月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 8 分で読了)

評価:年間3位

【高評価】
【テレワーク】急なリモート会議!石原さとみ似の後輩からWEBカメラの設定を頼まれたので俺のスマホから

投稿:2021-01-29 05:20:16

人 が閲覧中
本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

桜木旬◆EmYoF1U(大阪府/20代)

昨今のコロナの影響でうちの会社でもテレワークとやらが始まった。

詳しい職種なんかは控えさせてもらうが、俺は普段外回りをしているので

…俺のテレワークはめちゃくちゃ暇である。

簡単なデータを抽出したり、顧客の整理したり……それも1時間もあれば終わる程度。

その代わり、普段はめちゃくちゃこき使われてるので、

上司も「この自粛期間は充電期間だと思って空いた時間はゆっくりしといてOK」って感じだった。

数日してリモート会議をすると部署のグループLINEで連絡が回ってきた。

PCでこのソフトインストールしてああだこうだと

リモート会議をするにあたり、こういう準備しとけよという説明資料が添付されていた。

添付の資料によれば…

使用してる社用PCに内蔵カメラがない場合

チームのリーダーに報告し、リーダーはその結果を総務に報告するとある。

その報告を受け、総務が外付けのWEBカメラを発注し、

該当者には後日、自宅にWEBカメラが送られてくるという流れらしい。

俺はチームのリーダーである。

チームは俺を除くと5名いるが、確認をすると

内臓カメラなしのPCを使っている数は5名中3名もいた…

うちのチームだけでも半分の人間のPCにカメラがないなんて、

経費でそんなにカメラ購入して大丈夫かよ…と少し心配になりながらも

俺には関係ないので総務にその旨を報告。

それからさらに数日が経ったある日、

チームの石崎みさとから電話で連絡があった。

「お疲れ様です、石崎です」

「おお、どうしたー?」

「あの先輩…今日カメラが届いたんですけど…」

「ああ、あの総務で発注するってやつだっけ?どんな感じ?」

「はい、いや~今やっているんですけど、私コンピュータには疎くて…」

「取説とか付いてない感じ?」

「いやそれが、見てるんですけど、日本語じゃなくて…」

「ああ、そういうことか…」

「先輩わかります?」

「え?何語(笑)?」

「多分、英語だと思うんですけど…(笑)」

「いや、分からんな!(笑)」

「ですよね~…」

「まぁ、でも、取説見なくても、なんとなく分かると思うしやってやろうか?やったことないけど…」

「え!?いいんですか?」

「うん、まぁ…暇だし…出来なかったら、俺から山寺(PC詳しい奴)に丸投げするわ(笑)」

という訳で、俺んちからバイクで15分くらいの石崎の家へ…

既にお気づきだろうが、

この体験談のタイトルにある「石原さとみ似の後輩」とは石崎みさとのことである。

石崎は俺よりも五つ下で24歳の2年目。

入社時の半年間、教育係として俺が彼女の指導役を務めてあげ、

かつ彼女が我がチームに配属されたということもあって

よく飲みにも連れ回しているし、そこそこ親しい仲ではあると思う。

少し生意気な部分もあるが、何よりルックスが俺好みであり、

後輩として普段から結構、溺愛している(笑)

後輩としてとは言ったが、仕事上の立場や直属の部下というしがらみを抜きにして

下心全開の気持ちを言えば、今一番、肉体的な関係を結びたい相手である。

ということで、彼女のスペックを改めて紹介しておく。

名前:石崎みさと

年齢:24歳

身長:160cm程度

体系:ほどよい肉付きのやせ形

髪型:暗めの茶色、肩を越える程度の長さ

胸:巨乳(ニットなどを着ると結構目立つ程度※推定D~E)

その他特徴:目が大きい、唇がいつも潤っている、

尻が結構でかい?(スーツ姿の時はお尻プリプリな印象)

社内での人気も結構高い

以上

普段のオフィスカジュアルやスーツ姿ではなく私服の石崎。

そして、ワンルームのマンションの一室…

めっちゃ狭い部屋で建物自体が古いせいで、生活感溢れる印象だが、

それなりに綺麗に整頓されていて、女子の香水っぽい匂いがほのかに香る…

そんな彼女の部屋で二人きり…

意識してしまい少しドキドキした(笑)

