エチケン

体験談メニュー

タイトル

小◯生のポッチャリ少女とそれから

2019-06-04 07:34:27

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

ハイドロCDさん(30代)からの投稿

ポッチャリ少女が近くの砂浜で遊んでいる

俺たちは水着を着替えて砂を落とすのに

娘のゆうと友達のはるちゃんに手を引かれ

先程の水しか出ないシャワーへと向かう。

そして2人にも見えている黄色の水着の

不思議ちゃんが遠くもなく近くでもないが

俺たちに歩み寄る様に近づいていた。

2人お揃いの白いビキニは先程着ていた

競泳水着の日焼け跡がはっきりと分かり

小さいビキニと日焼け跡がアンバランス

そんな感じで見えている。

「水着小さかったかな?」

はるちゃんは、

「調整出来るから着やすいしいい感じ」

「お揃いだから姉妹みたいだね」

ゆうはそう言って2人は俺に上目遣いで

「早くしてよ!また遊ぶから」

2人に水着を洗って貰っている間に

俺はシャンプーを使って2人の身体を

交互に肩から背中、水着の上から胸も

するとゆうは

「着替えるからやっぱりビキニ要らない」

「パパ!私も脱ぐからお腹から下も」

はるちゃんまでも水着をその場に脱ぎ

2人のお腹から脚、割れ目と洗って

「また遊んで汚れるけど水着着よう!」

2人は着ているビキニをお互いに脱がせて

再び競泳水着に着替えて居た。

「パパ!遊んでくるね、水着お願い」

着ていたビキニを手渡し2人は砂浜に

2人が居なくなり俺もシャワーを浴びて

2人の着ていたビキニを洗っていると

不思議ちゃんが声を掛けて来た。

「凄く焼けてますね、カッコイイです。」

たどたどしい話し方で話した。

俺は不思議ちゃんの水着?を見て

「黄色水着可愛いね、素敵だよ!」

薄いナイロンのチューブトップブラ?

まるでスカーフを胸に巻き付けたような?

丸く突き出した大きな胸の乳首は透けて

合わせたような色のパンツは小さく

大きなお尻は包みきれない様子で

後ろはお尻の割れ目のほとんど見えている

前から見ると小さいパンツに割れ目が

隠れていると言うか食い込んでいて

ふっくらとした割れ目を目の前にした。

そんなブラジル水着のようだ。

「さっき、妹が洗ってもらったよねー」

すると水着を脱ぎ全裸になってしまう。

綺麗な肌に大きな胸、小さい乳首はまだ

使用前の綺麗なピンク色だった。

太っては居ないが脚は適度に太くて

盛り上がって膨らむ下腹部はモリマン!

不思議ちゃんは俺の手を取り全裸のまま

あっちにもシャワー出るとこ有るから!

そう言うと2人でこの場をはなれて

裏側のシャワーへと移動した。

以前来た時は草も生えて汚い感じがしたが

少し綺麗で西日の当たるので夕方からは

丁度良いし、仕切られているようで

ここならば娘も喜ぶだろうと思う。

するといきなり俺の競パンに手をかけて

「お兄さん、日焼けしてる?見せて!」

ギリギリ見える寸前までゆっくり下げた。

不思議ちゃんは全裸のままで俺のモノを

競パンの上からなでる様にいじりまくる。

それはまるで男を知っているかの手つきで

「初めて逢って名前も知らないのに」

評価が高ければつづく

-終わり-

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