月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 5 分で読了)

52歳バツ2の熟女さんと女将さん⑥

投稿:2021-09-28 19:03:55

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

ゴムなし◆QSOCMCQ

「近くでいいの」って女将さんが言うので、車で1時間くらいの農協と漁協がやってる直売場へ行ってきた、

お昼を食べてお店に帰ると3時過ぎでした、駐車場に車を止めて中に入ると二人でアーリーレッドを切っていた、

水にさらして小さなタッパーに入れていた、「小分けにしたほうが、長持ちする気がして…」

(ふ~ん、…そんなものか)。

別にすることもないので、カウンターに座って見ていた、疲れていた、

「…きみ・きみ!、…ここで寝ないでよ!」「…んん…?」ウトウトしていた、

熟女さんが隣にいて肩をゆすっていた、(あれ…寝てたか…)、「二階に上がって寝てな」

そうさしてもらった、冷蔵庫から缶のハイボールっぽいリキュールを一本貰って飲んでると寝てしまってた。

気がつくと二人が下着姿で飲んでいた、(…あぁ~寝たなぁ…、裸族かよ?)、

「きみ、寝汗、スゴイよ」隣にいた熟女さんに言われた、寝転んだままおでこを触ってみた、(…確かに)、

「シャワー浴びてきたら?」熟女さんに言われて起きようとしたが、起き上がれない、

「ゴメン、…起き上がれない、起こして」腕を伸ばすと手と肩を持って起こしてくれた、

「きみ…太り過ぎじゃないの?」、ウンん…お腹は出てきている、「シャワーあびたら?」女将さんも言ってきた、

「はぁ~…洗ってくれる?」熟女さんに言ってみた、「自分で洗いなよぉ~」

「…洗えそうもないんだ」熟女さんにおでこをパシンと叩かれた、「こんなに元気なくせに」

(イタッ!、…あれ…立ってる)…でも、そんなの関係なかった、身体が動かない。

「眠い…」「しかたないなぁ~」熟女さんに脇の下に手を入れられて、引きずられて風呂場に行った、

後ろにいた熟女さん「ホラ、脱いで」、座ったままシャツを脱いだ、下着をはぎ取られて、「立って」

また脇に手を入れられて立ち上がった、ズボンを脱がされた、「臭~い」(お二人のために運転したんだもの…)、

「…でも、慣れたかも?」「…そうなの?」「最初は驚いたよ…きみのは、アンモニア臭と汗臭さと、あれの匂いが濃いから…」

「他の人と比べて、…どう?」「…忘れちゃったけど…チンポそのものから出る体液かも?」

女性の膣の体液みたいなものだろうか?、女将さんが入ってきた、「どうしたの?、…まだ浴びてないの?…不思議」

パンイチの男の後ろに、下着姿の女が立っている、そりゃ不思議だろう。

女将さん、パンツを脱ぐと便座に座ってオシッコ始めた、ジョーッジョー…って、

(…?…長くないか?)女将さん、まだオシッコしてる、熟女さんが両手を入れて触ってきた、「固くなってるよ」それはわかっている、

オシッコが終わった女将さん、上の下着を脱いだ(シミーズかスリップ、キャミソールかなんだか…解りませんが?)、

薄っすらとブラジャーをしていた跡が残っている、裸になった女将さん、シャワーを浴び始めた、

ずっと玉をもんだり、皮をむいたりカリをこすったりしている熟女さんに、パンツを脱がされた、

(なんか、積極的だなぁ)熟女さん、背中から抱き付いてきた、向き合ってキスした、「ねぇ、○○も脱いでよ」

肩の紐をずらすとスゥっと落ちた、熟女さんが竿を持って、パンツの中に入れた、

「…したいの?」黙って股の間でこすってる、ヌルっとしてる、眠気はどっかいったけど、けど疲れている、

「座っていい?」「えっ」、便座に行って座った、熟女さんが目の前にじゃがんで、股をひらかれた。

股の間ににじり寄って来た、皮をむくのに合わせて根元まで咥えてきた、(雌だよなぁ…、)、

ズゥーズゥッって音をさせながら上下してる、「ちょっと待って」熟女さんの頭を持って口から外した、

「?」って顔して見てきた、「出そうなんだ」「…イイよ、飲んだげる」「…違うんだ」「…なにが?」「…あれじゃなくて、…オシッコが…」

熟女さん笑った、「イイのよ、そっちも飲んだげる、…何度も飲んでるじゃない」

ふと、俺たちどんな関係だろう?、…って思った、女将さんが出てきた、頭を洗ったみたいで髪が濡れている、チラっと見て笑ったけど、洗面台のとこに行って、身体を拭き始めた、

