エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

【パンチラ】福祉の授業で障がい者の体験をすることになった

2014-10-15 04:00:00

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

福祉系の学校の授業で障害の体験として、車椅子体験などをする時間がありました。

目隠しをして階段を登ったり、車椅子で段差を越えたりがあるという事で、前の週から先生は女子に動きやすい格好で来るように伝えていたのですが、必ず忘れてしまう子はいるもので、当日の朝、クラスの女子の何人かがスカートで来てしまい、

「ジャージ持ってない?」

と男子に聞いていました。

早い時間に来た子は借りられたのでそれを穿いて授業に出ていましたが、授業ギリギリに来た千佳ちゃんという子がいました。

千佳ちゃんはクラスでも美人の方で、とても明るい子でしたが、その日はよりによって黄色いミニのフレアスカートで来てしまっていました。

学校に来て友達の様子を見てスカートがマズいことを思い出して、慌ててみんなに

「ジャージ持ってない?」

と聞いていました。

しかし、みんな持ってきていないか、既に貸してしまっていて貸せる人はいません。

結局千佳ちゃんはそのままの格好で授業を受ける事に。

ジャージ持ってない?と聞き、無事に借りられた子はいいのですが、借りられなかった千佳ちゃんは今スカートの下が生パンである事を告白しただけという形になってしまいました。

スカートがかなり短かったので、あの下が生パンなら簡単にパンチラするだろうと期待して、その日は千佳ちゃんを完全にマークする事にしました。

授業が始まり、なるべく千佳ちゃんの正面にくるように座ります。

説明を聞く時から千佳ちゃんの顔は心細そうで緊張したような顔をしていました。

説明を聞いている間は際どく見えなかったのですが、車椅子体験で段差を越える時にチャンスが・・・。

段差を越える時には力がいるので、揺れと合わさってどうしても脚が大きく開いてしまいます。

その様子を自分を含め、男子数人はジッと見ていたのですが、もうパンチラというかパンモロでした。

開いた脚の間から白地に黒のリボンの柄のパンツが丸見えになっていました。

それに気付いて段差を越えると脚を閉じて慌ててスカートを直していましたが、バックでも越えなければならず再びパンモロ。

千佳ちゃんが見られた!という感じで、悔しそうな顔をしていたのにさらに興奮しました。

その後も目隠しをして階段を登ったり、平均台を渡ったりチラチラと千佳ちゃんのパンチラは続き、男子には大満足の授業になりました。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]