エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 5 分で読了)

会社の忘年会後、事務員のデブス三姉妹と酔った勢いで4Pさせられた話

2019-01-17 17:53:02

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

高山 高雄さん(30代)の投稿

先に言っておきますが、この話に美女は出て来ません。ブスとデブしか出て来ません。

──登場人物

高山→俺。30才。EXILEに居そうとか、サーフィンしてそうとか、格闘技してそう、サッカーしてそう、昔にヤンチャしてそうとかよく言われる。見た目は少し強面だが、実際は運動音痴のアニメオタクww

ヒトミ→26歳。ライ◯ップ前の佐藤仁美に顔も体型もそっくりのちょいぽちゃww

アユ→22歳。全盛期の浜崎あゆみのような、金髪ショートでメイクもギャルっぽく、そこそこ顔は可愛いが全体的に体型がまん丸いww

ホマレ→27歳。スタイルは抜群に良い。モデル体型だが顔が澤穂希にそっくりww

そんなデブス3姉妹(本当の姉妹ではないよ)は会社のパートで内勤の事務員。俺は営業で基本は外にいる為、事務員さんたちとは普段あまり絡みがない。

事件は会社全体の忘年会の時に起きた。

この忘年会でデブス3姉妹にやけに気に入られてしまい、久しぶりに「高山さんかっこいい!」とちやほやされ、ブスとデブではあるが、モテていることに悪い気分はしなかった。

二軒目でも相変わらず三人からちやほやされた。酔いも回ってきて、この辺からは下ネタトークが中心。

俺も、なかなか楽しくなっていた。飲んでいる間に三人は終電をなくし、冗談めかして「こりゃ三人とも俺とラブホだな」と言うとなんやかんや言いながら三人とも話にのって来た。

すぐ近くにラブホ街があり、複数人で利用できるところを調べはじめ、冗談だったのに徐々にリアルっぽくなって行って、俺は少し困惑しだしていた。

会社の事務員とラブホに泊まったことが会社にバレたらマズイ!!というか、そんなことより、この三人とラブホに泊まったことがバレたらハズイ!!

でも酔っ払ってる俺は、そんな恥じらいは直ぐに捨ててしまった。このままいけばワンチャン4Pあるなとドキドキしながら、ふと三人に目をやると、一瞬で萎えたが、そうはいっても三人ともまだ歳は二十代。2人はデブだけどそこまで顔は悪くないし、1人はブスだけどスタイルは良い!!

