【現在25,449話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

体験談(約 10 分で読了)

閲覧:昨日77位 評価:昨日11位

親戚、従姉妹との肉体関係 4

投稿:2023-01-23 17:46:44

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

東北人◆KFaYVCE
最初の話

親戚、従姉妹との肉体関係

私が16才の時の話。高校を辞めてバイトで貯めた金で小さなアパートを借りていました小3でオナニ―を覚えてそれからはまさに狂ったように一日中女の子ばかりを見ていた気がします毎日部屋で食事と同じ回数オナニーをこなす、私は異常な性欲があるのでは?真剣に…

前回の話

大人達はその日も宴会。

毎日毎日、よく飽きないものだ。

子供達は、少し飽き始めていて

大した娯楽もない山の中である

自然と眠り始める人が増えていた

たまり場になっている

こたつ部屋。

ぽちゃな体型のユキが

まあ、見事な体勢で寝ている

何を食べてその身体を

手に入れたのか、

感心してしまう。

手には、鮭とばを握りしめていた

多分ユキは

性欲より食欲に向かったんだろう

その横で

マリさんが陽子さんと

真剣な顔で話している。

マリさんを見るとドキドキしてしまう私。

陽子さんが私を見て、

私の座る場所を警戒している

陽子さんの向かいに座り

うつ伏せになり

週刊誌をペラペラ開く

あるページに

色々な大人のオモチャの

カタログみたいなページを

見つけて、真剣に眺める。

私の足を叩いて、ちょっと

私脚入らないっ‼️と

向かいの陽子さん

だが

横はユキの大きな尻があり

移動出来ない。

戻すしかない、だか既に

陽子さんの脚が伸びている。

私はその上に足を乗せた。

太ももがこたつの熱線に近く

熱いので、

陽子さんに、足焦げちゃう❗

ちょっと、ずらして❗

焦ったのか

脚を開いた陽子さん。

私も、雑誌を見ながら

あら?これはもしかしたらと

足を少し伸ばしてみる

何かに当たる、

そして、つねられる。

間違いない。

私は鼻歌を歌いながら

オモチャを眺めた

足は股間にどんどん迫る

逃げる気配がない陽子さん

やはり、変態なんだな。

私の足の親指は

的確に陽子さんの股間に

たどり着き

温もりが伝わってくる

陽子さんは脚をこたつから出してしまう。、逃げたかっ‼️

すると、体育座りになりながら

こたつの中を覗き、

◯◯っ‼️足❗と、私の片足を

ずらした。

そして残りの足先には

先程より、

密着した陽子さんの股間が当たっている。

やはり変態だ。

もっとされたいのだろう。

ゆっくりと親指を上下に動かす

指先にかすかに布を感じる

またTバックなんだな。

陽子さんは相変わらず、

マリさんと話している、

仕事の話らしい。

気付くと

親指が滑り始めている、

アソコが濡れている?……

私は少し足を押し込んでみる

柔らかい場所があり

そこは指先で簡単に押せる、

そこをグリグリとやりながら

雑誌を捲る、

マリさんが、覗きこみ、

な~に、◯◯、欲しいの?

え、あ、これ?

いや、凄い色々あるんだなって、

その時、こたつの中で

長く鈍い音っ‼️

皆が一瞬で気付いて

こたつから飛び出した

漏れたガスが皆を襲う

鮭とばの食べ過ぎだろう

あはは、ごめんなさい~っ❗と

また鮭とばにかじりつくユキ。

私は今日は早く寝ると

決めていた。

部屋へ入ると

マリさん、マキ、陽子さんが布団を敷いている

私はいつもの場所。

数えると五人分。

叔父とユキは別部屋にしたらしい

理由はイビキ。

私は布団に入り

先程のオモチャをまた眺める

マリさんが

また見てるの?

私はマリさんなら

答えそうだと、

聞いてみた。

マリさん持ってる?

うん。あるよ。3つ。

私は振り返り

雑誌を渡して、

どれ?ねえどれ?

これと、形違うけどこれ、

あとね~これかな。

えーっマリさん持ってるの?

とマキが覗きこむ。

うん、友達がくれたり、

元カレがとかね、

へ~っと、私とマキ。

じゃ、今度内緒でマキちゃんに

プレゼントしてあげるねっ‼️

凄いよ~っ❗

真っ赤になり、いらないですよ~っ❗と嘘を言っていた。

マリさんが、

マキちゃん昨日の場所で良い?

と枕を渡すと。

はい。と受け取り、

隣の布団へ置いた

やはり当たりだ。

もしかしてマキは

私が好きなのではないか?

