エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 5 分で読了)

嫁が不在の6日間の前半

2016-12-03 21:32:03

この話のシリーズ一覧

1:媚薬を好きな子に使う前にヤリマンの女友達で効果を試してみた2:ヤリマンの女友達を彼女にしたら、さっそくラブホから他の男と出てくるところを目撃した3:先輩のお母さんに筆下ろししてもらった黒歴史4:初体験させてもらった先輩の母親を脅して関係を続けさせた5:彼女のアナル処女をもらうために調教を始めた6:中途採用された事務の子に媚薬を飲ませて浮気したら本気になってしまった7:ドMでヤリマンの彼女とハメ撮りした映像を編集してDVDとカレンダーを作った8:彼女の出張中に浮気してたら、彼女も浮気したので調教した9:高橋みなみ似の浮気相手と会社でセックスするのが止まらない10:彼女と別れ、高橋みなみ似の浮気相手と付き合う事にした11:寝取られた元カノがセフレにしてくださいとお願いしてきた12:出張先に元カノを連れて行って中出ししまくった13:悪友に誘われて飲みに出たらデリヘル嬢との合コンで、新人のデリ嬢のアナル開発の手伝いをすることになった14:走り屋の時の後輩が女とヤリたいと言うので、元カノでセフレのゆかりを紹介した15:高橋みなみ似の彼女と結婚して、セフレのゆかりとの時間が無くなってきた16:ヒマでセフレのゆかりのスマホを見たらウソ付きまくりで引いてしまった17:セフレのゆかりと3Pしようとしたら、ご無沙汰の人妻を2人連れてきた18:人妻の幸江と1日中ヤりまくってアナル調教した19:人妻の純子ともセフレになった20:元セフレの幸江に美熟女を紹介された
21:嫁が不在の6日間の前半(今見てる話
22:嫁が不在の6日間 後半

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

島根県/火星陣さん(30代)の投稿
前回の話

元セフレの幸江に美熟女を紹介された

幸江とのセフレ解消後のお話です。 幸江の勤先のスイミングスクールに体験で行った後に食事に誘われた時の事です。 個室の部屋に通され、開けると幸江とかすみと言う女性がいました。 2人だとマズイから呼んでいたのだと思っていました。 食事も進み、幸江とかすみは酔いも進み少し赤…

嫁が親友の結婚式をハワイで挙げるとの事で、6日間不在になりました。

この6日間は何をしてても自由なので、とりあえずセフレの純子とゆかり、先日紹介されたかすみ、セフレを解消した幸江の全員とセックスしようと画策していましたが、彼氏が出来たばかりの幸江には断わられました。

子供がいる純子から連絡し、嫁不在4日目に純子とする事が決まり、2日目にかすみとする事だけが決まりました。

嫁が出発した初日に、ゆかりを呼び出し、車に乗せ、同棲中の彼氏がいるからイヤ!と断るのを強引にホテルへ連れ込もうとしていました。

ゆかり「今日はダメだって!」

「関係ねーよ!セフレにしてくれって頼んだのは、お前だろ!じゃあレイプとセックスどっちがいい?」

ゆかり「どっちもイヤ!今日は口でお願い!」

どこかの映画かAVで聞いたセリフを言いながら、ホテルの駐車場まで行きました。

ゆかり「だから今日はダメって!生理だから!」

「お前いつからピルやめたんだよ!」

ゆかり「彼氏がピル止めてって言うから...」

「なんで?」

ゆかり「結婚するからピル止めたの...子供欲しいし...」

「結婚すんの?」

ゆかり「1月にするよ...生理だから今日は口で許して...」

「そうか...アナルならいいだろ?」

ゆかり「綺麗にしてないから口で許して...」

フェラだけなのでホテルには入らず、静かな公園でフェラしてもらう事になり移動しました。

ゆかり「知ってるよ!純子や幸江ともセックスしてるんでしょ?」

「幸江とはもうしてないよ!かわりに他の人紹介された。なんで知ってんの?」

ゆかり「私としてくれなくなったからおかしいと思って幸江と純子にこの前聞いたの!」

「ごめんごめん!お前も彼氏と同棲してるし他にもセフレいるんだろ?」

ゆかり「セフレとは別れたよ。筆下ろししてあげて、時々ならさせてあげるって言ってるのに、毎日したいって言い出して...彼氏と同棲してるのしってるのに毎日LINEしてくるし、電話もしてくるし...」

