【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 4 分で読了)

評価:昨日13位

かわいいキャバ嬢にギリギリお触り

投稿:2022-07-09 10:24:28

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

東太郎◆FpY0VRA(岩手県/40代)

キャバクラって、お触りNGのところも多いんですよね。とくに大手グループだと、ちょっと触っただけで怒られる。でも、それがいいわけです、その背徳感がそそる。

だから僕は常にギリギリを目指して、キャバクラに行きます。

怒られたら謝ればいいしね。大手だとぼったくられる心配も詰められる心配も無いから、安心できます。

「ゆうきです、よろしくお願いします」

今日着いてくれた女の子、本当に可愛かったんですよ。まさにアイドル系というか、黒髪をちょっと頑張って盛ってる感じがまたかわいくて。

しかも、席がなんとなくいいところで、ちょっと黒服の死角になるんですよね、それで、僕は魔がさしちゃった。

「最近入った子?」

「そうなんです!1週間前から」

「へぇーー頑張ってね!」

「ありがとうございます」

「何カップ?」

お顔だけじゃない、ゆうきちゃんはスタイルもなかなかだった。そりゃぁもう舐めまわすように見てるから、会話は上の空になるよね。

そんなに強調してないんだけど、谷間もちょっと出している。その、まだまだ羞恥心を感じさせるところがたまらない。

下半身の方は、フワッとしたAラインのドレスを着ていたから立ってる時は分からなかったけど、椅子にすわるとお尻がギュギュッと盛り上がっているのが分かった。

「えっえっと……」

恥ずかしそうに俯いてしまうところが初々しい。かわいい、かわいいなぁ……僕はとろけそうになった。

「いいじゃん、教えてよ」

チョン

僕は、ついゆうきちゃんの胸元にゆびで触れてしまった。

「ひゃ!?」

ゆうきちゃんがびっくりして声を出す。声までかわいいんだ。

「教えてくれないとくすぐっちゃうよ〜〜」

両手を、おっぱいとか太ももとかおしりとかに当てる真似をすると、ゆうきちゃんはくねくねと身体を揺らして避けようとする。

「えっと、Eです……」

消え入りそうな声で、ゆうきちゃんは言った。

「Eカップかぁ、結構大きいね?」

「そうですかね……」

僕は、さりげなく、ゆうきちゃんのおっぱいを包むようにふれた。あまりにもソフトだったからか、ゆうきちゃんはビクリと身体を震わしたくらいで、声は出なかった。

「あ、あの……」

「これくらいは普通だから、あんまり騒がない方がいいよ」

嘘は着いてない。ちょっとしたおっぱいタッチくらいは普通のことだろう。

ゆうきちゃんは黙ってしまった。僕は、ゆうきちゃんのおっぱいに手を当てたまま、その微かな感触を楽しんだ。

ドレスの下に、別の布を感じるから、これがブラジャーだろう。レースのような凹凸が指先にある。僕は、一瞬、指をおっぱいに食い込ませた。

「あ!?」

まずい、それは声を出しすぎなのだ。僕は、ゆうきちゃんを睨んだ。

「声出すなよ」

ゆうきちゃんが、怯えているのがわかる。唇がぷるぷると震えていた。

ブラジャーの抵抗はあまりつよくなかった。薄い、ノンワイヤーをつけているのかもしれない。僕は、ブラの上からさすりあげて、ゆうきちゃんが敏感な部分を探す。

ゆうきちゃんはビクビクと身体を揺らすが、どこが敏感なのかイマイチわからない。

そこで僕は、真ん中の方に指を2本当てて、ゆっくりと円を描くように擦った。

「あっあっ!!!?」

さすがに、ピンポイント過ぎたか。ゆうきちゃんは、上下に大きく身体をゆらした。おっぱいが、ブルン、と揺れる。僕は、耐えられなくなって、両手でおっぱいを押しつぶすように握った。

柔らかい、とても柔らかいおっぱいだった。ふにふにと僕の手の中で形を変える。ドレスの下で、ブラジャーから乳首が出るのがわかった。僕は揉みまくりながら、乳首を強く引っ掻く。

「痛……!」

苦痛に顔を歪めるゆうきちゃんもまた可愛らしい。ゆうきちゃんがおっぱいに気を取られているうちに、僕は太ももに手を置く。

なんだかんだミニスカートなので、ずり上がって太ももが見えている。

「ゆうきちゃん、パンティ見せてね……」

ゆうきちゃんは、驚いてスカートを抑えた。

「見られたくないの?」

僕は、ねちっこく聞く。そりゃぁこんなおじさんに大事なところを包むパンティを見せるなんて嫌だろうな。

「でも、見せてね♡」

僕は、ゆうきちゃんを無視して、太ももから更にそのうえに、ゆっくりと手をスライドさせた。

男の力にはかなわない。もう泣きそうになっているゆうきちゃんの手は小刻みに震えていて、僕の侵攻は防げない。

「でた♡」

全貌はわからない、いわゆる三角ゾーンといわれる部分が露出したに過ぎないが、僕の興奮はすごいものだった。

ゆうきちゃんのパンティは、なんと白で、柔らかそうな生地だった。僕は、つい恥丘のところをつんつんしてしまう。弾力がたまらない。こちらも薄い生地のようで、陰毛の存在が指先から伝わってきた。

「もうやめてください」

ゆうきちゃんが涙声で言う。泣くほど股間をつんつんされるのが好きらしい。

僕は、ゆうきちゃんがピッタリ閉じてしまった足をちょっと開いて、恥丘からクリトリスの方に手を入れる。ほんの少しだけ膨らんだところ、ゆうきちゃんのクリトリスはちょっと肥大しているように思えた。僕は、丁寧に、ピンポイントで指を当て、カリッと、ひっかいた。

すると、ゆうきちゃんは余程驚いたらしく

「きゃぁぁぁ」

だいぶ大きな声で叫んでしまった。僕がしまった、と思うより先に、黒服がやってきた。

その後はお決まりの感じで、僕は強制退店させられてしまったよ。でも、ゆうきちゃんのあの声、たまらなかったなぁ。

キャバクラなんてこの国には山ほどあるわけだから、またゆっくり楽しみに行きたいね。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:4人
いいね
投票:5人
文章が上手
投票:3人
続編希望
投票:7人
お気に入り登録
投票:3人
名作
投票:2人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:24ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 10回
  • 95回
  • 3,512回
  • 3,512回
  • 0位
  • 13,412位
  • 9,063位
  • 6,512位
  • 22,124位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 17Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 4,790位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]