【現在22,366話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

評価:昨日28位

久瑠実さん(仮名)の放屁

投稿:2022-05-13 18:48:03

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆EhAyYnc(東京都/20代)

これは自分が入社1年目だった頃、

トイレ清掃当番の日の出来事です。

自分の勤める会社のビルの最上階は会議室になっていて、

会議がある日以外は基本立入禁止になっているため、普段は人が来ることはほとんどありません。

そんな最上階のトイレ清掃の当番は入社したばかりの新人たちが持ち回りで清掃する決まりになっていて、

この日は自分がやることになったのですが、ほとんど使われてなく掃除をやったことにしておいて、サボりを決めていた自分はスマホでゲームをやっていました。

そしたら「キンコーン」ってエレベーターが到着した音がしてぼくはサボっているのが見つかったらマズイと思い慌てて清掃道具入れの中に隠れました。

(全く誰だよ!楽しい時間を邪魔しやがって!!)

怒りをあらわにして扉の隙間からそっと覗いてみると、入って来たの久瑠実さん(仮名)でした。

久瑠実さんは、僕より2歳年上の先輩で、

三流大学をなんとか出た僕とは違い、

有名私立の大学の出身で非常に頭もよく、

またよく気が利くため男性社員から凄く人気のある才色兼備な女性で、

久瑠実さんのいる事務部門ですが、

ウチの会社の事務員は受付も兼ねているため、見た目はSランクの女性ばかりなのですが、久瑠実さんは美人と可愛いのいいとこ取りをしたような、早朝の情報番組にいる女子アナのようなホントに綺麗で知的で清楚で上品な女性です。

僕も久瑠実さんの事が可愛いとは思いつつも、中々話しかける勇気がなくていつも遠くから見てるだけの感じでした。

どうやら彼氏がいるらしく、週末はデートでもしながらイチャイチャしてるんだろうな〜といらぬ妄想をして羨んでばかりいました。

話を戻しますが、

この日の久瑠実さんは、水色のブラウスに黒のカーディガンをまとい、足首まであるハイウエストのマーメイドスカートを穿き、サラサラのロングヘアを内巻きのカールにしていつも以上に素敵な感じでしたが、特に久瑠実さんのプリッとしたムチムチのお尻が凄くセクシーで、とにかくこの日の久瑠実さんの装いは、どストライクでした。

久瑠実さんがなぜこんな人気の無いトイレに来たのか気になったので、僕は思わずスマホのカメラアプリを起動し動画モードをオンにして扉の隙間から久瑠実さんを撮影しました。

久瑠実さんは、トイレに入って来ると今来た廊下を左右見渡し誰も居ないのを確かめてからトイレの扉を締めると、お腹をさすりながら、少しお尻を突き出しました。

ただでさえ丸々としてムチムチのお尻がより強調された形になったのですが、その直後、

「プゥーーー…ブヒっ…プゥ〜…ブヒヒィーーーー…ブリリッ…ブブブゥ〜〜」

と、人に聞かれたらかなり恥ずかしい音で、かなり大き目のオナラを連発して出しました!!

僕はびっくりしました。

あの知的で上品で清楚な久瑠実さんが、その辺にいるオヤジたちと変わらない位の、下品でデッカイ音のオナラを恥じらいもなくかましたのです。

もし僕が真面目にトイレ清掃していたら、久瑠実さんは絶対にオナラはしなかったでしょうね!

人前で絶対にオナラなんかするタイプの女性じゃありませんから!

しかし、初めて聞いた女性のオナラがまさかあの久瑠実さんだったことを嬉しく思いながら、相変わらず隙間から覗いていましたが、まだお腹をさすりながらお尻を少し突き出し、

「ブシュ…ブリュリュリュリュ〜〜」とまた下品な音のオナラしました。

久瑠実さんはもしかしたら少しお腹を下していかもしれません。

ちょっと水気を含んだような、下痢のときのようないかにも臭そうな下品なオナラの音でした。

久瑠実さんは鏡を見ながら前髪をセットし直してましたが、またすぐに

「ぷぅ~〜〜」

とかましました!

下品なオナラ連発に

ぼくは笑いをこらえるのに必死でした。

久瑠実さんって一人の時はいつもこんな下品な屁こきまくってんの?

と思いました。

スッキリしたのかトイレをあとにした久瑠実さんはエレベーターを呼びオフィスに戻って行きました。

すぐさまスマホの動画を確認したところ、久瑠実さんの放屁音がしっかり撮れてました。

あの久瑠実さんがオヤジたち顔負けの放屁を連発。

きっと彼氏にも聞かせたことないであろう久瑠実さんのオナラを聞いた僕。

直接見たわけではないですが、

久瑠実さんみたいな美人にもお尻の穴ってあるんだな〜と…

久瑠実さんでも屁もこくし、きっとウンコも毎日出してるんだろうなと妄想しちゃいました。

しかもちゃんと撮影に成功し久瑠実さんの下品なオナラを永久保存できて、かなり興奮した1日となりました。

「」#オレンジ

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]