エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

熟女ピアノ先生の椅子の匂い(1/2ページ目)

投稿:2020-03-22 20:15:27
更新:2020-03-22 20:15:27

本文(1/2ページ目)

愛媛県/たかさん(30代)◆FjWAKIU

自宅まで来てもらって、娘にピアノを教えて貰っている先生がいる。

名前は、由紀美。54歳、熟女ピアノ教師。

美人ではない。芸能人で言うと、顔、髪型共に阿佐ヶ谷姉妹のえりこ似だろうか。

だが、スタイルは違う。GかHカップは有ろうか、爆乳。そして、100センチ以上は有るであろう、爆尻。ウエストのクビレも凄い。

レッスンスタイルは、子供がある程度の年齢までは、保護者も後ろで付き添わなければならない。レッスン時間は、30〜40分。嫁が居ない時間帯なので、俺が、付き添っている。

レッスン中、いつも俺は、先生の爆尻を見つめながら、

「あー!あの爆尻に顔を埋めたい!」

「あー!先生のピアノ椅子にされたい」

「あー!爆尻の匂いを嗅ぎたい!」

などと、妄想している。

そして、俺は考えた。

「そういえば、先生、立ちっぱなしだったな。椅子を用意してあげよう。」

「40分、たっぷり座らせて、帰った後、匂いを嗅ごう。ムフフ。」

早速、椅子を買いに家具屋へ。

どんな椅子にするか、選ぶのも楽しみだ。

「直パン座り期待して、背もたれの無い物にしよう。」

「お尻の跡がクッキリ残る、クッション性の良い、黒いビニール系がいいだろう。」

そして、椅子を購入して、レッスン当日。

「先生!お疲れになるでしょうから、お座り下さい。」

と、椅子を差し出す。

「あらー!お父様、ありがとー!」と、先生。

今日の先生の服装は、ピッチリとした、薄い黄色のロングスカート。

先生は、腰を屈めてお尻を突き出し、両手で丸いスツールをお尻の下まで引き寄せた。

物凄いクビレ、完全に椅子の座面からはみ出す爆尻!そして、スカート越しに透けて見えるパンティーライン。少し角度のある、フルバックパンティー。色は?黒だ!

そして、先生がゆっくりとお尻を下ろす。

「プキュ!プッシュュューッ!」

椅子は、先生の爆尻に耐えきれず、泣き叫ぶ。

20センチ以上厚みのあった座面が、一瞬で先生の爆尻の下に消えた。先生もビックリした様子で、少しの沈黙の後、

「・・・」

「あらー!嫌だわー!私って、罪ねぇー。」と、先生。

三人で、(笑)

俺はもう、フル勃起状態!

「お気になさらずに、ご遠慮なくお座り下さい。」と、俺。

先生が、ビックリして一度立ち上がった時、座面を見たら、1センチ位の厚みにまでペチャンコになっていた。恐るべし爆尻!

潰された座面が新鮮な空気を吸い込み、必死に元の厚みに戻ろうと頑張っている途中、再び爆尻が!

「プキュウゥゥゥー!プスゥゥゥー!」

再び大絶叫!

「あーら!かわいそう!」と、先生。

今度は、お尻を上げて貰えず、40分我慢!

先生と娘に、隣の部屋でお茶をして貰っている間に、椅子の匂いをクンクン!

「あー!凄い!ペチャンコ。座面にパンティラインクッキリ!温かい!うーん?うっすらと、酸っぱい匂いが。臭くは無い。残念!」

「椅子君、よく頑張ったね!どんな気持ちだった?」

と、語り掛けながら、俺はチンポをしごいて果てた。隣では、何も知らない先生が、お茶をしている。

そして、今では、俺の顔が先生の椅子となり、苦しみもがいている。

◯追記

週1のピアノレッスンで、椅子を爆尻で押し潰す由紀美。直パン座りを期待しているが、54歳の熟女に、直パン座りを期待する方が間違いなのか?

今日は、黒色、薄手のパンツスタイル。

勿論、パンティーラインクッキリ。

爆尻が、強調されて見える。

そして、いつもの様に椅子を座り潰す。

逃げ惑う椅子を両手で爆尻の下まで引き寄せ、ドスッ!一瞬、必死に爆尻に耐えようと抵抗する座面が見える。一秒位の時間差の後、抵抗虚しく、

「ブシュュュゥゥゥー!」と大絶叫。

「フフフッ。」と先生。

またも、俺はフル勃起!

