エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読めます)

抜けなくなったちんちん・睾丸を女の子に見られた話

2019-06-08 09:03:50

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

ロクさん(20代)からの投稿

前回の話の数か月後です。

露天風呂でのハプニングの後、野外露出の願望(見せつけではなく開放感目当て)と

ちんちん・睾丸が抜けなくなる状況にスリルと興奮を覚えるようになってしまいました。

中2の頃というと性について目覚めたばかりで、色々とやってみたくなる年なのですが、

身近にあるものだとちんちんや睾丸を入れて抜けなくなる、という穴に巡り合えません(当たり前ですが…)。

精々お風呂の椅子の穴くらい(^^;

野外露出に至っては法的にもできるわけもなく…。

そこで目を付けたのが近所のスーパー銭湯です。

以前家族で何度か行ったことがあったのですが、

値段の割に広く、露天風呂がある所でした。

ここでなら合法で裸になれる上、後述のちんちんが抜けなくなる物を見つけていた為、

部活帰りに友人達と汗を流してくる、と嘘ついて18時頃、一人で行ってみました。

この施設の露天風呂のレイアウトですが、

露天浴場の入り口から右手に露天の炭酸風呂があり、

左手には休憩用のベンチ、そのベンチ裏には川のような水場がありました。

露天風呂は結構広く、壁の一面には大型TVがある為、

客のほとんどは施設内のジェットバスか、この露天風呂目当てで来ている様でした。

一方ベンチは体を冷ます人用に水場沿いに4個ほど間隔を空けて置いてありましたが、

露天風呂から6m程離れていることもあり、使う人はあまりいませんでした。

ベンチ裏の水場に至っては何のために存在するのか不明で、

広い割に10㎝程の浅い水が川のようにゆっくり流れているだけなので、

人はまず寄り付かなくなっていました。

以前親と来た時にこのベンチの存在に気付き、今回の計画を思いつきました。

というのも、置いてあるベンチは背もたれがなく

座るところに一定間隔で隙間があるタイプだったからです(わかりづらくてすみません、プールサイドによく置いてあるタイプかと思います)。

隙間の幅は2㎝程でここならちんちんと睾丸を入れて抜けなくなるスリルが味わえるのでは?と

当時の私は思ってしまったのです(公共の施設で何やってるんだ、と思った方。私もそう思います…)。

普通ベンチは座るか、仰向けに寝るのが普通ですが、

以前来た際には3人ほどうつぶせで腕を枕に寝ている人がいたので、

その状態ならちんちん達を隙間に入れられるじゃん!、と気付きました。

また、ベンチは風呂のTVの正面にある為、風呂に入っている客の死角になることから

バレることはないだろう、近くを通られてもベンチの下は見えないだろうと確信し

実行することにしました。

 

因みにこの時の目的はちんちんが抜けなくなるスリルを感じたいだけで

オナニーしたり射精したりするつもりはありませんでした。

流石にそれはまずいだろうと当時の私でもわかっていたようです(抜けなくなる~、も大概ですが)。

まず一番入り口から遠いベンチにうつ伏せになり、

尻のあたりにタオルをかけておきます。

この時寝そべった自分の左側、露天風呂側の方にタオルを長めに垂らしておきます。

万が一にも風呂側から私の方を見られても、垂れたタオルでベンチの下が見えない様にする為です。

 

周りに人がいないことを確認し、

まずはちんちんの袋、陰嚢を隙間に押し込みます。

(陰嚢は風呂に入っているので伸びきった状態です)

ベンチの下側に腕を回し、指先で隙間に入った陰嚢を摘まんで(地味に大変)

可能な限り引っ張ります。

陰嚢を引っ張ったまま、少しおなかを浮かしてベンチの上側から睾丸を片方ずつ押し込みます。

いくら中2で発育途中とはいえ、それなりの固さのある睾丸ですが、

平べったい隙間に沿うように押し込むとにゅるん、とベンチの下の陰嚢に入ります。

…当たり前ですが、結構痛いです(笑)。

意外にも隙間に入れる時より、隙間から出る瞬間の方が痛みが強いです。

片方の睾丸を入れたら、同じ要領でもう片方の睾丸も押し込みます。

真横から見たらベンチの下に睾丸入りの陰嚢がぶらぶら揺れていたでしょう。

この時点で簡単には抜けませんが、更にちんちんも隙間に押し込みます。

左右の睾丸の間あたりに包皮を押し込み、ベンチの下側から指で包皮をある程度引っ張った後、

睾丸の痛みで萎えていたおちんちんを上側から押し込めば、簡単に隙間を通って出てきます。

この時包皮がベンチの隙間とちんちんに挟まれる為、

ちんちんを押し込むとツルンと皮が剥け、亀頭が丸出しになって隙間から出てきます。

そして押し込んだ際の刺激と根元が隙間で締め付けられることにより、触らずとも勃起してしまいます。

(うろ覚えですが勃起時は10㎝位はあったかと思います)

