成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 3 分で読了)

【評価が高め】車を走らせているとヨロヨロと歩いている女性を見かけた

投稿:2016-09-23 23:31:57

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

ヨッシー(神奈川県/20代)

つい先日の話です。

友達の家で遊んで帰る時、夜中の2時ぐらいだったかな・・・。

コンビニでコーヒーを買って車を走らせ、信号で止まると1人の女性がヨロヨロと歩いていたので

「酔っ払いか・・・」

と思い、眠たかったのでシカトしようと思ったんですが、女性のスカートからムッチリした足が見え

「拉致ってヤリ逃げしよっかな・・・」

と思い、車を停めて声をかけると意識がハッキリしていて、拉致ったら大声出されそうと思い

「大丈夫ですか?」

と声をかけると

「すみません・・・少し酔っちゃって(笑)・・・大丈夫ですよ(笑)」

と言ったけど、なかなかいい感じの女性だったので

「家は近い?」

と聞くと、歩くと1時間ぐらいのトコで俺の家の先の方だったので

「夜は危ないから送りますよ!」

と言うと何の拒否反応も出さずに

「助かります(笑)」

と言って車に乗りました。

車を走らせながら話をしてると、女性はナツミさん35歳。

女子会で飲みすぎて電車に乗ったはいいが寝てしまい、乗り過ごして朝帰りしたら旦那に怒られると思い、酔っ払いながらも歩いて帰ろうとしてたみたい。

俺に気を遣ってくれてるのか

「彼女は?」

「モテるでしょ(笑)」

とかいろいろ話しかけてくれ、

「結婚してる(笑)」

と言うと少しビックリしていました。

もうそろそろナツミさんの家の近くかなっと思っていると

「そこの公園の駐車場で少し停まってくれる?」

と言われ車を停めると

「お礼にお金・・・って思ったけど・・・少ししかないから・・・」

と言って俺のチ◯コをズボン越しにさすってきました。

「ラッキー(笑)」

と思ったんですが一応、

「えっ!いや、お礼なんていいですよ!」

と言うと

「こんな酔ったオバさんじゃイヤかな?(笑)でも・・・お礼させて・・・」

と言ってベルトを外してチャックを下ろし、手を入れてきました。

まぁ・・・この時点で俺のチ◯コはガチ勃起しちゃってたんですがね(笑)

「硬くなってるよ・・・(笑)」

そう言ってニヤッと笑いながら俺を見つめズボンとパンツを下ろした瞬間にビヨーンとチ◯コが現れました。

「えっ(笑)凄いおっきい!!」

と、ビックリしながらもゆっくりと手コキしながら咥えてきました。

「ジュボッ、ジュボッ・・・こんなおっきいの初めて・・・ジュボッ、ジュボッ・・・若いオチ◯チン・・・素敵・・・ジュボッ、ジュボッ・・・」

と1人で興奮しながらだんだんと激しく動かし始め

「アッ・・・ヤバい・・・イキそうっす!」

と言うと

「ジュボッ、ジュボッ・・・まだ・・・ダメ(笑)もっと味わってから・・・(笑)」

と言ってフェラを止め軽く手を動かしながら俺を見てニヤニヤしていました。

その繰り返しを2回ぐらいやられ俺は生き地獄でしたが気持ちよすぎておかしくなりそうでした。

「もう・・・限界っす・・・イキそう!」

と言うと

「いいよ・・・いっぱい出して・・・」

と言って咥え激しくフェラをしてきました。

そして俺はそのままナツミさんのクチに大量に出すと、ナツミさんの動きがゆっくりになり、最後の一滴まで吸い取ってくれました。

チ◯コをクチから出すと、クチの中の精子を見せつけ俺を見つめながら飲み込んでくれました。

ナツミさん「ンゥッ・・・凄い量(笑)」

「ハァハァ・・・気持ちよすぎていっぱい出ちゃった(笑)」

ナツミさん「こんなお礼しか出来ないけど(笑)」

「最高のお礼でしたよ(笑)ありがとうございます(笑)」

ナツミさん「若いオチ◯チンで楽しませてもらったから逆にこっちがありがとうよ(笑)ねぇ・・・またちゃんとお礼させてほしいな(笑)」

「マジっすか!喜んで!!(笑)」

そう言ってLINEを教えあい、ナツミさんを家まで送り届けて家に帰ると、ナツミさんからさっそく

「ヨッシー君のオチ◯チン凄くて入れて欲しくなっちゃった!今度は入れてね」

とLINEが来てました。

早く時間を作ってナツミさんとヤリたいと思います!

この話の続き

どーも!S◯Xとオ◯ニーをこよなく愛するヨッシーです!友達に「S◯X依存症だろ!」と言われるぐらいヤリまくってる俺です!前回、投稿した友達の家から深夜に帰宅途中に酔っ払って歩いて帰宅途中のナツミさんを見つけ送り届けお礼にフェラをしてもらい俺のチ◯コを気にいったらしく送り届けた後もエロい内容のLINE…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
投稿から3年が経過したため、投票ボタンは無効です。
抜ける・濡れた
投票:15人
いいね
投票:15人
文章が上手
投票:8人
続編希望
投票:23人
お気に入り
投票:48人
名作
投票:2人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:111ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 0回
  • 0回
  • 1回
  • 1,326回
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 23,258位
  • 13,888位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 11,987位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]