そして、いつもの様に匂いをクンクンと嗅ぐ。

そんなある日、俺の願いは突然叶う事となった。レッスン当日、由紀美先生から電話が。

何でも、大人の生徒さんの発表会が長引いたらしく、1時間程、遅らせて貰えないか?と。

「先生、ご無理なさらないで下さい。お忙しいでしょうから、レッスンは別の日でいいですよ。」と俺。

「いえ、なるべく早くお伺い致しますので。」と先生。

そして、暫くして先生がやって来た。着替える暇も無く、発表会のドレスのままタクシーで来たのだ。俺は先生の姿を見て、胸の鼓動が高まって行くのを感じた。何を期待しているのであろう?

俺と先生は、娘の部屋へ向かう。

「さぁ、始めましょう。」と先生。

「良かったら、お座り下さい。」と、椅子を差し出す。ドキドキしながら凝視する俺。

しかしだ、「ありがとー!お父様。でも、ドレスで座りにくいから、立ったままでいいわ。」と先生。

「えええっ!うそ?えええっ!」俺はショックを隠しきれない。

だが、レッスンが始まって20分が過ぎた頃、その瞬間は突然訪れた。

「今日は、遅刻しちゃったから、30分延長するわ。」と先生。

延長はさすがに疲れるからだろう?

「ごめんなさい!お父様、椅子をお借りしますわ!」と先生。

桜色の、足元まで隠れるふんわりスカートのドレスに身を包んだ由紀美先生。

座りにくいのか、椅子の前で暫くゴソゴソしていた。そして、ポジションが決まったのか、スカートの両端を指で摘まみ、椅子の高さ以上に捲り上げ、そのまま包み込んでしまった。俺は興奮しながら、一点を見つめる。椅子は、包み込まれた瞬間、

「プッピィィィ〜!」

スカートの中で、大絶叫!椅子も、いきなりパンティーで座られ、ビックリしたのだろう?今までに聞いたことの無い悲鳴を上げた。

「あらー!凄いぃぃぃ〜!」と、喜ぶ先生。

そして、軽く尻を上げ、座り直し。

「スッ!プゥゥゥ〜!」

「この椅子、座り心地がいいわー!お尻が気持ちいいわね。」と先生。

俺は早く椅子に、むしゃぶり付きたかった。

途中で休憩が入り、先生はお茶へ。

先生が立ち上がると、スカートが長い為、まだ包み込まれたままだ。スカートを持ち上げ、やっと、スカートの中から解放された椅子が顔を出す。俺は、高鳴る鼓動を押さえつつ、座面に顔を埋める。そして、深呼吸!

「クッ!臭っさ〜!」嘘だろ?マジか?と俺。酸っぱい匂いと、ウンコの匂い。

座面は、ペチャンコだが、パンティーラインが付いてない。尻の割れ目が当たる所が、食い込んだのか、山の形に盛り上がっていた。

しかも、うっすらと湿っている。

「確信は持てないが、ティーバックか?まさかノーパンじゃ無いだろう?」と、想像を膨らます。

俺は、椅子君に問いかける。

「あー!可哀想に、こんな姿にされて、臭かったねー!よく頑張ったねー!スカートの中はどんなだったー?」

そして、お茶を終えた由紀美先生が戻って来た。

匂いを嗅いでいた俺は、そそくさと後ろへ戻った。

「さぁ、始めましょうか。」と先生。

「次は、もっと速いリズムで弾いてみて。」

タンタンタン♪と、手拍子をしながら椅子を跨ぐ。そのまま、スカートに触れる事無く手拍子をしながら大股開きで、「ストン!」と椅子を包み込む。かなり勢いよく座られた為か、

「プッ!ピィィィィィィィィィ~~~!」と、座面がペチャンコになるまでの、かなり長い時間、由紀美先生のスカートの中で絶叫していた。

先生は、「あっ!やっちゃった!」と、苦笑い。

そして、先生がお手本を弾いて見せるので、席を立つ。スカートの中から出て来た椅子の座面は、大股開きで座られた為か、凄い跡を付けられ、ペチャンコ。

どんな跡かと言うと、股間の前辺りは潰されず膨らみが残り、股間から後ろに沿って食い込んだのか、2センチ位の高さで山の形に盛り上がっていた。蒸れたのか、食い込みに沿って湿っていた。