「そいつ若かったの?」

ゆかり「19才...」

「お前な~~!相手未成年かよ!」

ゆかり「しょうがないじゃん!若い童貞君が何ヵ月も一生懸命口説いてくれたんだから...」

「萌えたんだ?」

ゆかり「可愛いって思っちゃって...」

そんな会話をしながら公園に到着。

まだそんなに寒くなかったので車内じゃなく公園内のベンチでしゃぶってもらう事に。

田舎なので誰もいません。

ベンチに座らされフェラ開始です。

俺のツボは分かっているのに、なかなかイかせようとしません。

「いつもみたいにしてくれよ!」

ゆかり「ダメ~~!今まで放置しておいて焦らされたんだから私も焦らしてやる!」

「ごめんって!」

散々焦らされ、イキそうになると離され、イかせようと咥え始め、もう少しって所で離すを数回繰り返され、辛くなってきました。

「イカせてくれよ!」

ゆかり「まだ味わうからダメ~~!」

限界になったので、ゆかりの頭を掴み、奥まで突いて口内発射してゴックンからのお掃除フェラさせました。

「あ~~気持ちよかった!」

ゆかり「久しぶりなんだからもっと咥えさせてよ!」

「また今度な!今度は入れさせてよ!」

ゆかり「生理終わったら良いよ。危険日に中に出す?」

「なんで危険日なんだよ?」

ゆかり結婚間近のセフレに種付けしたくない?

