エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

寝取らせ願望があった会社の上司、デカチンの僕が指名を受け奥様の相手を2

投稿:2020-06-29 03:59:22
更新:2020-06-29 03:59:22

この話のシリーズ一覧

本文

山内さん(20代)◆MEknggk
前回の話

前回会社の上司である上田課長から寝取られ願望があることを告げられ、僕が超美人の奥様の相手をし、その途中少し

だけでしたがその様子を奥様と携帯でやり取りしました。

その翌日会社で課長と話しましたが、課長かなり興奮したそうで奥様とセックスしたそうです。

2回目はすぐに課長が段取りしてくれました。

課長も加わりたいと奥様にお願いしたそうですが、奥様まだ3人プレイには踏み切れず、今回は僕と奥様真衣さんとの

プレイを動画撮影することとなりました。

今回は会うと車中ですぐにキスし舌を絡ませました。明らかに前回と違う真衣さん。

前回と同じ、ホテルの部屋に着くとすぐに課長から預かったビデオカメラで撮影開始、早速真衣さんが脱ぎ始めます。

もうためらいもなく脱いでしまう真衣さん、素晴らしい身体が露わに。

そのまま僕の所に来てズボンとパンツをおろしフェラます。既に半勃ちだった僕のチンポは反応し、瞬く間に反応して

フル勃起。それをカメラ越しに見ます。めちゃくちゃ興奮します。

真衣さんも撮られていることをわかってか前回より、音をたてていやらしくしゃぶってくれます。今回も真衣さんと会

うことが決まってから禁欲5日、早漏の僕が射精に追い込まれるまで時間はかかりませんでした。

「真衣さん、もう出ちゃいます」

「いいよ出して、お口の中に」

「いいんですか」

「いいよいっぱい出して」

「逝きます、逝く」

「うぐっ」

真衣さん苦しそう、

「大丈夫ですか」

とティッシュを渡します。

「ぷはーっ」

とはき出す真衣さん。

「うわー凄い量、これ何日分?」

「5日分です」

「凄いね」

「めっちゃ気持ちよかったです」

「よかった、きて」

今度はベッドへ向かいます。

テーブルを移動させ、カメラを置きベッドを横向きの位置から撮ることとしました。

仰向けになった真衣さんに覆い被さりキスします。すでにトロトロ状態の真衣さんいやらしく舌を絡ませてきます。

そして巨乳を揉みながら乳首を舐めます。

「あっはーん」

喘ぎ方も前回と違って、我慢している様子は有りません。

舌を這わせて行き、おまんこまで。

もう大洪水、べちゃべちゃでお尻の所まで垂れています。

「もうHな汁がお尻まで垂れていますよ」

「いやっ、それより早く舐めて」

舌でまん汁をすくってクリを舐めます。

「あっ」

すぐにピクっと身体をのけ反らす真衣さん。

もうべろんべろんに舐めまくりました。

足を上げマン汁が垂れているお尻の穴も舐めました。

「あっそこは、あっ」

と言いながら、気持ちよさそうな真衣さん。

「気持ちいいですか?」

「うん」

少し恥ずかしそうに答える真衣さん。

アナルに舌先をこじ入れます。

「あー、あー、凄い」

そしてまたクリトリスを舐め上げると、

「あー、逝っちゃう、逝くよ、逝く」

ピクピクと痙攣する真衣さん、逝っちゃいました。

「凄く気持ちよかった、もう入れて」

やってみたかったハメ撮りを、

カメラ片手にもう片方の手でチンポを持ち真衣さんのおまんこへ、

カメラ越しに見るので少し大変ですが、めちゃくちゃ興奮します。

おまんこにチンポが入りました。

「あっ」

と入った瞬間に身体がピクッとなる真衣さん。

「あー大きいい、やっぱり凄いお大きいい」

今回は最初から気持ちよさそうな表情の真衣さん、カメラ越しに見る真衣さんの表情がまたエロい。

でもすぐに真衣さん、

「気持ちいい逝っちゃうよ」

「いいですよ」

「あっ、逝く」

またピクピク痙攣する真衣さん。

前回よりさらに感度が良くなっている真衣さん、早漏気味にすぐ逝ってしまいました。

そのまま激しく突きます。カメラも揺れます。

カメラを気にしながらだったので、早漏の僕も少しだけ長持ちしたような気がしましたが、射精が近づいてきました。

「あー逝きそうです」

「逝って、いっぱい出すとこ見せて」

「逝きます」

真衣さんのお腹から胸へかけて射精。

何とかカメラに収めることが出来たと思います。

「めっちゃ出てるね、さすが5日分ね」

お掃除フェラをしてくれる真衣さんも撮影、エロいです。

そのまま、

「今度は私が上になる」

と真衣さんが跨ってきます。それもカメラを持ち下から撮影します。

これもまた興奮する角度です。結合部も見え、上に動かすと、揺れる真衣さんの巨乳、更に上へ行くと、感じているエ

ロい表情の真衣さんが撮れます。

「あー気持ちいい、もうダメ、また逝っちゃう、逝く~」

逝ってる時の表情が取れました。

その直後に僕も逝きそうに、

「真衣さん僕も逝きます」

チンポを抜いてしごいてくれる真衣さん、また大量の精子が出ました。

それも撮影しましたが、余裕がなく撮れているかわかりませんでした。

少し疲れたので休憩。

その後はまたカメラを固定しました。

そこからは、バック、また正常位とガンガン真衣さんのおまんこを突きまくりました。

「あー凄い、山内さんの大きい、チンポ凄い逝っちゃう、逝く」

「またきた、また逝っちゃう、逝く、逝く、逝く」

と淫語連発で逝きまくる真衣さん、前回とは全然違いました。もうエロい一匹の雌のようでした。

僕もその間2回逝かされ、最後は騎乗位で逝きまくる真衣さん、僕も逝きそうになったところで、少し真衣さんに待っ

てもらい、またカメラで撮りました。

フェラとしごきから射精するところを撮りました。

「真衣さん逝っちゃう」

「出して、出して」

「逝く」

精子がレンズまで、飛び散りました。

「あっ、着いちゃった」

と僕が言うと

「ほんとだ、元気ねまだこんなところまで飛んじゃって」

と言い、レンズに付いた精子を舐める真衣さん。

カメラ越しに真衣さんのベロが、くちゃくちゃ音も撮れて、めっちゃエロかったです。

少し忙しくて疲れたハメ撮りでしたが、逆に興奮も半端なかったです。

翌日の課長、

「山内君感動したよ、動画、もう凄かったよ」

とかなり興奮気味に話してくれました。

「もうAV男優並みだな山内君は、チンポも超デカイな」

「どうも」

「今度は本当に3人でしたいよ、嫁にお願いしてみる」

興奮して話す課長でした。

この話の続き
-終わり-

コメント(3件)

コメントを投稿する

内容[必須:現在0文字]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]