月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 15 分で読了)

【評価高め】
泥酔しきった妻をキモい先輩に寝取らせた(1/2ページ目)

投稿:2013-10-20 18:00:00

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

かちかっちぃ◆FUJAYRM

妻を寝取られた(寝取らせた?)時の事です。

妻は29歳で2歳の子供が1人います。

胸はCカップで、身長は小柄、どちらかと言うと可愛いタイプです。

私にNTR願望があり、色々試してみた中の話です。

その日は私が職場の飲み会、妻も友人と久しぶりにお酒を飲むという事で、子供を実家に預けてそれぞれ出かけました。

私の方は職場の飲みという事もあり、つまらない限りでした。

しかも途中から面倒な先輩に捕まってしまい、さらに帰りたい気分倍増です。

その先輩(以降Uとします)というのが50代前半で結婚歴なし、風体は芸能人でいえば温水さんをもう少し不細工にした感じです。

以前から職場の同僚へのストーカー疑惑や、普段からの気持ち悪い独り言などがあり、もっぱら素人童貞という噂です。

ただ、職員旅行の風呂場などでの目撃談ではチンコは凄いものを持っているという話でした。

飲み会でUに捕まってしまった私は、2次会にも一緒に行く事になってしまい、元々友達もいないUなので、捕まえた私にどうでもいい話をずっと話しかけてきました。

Uの話を適当に聞き流していると携帯が鳴り、妻からの電話でした。

これで適当に理由をつけて帰れると思い、喜んで電話に出ました。

電話で妻はかなりハイテンションで、

「一緒に帰るからどこにいる?」

という内容でした。

まぁ帰れるならいいやと思い、場所を教えて妻が来るのを待ちました。

しばらくして妻がやってきましたが、かなりフラフラです。

これは帰れる口実になると思い、帰り支度をしていると、妻がUに挨拶をし始めました。

上司でもないので別にいいのにと思っていたら、フラフラの妻は刺身の醤油を倒し、Uのズボンにかけてしまいました。

帰れると思っていた矢先の出来事で焦ってしまい、謝る時に思わず、

「これから家に行くんで、着替えてシャワーでも浴びていってください」

と言ってしまいました。

Uは電車通勤で、家までには1時間ほどかかります。

さすがにこの状態で電車に乗せるのは申し訳ないという気持ちから言ってしまいましたが、余計な事を言ってしまったと、この時は思いました。

Uも断るかと思いましたが、すんなりと受け入れる辺りがUが少し変わっている一因でもあります。

仕方なく3人でタクシーに乗り、家に向かいましたが、その途中で迷惑をかけながらも酔っぱらって爆睡している妻を見ているとNTR願望が出てきました。

この後Uと妻だけにしたら何が起きるだろうと考えると、私自身の酔いもあり、どんどん妄想が膨らんでいきました。

やがて家に着き、爆睡して全く起きない妻をUと2人でソファに運び、Uにはシャワーを浴びてもらいました。

Uがシャワーを浴びている間に妻の確認をしましたが、やっぱり全く起きる気配がありません。

服装は膝くらいまでのワンピースで胸元はボタンが3つくらい付いていて、胸元を開ける事が出来る服です。

とりあえずUが食いつきやすいようにボタンを全部開けておきました。

やがてUがシャワーから帰ってきたので、もう一度謝った後、ズボンはクリーニングに出すからとUにスウェットを預けて、隣の来客用の部屋に泊っていってくださいと言いました。

遠慮するかなぁと思っていましたが、そこは家にまでついてくるUですので、すんなり承諾しました(笑)

その後Uは

「起きないのか?」

とか言いながら、ジロジロと妻の事を見ていました。

時間も遅かった事もあり、Uを隣の部屋に案内して、妻はソファにそのままにしてリビングの電気を消されないようにリモコンを隠して私は2階の寝室に行きました。

私の家はリビングが吹き抜けのような造りになっていて、2階のある場所から1階の様子が伺えます。

私は寝室に行くふりをしてUに挨拶をすると、2階に隠れて1階の様子を伺ってみました。

しばらくするとUが隣の部屋から出てきて、妻の様子を見ながらリビングを横切っていきました。

一見トイレに行った風ですが、水を流す音がしないままUは戻ってきました。

戻っきたUはキョロキョロと周りを見渡していますが、私の事は気付いていないようです。

誰もいないのを確信したのかUは妻に近づいていき、眠っているかを確かめ始めました。

肩を揺すっても全く反応しない妻を見てUは想像通りの行動に出ました。

Uは貸していたスウェットを脱ぎ、自分のチンコを取り出すと妻を見ながらしごき始めました。

Uのチンコは噂通りのモノで、特に太さが凄まじく、5センチ位はありそうです。

Uは妻の手を自分のチンコに持っていき、手を添えて握らせると手コキのようにして、すぐにビンビンにしていました。

その後妻のワンピースを捲ると、膝を立ててその間に入り込んで、妻のパンティを横にずらしていきなり自分のモノを妻に入れようとし始めました。

見つからないように焦っているのか分かりませんが、濡れてもいないのにそんなに大きいモノを入れようとしても当然入りません。

Uはパンティが邪魔になったのか、起きる気配のない妻を確認しながらパンティを脱がせ、また挿入しようとしますが、やっぱり亀頭の先が埋もれる位で、中には入っていきません。