「悪い女だな~~!彼氏の血液型は?」

ゆかり「Oだよ!ひろしと一緒よ!」

「人妻になってからならしたいかな」

ゆかり「悪い男!良いよ!セフレの新婚人妻に危険日中出しさせてあげる。できたら旦那の子供として産むから!」

「悪い女だな!」

ゆかり「種付けはもうちょっと待ってね!」

とりあえず次の安全日に中出しセックスの約束をして初日のゆかりは終わり。

そして2日目のかすみ。

かすみは隣街の為、泊まりで行きました。

古風な小料理屋で食事してから、次の日の着替えなどを持ってラブホへ。

かすみ「初めて入りました」

「そうなんですか?今までは自宅ばかりですか?」

かすみ「はい...」

「ここなら大きな声で乱れても大丈夫ですよ!」

かすみ「そんな...恥ずかしいです...」

部屋に入り、湯船にお湯を溜め、2人で入いり、お互いを洗い、湯船で後ろから抱きしめていました。

かすみ「普段も奥さんと一緒に入るんですか?」

「入りますよ。どうしてですか?」

かすみ「その...一緒に入ったらしたくならないですか?」

「なりますよ!でも最初よりは減りました」

かすみ「どれぐらいされてたんですか?」

「恥ずかしいですけど、1日3回ぐらいを一ヵ月間毎日してました。休みの日は朝から夜まで...多分6回以上やってました」

かすみ「そんなにできるんですね...」

「今は週に4回。一晩に3回ぐらいです」

かすみ「今日は何回ぐらい抱いてくれますか?」

「したくなったら言って下さい。勃つ間は頑張りますから!」

かすみ「うふふ!ありがと!」

かすみからキスしてきて、お風呂でイチャイチャして、軽くフェラさせてからベッドへ。

プレイ内容は前回の投稿とさほど変化無しですな。

今回はしっかりとゴム付きで1発目は顔射にお掃除フェラ。

回復待ちの間に幸江と、どんなプレイをしていたのかを聞いてきました。

1発した後で、かすみも敬語が抜け、どんどんいやらしくなってきました。

かすみ「こんなに気持ち良いと止めれなくなっちゃうね」

「良かった~!まだまだ気持ち良くするから!」

かすみ「これ以上なの?忘れられなくなっちゃうよ...」

もう舐めちゃお!と、言いながら咥え始め

かすみ「このオチンチンで幸江にどんな事してきたの?」

「かすみにはまだ早いよ!」

かすみ「教えてよ~~!」

「え~~!引かないでよ?」

かすみ「大丈夫だから!」

勃起してきた包茎チンコを口で剥き、亀頭を中心に舐め始めました。

「お~~!気持ち良いよ!急に上手くなってるけど、他の男の咥えた?」

かすみ「このオチンチンの味しか知りません!幸江に教えてもらったの!誤魔化さないで教えてよ!」

「しょうがないな~~!やった事なら、顔射、口内発射、ゴックン、毎回中出ししてたし出会いは乱交だし...あと、アナル処女をもらったか!あ、パイパンにしたかったんだけど彼氏出来たし、幸江ともうセックスしないから無理だね!」

かすみ「今週させてって誘ったの知ってるよ~~!」

「マジ?あいつ...」

かすみ「でも私を先に私を誘ってくれてたのは嬉しかったよ!」

「ごめんね...」

かすみ「もうオチンチンかた~~くなったよ!」

「そんなに舐めるから」

かすみ「うふふ!ねえ...アナルってお尻だよね?」

「そうだよ?させてくれるの?」

かすみ「ダメだよ!でも本当に入るの?」

「入るよ!最初は痛気持ち良いって幸江言ってたよ。俺は快感より征服感で満足してる部分があるから!興味あるなら幸江に聞いてみて!」

かすみ「そうなんだ...パイパンにならしても良いよ?」

「マジ?してくれんの?」

かすみ「う、うん...ひろしにしか見せないから...」

「嬉しいよ!もう我慢出来ない!もう入れさせて!」

かすみ「私がゴム着けていい?」

「良いよ」

着け方を教え、騎乗位で挿入、バック、立ちバック、正常位から口内発射して、お掃除フェラで2発目。

休憩してから、風呂場でかすみをパイパンに!少しだけ剃らせてもらいました。

剃っている間にチンコがギンギンになっていました。

ツルツルのパイパンになった41才、独身、スレンダーボディの美熟女が目の前に!

かすみ「恥ずかしいね...」

「綺麗だよ!」

かすみ「おばさんをからかわないでよ...」

「本心だから」

かすみ「ありがと...」

あまりに可愛いくて、すぐに風呂場から連れ出し、ベッドで思いっきりクンニしてパイパンを堪能後、我慢出来なくなって急いでゴムを着けて正常位で挿入。

最後はゴム中出しで3発目。

精液はほとんど出てませんでした。

この後、日付が変わる前に4発目やって、朝6時に起きてかすみをマンションに送り、帰る間際に

かすみ「ありがとう。すごく気持ち良かったの...」

「良かった。また明後日なら逢えますよ?」

かすみ「本当?」

「昨日と同じ時間には来れますけど、どうします?」

かすみ「逢って下さい。その時はお尻の処女もらって下さい」

「え?良いんですか?」

かすみ「はい...幸江に教わっで起きます」

「ありがとう。じゃ、また!」

そのまま急いで出勤して、この日は家でおとなしく。

続きは嫁がいない間に書きます。

駄文失礼しました。

この話の続き

【評価高め】嫁が不在の6日間 後半

かなり遅くなりましたが、前回の投稿の後半です。 嫁が帰ってくるまでの残り2日で、あと2回ぐらいはセフレとヤりたいと思っていました。 セフレのかすみが、もう少しで実家に帰ってしまう為、残りをかすみとしようと決め、連絡を取り付けました。 かすみ 今日から泊まっていきますか? 俺 迷惑で…

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]