思い返すと写真には

いつもマキが側にいた気がする

誕生日にプレゼントも

もらった気がする……

それに、最近やたらと目が合う。

多分そうだ。それで私の

アレを見て昨夜1人でしたんだろう。

何だか勝手に彼氏気分な私。

犯罪とはこうして起きるのだろうと、頭をよぎる。

私が布団に入ると、

マキが

私も寝ようかな。

何か疲れたから。

ほら見ろっ‼️と内心叫ぶが

冷静を装い雑誌を見る。

マリさんが、

何かされたら大声出すんだよ‼️

と、笑う。

その後ろで私を見る陽子さんは

絶対に駄目よっと言いたげに

小さく首を振っていた。

マキに、なあ、マキなら

どれがいい?と

雑誌を見せると、

嫌だよ。どれも嫌❗

またまた、言わないからさ、

どれさっ?

バカじゃないの❗と

もう寝るっと

布団をかぶってしまう。

フフフ。私の計画通り

あとは、様子をみて、

私は布団の中で

センズリを始める。

私の動きを見て

アキも始めるだろう……

アキに背を向けて雑誌を読む。

さあ、アキ、今のうちに

隙間を作るんだよ……

私は、これからセンズリするけど

起きていないよね?と

確認するように、

アキ?……寝た?……

と声をかける。

寝たと答えるはずもなく

勿論、返事はない。

布団をめくり、あぐらをかいて

座りモノを取り出す。

ちゃんと見えているだろうか

しっかりと布団には隙間が

出来ている。

私は見られている事に興奮し

わざといつもとは違い

根元を押さえて

勃起したアレを強調してみる

雑誌を捲るが視線は

アキの布団を凝視する

ゆっくりと膨らみが

下へ行くのが分かる

よしよし。

触り出したかな。

雑誌のグラビアを見ながら

ゆっくりとシゴいて見せてあげると、

かすかに

クッと言う声が聞こえた。

感じているのだろう。

私はアキの布団の動きを見ながら

ティッシュを取り出して

なるべく見える角度で

射精した。

ティッシュを丸めて

悩んだが

ゴミ箱へ捨て、

満足して眠りについた、

足を踏まれた激痛で目が覚める。

誰かが私の足を踏み

バランスを崩して私に向かい

倒れてきた。

そして顔面に激痛が。

じわじわと全身に激痛が走る。

電気が付くと

恵さんが涙で滲んで見える

重さで何となく分かっていたが

やはりユキだった

ユキを払いよけたいが

私の腕力では鍛え抜かれた

巨体には歯がたたず

横に転がりながらユキが

笑い、ごめんね~っ

部屋間違っちゃったと言う。

恵さんがティッシュっ‼️と言い

私の鼻を抑え、上を向かせた

私は顔も痛いが足首の方が心配だった。

顔は唇が切れ、鼻を打ち

腫れ上がりヒドイ有り様だ

身体の方は全治三週間。

足首の骨は見事にヒビが入り

肋骨2本、骨折。

一度にこれだけのダメージを

負わせて無傷なユキ。

だが転んでもただでは起きない私

ただの風邪でも、皆が心配してくれた。

今の私は、足首を固定され

胸にはたすき掛けのような

サポーターが巻かれ

かなり不自由な病人、いや

怪我人だ。

ユキは責任を感じて

何グラムか痩せたように見える

私は両親や、大人達には

夜中に1人で露天風呂で転んだと言い

あの場の人間だけしか知らない

事件となった。

職場に連絡をして

事情を説明して、休みをもらい

さあ、あとは、

マリさんの介護を待つのみ。

たが、皆社会人。

陽子さんも、マリさんも、

仕事が始めるからと、

帰宅してしまうらしい。

恵さんはと聞くと、

うん。私も帰るよっ

ならばこんな田舎には

私も用はない。

両親に帰宅するのか聞くと

明日にでも帰るかっ、

何だか急にユキが憎らしくなり

ユキを見る

口から触手みたいなモノを

出して、荷造りをしていた。

なんじゃっ‼️この化け物っ‼️

スルメの足をかじっていた。

なんちゅー女だと。

目を細めて見ている私に

マリさんが

はい、私の連絡先。っと

紙をくれた。

あ、なら、と陽子さんも

その紙に電話番号を書く。

恵さんもじゃ、私も、

紙にびっしりと書かれた

連絡先に、私はこの紙には

無限の可能性があると感じていた

クチャクチャ言いながら

スルメ女が、

あたしも教える?と

少し上から目線で聞いてきた。

断る理由に、

もう、一杯で書けないよと

言い返す

笑うマリさんが新しい紙を渡すと

触手を動かしながら

書いて渡された。

帰宅したら

真っ先にこの紙をおたきあげをしようと

決めた。

最後の夜は

皆狂ったように飲んでいる。

私も、足を気遣われて私専用椅子に座り少し飲まされた

未成年のマキにも飲ませる叔父。

私は楽しかった出来事を

思い返しながら

女性陣を1人づつ見ていく。

胸……

一番大きいのは……

ん?マキか?。

ユキもでかいが、

肉の部位、判断に困る……

お尻の形。……

……マキか、……やはり若さかな……

ユキは……これはカウント出来ない。特大すぎる。

ユキのズボンが可哀想になる。

私は、トイレへと思い、

立ち上がろうとすると、

マキや、恵さん、マリさんが

皆で私を支えようとしてくれた

叔父が良いな、美人に囲まれてと

冷やかすが、

一番思っているのは私だろう、

父が、マリ、ちょっと

連れてってやってくれ、

また転ばれて怪我されても

もっと大変だから。

介護なら、慣れたもんだろ。

確かにマリさんの支え方は

違い、安心して歩けた。

マリさんの髪の毛の匂いが

私のスイッチを入れる。

足には何の痛みも感じていないが

たまに顔を歪めて痛みをアピールしながら、トイレへ。

中へ入る私に、

大丈夫?

はい、もう、大丈夫です。と

壁にもたれてみる、

マリさんが私を押さえて、

ほら、ちゃんと立って❗

私の後ろに回り、ほら、

今のうちにしちゃいなさい。

私はズボンからアレを出して

オシッコを出す。

へぇ~っとマリさん。

覗きこみながら、

やっぱり、出かたが勢いあるね

お爺ちゃん達なんて、

チロチロ~っだよ。と

笑う。

恥ずかしいような、嬉しいような、私。

モノをしまう時に

マリさんは、え?拭かないの?

は?拭く?何を?

