月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

僕の平凡な高校時代、現れたのは意外と可愛いパンチラ1年生ちゃん!

投稿:2021-09-26 22:43:49

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

名無し◆eZOVcAA(30代)

高校のころの思い出パンチラ談です。

まず当時の僕や周りの環境は、

・3年生になった

・女子の多いボランティアや制作etcの部に所属

・時代か、女子全般スカートは短いほう(靴下は紺ハイソ時代)

なのでミニスカ女子たちに囲まれる部活という、今思うとなんともうらやまし環境。

でもモテることもなければスカートの中の黒パンに心中不満タラタラだったわけで。

新入生にちょっと女子が入ってきてもまぁ変わりはない…

が、衣替えしたころ、【みまちゃん】という1年生が部室の段に座っていた。

みまちゃんはショートヘアでサバサバしてそうな、運動部の方が似合いそうな子。

脚を伸ばして座る姿に少しばかり気を取られ……ていると、両脚が「//」なポーズになり隙間から見えたのはピンク!

ちなみに座りながら用具を整理してくれてるみたいだったけど悪いんだけど黙って見ちゃうしかない。

可愛さとかこだわりがなさそうなみまちゃんの可愛い生パンにちんちんはググッと伸びてしまい、帰ってからオカズにした。

数日経ったころ、3年女子の制作を座りながら囲んで拝見する後輩たち、という微笑ましい光景がくりひろげられ、そこにはみまちゃんの姿も。

ただ、座りといってもあぐらでスカートはきちんと伸びてはいるけど。

でもまたパンツが見えないか付け狙う僕の執念を前にみまちゃんは無警戒。

脚を立てて立ち上がる、その瞬間を逃がさない!

一瞬ながらばっちり見えた白いパンツにまたちんちんは大喜び!早く帰ってオナニーしたい…。

この学校のスカート丈に対してみまちゃんは危なっかしい子で、部室から郊外活動までみまちゃんの様子を気にしてしまう。

実際チラッと見えることがあって、「今白いの見えた……!?」と何度かムズムズさせられた。

見すぎたせいかみまちゃんの友達に「なんか〇〇先輩よくこっち見てこない?」とか話しているときはビビって距離を置いたけど。

「僕が見たいのはみまちゃんであって君はどうでもいいから、自意識過剰だよw」と心のなかで言い返しておく。

部活は毎日なくてみまちゃんに会えないのは寂しかったけど、毎日だったら僕は完全に怪しまれて女子たちに引かれる未来になっていたかもしれないのでまぁ良しとしよう…。

これまた会えなくてさみしい夏休みを終えて2学期に。

毎週水曜日の活動では用具を他の教室から借りては返す必要があって、みまちゃんはその役目に。

僕は「手伝おうか?僕が返してこようか?」と少しの下心を込めて聞くと、「だいじょうぶですよー」振り向いて爽やかに返してきた、いい子だ。

でもその優しさを裏切ることになる……

返す先へは外階段を使っていくのが早いのでみまちゃんも登っていき、見上げながら後ろを歩く僕、という位置関係になったことがある。

ここで風神様は僕を応援してくれて、風でみまちゃんのスカートがふわっと広がった!

下から見上げる分には十分にめくれ、白いパンツとお尻を目撃してしまった。

みまちゃんは虫でも払うように勢いよくスカートを押さえつける、その様は慌てているようにも見えた。

風チラ…かつて運動部で鍛えられてそうないいケツ…後ろの僕に見られて恥ずかしがってるともいえる慌てよう…。

この出来事は僕にとって強烈なものとなり、【スポット】と言えるこの階段で行動にでることになる…。

水曜日にみまちゃんが用具を返しにいく前に1階の階段陰でスタンバイ。

心臓をバクバクさせながら、目隠しのない隙間から覗き込む!

ピンクのパンツが1秒程度ながらハッキリと見える、興奮を抑えられなかった。

「仕事してくれてるのに…みまちゃんごめんね、ごめんね……」と学校のトイレで発射。

無理やり覗いてやるのも興奮してクセになりそう…。

また別の女子が「僕くんはみまちゃんをジロジロ見てない?」とか噂されてたし、あのスカートの中の布のせいでだいぶ狂わせてきて困ったものだ。

でもやめられない。水曜日のこの時間が楽しみすぎて止められない。

みまちゃんが僕の気配に気づいてもおかしくない日があったが、変わらず外階段を生パンで登り、僕に毎週のように覗かれる……そんな日が続いた。

気づかれてないのか気にしないのか、文化祭が近づき忙しくなる活動の中、「これどうですか?」と製作途中の作品パーツをわざわざ僕に見せてきたりと友好的だった。

またこういう活動といえば座りでパンツが見えることはお約束であり、みまちゃんはそのお約束に応えてくれた。

覗かなくても自分から股を開いて見せてくるその姿にやたらとムラムラ…。

ちんちんが先走って女子たちに臭ってないか心配になったし、鮮明のうちにトイレでスッキリしてきた。

文化祭がはじまり、長くも短すぎるたのしい準備期間が終わりを告げた。

さらに3年の僕は文化祭後に引退……なによりみまちゃんに会えなくなるのが残念だった。

親しくはしてくれたけど特に仲良くなれたわけじゃない、もっと仲良くしてたら告白もしてたのかなぁとぼんやり気分で思う。

あ、最後に、コレクター気分で記録するのを楽しんだ、JK1年みまちゃんのパンツセレクションを暴いて終わるとしますw

純白(目の錯覚じゃなければ明るい白と暗めの白2種)・純ピンク・レースピンク・全体的に黒いボーダー・英字の入った白・黄色?

あまり可愛さを振りまかないようで、スカートの中は可愛い少女だということを僕は知っています。

ピンクも白も見分けてるし違いのわかる男ですw

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]