俺は、直ぐに、「先生、椅子を片付けますね。」と言って、隣の部屋へ。

そして、椅子にむしゃぶり付く。

「うわー!臭っさー!たまらん!」

「あー!由紀美先生!臭いよ〜!由紀美先生!」

「許してぇ〜!由紀美先生〜!」

「あー!イク!イク!イク!ぅぅぅ!」

「ドピュ、ピュッ!ピュッ!ピュッ!」

由紀美先生の奏でる音色を聴きながら、俺は果てた。

帰りに先生が、

「あの椅子、凄く座り心地いいのよね〜、私も欲しいわ〜。何処で、お買いになられたの?」

「あっ、私、買っておきます。いつも、お世話になっているので、私からプレゼントしますよ。」と俺。

先生は、かなり遠慮していたが強引にプレゼントする事にした。それが、顔面椅子にされる始まりの出来事である。

それから、俺は椅子を買いに行き、由紀美先生にメールを入れる。

「椅子が手に入りましたので、ご都合の良い日にお持ちしますよ。」と俺。

「ごめんなさいねぇ。私があんな事言ったばかりに、気を使わしちゃってぇ。」と先生。

と言う事で、由紀美先生の自宅へお邪魔する事になった。そして、自宅のインターホンを鳴らす。

「あらー!お待ちしてたわ!忙しいのに、わざわざ、ありがとー!お上がりになって!」と先生。

「いえ、玄関先で失礼致します。」と、心にも思って無い事を言う俺。

「お時間、許すのであれば是非、お上がりになってぇ!お茶を入れるので。」と先生。

「では、お言葉に甘えて少しだけお邪魔します。」と、家に入る。

リビング隣のピアノが置いてある広い部屋へ通された。そして、椅子を差し出す。

「先生の気に入ってた椅子です。良かったら、お使い下さい。」と俺。

「まぁ!ありがとー!気を使わせちゃったわね!ちょっと、座らせて貰っていいかしら?」

足首まである様な黒のロングプリーツスカートを捲り上げ、椅子の後ろから大股開きで跨ぐ。そのまま、「ドスッ!」と爆尻を下ろす。

風で、スカートが美しく広がり、その瞬間、

「ブッ!ブシュュュゥゥゥー!」と、スカートの中で大絶叫。部屋中に響き渡る。

「あっ!いいわ〜!気持ちいい座り心地だわ!これって、癖になっちゃいそうね!」と先生。

「喜んで頂いて、私も良かったです。」と、俺のアソコはビンビン!

少し雑談し、お茶を入れに行った間に俺は椅子にむしゃぶり付く。

「おー!、嗅ぐわしい匂い!相変わらず、臭っさー!」

椅子はペチャンコ。クロッチラインクッキリ。

そして、お茶を飲みながら俺は勇気を出して尋ねる。

「先生、特別なピアノ椅子があるのですが、モニターになって貰えませんか?勿論、謝礼しますので。」と俺。

「えっ!どんな椅子なの?」と先生。

「座面から、私の顔が出ている椅子です。レッスン料、10万でどうでしょう?」と俺。

最初は、ビックリしていた先生。しかし、意外な返事が返って来た。

「面白そうね!本当に10万も?いいわ!日時が決まったら、こちらから連絡するわ。」

変態がられて、怒られると思っていた俺は、面食らった。ピアノの先生というのは、小さい頃からずっとピアノ一筋で、常識、価値観が、我々とは違うのかも知れない。

由紀美先生からの連絡を待つ間、俺は椅子作りを開始する。昔、何かのAVで見た椅子を思い出し、ホームセンターへ材料を買いに行く。

先生から連絡が入る。

「来週の火曜日、どうかしら?」

待ってました!と、俺は急ピッチで椅子を完成させる。そして、胸踊らせながらその日を待つ。

しかし、前日になって意外な連絡が入った。

「知っているお父様とは言え、男性の方だから不安なの!私のお友達で、女性のピアノ先生お呼びしてもいいかしら!」と先生。

「は〜、はい。」と俺。

「大丈夫よ!どんな事するか説明してあるから!顔の上に座るだけとは言え、もしもって事あるじゃない?」と先生。

俺は、少し不安になったが、

「まぁ、他にも物好きな先生って居るものだなぁ?」と、自分に言い聞かせた。

そして、当日。先生の自宅を訪れる。

「あらー!いらっしゃい!さぁ、お上がりになってぇー!主人はお仕事だから安心して!」

由紀美先生は、ベージュ色、薄手のパンツスタイルだ。もう一人の先生は、まだ来ていないみたいだ。お茶を出して貰い、雑談していると、

「ピンポーン!」

先生が出迎えに行く。

「こんにちはー!初めまして!私、泰子と言います。今日は宜しくお願いしますね。」

この二人の先生は古くからの友人だそうで、連弾など数々のコンサートや発表会で、共演されているそうだ。泰子先生は、52歳。無理に芸能人に例えると、東ちづるかな?そこそこ美人ではある。

