【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 2 分で読了)

閲覧:週間34位 評価:昨日96位

セフレ化したデリ嬢がビッチ全開だった

投稿:2022-09-21 15:00:14

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆MGYhVJY(神奈川県/40代)
前回の話

前回からの続き

女のスペック:

丸顔、小柄、体は肉感的。旅行関連の仕事に就き、ドMビッチ。最近デリヘルの仕事を始めた。

私のスペック:

くそまじめだが、性欲が強く、中年なのに何度でもいける。ドSだが女を喜ばすネットリとしたセックスが好き。

それからなぎさと私は暇さえあればセックスした。週に三回、メシも食わずラブホに行き、一回5時間くらい、快楽を貪った。

デリ嬢のタダ乗りはそれだけで興奮したし、肉付きの良い体と具合の良いマン○をいつでも使えるのは便利だった。

なぎさはビッチだった。私とは違い、若い頃からよく遊んでいたらしく、合コンでしょっちゅうお持ち帰りされていたと言う。一夜限りのセックスは興奮すると言っていた。そのくせ私のように何度も求めて来る男には縁がなく、中年のネットリしたセックスにも耐性がなかった。

ベッドの上では私に好き放題に弄ばれ、最後はいつもグッタリしていた。

道具で虐められるのが好きらしく、正常位やバックで入れながら、クリトリスを電マで刺激すると、「あーいくう!!」と言いながら、カラダをガクガクさせてアクメした。

食事に出かけたら、必ず飛びっ子を装着して、レジなどで散々虐め、ホテルに行ってからは、「あの店員なぎさの股間をジッと見てたぞ」などと言葉責めをした。

一方、寝取りが好きらしく、私が肉付きのいいカラダを貪っていると、「ふふっ…奥さんにはしないんでしょ?」といやらしい目で聞いてくる。嫌なかんじがしたが、「ああ……妻よりずっといいよ」と言いながらオッパイに吸い付くと、「ああっ………」と言いながら感じ始めた。

コイツは本当にビッチだな、と思った。

そして、私に向かって、前のセフレの話をしだした。「あなたと別の意味でいやらしい男だったわ。連絡はもう一切してこないけどね。既婚者だったし、奥さんに見つかったのよきっと」と言って鼻で笑った。

そしてこのビッチは、襲われる系のAVが好きなドMだった。前のセフレとは、擬似レ○ププレイを存分に楽しんだと言う。

ある日、この女を風呂のふちに座り足を開かせ、オマン○を舐めていると、突然「ここで犯○て下さい……」と言うので、四つん這いにして後ろから生でハメてやった。そのあと、ベッドに連れていって組み敷いて、存分に生ハメを楽しみ、その後はずっと生でセックスした。

またある時は、あらかじめストッキングを履いていくから破いてほしいと言う。

私はホテルに入るなり、テーブルの近くにいる女に「そこに手を付け」と命令し、スカートをたくし上げ、ストッキングを思い切り破いた。「いやあっ!」女は悲鳴をあげたが、私はTバックをずらし、バックでモノを押し込んだ。

「あ……あ……許して……」突かれながら女はアクメし、テーブルに突っ伏してしまった。

前のセフレとはこんな事ばかり楽しんでいたみたいだし、デリを始めたのはこれが理由みたいだった。だったら、自分とはもっと過激なものやらさないと面白くないな、と思った。この女を屈服させなければと思った。

ある日食事に行くと、多目的トイレに連れ込まれ、いきなりしゃがんでフェラをし出した。

「便器の上に手を付け」私は命令し、やはりバックから入れ、ケツをスパンキングしながら「この肉便器め」と心の底から言うと、「あ……あ………お仕置きして下さい」と喘いだ。

私は心の中で「このビッチめ」と吐き捨てた。

この女はベッドの上では従順だったが、外の場所では生意気だった。私が勝手に生で入れる事に「それでいいのか」と責めてきた。「元々お前が誘ったんだろ」とは流石に言えず、だからと言ってもはやゴムをつける気は無かった。

「潮時だな」と思ったが、同時にこういうビッチには思い知らさないとという使命感にかられた。とりあえず表には出さず、適時を待つことにした。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:2人
いいね
投票:3人
文章が上手
投票:2人
続編希望
投票:8人
お気に入り登録
投票:3人
名作
投票:1人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:19ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 40回
  • 3,245回
  • 3,245回
  • 3,245回
  • 3,245回
  • 422位
  • 34位
  • 271位
  • 6,841位
  • 22,387位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 11Pt
  • 11Pt
  • 11Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 76位
  • 383位
  • 6,210位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]