エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 7 分で読了)

高級ソープランドで、先輩と3P

2019-11-28 21:45:27

この話のシリーズ一覧

1:風俗デビュー、会員制SMクラブ2:夏休みの出稼ぎ、ソープの面接、体験入店3:ソープランドで新人として働き始めました
4:高級ソープランドで、先輩と3P(今見てる話
5:移籍したソープランドの屋上で露出?プレイ

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

まいさん(20代)の投稿
前回の話

ソープランドで新人として働き始めました

何とか希望店に入店となりました。 ただ、シフトの関係で系列での勤務もありました。 忙しい曜日は、金、土、日曜日です。平日は、若い人が多い印象。 女の扱いや話が上手いのは、やはり、40歳代かな。セックスにも気遣いがあります。50歳代になると、嬢からすると少し物足りない部分もあります。 30歳代…

ある日、先輩から、連絡がありました。

先輩のお客様から、3Pがしたいから、オススメの嬢を呼んでと、予約が入ったから、打ち合わせに系列店に来るように、との事

3Pといっても、男1、キャスト2です。

山本美月さん似の先輩は、系列店所属ですが、私の所属店のヘルプや研修も担当する売れてるソープ嬢です。

系列店の方がいわゆる高級店で、マットなどのプレイやトークが、秀逸でないとダメなんです。

入浴時間も長いので、会話や時事ネタなど話題に欠いてはダメなんです。

その辺も凄い先輩です。仮に美月先輩とします。

流れの確認

ご案内は、二人。

入室して、フェラ→ベッドプレイ→シャワー→お風呂→ベッド

3Pなので、マットプレイは割愛

正座して、カーテンの内側で待機から始まります。三つ指ついて

先輩、私「いらっしゃいませ、美月です、まいです。よろしくお願いいたします」

両脇二人でがっちりホールドして、イチャイチャ

入室すると、椅子に座ってもらい。私は、正座して

「初めまして、まいです。改めまして、よろしくお願いいたします」

先輩も私の後ろで頭を下げて、

「よろしくお願いいたします」

お客様「まいちゃん、服脱いで」

エッ?ってなりました。いきなりだよ?

お客様「美月、こっちに来て、ヌードを見よう」

どうしよう…初めてのお客様なのに、いきなりは、やっぱり恥ずかしいです。

先輩には、研修で、裸は見られてるけど、改めて裸体を見られるのは、かなり恥ずかしいです。

胸と性器を隠して、顔が赤くなり、身体もほのかにピンクになって、火照り始めました。

お客様「まだまだ、初なんだね。美月が可愛がるのも分かるよ」

お客様「まいちゃん、こっちに来てよく見せてよ」

胸を視姦され、

お客様「後ろを向いて、膝に手を付いて、少し足を開いて見せて」

お尻が丸見え、うーん、恥ずかしい

それから、お客様は、私にベッドへ行き、M字開脚するよう言いました。

先輩は、私の正面に正座してます。

お客様は、私に性器を拡げて、見せるように言いました。

私は、やはり、こうした命令され、羞恥を感じ、濡れるんです。

先輩「まいちゃん、濡れてる。」

先輩に言われると、恥ずかしく、また、濡れてしまいました。

私は、濡れてしまい、内腿に愛液を滴しながら、お客様とキスをし、Yシャツを脱がせて、先輩は、腰にタオルを掛けて、スラックスなど、下から脱がせました。

私は、お客様に胸を触られながら、キス。

先輩は、フェラをして、勃起させました。

先輩は、お客様の前で、赤いドレスをゆっくり、ゆっくり脱ぎました。

お客様の目を見たり、視線を落とし、恥ずかしそうな仕草。

同性の私が、(また)濡れちゃいました。

いやいや、見習わなければ…

先輩には、見抜かれてました。後で、叱られました。

シャワーに誘導して、ボディー洗い、先輩は、お客様の正面から、Fカップのキレイな胸をフルにイカしてました。

お客様の満足そうな顔。

何とも言えません。

私は、後ろから、首筋を舐めたり、アナルを洗い、椅子の下に潜り、アナル舐め。

先輩は、ジュルジュル、ジュポ、シコシコ

お客様は、二人に攻められ、ギンギン。

お客様の身体を拭き、手早く、私達も拭きました。

そして、ベッドに誘い、仰向けに寝てもらい、素早く、先輩がゴム装着。

私がお客様の上に乗り、騎乗位になりました。

「失礼致します」

空気が抜ける音、ニュル、ズボッ!

