【現在30,898話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 8 分で読了)

(続)海外出張中の妻の、二十歳の頃の陵辱ビデオを見た話(1/2ページ目)

投稿:2022-11-07 22:15:59

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

ドSなへたれ◆KYFBGYQ(東京都/50代)
最初の話

もの凄く昔の話なんで、さらしても時効でしょう。当時、結婚4年目。俺、サラリーマンというかセールスマン。33歳。妻、生保キャリア。29歳。身長160cm、体重44kg。異業種の俺たちは、共通の友人の紹介で出会って二年で結婚した。妻はルックスはかわいい系だか、手足はスラッとして、胸は…

前回の話

本当に大切なものは、分かりにくい。一度手放したら、二度と手に入らない。誰の言葉だったかな?、私は早見沙織。とある生保本社の総合職で、忙しい毎日を送っている。これは、私の懺悔?消えることの無い私の過去だ。当事者以外は知らない、ううん、私以外は誰も全容の分からない話、、、な、はずなんだけど!A男先輩(職…

「あ~ん、みっちゃん!寂しいよ~。」

「お前が言うな、お前が~。」

明日から、EU~USAの定番コンポで、一週間の海外出張に行っちゃう沙織には言われたくないわい!!

俺の妻、沙織31才。

外資系企業のバリバリ営業ウーマンとして、紺のスーツとタイトスカートがやたら似合う。

やや貧乳(Bカップ)スレンダーで甘~いアニメ声の持ち主。

俺、35才、営業、役職に就きました。

沙織からは「みっちゃん」と呼ばれてる。

異業種結婚の俺たちには、嫌なこと悲しいこと、色々あったけど元気です。

だけど、最長二週間くらいの海外出張がたまにある会社を再就職先に選んだのはお前だぞ!!

「ふぇ~ん。みっちゃん、やっぱり沙織の再就職に怒ってるんだ~。」

「怒って、、ないよ。」

「やっぱり怒ってる~。」

沙織、ギャン泣き。

怒っちゃないけど思うことはあるの!!

ちなみに、明日の昼の飛行機で一週間の海外出張予定の沙織は今日は早めに帰ってきていて、平日お休みだった俺は、夕食もそこそこに沙織を求めた。

汗と潮と俺ので、どろどろの沙織と、タンクすっからかんの俺。

それでもイチャついてる、30代夫婦の俺たちっていったい?

「ほんと、気をつけるんだぞ。外国じゃ俺は飛んでいけないんだから。」

「うん!お酒は飲まない!なんなら人前では何も飲み食いしない!」

「髪は子供っぽく、ずっとゴールデンポニテにする。」

「ぶ、ブラも補正しない。」

「プッ、、、」(笑)

「、、、みっちゃん!?」(怒)

沙織をベッドで抱き寄せて、よしよしと撫でてやる。

多分、膨れてるんだろうなあ。

「浮気しないでね?」

「ぶっ」

「浮気駄目だかんね!?」

「ななな、何をおっしゃるやら。」

「みっちゃん、沙織の心配ばっかしてるけどさ~、よっぽどみっちゃんのほうが心配なんだからね!!」

いやいや、俺、お前と違って襲われないし。

「帰ったら、浮気チェックだからね!」

「さ、参考までにどのような?」

「そ、それは、夫婦だもん。帰ったら一夜たっぷりエッチに付き合って貰って、赤ちゃんの元が少なかったら浮気だもん!」

「一夜たっぷりって、、、。」

「だ、だって、きっと沙織だって溜まってるもん。」(汗)

「それ、成り立たないぞ?」

「ふぇ?」

「一週間だろ?俺、きっとAVビデオで抜いちゃう。」

「やっぱり浮気するんだ~。」(涙)

まてまてまてまて。

ビデオも駄目なの?

「一週間、禁欲要求かよ~。」

「そうは言わないけど、沙織以外の女の人で抜かれるのやだ~。」(涙)

「お前、羽目撮りとか絶対NGじゃん!!お前、見たくても見れないじゃん!」

「うう~~っ。ちょっと待って。」

ごそごそごそ、沙織のタンスの引出しから何か袋を持ってきた。

ふっと沙織の雰囲気が変わる。

「みっちゃん、、、」

「どうした?」

「お願いがあるの、、、」

「それは?」

「大学の時に付き合っていた、バイト先の店長さんが、沙織に無断で撮った、、、ひどいビデオ。」

「見ても良いし、なんならこれで抜いてくれて良いんだけど、最後は、みっちゃんに処分して欲しいんだ。沙織、どうすれば良いのか分からなくて、、、」(涙)

何かいきなりの急展開!?

「この2本は同じもの。私、騙されて、拘束されて、三人の知らない男の人に廻された。」

「犯罪じゃん。お前、この前のやつだけじゃ無かったんだ。」

注)【転勤先で、課長に犯された妻】参照

「店長さん、黙ってそれを撮影していた。私たちが別れた、それが理由。」

「分かった。これは見ない。」

「みっちゃん、、、」

「見たら多分、俺、こいつら殺したくなる。見ないほうが良い。燃やしちゃおうぜ。なんなら、今、燃やしたって良い。」

「みっちゃん、、。」

「苦しかったよな、沙織。でも、恋人でも夫婦でも、全てさらけ出す必要なんか無いんだぜ?もちろん、話したければいくらでも聞くけどさ!!」

「みっちゃん!大好き!!」

「で、もう一本は?」

「これは、店長に最後に会ったときのもの。さっきのビデオと引き換えに会えって言われて。陵辱された。」

これも酷そうだな。燃やすか?

