【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 3 分で読了)

評価:昨日21位

社内のしゃがみOL

投稿:2024-03-02 23:53:11

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

えろべえ◆OXeYJGY(30代)

とある職場での実際の出来事。

当時の私は30才前後でした。

当時の私は外回りの営業をしており、朝9時頃からお昼前まで外回りのため外出、お昼休憩をはさんで13:00頃からまた外回りを再開させるといったルーティーンでした。

職場には男性の営業が3人と、窓口の女性が3人程おり、管理者が2人といった人員体制でした。

窓口は制服姿で膝丈ぐらいのスカートを着用。ストッキングやレギンスを穿いたスタイルが多い中、とある30代半ばくらいの年齢の女性が、ストッキングやらを穿かずハイソックスのスタイルが日常で、小柄で細く、かなりO脚の体系をしていました。

その女性はO脚ということもあるのか、脚を開いてしゃがんで仕事をしている姿をたまに見かけることがありました。

「パンツ見えてないかな?」

と少しだけ気にはなっておりました。

ただ、いつもしゃかんでいる方向には大きな机があったので、スカートの中が見える事はなかったし、

「このご時世見せパンはいてるだろ」

と若くもなくそんなに綺麗な女性でもないし、そこまで気にしておりませんでした。

が、本店から職場内のレイアウト変更の指示があり、大きな机が撤廃され、荷物の置き場所も同時に配置換えとなりました。

毎日そのO脚の女性は本店から届く大きな鞄を開けて書類やら荷物やらの仕分けをするため、

地面に鞄を置き、ぱっくり脚を開きながらしゃがんで作業をするのですが、その本店から届く鞄が職場の真ん中に置かれることになり、

ちょうど私の席にむかって真っ正面に脚を広げてしゃがんでいる状態になりました。

それが私のお昼休憩が終わる13:00頃と重なり、私がふと外回りに出掛けてようと立ち上がった瞬間、

なんと、

私から3mくらい離れた位置で、私の方向に向かって脚を広げてしゃがんでおり、

「薄ピンクの生パンツ」

が丸見えになっている姿を目撃してしまいました。

しかもストッキングやらを穿いていないため、丸見えです。

そのO脚の女性は鞄から書類を必死で取り出して仕分けをしている為、私の視線には気付いておりませんでした。

私は一瞬立ち止まったものの、じっと見ていると不自然な為、残念ながらそのまま立ち去ってしまいました。

「こんな事なら座ったまま仕事をしてるふりをしてもっと見とけばよかった‥」と後悔。

ただ、興奮が収まらず、異常なほど勃起してた為、そのまま職場のトイレでオ◯ニーをしてしまいました。

そんなに綺麗な女性ではないものの、実際に目の前で思いっきり脚を広げて

「ピンクの生パンツ」

を見せている姿がパンチラフェチの私にとってはたまらないおかずとなりました。

次の日もそのまた次の日も、私はそのパンツの事が忘れられず、

「今日は生パンツかな?」と期待し、

同じ時間に脚を広げてしゃがんでいる姿を目撃しようとドキドキしながら待機をするのですが、見せパンも多く、荷物が届く時間がずれたりするので、会心のパンチラが見れる日が遠ざかっておりました。

そんなある日、いつも通り同じ時間にパンチラ待機をしていると、ついにチャンスが到来しました。

ちょうどまた私が職場にいる13:00頃、本店からの鞄が届き、こっちに向かって脚をぱっくり広げてしゃがみ、鞄を開け始めました。

その時です。

しゃがんだ瞬間に一瞬だけ

「薄緑」っぽいパンツらしきもの

が垣間見えました。

しかしその日は荷物が大きかったのか、ちょうど荷物の影に隠れてしまい、しばらく粘るも私からはスカートの中が見えない状態になってしまいました。

しかし、一瞬見えた「見せパン」ではないっぽい

「薄緑」「生パンツ」

かどうか何としても確かめたいと思い、

バレないよう勇気を出して書類を置きに行くふりをして歩いて近づいて行きました。

かなり近づき、その女性の横の棚に書類を置いた瞬間、斜め上ぐらいの角度から横目でスカートの中を確認しました。

すると、やはり一瞬見えた

「薄緑」「生パンツ」

そのものでした。

怖かったので一瞬だけしか見れませんでしたが、クロッチ部分まで確認でき、大興奮でした。

また我慢ができず、職場のトイレに駆け込み、思いっきりオ◯ニーをして昇天してしまいました。

もうその女性の「パンツ」の虜になってしまい、次の日もまた同じようにパンチラを見ようと待機するのですが‥

なぜか、その日以降、その女性は私からはスカートの中が見えないように、しゃがむ向きを変え、

私から見ると横を向いて鞄を開けるようになりました。

「もしかして、見てるのがバレたかな?」

が、それ以降、「見せパン」の日だけ私の方向を向いているのか、私の方向を向いて鞄を開ける日は必ず「見せパン」になってしまいました。

「生パンツ」の日だけ横を向いているのか?

わかりませんが、そう考えると

「またチャンスがないだろうか」と余計にムラムラしてきました。

「見せパン」と言いつつもかなり脚を広げて作業をしているので、ついつい見入ってしまいますが、また必ず「生パンツ」を見てやると内心燃えておりました。

職場が変わった今でも、たまに思い出してオナニーをすることあります。

忘れられない最高のおかずになったという話でした。

この話の続き

前回の話と同様、同じくO脚の30代の女性の話。一般的なOLの制服姿にハイソックス。タイツやレギンス等ははかずにスカートの長さは膝丈ぐらいでした。いつも思うのですが、なぜ女の人はパンチラの危険性があるスカートを好んで履くのでしょうか。これも実際にあった話で、当時の私はま…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:0人
いいね
投票:6人
文章が上手
投票:0人
続編希望
投票:10人
お気に入り
投票:2人
名作
投票:0人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:18ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 10回
  • 50回
  • 690回
  • 3,176回
  • 1,482位
  • 2,349位
  • 744位
  • 3,775位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 8Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 6,360位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]