だが、実はこの先生が顔に似合わず曲者で、俺は、とんでもない目に遭わされるのである。

俺が由紀美先生にプレゼントした椅子を見て、

「これが、例のスツール?私も座っていいかしら?」と泰子先生。

膝たけの花柄フレアスカートで椅子を跨ぎ、そのまま「ドスン!」この先生も大胆な子供っぽい方である。

「ブッ!ブゥゥゥゥゥー!プシュ!」綺麗に広がったスカートの中で大絶叫!

泰子先生は、

「な〜に?今の品の無い悲鳴は〜?もっと、上品に鳴けないのかしら〜?」

と、立ったり座ったりを繰り返す。椅子は「もう許して〜!」と、言わんばかりに、

「プシュ!プシュ!クシュ!クシュ!シュー!シュー!スッ!スッ!スッ!」

目一杯、虐められた。

「あー!スッキリしたわ!あなたも今からこうなるのよね~?私も座らせて貰っていいかしら?」と、泰子先生。

そして、俺の製作した椅子を取り出しピアノの前にセットする。

「あらー!凄いじゃない!あなたが作ったの?」

これから俺は、この二人の先生にメチャクチャにされるのだった。

俺は椅子の座面部分に仰向け状態で頭をセットする。後頭部側には、スポンジクッションを敷いてあり、座られると沈み込む様にしている。顔の両サイドは隙間が無いので、横を向く事が出来ない。首はベルトで固定され、両手は椅子の脚に手錠で拘束される。

由紀美先生が言う。

「あなた、本当に大丈夫?どうなっても知らないわよ!」

泰子先生も言う。

「あははっ(笑)窒息死しちゃうわよ!」

「いい?覚悟は出来てるの?本当に座っちゃうわよ!座るわね!」と、由紀美先生。

俺の顔にゆっくりと爆尻を下ろす。

顔より遥かに大きい爆尻。

パンティーラインクッキリ。

俺は、一点を見つめる。

これが、座られる瞬間の座面が味わう恐怖なのか?あまりの恐怖に思わず声を漏らしてしまった。

「嫌だぁぁぁー!怖いよー!怖いよー!」

「由紀美先生!許して下さい!ごめんなさい!許してぇー!」

だが、容赦無く爆尻は下りてくる。

泰子先生は、隣で大爆笑している。

そして、俺の顔は爆尻にめり込む。

「うわー!うっ!うっぷ!うっうっうっ!ううーっ!」

「くっ!臭いよー!」

俺の顔は完全に爆尻の下へ消えた。

臭い尻の匂い。スベスベしたパンツ木地の感触。尻の体温で蒸れ蒸れ。

新鮮な空気を求めて、尻を持ち上げようと必死で抵抗するが、全くビクともしない。

極限状態になると勃起すると言うが、ビンビンにフル勃起状態だ。

やっと、由紀美先生が爆尻を上げてくれた。

「あらー!嫌だわぁー!お顔真っ赤じゃない!ごめんなさいねぇー!苦しかったでしょ?」

「でも、見てー!泰子先生。お父様の口から鼻にかけて付いてるライン。これって、私のクロッチラインじゃない?」

「嫌だぁ!本当〜!クッキリ残ってるわね。由紀美先生って、残酷ね!」と、泰子先生。

「こんな体験、初めてだけど凄く気持ち良かったわ!かわいそうだけど、癖になりそう。」と、由紀美先生。

俺は、放心状態。まともに喋れない。

何時間も座られていた感じだか、実際は2〜3分だった様だ。

椅子がどんなに偉いか、見に染みて理解出来た。レッスンと同じ、40分も座られたら、と思うと、ゾッとする。

椅子の絶叫を聞いて笑っていたが、俺も、絶叫してしまった。

由紀美先生が言う。

「私、身体が火照ってきたわ!少し興奮しちゃったみたい。ちょっと待ってて、スカートに着替えて来るから。」

泰子先生が言う。

「あなた、やったじゃない!由紀美先生、興奮してるみたいよ。スカートに着替えて来ると言う事は?どうされるか、分かるわよね?気持ちよくさせてあげなさい!」

これから俺は、絶叫の連続である。

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!