横から見ると、おちんちん一式がベンチの下から飛び出ているというシュールな光景が…。

しかもちんちんは完全に勃起し真下を向いている上、亀頭までパンパンになっているという(笑)。

でも他の客はTVにくぎ付けなので誰にも気づかれていません。

万が一こちらを見られても、垂れてるタオルがちんちんを隠しているので大丈夫。

試しに腰を浮かしてみましたが、睾丸がつっかかって勃起したちんちんは全然抜けません。

狙い通り、と当時の自分は結構満足していました。

タオルで隠していることもあり、誰にもバレないだろうと暫くちんちんをそのままにして

ベンチの上で寝そべったまま風呂のTV(全然音聞こえませんが)を眺めていました。

因みにちんちんですが、根元を締め付けられている、といっても血が完全に止まる程ではない為、

ある程度放置しても問題ないです。

そのまま5分くらい経った頃でしょうか。

ぼーっとTVを眺めていると不意に背後(自分を挟んでTVと反対側)からバシャバシャという音がしました。

えっ!?っと思って振り返ると、なんと水場に子供がいて、こちらを見ていたのです。

恐らく露天風呂側からではなく、入り口側から水場に入ったのでしょう、

気づいた時にはその子は既に水場の奥、つまり私の後ろまで来ていました。

水場の床(底)には一定間隔で照明がついて明るかった為、その子の姿ははっきり見えました。

5歳くらいでしょうか。髪は短く最初は男の子かと思いましたが股間を見て固まりました。

女の子です。恐らくお父さんに連れられてきたのでしょう。

ちょうどこの子に気づく直前、男の子が風呂周りを走り回っていたので

その子の妹かもしれませんが、そんなことはどーでもいいのです。

その子はじーっと私を見ています。ですが私と目が合いません。

何故ならその子は少ししゃがんでベンチの下、

真下に向かってガッチガチに硬くなっている私のおちんちんと、

その根元でだらんと垂れている陰嚢を見て上げていたからです。

それも1mも離れていない至近距離で。

もし成人男性が水場に来ても、目線が高いのでベンチの下は見えないでしょう。

ですが幼児の目線からだと少しかがむだけでベンチの下から何か突き出ているのが見えてしまったみたいです。

しかも水場の底の照明のせいでベンチの下も明るく、

その子には真っ赤なおちんちんが余すところなくはっきり見られてしまいました。

 

私は急いで起き上がろうとしました。

こんな所をこの子の親に見られたら大変だと。

ですがちんちんはがっちりベンチの隙間の中。

起き上がらうと腰を上げた瞬間、

ベンチに押し潰された睾丸に激痛が走り私は短い悲鳴と共に再びベンチの上に倒れこみました。

きっとその時、おちんちんと陰嚢もぶるんと揺れたのでしょう、

その子はじーっと見ています。

幸いなことに、幼さ故、性についての知識はない様で、

勃起したちんちんを見ても叫んだりはしませんでした。

ただ口をぽかんとあけたままじーっと私のちんちんを眺めていました。

もし目のお前の子が男の子でも同じ反応をしたと思います。

性別どうこうではなく意図せず他人に見られる、ということに自分はパニックになってしまいました。

 

いつこの子の親が来るかわからない為、すぐちんちんを抜こうとしました。

幸い、自宅の風呂椅子の穴で予習済みの為、抜き方は把握していました(←すごく頭の悪い文章…)。

 

勃起したちんちんですが、根元を締め付けられていても血は完全には止まっていない為、

亀頭を押し潰しながらおなか側にちんちんを押し込めば、少しずつ血が抜けまるので

15秒ほどでちんちんはある程度柔らかくなり抜くことができます。

睾丸は入れた時の逆で、下側から一個ずつ隙間に押し込んで取り出します。

 

やり方はわかっていたのです。

が、当時の私はパニック状態。

ちんちんを手探りで掴もうとして2、3度空振。

その度に手が当たって勃起したちんちんがぶらんぶらん…。

文字通り目の前で揺れるちんちんを凝視する女の子…。

 

ようやくちんちんを握り、亀頭を押し潰すことに成功した私。

ほどなくしておちんちんは無事ベンチの隙間から抜けました。

抜いたちんちんはある程度柔らかくなっていたものの、ずっと興奮状態だった為、

抜いた途端カウパー液がドロ◯と出ました。

射精する気はないとはいえさっきまでの興奮が冷めていないのか

自分の意志に反してちんちんはまた硬くなり始めたので急いで

睾丸を一つずつ外しようやくおちんちんはベンチから解放されました。

パニックだったからでしょうか、睾丸を外す時に痛みはほとんど感じませんでした。

 

しかしここでも問題が。

睾丸を抜いた時点で自分はベンチに跨るように座っていました。

つまり抜けた陰嚢はベンチの上に垂れ広がり、硬くなり始めていた

ちんちんは硬さをもって上を向いています。

起き上がった時床に落ちたので当然タオルも無く…。

ごく短い時間でしたが案の定女の子は勃起したおちんちん、しっかり見てました…。

慌てて自分はタオルを拾い、急ぎ足で露天風呂を後にし(滑るので危険、やめましょう)、

脱衣所に戻りました。

…勃起したままのちんちんを隠すのも忘れて。

自分はそれ所じゃなかったのでわかりませんが、

きっとすれ違う年上の方々に変な目で見られていたと思います。

 

脱衣所で服を着る際に、ようやく自分が勃起ちんちんを丸出しだと気づきましたが、

ちんちんを抜けなくなったスリルを堪能したせいでなかなか勃起は収まりませんでした。

家に帰って銭湯でのことを思い出しながらオナニーしましたがたくさん精液が出たのを覚えています。

それ以降、ちんちん絡みの弄りをする時は極力人に見つからない様にするようになりました(当たり前ですが)。

でも暫くするとまたやりだしたりするのですが…その辺は子供だったようです(汗。

 

いないとは思いますが、万が一真似をして大変なことになっても知りませんので悪しからず。

 

こんな頭の悪い体験を読んで下さりありがとうございました。

 

因みに前回と今回の体験の間に1個、露出系の体験があるのですが…気が向いたら書くかもです。

 

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]