先っぽ……

何で?拭いた事無いけど……

マリさんはしゃがみこみ

アレを覗き、あ、本当。

垂れたりしないんだね……

へぇ~っキレも良いんだね、

勉強になるわ~っ

トクン、トクンと動くモノ。

マリさんは気付いたようで

ふ~っ❗っと息をアレに吹き

かける

トクンが早くなり、

古い時計の秒針のように

段々と上がり9時位を向く。

あらら、敏感だね。

10時。……11時。……11時30分。

ここで秒針は壊れる

マリさん……

マリさんは、廊下を確認してから

私の身体の向きを変えて

口に含み、数回頭を振って、

はい。ここまでっ‼️と

無理やりズボンに押し込んで

戻るよっ‼️と笑う。

歩きながら、マリさん、

これじゃ、バレちゃうよ……

歩きながら、私の股間を見て

大丈夫だよ、そんなに目立たないから、……

はっ?、それはそれで、私には

大問題だ。

目立たない?私も覗いてみる。

いや、私にはくっきりと

見える気がするが。

マリさんは大丈夫だって

それ位ならっ‼️

私の心にトドメを刺すマリさん

部屋に入るとマリさんは、

私の前に回り、

股間を皆の視線から隠しながら

椅子へ座らせてくれた、

さすがだと、感心しながら

私は、バレて

いないかと、皆を見る

皆、マリさんの介護の上手さに

感心している。

が。

マキからは見えるのか

その視線は私の膨らみを

間違いなく見ている。

少し力んで

膨らみを動かしてみると

一瞬驚き、直ぐに私と目が合う。

私はマキに笑顔を返す、

マリさんが私の椅子の前に座り

飲み物やお皿を移動している

また、このお爺ちゃんトイレって、なると面倒だから、

私ここに移動するわ~っ

皆が笑う。

素晴らしい。私の股間はマリさんの身体で隠れてバレないのだ。

なんと言う気遣いだろう。

私は少し斜めに座り

飲み物を小さなテーブルに

置いて、また会話に混ざる

目の前のマリさんのブラジャーを

チラチラ見ながらビールを飲む。

マキが

私のテーブルに、◯◯、はい。と

おかずと珍味を置こうと身体を伸ばしてきた、

受けとるとマキはまた座り直したが

先程とは位置が違う。

マキは私の膨らみが見える位置に

移動している。

マキも酔って大胆になったのか

チラチラと見ているのが

私の視界の隅で確認出来る。

私の親切な心が黙っていない。

私は皆と話しながら、

手で膨らみを撫で、

形が分かるようにしてあげた。

マキからは見えるだろう。

マキが立ち上がりトイレへ向かう

私の横を通る時に

しっかりと見ながら

出て行った

私は、もっと、とズボンの布で

モノをくるりと包むようにしてみる、布の厚みも加わり

私が見ても驚くサイズに見える

トイレの閉まる音に合わせて

私の手はズボンの上からシゴく動きをしてマキを待つ、

戻ったアキは私がスリスリと

勃起を撫でている姿を見て

動揺していた。

マリさんが振り返り、

トイレ大丈夫?と聞きながら

目は股間を見る。

あ、大丈夫です。

膨らみを見たマリさんは

一層背筋を伸ばして

私を隠してくれた、。

マキを見ると、股間を見て

直ぐに私と目が合う。

私は、股間を指差して

困ったよ的な顔をしてみる

マキは皆にバレないように

下を向き笑っている

私に気付かれたマキは

それからは

私と、股間を何度も見ては

隠れて笑うと言う

不思議な関係が出来ていた。

私の行動はエスカレートしていく。

マリさんに膝掛けを取ってと

小声で頼むと、

すぐに理解した顔で、

渡してくれた。

叔父が寒いのか?

マリさんが、

ギブスしてると血流悪いから

冷えるんじゃない?。

私はそれを股間にかけて

次のステージへ向かう。

マキは多分見えなくなり

がっかりだろう。

いや、マキちゃん。

待っていてね。

俺は期待を、裏切らない男だよ。

私はチャックを、ゆっくり開き

勃起を取り出すと、