(どんなふうに思ってんだろ?…)「お風呂場に行く?」熟女さんに手を引かれて、風呂場に連れてかれた、

湯舟に腰かけると、ひっくり返りそうになって、熟女さんに抱きかかられた、「頭打ったら死んじゃうよ!」、そうかもしれない、けど…だるい。

熟女さんに抱き抱えらえたまま床に座って、湯舟にもたれかかった、ガァーって、ドライヤー使う音がしてきた、

熟女さんに足首を持たれてⅯ時っぽくされて、熟女さんがまたがってきた、(…?)「きみ…これが好きでしょう…どう?」、(どう?…って)、見慣れたピンク色のマンコです、

ホントに52歳か?…って思うような綺麗なマンコです、「こうやってオシッコするの好きでしょう・」って、

(あぁ、…あれかぁ…)「かけてやる」そお言うと熟女さんがオシッコをし始めた、

おヘソの上辺りに飛んできた、黄色くて生暖かい、オシッコが玉にまで垂れてきた、

笑ってる「…いっぱい出る」「…ガマンしてたの?」「そうよ、…きみにかけたくて」

「今、どんな気持ち…?」「…きみ嬉しいよね?…違う?」「…どうだろう?」、熟女さんが出し終わった。

そんな気は無かったけど、熟女さんのオシッコに刺激されたのか、したくなってきた、

「出すよ」熟女さんコクンと頷いた、「キャッ!」熟女さんの首の辺に飛んでった、

熟女さん少し前かがみになって舌を出した、勢いがなくなってくると、体勢を四つん這いに変えて竿を咥えた、

ジュボジュボって音をさせながらフェラしている、最後手に持って絞り出すように吸われた、

唇を離すと液体がたれた、顔を近づけてきた、「言い方忘れちゃったけど、おしっこフェラだよ」

そお言うとキスしてきた、力が出なくてされるがままでした、少し苦くてしょっぱい、

「これがきみの味だよ」、もう一度キスをされて、しごかれながら上唇、下唇を舌でベロベロと舐められた。

少しずつ力が戻ってきた、立ち上がると竿や玉を舐め始めた、女将さんがブラシを使いながらこっちを見てる、

(この人…童顔だなぁ…)、とてもオシッコ飲んだりアナルをするようには見えない、

熟女さんが咥えてきた、女将さんが近づいてきてキスしてきた、「…しょっぱいよ」

「…知ってるよ」「…あたしのも飲んでみる?」「それはまだムリ…」笑ってる、「…もうすぐよ」

「あぁ…出そうだよ」「どっちが?」「…あれが」、熟女さんの頭を左手で押さえて腰を振った、

ウッウッウッって苦しそうにしてる、奥まで押し込んで射精した、熟女さんイヤイヤって首を振っている、

勢いも量も多くないが、ゆっくりと出た、引き抜くと床に手を付いて、グェグェってえずえずいてる、

「ちゃんと出たね、…まだ固いよ」、女将さんがしごいてきた、笑ってる「ヌルヌルだよ…」

湯舟に腰かけた、「きみ…疲れてる?」「…あぁ…」「…いいよ、身体洗ったげる」

そお言うと椅子に座らされて洗われた、大根かなんか洗っているようでした、お尻の穴に指を入れられて洗われた、

(…今、…開いてるのかなぁ?)…やっぱり感じない。

「さあ、こっち」って女将さんに言われてバスタオルで拭かれて、部屋に戻った、

眠気はなくなったけど身体がだるい、「飲める?」女将さんがハイボールを作ってくれた、

「…ありがとう」、飲めた、お店の味がする、女将さんが作ると美味しい、…気がする…だけか?、

半分くらい飲んだ…と思う、…寝てました。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]