Uは何度か押し込もうとして腰を動かしていましたが、突然動きが止まったと思ったら、

「んふぅ」

と小さく呻き声を上げてそのまま射精を始めました。

Uの先は妻に密着していましたが、ほとんど入っていなかったので、精液は妻の陰毛やワンピースの端の辺りなどに飛び散りました。

Uは射精が終わっても荒い息のまましばらくその体勢のままでいましたが、ティッシュを取ると精液のかかったワンピースやソファを拭き始めました。

ある程度拭き終わったところで、Uはさっきと同じようにまた妻の足の間に座りました。

Uのチンコはすっかり回復し、もう初めの時と同じくらい勃起しています。

その回復っぷりに驚いていると、Uはまたすぐに妻に挿入しようと自らのチンコを押しつけていきます。

さっきと同じでなかなか入らないようでしたが、精液で滑りが良くなったのか、Uが動くとUのチンコはだんだんと妻の中に埋没していきました。

それでも太さのためか入りにくいようでしたが、何回か押し込んでいくうちに半分くらいまでが妻の中に埋没しました。

そこまで入ったところで、荒々しく息をしていたUはビクッと体を痙攣させ、動かなくなりました。

Uはしばらく結合部を見ていましたが、Uが動き出し、自分のモノを妻から引き抜くと、萎えたUのペニスは精液でベトベトになっていました。

一旦妻から離れたUは妻の寝ているソファの横に座り妻をジロジロと見ていましたが、おもむろに立ち上がると、隣の部屋に行き、携帯電話を持ってきました。

そしてボタンを開けておいた胸元に手を入れてはだけさせ、妻の胸を露出させると乳首を弄って立たせて、写真を撮ったりしていました。

その後も乳首を舐めたり、揉んだりといった事をしていましたが、しばらくして立ち上がり、また妻の足の間に入り込みました。

まさかと思いましたが、見るとUのチンコは回復していて、脈に合わせてビクビクと動いています。

Uはさっきと同じように妻にあてがうとチンコを押し込んでいきます。

さっきまでと違ったのは、慣れてきたのか、挿入がスムーズになっていました。

抵抗感もなく押し込んだだけUのチンコは妻の中に埋もれていき、さっきUがイッた時よりも奥までUのチンコが挿入されました。

ほとんど入りきったあたりで、Uはまた携帯電話を取り出し、今度はムービーで撮影を始めました。

片手で携帯電話を持ちながらのため、かなりぎこちない動きで出し入れを始めると、さっき出された精液がブチュ、ブチュともの凄い音を出しています。

妻は相変わらず寝ていますが、さっきまで弄られていた胸ははだけたままで、まさに普通のセックスのような状況です。

Uが腰を動かす度に出る卑猥な音と、妻の胸が揺れるのを見ながら、既にビンビンだった自分もオナニーをしました。

十数回動いた後、Uは呻き声を上げてまた妻の中で果てました。

Uは妻に腰を密着させ、しばらく深く差し込んで自分の精液を妻の奥に出しきっているようでした。

その後、Uは精液まみれのチンコを引き抜くと妻の服装を元に戻して、泊まると言っていたのにスーツに着替えてそそくさと帰っていきました。

急いで妻の所に行ってみると妻は凄まじい状況になっていました。

最初の射精で汚れたワンピースは十分に拭かれていなかったからかカピカピになっていて、生臭い匂いがします。

乳首も強く噛まれたのか赤くなっていて痛々しく立ったままでした。

そして、妻のあそこは白く泡立っており、奥を確かめようと広げてみると、黄色っぽい精液が大量に出てきました。

ティッシュで拭きとってもう一度見てみると、奥には白っぽいドロドロした精液が妻の中にまとわりついていました。

妻はもうすぐ生理だと言っていましたが、出来るだけ妻の中からUの精液を掻き出してから寝ました。

次の日の妻に聞いてみると、私に電話をした事も覚えていないそうです。

Uも何だか訳の分からない事を言って、帰った事を誤魔化していました。

幸い妻は妊娠しないで終わりました。

それ以来Uはやけに馴れ馴れしくしてきて、一緒に飲もう的な事を言ってきますが、癖になられると困るので、あまり関わらないようにしています。

■続き
その後、Uとは仕事で話すことはあっても一緒に飲む機会もなく、何事もない日々が半年以上続いていました。

しかし、前回のことを見て以来、時々妻とUのエロい想像をしてしまっていました。

