月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

天使みたいにかわいい女友達のスカートが椅子に引っ掛かってパンツが丸見えに

投稿:2021-09-18 09:34:45

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

23◆kJFkNhA
前回の話

前回の話から一ヶ月後の話です。

この日、席替えがあって窓際の3号車の一番後ろになりました。

そして、その場所に席を動かしたら、前の席に彩乃がいました。どうやら僕は彩乃の席の後ろになったようです。

「あれっ?A君の席ここ?」

「そうだよ。」

「よろしくね。」

俺は、仲がいい彩乃の後ろの席になれて嬉しくて心の中でガッツポーズをしました。

そして早速、新しい席での授業が始まりました。

先生「早速ですが、昨日出した宿題の答え合わせをします。①の答えが分かる人は手を挙げてください。」

そして、彩乃が当てられました。

「①の答えは〇〇です。」

彩乃は答えて、椅子に座りました。しかしその時に黒のスカートが椅子に引っ掛かってめくれてしまいました。

「(!?彩乃のスカートが椅子に引っ掛かってパンツ丸見えじゃねえか!)」

当然、パンツ丸見えになっていましたが本人は気が付いていないようです。

「(どどどうする!?教えるか!?)」

俺はそのことを教えるか悩んでいました。けど、教えないと皆に彩乃のパンツを見られてしまう(この時は皆気付いていない)、しかし教えたら気まずくなるのでどうしようとしばらく悩みました。

「(仕方ない、教えてやるか)」

そして仕方なく教えることにしました。が、声で教えると周りに聞こえるので、ノートの一部をちぎって、そこに書いて渡しました。

「ん?何?」

「こ、これ。」

「何?紙?」

「中を見て。」

そして、彩乃はその紙を見ました。

紙の内容「スカートが椅子に引っ掛かって下着が見えてるよ」

「……っ…!///」

その紙を見て彩乃の顔が赤くなり、俺の方を申し訳なさそうな顔で見てきた。

「(やっぱかわいいなぁー。)」

その後、彩乃はスカートを直して前を向いた。

そして帰りの時、

「A君、今日はありがとう。私のスカートが椅子に引っ掛かってることを教えてくれて。」

「びっくりしたよ。気を付けろよ?(笑)」

「変なもの見せちゃってごめんね。今度から気を付けるから。それと、教えてくれて嬉しかったよ。」

「どういたしまして。」

俺は少し照れながらそう言った。しかし、それを言った直後に風が徐々に強くなりながら吹いてきた。

「風が強くなってきた…」

彩乃は不安な感じでそう言って、スカートの後ろの方を押さえた。

そして、押さえながら彩乃は歩いていたが、徐々に風が強くなってきてスカートがヒラヒラと揺れ始めた。

「やばっ、スカートがめくれちゃう…」

彩乃は不安げな顔をして、必死にスカートがめくれないように押さえていた。

しかし風がどんどん強くなってきて、ついに彩乃が心配していたことが起ころうとしていました。

ビューーーー!!!!!

「…!くっ…!!!!!」

物凄く強い風が吹いてきて、彩乃は必死にスカートを押さえていました。しかし…

ビューー!!!!!!!

「きゃっ…!!!」

ビュー!!!!!!ビューー!!!!!ビューーーーーー!!!!!!!!!!

「!!!きゃあああっ!!!!!!」

度重なる強風により彩乃のスカートが押さえきれずにめくれてしまいました。

「きゃっ!!!くっ…!!!!!」

さらに彩乃はめくれあがったスカートを戻そうと必死に押さえていますが、その間にも風がどんどん強くなり、押さえてもほぼ無意味でした。

「っ…!!!////」

そして彩乃は恥ずかしがりながら俺の方を見た。

「も、もう…!さっきからずっと私のパンツ見てるよね…!」

「みみ見てないって!」

「ふーん、そうなんだ。まあ、別に見ててもいいよ。恥ずかしいけど。///」

そう言って、彩乃は諦めたのか強風が吹いているにも関わらず、スカートから手を離して、押さえなくなった。ただ、すごく恥ずかしいそうな顔をしていた。

「やっと止んだね。」

そしてしばらくしたら風が止んだ。

「可愛かったよ。あっ…」

「あっ…A君また心の声が漏れてるー(笑)」

「うるせぇ(笑)」

「でも嬉しいよ。ありがと。」

こうして、また俺らは今までよりさらに仲良くなりました。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]