腰を激しく上下して、ハァハァ

ンッ。上体を倒し、お客様と舌を絡ませたキス。

夢中で腰を動かしてました。

エッ?先輩

「先輩、イヤ、見ないで」

先輩は、私とお客様とのセックス、結合部を間近で見てたんです。

「先輩、ダメです。恥ずかしいです」

先輩「まいちゃん、エッチだね。アナルをピクピクさせて、お仕置きするね」

お客様のぺニスの根元の裏筋から、私のアナルを下から上に舐め上げてるのが分かりました。

「先輩、ダメ。イク、イク」

お客様「美月は、こっちにおいで、舐めてあげる」

私と向かい合わせになり、先輩は、お客様の顔の上を跨いで、舐めてもらってました。

ピチャッ、ピチャッとエッチな音とペロペロと舐められてる音

そして、私達はキスしました。

「ンハッ!ウッ!ダメ」と、囁くような、エッチな声でした。

クリトリスを舐められたのでしょう。

ピクピクと痙攣のような反応

音や舌を絡ませたエッチなキス。

先輩の女の私でも引き込まれて行く目。

これは、男性だとたまらないのでしょう。

No.1の理由は、これなのでしょう。

いつの間にか先輩の虜になってました。

そして、先輩と私は交代して、先輩は、お客様を跨いでゆっくりと挿入。

お客様とキスしてました。少し息遣いが荒くなりました。

腰の上下も速くなり、お客様が、

「うっっイク!」

私は、四つん這いになり、お客様のぺニスをジュルジュルと音を出しながらお掃除フェラ。

先輩は、私のお尻を開き、敏感な突起を舌で刺激しました。

いい感じに潤ったら、アナルへ舌の先を挿入。

腰が砕けるくらいに、力が抜けました。

お風呂にご案内

まず、私は、シャワーでボディー洗い。先輩は、たわし洗い。

グリンスで、性器と肛門を丹念に洗いました。

イソジンで、うがいと歯磨き。

先輩とお客様がお風呂へ

潜望鏡。チュパ、チュパ。ジュルジュル

私は、浴槽の横から、キス。乳首を弄ったり、舐めたり。

ほどよく勃起すると、身体を拭いて、ベッドへ。

お客様と美月先輩は、ベッドに座りました。

そして、私を呼び、四つん這いにさせました。美月先輩は、私のお尻を開きました。お客様は、私の後ろで亀頭を性器に擦り付け、ゆっくり挿入しました。

ゆっくり、ゆっくり腰を動かしました。

美月先輩は、性器を私の目の前に持って来て、

先輩「まい、舐めて」

「はい、先輩」

アッ!気持ち良い。

お客様は、年齢の割には、硬いし、絶倫

先輩、羨ましい

整えられた陰毛を掻き分けて、割れ目をクリトリスから、下に舐めました。

愛液が、びちゃっ、ツーと糸引きました。

指を挿入すると、キューと締めました。腹筋がピクピクしてました。

お客様「美月、しゃぶって」

先輩「はい、まい、交代」

「はい、先輩」

先輩は、お客様に寝てもらい、足を割って入り、四つん這いでフェラ

ジュルジュル、ジュパと、結構、大きな音

私は、先輩に仕返し。

先輩のお尻を開き、アナルを舐めました。

キレイなアナルで、少し小さめで薄い紫色で毛もありません。

アナルを舐めながら、クリトリスを指で弄り、イカせるつもりで、擦りました。

先輩「まい、アナルはダメぇ、イク、イク、あぁ、ダメ」

愛液を流して、エッチなおま○こでした。

先輩に少し睨まれましたが、気持ち良さそうにしてました。

先輩は、たまらなくなったのか、ゴムを素早く付け、

先輩「お客様、挿れさせて下さい。」

騎乗位で挿入。

見たことない先輩を見ることが出来ました。

凄い腰振りで、良い顔になってました。

お客様ももうイク寸前のようで、

お客様「美月、イクよ、イク!」

先輩は、私に、

「抜くから、手でイカせてあげて」

先輩は、性器から、ぺニスを抜きました。

私は、ゴムを手早くとり、高速で手こきしました。

お客様「あっ、あっ、イク、イクぅ」

ピュッ!ピュッ!