「ベッドに大の字に拘束されて、たくさんのローターで。」

うん?

「体中にローターを貼り付けられて、セックスこそされなかったけど、さんざんなぶられて。」

うん。

「あのときは、元婚約者のたかしさんと付き合いはじめていたんだけと、店長、逝かせて欲しければ俺の女に戻れって、さんざん狂わされて。」

うん、見たいわ。

「みっちゃん?」

「、、、、」

「、、、、」

「やっぱり、検分も大事だよね!」

「、、、、」

「、、、、」

「良い話、台無し~。やっぱりいろいろ駄目な人だ~!」(涙)

「このビデオでだったら抜いても良いよ」

くだんの輪姦ビデオは本当に燃やして、次の日の朝。

沙織を成田空港に送って、このビデオもそのまま燃やしたそうだった沙織は、残ったビデオについて、条件を突きつけてきた。

曰く、ビデオは自分が海外に行ってから一人で見ること、その後の処分は俺に一任するとのこと。

それと「相応のものを見せるのだから、帰ったら、それに見合うみっちゃんの過去の体験談を聞きたい!!」

この時の沙織の単一色の瞳が本当に怖くて、俺はブンブンと首をたてに振ってしまった。

そんなこんなで、旅立ちが湿っぽくならなかったのは不幸中の幸いだったかも。

さて、成田からの帰りに、A男(沙織の元同僚で俺の社外の悪友。実質の仲人。)に

「お前、俺の悪行を、沙織にどこまで話してる?」

という情報収集を行ったり、夜中に沙織からの

「着いたよ。もう寂しいよ~。」

という、律儀な一時間ほどの電話を受けたりして

ー国際電話が高いことをあいつは認識すべきー

テレビとビデオデッキの前に俺は陣取っている。

沙織の陵辱ビデオなんて、あいつが前の会社を辞める原因になった薬物強姦事件のときのビデオと同じで、結局は相手に対して頭にくるだけなんだよなあ。

一瞬、見ないで燃やしちゃおうか、とも思ったんだけど、あの単一色の瞳の沙織、俺が見なかったって言っても信じないよなあ。

俺の尋問は決定だなあ。

あ~だったら見ちゃうかあ~。

「若いな。やっぱり。」

ビデオに映る沙織の第一印象は、やっぱりそれ。

あいつが24才の時に俺たちは出会い、あいつ、その時でも、髪型や服装によっては、10代に見えてたんだけど、このときは正真正銘の二十歳だもんなあ。

この若い沙織を、この店長ってやつは、独占していたんだよなあ。

「でも、沙織は、今のほうが綺麗だな。」

こいつは、その後の綺麗になっていく沙織は逃しちゃってるんだよなあ!そう考えると、少し気分が上向きになってくるんだけど、ビデオはだんだんと。

「酷いな。」

画面は、沙織の必死の抵抗むなしく、ベッドに大の字にくくりつけられているシーン。

「こんなものを、自宅でまで!」

「奥様にもやっているのですか!?」

動けない体をよじらせ、乱れたブラウスに手を入れられて、乳房を良いように揉みしだかれて、それでも、沙織は、長いまつげを震わせて、目に涙をためながら、相手をキッと睨み付けている。

でもさ、

「駄目だよ、沙織、その顔はヤバいよ。」

うん、嗜虐心への刺激バリバリ。

何なら俺でも襲いかかっちゃうレベル。

そう言えば、俺は、こんな顔を沙織から向けられたことがない。

俺たちは穏やかな出会いをして、初めての夜は、お互いを狂ったように求めあったから。

うん、この顔見れただけで、このビデオ見たかいあったかな~。

何か陵辱感が凄くてビデオ止めようか~と思った瞬間、店長とやらが、たくさんのローターと医療用テープを出してきた。

うん、もう少し見よっと(鬼畜)。

「なかなか上手いところを狙うな~」

と言うのが印象。

沙織の体のあちこちに、ローターが固定されていく。

耳元、

うなじ、

鎖骨、

横腹、

おへそ、

太もも。

そいで、乳首とクリトリスには、突起物を挟むようにローター2つずつですか。

俺の目で見ても、ここの同時刺激じゃ、沙織は抵抗出来ず蹂躙されるなっていう。

「まあ、実質、こいつが沙織開発したんだろうしな~。」

う~ん、ちょっと腹立つな~。

ビデオの中で、

店長とやらが沙織に囁く。

「さあ、遠いところからやってみるか」

「いや、いや!」

「まずは耳元」

「くっ」

「太もも」

「ううっ」

弱刺激なんだろうけど、沙織の余裕が一気に削り取られたのが、画面でも分かる。

体を小刻みに揺らしながら苦悶の表情を浮かべる沙織。

「さて、次は右の乳首だ」

「いやだぁ~。」

「次は左」

ここでこいつ、やりやがった!

「ああっ、いやー!!」

多分わざと、クリトリスのスイッチを入れやがった。

身構えていなかった沙織は一気に快感に飲み込まれて。

「ごめん、改めて左」

「ああぁ~。」

「クリトリスはもう少し刺激をあげるよ」

半狂乱で悶える沙織。

拘束された鎖がぎちぎちと音をたてて。

「ああぁ~逝く~。」

その瞬間、乳首とクリトリスのローターのスイッチが切られる。

はあはあと肩で息をする沙織。

「苦しいか?」

次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。