エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

援助した女子◯生と

2019-09-07 11:47:24

この話のシリーズ一覧

1:久しぶりの女○高生は地味で真面目そうな娘だった
2:援助した女子◯生と(今見てる話
3:援助した女子◯生の地味で真面目な茉優

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿

エッチした進学校の茉優ちゃん

毎日茉優ちゃんから連絡が来ました

「今日仕事終わった?」とか

それから小一時間やりとりしていた

数日して夜中に

「起きてる?」とメッセージが

「起きてる」と返すと電話が

「こんばんわ♪」

茉優ちゃんが

「どうしたの?」と返すと

「何か眠れない」

「なんで?」

「エッチしたくなったから♪」

「今無理だよ?」

「うん…だから声が聞きたくなった」

「そうかぁ…俺も茉優ちゃんとエッチしたいよ」

「最低~(笑)」

笑いながら茉優ちゃん

「だって可愛い肌すべすべ」

「ウフッ…ありがとう❤️」

「茉優ちゃんも思い出してたの?」と聞くと

「うん…たかしとエッチして凄い気持ちよかったから」

「うれしいな」

「どんな事思い出してたの?」と聞くと

「秘密(笑)」

「教えてよ」と返すと

「秘密(笑)」

「たかしはあたしみたいな女子◯生をやりまくってるんでしょ?」

「全然」と話すと

「嘘だよ…めっちゃ気持ちよくしてくれた」

「それなら良かった」

「ねぇ…たかしはあたしみたいな地味な女の子でも良かったの?」

「良かったよ」

そう話すと

「たかしは何思い出してたの?」

そう聞かれて

「アン!アン!て可愛い声を出してる姿と顔」

そう話すと

「やだ恥ずかしい」

「茉優ちゃんは?」と聞くと

「だかしがいくとき…ウッ!て言いながら強く抱きついて来て…ドキドキした❤️」

「ウウッ!」真似て声をあげると

「いゃん!」と茉優ちゃん

「ウウッ!」

「やだぁ~」と言いながら声を聞いていた

「思い出した?」

「うん…たかしの声が」

すると茉優ちゃんの息が

「どうしたの?」

「たかしとエッチな話したら思い出して濡れちゃった」

「そっかじゃぁ自分で触って」

「やだあしたことないよ」

「聞いててあげる」

「恥ずかしいよ」

そう話す茉優ちゃん

俺は「可愛いね」と囁き

「俺も茉優ちゃん思い出したから一人でする」

「俺は茉優ちゃんのあそこをどうしたか思い出して触ってみて」

「恥ずかしい」と言いながらもぞもぞ

「どうした?」

「たかしが…アン…舌でペロペロして来た…アン!」

茉優ちゃんの声が上ずり

「思い出して触って」

「アン…アン」

茉優ちゃんの声が

「その後は?」

そう聞くと

「たかしが裸になって…ゃん…おちんちんが入ってきた」

「どうだった?」

そう話すと

「硬くて熱かった…アン…ンッ…」

「いれるよ」

「アン!アン!ンッ…ンッ…」

「どう?」

「凄い気持ちいい…ンッ…アッンッ…」

息が荒くなり

「その後どうされた」

「たかしのおちんちんがずんずん茉優に入って来た」

「俺はどうしてた?」

「はぁはぁしながら気持ちいいって」

「アッンッ…アッ…気持ちいい…たかしのが入ってる」

息を荒くし声をあげる茉優ちゃん

ピチャッピチャッと音まで聞こえていた

「俺も茉優ちゃん思い出してるよ」

「アン!たかしのおちんちんがずんずん」

そして茉優ちゃんが

「気持ちよくなってきた…」

「そのまま触って」

「うん…アッ!何か気持ちよくなってきた~」

「続けて…茉優ちゃん」

茉優ちゃんの息が早く荒い

「何かすごい気持ちよくなってきたよ…」

「茉優ちゃんの一番興奮したのは」

「たかしが抱きついてきた」

「そう…俺がどうしたの?」

「はぁはぁしながらずんずん茉優に入って来て…アンッ!変になる!」

「それでどうしたの?」

「アンッ!ダメ」

「抱きついて「いくよ」

「たかしが抱きついて…アンッ!ダメ…気持ちいいよ…何か変」

「続けて…それでどうなった?」

「た…だかしが…アンッ…本当にダメ…」

はぁはぁと息づかいがかなり

「茉優ちゃんいくよ」

「アンッ!ダメえ~アアアア~っ!」

ガサガサ動く音がして携帯から離れた場所で

「アアアッ!」

茉優の甲高い声がして静まりました

しばらく沈黙して

一旦電話を切ると数分して茉優ちゃんから

「ごめん…切れちゃった」

「大丈夫だよ」

息の荒い茉優ちゃん

「いっちゃった?」

「わからないけど凄い気持ちよくなった」

「一人でしたことないの?」

「うん…」

「何を思い出した?」

そう聞くと

「だかしが抱きついて…ウッ!って…そしたらおちんちんが凄いピクピクして」

「そっか」

「ねぇ…たかしに会いたいよ」

そう言われて

「会いたいけど会う?」と聞くと「うん」

「土曜日は?」と聞くと

「午前中学校にいく…」

「その後は?」

「暇だよ」

「じゃあ迎えに行く?」と聞くと

「いいよ」

今日の午後に会いに行きます

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]