少し薄めの精子が、私の顔にかかりました。

お客様も先輩も満足そうでした。

先輩が、ジュルジュルとお掃除フェラしました。

お客様には、シャワーで簡単に身体を洗い、服を着て頂き、ソファーで、お茶とタバコでくつろぎタイム

私は、顔を洗いドレスを着ました。

先輩もドレスを着て、床に座り、談笑。

私も床に座り、おしぼりを渡したり、タバコの火を着けたり、お世話をしました。

楽しい時間は、あっという間で、時間の電話がありました。

準備を整え、お見送りしました。

先輩とお客様は、恋人みたいでした。

部屋に戻り、先輩は、フロントに私の所属店の予約やスケジュールを聞いてました。

先輩「まい、掃除、少し研修をするよ。あと、お仕置きするわ」

えー、お仕置きぃ?

「先輩、お尻、叩くんですか?」

先輩は、掃除をしながら

先輩「あはは!まいは、お尻が叩かれたいの?」

「私の中で、お仕置きはスパンキングみたいな感じなんです。」

先輩「途中、私をイカせようとしたでしょ?正直、イク手前だったわ。イカせるのは、お客様。まいは、感じ過ぎ、自分の仕事をもう一度考えてみてね」

「はい、先輩。お部屋、こんな感じでいかがでしょうか?」

先輩「うん。研修するね。フェラ」

バイブで、舌の動かし方や、手の動きや音を出してのバキュームフェラなど。

挿入についても、研修がありました。先輩は、ペニパンをつけました。

私は、先輩に寝てもらい、乳首を舐め、先輩は、平然としてますが、乳首がビンビンになり、顔がほのかにピンクになりました。

パンティは履いてますが、ペニパンを先程の研修の復習をして、足を上げ、アナル舐め、パンティの上からだけど、先輩は、吐息で「アッ、アッ、はぁはぁ」

感じてるようです。

あまり、やると怒られそうなので、

「先輩、挿入します」

「ンッ、アッ」

先輩「ピストンする時に、身体を重ねて、キス」

私は、言われた通りにキス

「うーん、ディープ、舌を絡ませる」

先輩「バックをするよ」

四つん這いになり、先輩のペニパンを導き挿入、お尻の擦り付けるコツを教わりました。あまり、詳しくは書けませんが、男性の皆さんは、挿入感も気持ち良さも感じていただきます。

先輩「大体、これくらい出来ればいいかな。」

「先輩、ありがとうございます」

先輩「あっ、四つん這いのままでいてね」

先輩は、薄手のゴム手袋とローションを用意しました。

先輩「まい、膣の締まりを鍛え方、教えるね」

先輩は、私のアナルをマッサージして、中指を挿入しました。

肛門に力を入れたり、力を抜いたり。

色々、教えてもらいました。

最後に、ゴム手袋を替えて、膣に人差し指と中指を重ねて挿入しました。

最終的に締まりが良いか確認しました。

ずっと、四つん這いでやるとかなりの運動量なのか、内股がピクピクしてきました。

私も先輩の膣の締まりを確認しましたが、かなりの締まりの良さでした。

何か吸い付いて離さない感じで、あまり経験のない女性っぽく、男性にはたまらないでしょう。

こうして先輩と私の3Pのイベントが一週間に一度、夏休みの期間に5回あり、キャンセル待ち状態でした。

○○万円(180分)払えて、2回射精できるのが凄いです。私達のテクニック次第とも言えますが、ありがたいです。

所属の店でも、ありがたいことに、予約が入らない日はありませんでしたが、その代わり体力的にはキツかったです。

10人に1人は、すごくセックスが上手でした。若い人は、やはり、AVの影響でしょうか?キャスト泣かせの荒いセックスで膣が痛いんです。私は、おじ様が好きです。

日記を読み返してみると、結構、私は細かく書いてます。研修内容や殺菌、消毒などの手順やお客様のことは、リアルに書いてますし、その時の気持ちを仕事の合間に書いてました。

日記には、プロフィール写真撮影、月2回の性病検査と健康診断、ボディーチェック、女性のお客様(ソープ)、女性のお客様(SMクラブ)、同じ大学のお客様(違う学部)、童○のお客様。ソープに移籍など、色々書いてました。

また、どれかを書いてみたいと思います。

この話の続き

移籍したソープランドの屋上で露出?プレイ

今回は、移籍と屋上個室風呂で露出?スケルトン個室での体験談をします。最高にドキドキして、バレないかハラハラしましたが、多分、バレてません。 夏休みも終わり、大学生、夜は、M嬢に戻りました。が、その予定でした。 2ヶ月ぶりにSMクラブに復帰するために、電話をしました。 スタッフによると、…

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]