校で陸上部に所属している。短距離走者の妹は、インターハイへの出場を目指すエースだ。スレンダーな体型と、女優並みの美しい彼女は学校でも一番の憧れの的になった。しかし最近はスランプなのか、浮かない顔をしている日が多くなった。僕はたまたま妹が、3年生の教室に来ているのに気がついた…

ついに僕の妹のインターハイ出場が決まった。

あの男性コーチが学校を辞めたあと、代わりの新しい女性コーチが妹を出場へと導いてくれたのだ。

しかしひとつだけ問題があった。

妹の陸上ウエアが、以前のように薄くて小さなままなのだ。

僕はコーチに文句を言った。

しかし彼女は取り合わなかった。

どうやら高校陸連も認めてるらしい。

結局妹の周りには、毎日人だかりが出来る事になったのだ。

「なあ、やっぱりあれ・・」

隣でヒソヒソ話す声が聞こえた。

柔軟運動をする妹を見ると、やはり股間から何かはみ出ている。

僕はまた妹に駆け寄ろうとしたが、今度は友達に羽交締めにされた。

妹の開脚角度が広がり、結局彼女は多くの生徒にアソコの割れ目を晒してしまったのだ。

「おおいっ、美佳。脚の間。気をつけろーっ」

妹はまたガニ股でチェックした。

「あちゃー。いやあん。見ないでよー!」

彼女は美しい顔を真っ赤にして立ち上がると、内股で股間を押さえてモジモジした。

「クソっ、このバカ兄貴が!」

僕はまた後ろからドツかれた。

その日は、冬の割に春先のような暖かさで、部員たちはジャージを脱いでTシャツ一枚で練習していたのだ。

すると、妹の腋の下から、薄っすらと翳りが見える。

どうやら冬なので処理を怠ったのだろう。

「おい、あの腋見ろよ。すごくやらしいぜ」

僕はまた声を上げた。

「おーい、美佳。わき。わきのしたー!」

すると妹は、腕を上げて腋の下を覗き、真っ赤になった。

そして、彼女は僕の元にダッシュで駆け寄って来たのだ。

「もうっ、お兄ちゃん。大きな声で恥ずかしい事言わないでよー。余計目立っちゃってるじゃない、ばかっ!」

妹は可愛く僕のほっぺたをつねって、また走り去って行った。

そして妹は、トラックでクラウチングスタートの体制を取った。

すると何人かの男子の先輩が、妹のお尻の側へ寄って行った。

そして彼らは、よってたかって器具の位置を調整しながら、持ち上がった妹の股間をガン見している。

「やっぱりはみ出てるよな」

妹のアソコがはみ出しているのが、僕のところからでもわかった。

きっと先輩たちからは、モロに丸見えだ。

妹はスタートの合図と共に駆け出した。

しかし彼女は今日から上半身のウエアも変えていて、サイズが違うのか、走り出すとだんだんとズレ始めた。

「あ・・ああん。ズレるうっ!」

妹は慌てて走るのをやめたが、もうすでに2つの突起がウエアの下からのぞいていた。

周りの生徒がざわめいた。

「ひゃーあん。やだあっ!」

妹は慌ててウエアを下ろしたが、もう遅かった。

結局その日、僕の妹は生徒たちの前で、乳首を晒してしまったのだった。

家に帰って、僕は妹に説教した。

もう少し注意深く練習するように、言うと、彼女は素直に頷いた。

「お兄ちゃん。あ・・あのね。美佳、乳首がおかしいの」

妹は突然恥ずかしそうに、驚くべきことを言い出した。

「もしかして今日見られ過ぎたからかなー。固くなったまま直らないの。お願い、ちょっと見てよー」

彼女は僕の返事を待たずパジャマをめくると、小さくてピンク色の乳首をペロンと取り出した。

確かに先っぽが固く尖ってしまっている。

「たぶんウェアでこすれておかしくなっちゃったんだろ。変かどうか確かめてやるよ」

そう言って僕は妹の背後に回り、組んだ膝の上に彼女の頭を乗せて仰向けにすると、微妙なタッチで彼女の乳首を触り始めた。

「あ、あん・・おにいちゃん。あっ・・あふっ」

妹は息を荒くして喘ぐと、カラダをくねらせた。

僕はしつこく乳首だけを触り続けた。

触れたり、触れなかったり、急に乳房を揉んだかと思うと、乳首の先をスッと撫でたりする。

「ああっ、だめ。だめだよお兄ちゃん。おかしくなっちゃう。乳首おかしくなるよー」

妹のアゴが上がってのけぞり始めた。

急に体が熱くなって、たちのぼる香りが少女から女の匂いに変わってきた。

僕は手のひらを広げて、妹の両乳首の先っぽを、DJがレコードを回すようにサワサワと触れ続けた。

「あっ、あっ、ダメ、だめっ、気持ちいい・・ああっ、お兄ちゃん。乳首がもう。乳首イキするかも・・いやあっ、ちくび逝くうっ!」

妹のカラダがブルブルっと震えた。

しかし妹は、いつの間に乳首イキなどという言葉を覚えたのだろうか。

「はあっ、はあっ、友達に教えてもらって、実は毎晩しちゃってるの・・ハハハ。恥ずかしい・・」

妹は美しい顔を赤らめながら微笑んだ。

「お兄ちゃんを思い出しながらしてるんだからね!。好きよ、お兄ちゃん!」

妹は僕に軽くキスをした。

そして僕には、このまま一線を越えずに一緒にいられる自信が無かった。

「み、美佳。挿れていいかい?」

彼女は真っ赤にした顔を両手で覆って頷いた。

僕はゆっくりと妹に挿入した。

「あっ、お兄ちゃん。ゆっくりして。ちょっと痛いけど、だんだん気持ち良くなって来たよ」

乳首イキしたばかりの妹のカラダは、ずいぶん敏感になっていたらしい。

「あっ、あっ、変よ。ああっ。だめ気持ちいい。こすって。美佳の一番感じるところ・・」

僕はすでに限界になり、妹のクリトリスを優しく押し込んだ。

「あ、ああんっ。気持ちいい。来ちゃう。お兄ちゃん。ああっ、だめえっ。くうっ・・逝くうっ!」

妹のアソコから大量の液体が吹き出し、僕はたまった欲望を、あわてて彼女のおへそへ放出した。

「はあっ、はあっ。お兄ちゃん。抱っこして・・」

それから妹は、インターハイで入賞できた。

しかしそれと同時に、面積が少ない妹のウエアの、たくさんの中継録画と画像が出回ってしまったのだ。

僕が慰めると、

「いいよ。お兄ちゃんさえいれば!」

そう言って妹は、美しい顔でニッコリと僕に笑いかけたのだった。

この話の続き

美しすぎる陸上部員として、高校の中で憧れの的になってしまった僕の妹が、陸上部の合宿から帰ってきた。すると、彼女は家に着くなり僕の部屋に飛び込んできた。「ふえん。お兄ちゃん、わたし男子達と一緒にお風呂に入らされちゃった」僕は妹に事情を聞いてみた。最後の日、インターハイ出場の決まっている…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:10人
いいね
投票:32人
文章が上手
投票:7人
続編希望
投票:42人
お気に入り
投票:10人
名作
投票:5人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:106ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 28回
  • 209回
  • 2,847回
  • 0位
  • 4,374位
  • 2,652位
  • 4,280位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 5Pt
  • 64Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 858位
  • 1,684位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]