都合よくものごとを考える性格の俺は合体したらひとりの美女になるからオッケーと訳のわからん理屈で自分を納得させた。

そして三人と本当にラブホにやってきた。物珍しいのか、三人ともはしゃいでいた。最初は部屋で普通に飲み直しながら談笑していた。

誰かが「この三人の中だったら一番だれがありか?」を聞いてきた。答えをしぶっていたら各自のアピールタイムがはじまる。

ヒトミ「私こう見えてフェラには自信があるんです」

アユ「私は胸のサイズがIカップあります」

ホマレ「私はこの中で一番スタイルに自信があります」

そのアピール内容を想像してたら何故か勃起してきてしまい、

「あれ?高山さん勃ってません?」

「もしかして興奮しちゃいました?」

俺もここまできたら開き直って

脚を伸ばして少し身体をそらせあえて勃起しているのを目立たせながら

「いや、勃ってないよ」とシュールに決めた。

「いやいや、めっちゃ勃ってますけどw」

俺はさらにズボンチャックを開けて、パンツ越しの勃起チンポを晒しながら

「だから、勃ってないよ」

「だから勃ってますってw」

「高山さん面白すぎますw」

勃起したチンポに注目が集まり興奮した俺のチンポはさらにムクムクと大きくなる。

「てか、高山さん、チンポでかくなりすぎですよw」

「ちょっと触りたいかもw」

そしたら最初にアユが触ってきた。そのタイミングで俺はチンポに力を入れピクンッとさせた。

面白がってほかの2人も代わる代わる触ってきて俺はチンポをピクンピクンさせてデブス3姉妹を喜ばせた。

気が付いたら三本の手に手コキをされている状態で睾丸を揉まれサオをこすられ亀頭の先を手のひらでさすられていた。

「このまま続けたらイッちゃいますか?」

「これぐらいじゃまだイカないな〜」

「じゃあ、どうたらイキますか?高山さんがイクとこ見てみたいです」

そしたら遂に誰かが、パンツの間から俺の生チンポを引きずり出してきた。

もう爆発寸前で血管剥き出しのチンポを三人は手コキし続けていた。

「すごい!高山さんのチンポめちゃくちゃ硬くなってますよ?」

「なんか、先がヌメヌメしています」

「気持ちいいですか?」

そしたら、ヒトミが急に俺のチンポを咥えてきた。それを二人は黙ってみていた。

しばらく経ってホマレが

「私にも代わってよ!」と言いだし

ホマレがサオを咥え、ヒトミは睾丸をペロペロと舐めていた。それを見ていたアユもついに乱入して来て、俺は三人のデブスから同時のフェラ攻めをくらう。

三人が俺の一本のチンポに群がってお互いの舌があたったりするのも気にせず、無我夢中で俺のチンポを奪い合っている図は例えそれがデブスでも興奮した。

部屋には三人がフェラをしるジュポジュポという音と時折発せられる三人に吐息が充満していた。

ここまで来たら、もうその先に行っても同じである。俺も何かから解き放たれたように三人の身体を欲して、一番手前にいた、アユの尻を拭くの上から揉み、服の上からアソコを弄った。

アユは小さな声で喘ぎだし、それに気付いたヒトミはフェラを中断し俺に熱いキスをしてきた。俺はヒトミの胸を服の上から揉んでいたが、ヒトミはその手を自分のブラの中に押し込み彼女の生乳に触れる。

このタイミングでイッてしまい、俺はホマレの口のなかで射精した。

俺は完全に下半身を脱がされていてたのもあり、上半身も脱ぎ払い全裸になると、ヒトミは今度は俺の乳首に吸い付いてくる。

そしてヒトミは俺の乳首に吸い付きながら器用に自分で服を脱ぎだし下着姿になると、自分で自分のアソコをいじりながら俺の乳首を舐め続けた。

続いてホマレも服を脱ぎ始め、下着も脱いで全裸になったホマレは俺の顔にアソコを近付けてきて、俺の頭の上くらいで自分のアソコを指でくちゅくちゅと手マンしオナニーを始めた。俺はホマレの太ももに手を伸ばし、自分の顔にホマレのアソコを押し付けて顔面騎乗の状態でクンニをした。

その間もアユは懸命にフェラを続けており、このタイミングで2度目の射精をした。

それでも、この日の俺のチンポはまだイキイキとしていた。2度もイカされなお、まだフェラをしてこようとするので、それを必死で阻止し、俺はアユの服を脱がせ、胸の間に顔をうずめたり、胸に吸い付いて舐め回したりアユのIカップの胸を堪能した。

顔は一番タイプなアユに舐め回すようなキスをして、一番テクニシャンなヒトミの全身リップを受け、一番スタイルの良いホマレを後ろからバックで突いた。

ついに挿入までしてしまい。こうなるとヒトミも黙っていない。耳元で「私にも挿れて」と囁かれた。

俺は三人に壁に手を突かせ横並びにさせると、順番に三人をバックで突いて回った。

細いホマレよりも、ぽっちゃり体型の二人のほうが膣内も肉厚で圧迫感があり締まりが良く、後ろからついた時に当たる柔らかいお尻の感触なども踏まえ、気持ちよかった。

そして今度はベッドに横向きに三人を寝かせて並べ、正常位で順番に三人を突き、一番リアクションの良かったヒトミに焦点を絞る。

両端の二人を手マンしながら、3回目の射精、ヒトミの腹の上に出したつまりが顔まで飛んでいきほぼ顔射。

俺は疲れ果てベッドに横になると、まだまだ物足りない三人は再び俺に群がり、正直もう勘弁してくれと思いながらもホマレに騎乗位されながら、二人に両乳首をそれぞれ舐められる。

ヒトミとアユの尻をこちらに向け、二人の後ろから見るアソコを見比べつつ手マンした。

さすがに4回目は中折れし俺のふにゃふにゃのチンポを三人が代わる代わるに刺激するが再起することはなく、「お疲れ様でした」と声をかけられ解放された。

その後は仲良く4人でシャワーを浴び、三人をベッドに寝かせ、俺はソファで就寝。

翌日チェックアウトが昼過ぎだったのでもう一回デブス4Pをお代わり。

俺はスマホを構え三人におかされる様子を動画で撮影した。

最初は拒む様子もあったが絶対に流出させないことを約束し段々と三人も乗ってきてカメラ目線でフェラをしてきたり、積極的にカメラに向かって尻やアソコを出してくれた。

これが顔もスタイルも抜群の美女3人との4Pだったらどんなに最高だったかと思うが、顔見知りのデブスてなので、意外にこれはこれで最高でした。

流出はしない。誰にも見せない約束はしましたが、どうしても言いたくて、一番仲の良い同僚には話してしまい動画もみせました。

「お前マジか!?よくやったな!?」とかなり驚かれましたが、ガチで頼まれ、その動画を自分の顔やチンポが映る部分はカットしたりモザイクをかけて、そいつに共有しました。

その後、ヒトミは完全にセフレになり、ヒトミもあれを機に複数プレイにハマったらしく、次回、ヒトミと仲のいい事務員で香里奈似のカリナと3P出来ないかを計画しています。

-終わり-
次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]