本題のWEBカメラの設定はと言うと、

ネットでサイトを調べたら、日本語で取説が載っていて、

それを観れば、無事設定が出来そうである。

そして設定を進めて行く中で専用アプリをインストールすれば

スマホでどこからでもカメラの映像を確認することが出来ることが判明した。

「あっ!これ…」

「…どうしたんですか?」

咄嗟に石崎にそのことを伝えそうになったが、

寸前で悪知恵が働き、専用アプリの在は石崎には伏せておいた。

PCとカメラの設定を無事終えた後、

取説サイト自体は、俺のスマホで個人的に見ていたので、

そのまま作業を続行し、その場で専用のスマホアプリもインストールし、

俺のスマホの設定も完了させた。

もうこの時点で、期待と言う名の妄想が膨らみドキドキが止まらなかった。

それもこれも、馬鹿な総務に感謝!感謝!である。

というのも単純な安いWEBカメラではなく、

ネットワークカメラを発注してくれていた。

知らない人の為に簡単に違いを説明しておくと

WEBカメラとはビデオチャットなどをするためにパソコンと繋げて使うもの。

一方のネットワークカメラも、ビデオチャットで使えるが、その本質は

撮った映像をネットワーク経由でパソコンとかに送ってくれるカメラ。

つまり主な用途は監視カメラなのだ。

しかも、総務の馬鹿が発注したのは

その中でもそこそこ多機能なネットワークカメラだった。

・専用アプリを使いスマホでどこからでも映像が確認できる。

・専用アプリからカメラを操作でき、左右の水平移動(パン)、上下の垂直移動(チルト)、ズームアップ機能が付いている。

・動体検知(映像に動きがある場合のみ撮影してくれる)機能が付いている。

・撮影された映像はクラウド上に1週間保存されている。

・光が一定レベルより暗くなると赤外線暗視カメラに自動で切り替わる(白黒映像)

つまり、単純にカメラを通して覗きが出来るというだけではなく、

リアルタイムならカメラを好きなアングルで見れてしまうということ!

リアルタイム以外は固定映像となるが、

1週間前まで遡り映像を見ることが出来る上、

もし石崎が彼氏なんかを連れ込み部屋でセックスをした場合、

部屋が暗くても暗視カメラでその様子を見ることが出来てしまうのである。

ちなみに、黒いドーム状のガラスの中にカメラがあるので

近くでよく見ないとカメラが動いてるかどうかは分からない。

念のためその場でテストも行ったが、特にカメラが動く駆動音なども気にならない。

しかも、何画素かは知らんが、画質もなかなか鮮明で申し分ない。

俺は爆発しそうなほどの興奮をどうにか抑え、その場をやり過ごし、

全ての設定を終わらせ、さっさと石崎の部屋を後にした。

駐車場まで見送ってくれたので、

そのまま、しばらくバイクを走らせたが

どうにも気になって近くのコンビニで停車。

早速アプリをチェックすると、部屋に石崎の姿はなく

数分後、部屋に戻って来た石崎を確認することが出来た。

しばらく見ていたが、特に何かが起こりそうな気配もないので、

ひとまず家路を急ぐことにした。

こんなことを言うとかなりストーカーじみているが…

家に帰ってからはカメラの映像が気になって仕方がなかった。

ゲームしながら、数分置きに、映像をチェック。

撮り溜めしていたTVの録画を観ながら、数分置きに、映像をチェック…

座椅子ソファでくつろぐ、ただの石崎を観ているだけで何回かシコッた(笑)

見られているとも知らず、普通に屁をこいたり鼻をほじったりするだけでも最初はヌケた…(笑)