見栄なのか、マリさんの言葉のせいか

完璧な姿で見て欲しい。

その思いから

多少シゴいてから

膝掛けをマキの方向から捲る。

マキを、見る

マキは話しながら私を見て、

股間を見るそして皆を見て

股間を見る

お手本のような、2度見をして

固まる。……

私はゆっくりとシゴキ続けて

マキの視線を待つ。

目が合うとマキはバ~カっ‼️と

口を、小さく動かした。

私は先から出てきた液を

人差し指で円を描くように

先端に塗り回し見せてみる

半開きの口で

チラチラ見ているマキ

恵さんが

マキ大丈夫?飲み過ぎた?

もうお酒やめたら?

顔真っ赤だもん、

マキはおどおどしながら、

ジュースを貰っていた、

私は満足気に飲み物を取る

目についたのは、

先程マキが渡してくれた、

珍味とおかず。

私はまたマキを見る。

少しして目が合うと私はまた

溢れ出る液を指先ですくい取り

鮭とばに付ける。

不思議な顔のマキに

マキっ~っと呼ぶ私

私を見るマキは平然を

装いながら

ん~っ?なーに?

この鮭食べてみっ‼️

めちゃくちゃ旨いから‼️

マキは、

いや、いいっ、!

と脅えた顔。

いや、この前のよりめちゃくちゃ旨いから。ほら、と

差し出す

ゆっくり立ち上がり、

私の横に立ち受けとると

私に向かい顔をしかめている

ほら、この前のと味全然違うからっ、と食べさせる。

叔父が

どら、俺にもよこせっ‼️

一瞬悩むが

同じ手で叔父にも渡すと

ん~っそうか?……変わらんぞ‼️

マキが吹き出しながら

噛み、う~ん美味しくはないかなあ……と。

なら、これはっとたっぷりと

塗り付けて差し出すと、

少し恐怖を浮かべながら

手を伸ばすマキ

その時

ミキと言う珍味マイスターが

どれ、っと横取りした、

一瞬糸が引いたのが見えたが

パクパクと食べてしまう

ん~っなんかネチャネチャ

して塩味があるね……

マキが皆に背中を向けているが

肩が震えていた

これなら、こっちの方がと

進めるが私はお断りする。

それからはマキが常に笑い

何だかマキと関係を持ったような

不思議な親近感を感じていた。

さあ、寝るかと、大人達は

部屋へ、

最後となると、

別れ惜しくなり

若者達は盛り上がる。

マリさんが、

じゃあ、次はいつ集まれるかね、

お盆かな??

そうだね~っとしんみりしてしまう。。

座っているだけで鼻息の荒い

ミス珍味が口を開いた。

◯◯君のお店で皆で食事会とか

良いんじゃない?

皆が賛成する。

私は、冷静に、でもユキさん

鮭とばはメニューに無いよ……

ユキが背中をドスンと叩く。

色々楽しいお正月だった。

色々な春。に続きます

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:4人
いいね
投票:15人
文章が上手
投票:3人
続編希望
投票:23人
お気に入り登録
投票:7人
名作
投票:2人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:54ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 152回
  • 781回
  • 3,718回
  • 3,718回
  • 3,718回
  • 77位
  • 154位
  • 153位
  • 5,635位
  • 22,777位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 5Pt
  • 30Pt
  • 30Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 113位
  • 104位
  • 2,416位
  • -位
※25461記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]