ちなみに石崎の部屋はワンルームで、6畳~7畳程度。

カメラはPCと一緒にテーブルの上に置いている。

カメラからの目線で簡単な間取りを説明すると

正面に座椅子ソファ、右手にベッド(マットレスのみ)、左手に玄関と扉がもうひとつ…

これは後々分かったが、もうひとつはバスルームだった。

そんな覗き見生活初日

22:00頃、1時間ぶりくらいにスマホでカメラの様子をチェックすると、

膝下から腰下あたりまでが映っており、なんと水色のパンティ一丁の姿の石崎が目の前に立っていた。

急いで、カメラアングルを操作し、もう少し上を移すと、上半身はおっぱい丸出し。

首からタオルをかけており、髪が濡れていたので、すぐに風呂上りだと分かった。

カメラの画質が良いおかげで、少々ズームアップしてもそこまで画質が崩れることはなく石崎の下着姿や巨乳を堪能した。

しばらくするとキャミソールっぽいシャツやショートパンツなど服を着始めたので、記録済の映像を遡る。

カメラ前でおもむろに服を脱ぎ、陰毛をさらけ出す石崎の姿が映し出され、初日から何度もヌキまくった。

二日目も終始、石崎の動きを気にしながら生活していた。

この計画を思い立った日からひとつ、ずっと期待していることがある。

それは、石崎がオナニーするところが見れるのではないか…

そもそもオナニーをしているかどうかさえも分からないが、そんな期待が常に脳裏にはあった。

三日目くらいからは、スマホを何回もチェックするのは煩わしいので、イヤホンをして常に音だけを聞いていた。

何か変化があれば音で分かるので、コンビニに行くときも、ゲームをしている時も、石崎の部屋の音だけ聞いていた。

そして遂に五日目になって、念願の瞬間は訪れた。

時間は16:00くらいだった。一瞬「アンッ…♡」という艶っぽい喘ぎ声のようなものが聞こえたような気がしたのですかさずチェック。

座椅子ソファによっかかり座っている石崎が目を閉じ指を口元に添え、上を向いていた。

口元にある指と反対側の腕が何やらもぞもぞと動いているように見え、カメラを少し下に向けてみると

部屋着用の薄手のショートパンツの上から、アソコをこねくりまわすように自らを愛撫する手が映った。

脚をM字に開脚させ、グイングインと慣れた手つきで円を描くようにアソコの上で指を動かしている。

次第にハッキリと喘ぎはじめ、イヤホンから音漏れするほど耳元で「アンアンッ♡」という声が響いていた。

カメラの向こうの、石崎みさとの手つきに合わせ、俺も自分のあれをしごいた。

石崎はオナニーを続けながら、器用に口元にあった方の手を使い自らズボンと下着を脱ぎ下すと、

喘ぎ声に交じり、クチャクチャとアソコをいじくる音も拾われ始めた。

普段一緒に仕事をしている石崎と、いま目の前で下半身を丸出しにして悶絶する女性が同一人物だとは思えないような…

なんとも言えない不思議な気持ちにもなったが、まぎれもなく目の前でオナニーをしているのはあの石崎…

俺の語彙力では今ここで表現しきれない興奮…俺は一瞬で果ててしまった。

石崎はまだまだ左手でアソコをいじくっている。

アソコだけでは飽き足らず、キャミソールの裾から胸を放り出し、右手で左の胸を揉みしだいている。

通常ならここで、しばしの賢者タイム…普段なら考えられないが、俺の常識を超越するほどの興奮だったんだろう、

俺のアレはまだまだ出したりないと言わんばかりにそそり勃っていた。

石崎も、俺の興奮度合と同調するかのようにどんどんノッてきている。

ソファによりかかったまま、足を床に付けて踏ん張り、腰を持ち上げエビ反り状態。

カメラの前に下半身を突き出すような恰好で、クチュクチュクチュ…と小気味いいリズムを刻む。

俺がコレを見ていると知ったら、石崎は一体どんな反応をするだろうか…

俺に見られていることも知らず、彼女は全力ガチのオナニーを晒していると考えると再び果てた。

連続で射精したのなんて中学生以来だ。

二度目の射精は自分でも感覚がなく、あろうことか部屋にそのまま、まき散らしてしまった…

しかし、そんなことに目もくれず、ここからの時間、俺は石崎のこのオナニーをベストなアングルで記録することに尽力した。

俺の二度目が放たれてからまもなく、石崎はカメラに尻を向け、ソファにうずくまるような体制になった。

尻を突き出し、アナルも丸見えの状態で、股下からアソコに指を突っ込んでかき回していた。

喘ぎ声もさらに強くなり、だんだん「アーーッ♡アーーーッ♡」と叫ぶように喘ぎはじめ、指のピストンもかなり激しくなっていった。

石崎は、さらに体をギュっと縮こまらせ「ア、ア、ア、ア、ア、ア、ア、ア…♡」と指に合わせ声もスピード感が増す。

俺はその様子を冷め切った目で眺めていた。

石崎の身体は遂にビクンッ!ビクンッ!と見て分かるほどの痙攣を始めるが、それでもまだ手を止めない。

そして遂にはビシャー…ピュッ…ピュッ…とおしっこに大量の潮を放出し、ようやく手が止まった。

石崎は体をくるっと反転させソファの上に仰向け。

陰毛や胸を丸出しにした状態で腕を顔に乗せ暫く動かず、余韻に浸っているようだった。

5分ほどして、ようやく動き出し、服も着ずに床にまき散らした潮の掃除。

五日目にして大収穫。

それから何度も石崎本人と普通に会っているが…

今でもあの石崎がこんなに激しいオナニーをするなんて…信じられません。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:195
いいね
投票数:223
文章が上手
投票数:96
続編希望
投票数:526
お気に入り登録
投票数:167
名作
投票数:64

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:1271ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 130回
  • 1,267回
  • 5,774回
  • 91,651回
  • 91,651回
  • 144位
  • 148位
  • 181位
  • 27位
  • 836位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 9Pt
  • 41Pt
  • 745Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 93位
  • 135位
  • 3位
  • -位
※20160記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(11件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]