そんなある日、ちょうど妻とも倦怠期のような状態で、寝取られの欲求みたいなものも膨らんでいた時、思わず言ってはいけないことを言ってしまったのです。

それは職場の暑気払いが予定されていたある日、休憩中にUから、

「今度の飲み会、楽しみだな」

と言われたんです。

相変わらず脈絡のないところからの振りだったので、何の話なのかを理解するのもギリギリでしたが、やっと今度の暑気払いのことだと分かり、そこで言ってしまった一言。

「そうですねぇ。飲み会の後にでも、また家に寄ってくださいよ」

自分でも不思議なくらいに何の気なしに言ってしまいました。

Uは間髪いれずに

「お、おぉ、そうだな。じゃあ、1次会終わったらな」

と遠慮なく言ってきます。

多分変な興奮があったせいだと思いますが、さらに私も

「妻も前回のお詫びを言いたいって言ってますし」

とか言ってしまいました。

そんなこんなで家に来ることが決定し、前回のことを何も覚えていない妻にはざっくりと前回のことを伝えて、

「大丈夫だけど、一応謝っといてね」

と伝えました。

暑気払いは変な興奮と、警戒感で正直まったく酔うことができず、ほぼしらふの状態でUと合流。

Uは良い感じに酔っぱらっています。

タクシーで家に向かうと、妻が出迎えました。

暑い時期ということもあり、妻も薄着です。

家に入るなり挨拶もそこそこに妻をジロジロと見るU。

妻も前回の負い目があってか、不審がる様子もありません。

自分も、

「まぁ、きちんと見張っていれば大丈夫だろう」

と考えていました。

前もって話をしていたので子供は実家に預けていて、すぐに家での2次会は始まりました。

Uもこの日のために買ってきたという、なかなか手に入らない焼酎を持参してきていて、乾杯はUの焼酎でしました。

一通り料理の準備が終わると、Uは妻にも焼酎を勧めてきます。

飲めない妻ではないし、前回の負い目から、勧められるままに妻も飲んでいました。

Uは妻が分かるはずもない仕事の話やらを話していて、妻もなんとか付き合っている感じでした。

私はというと、1次会からの疲れもあり、適当に相手をしていながら焼酎を飲んでいました。

家での2次会が始まってから1時間くらい経った頃、あんなにつまらない話ししかしていないUでしたが、妻もお酒が回ってきたのか、楽しそうに話しをしながら盛り上がっていました。

私はというと相変わらず適当に付き合っていましたが、だんだんと妻がハイテンションになっていくのを感じて、少し妻を抑えようかなと考えていました。

話を別の方向に持っていこうと思い、Uと妻の方に向き直して話そうとした時、妻を見てびっくりしました。

目元が少しトロンとしていて、服装もはだけ気味です。

肩からブラ紐が見えていました。

これを見て私はなぜか興奮してしまい、話を逸らすのを止めてしまいました。

そして、興奮を抑えるようにまた焼酎を飲んでいました。

それから気がつくと、リビングの床の上で目が覚めました。

酷く頭が痛く、酔っているのと相まってクラクラです。

時間は3時を過ぎており、リビングは照明が消されて暗くなっています。

私はしばらく座り込んだままボーっとしていました。

あれっ?どこから記憶がないのかな?何飲んだっけ?とか考えていた時にハッと我に返りました。

妻は?Uは?

部屋は暗いままでしたが、目が慣れており、周りを見渡しても誰もいる気配がありません。

テーブルの上は飲み会の時のままで、私やUのグラスも残ったままです。

4合瓶の焼酎はほとんど無くなっており、かなり飲んだみたいです。

正直、私はUを警戒していたので、それほどペースは早くありません。

それなのに何で寝てしまったんだろうと考えていて、考えついたこと。

それは、

「盛られた?」

たしかに、焼酎の水割りを作っていたのはUです。

「いい酒だから割り方があるんだ」

と言っていました。

そして、Uはほとんど飲んでいませんでした。

その時は

「妻との話に必死なんだろう」

と思っていましたが、もしかしたら何かの入った酒だったのかもしれません。

また我に返った私は妻とUを探しました。

妻は私以上のペースで飲んでいたので、無事だとは考えられません。

探し始めて、そして、あっけなく妻を見つけてしまいました。

Uが泊っているとすれば、前回も泊まった(泊まる予定だった)客間が一番可能性があります。

客間の扉をそっと開けると、すぐにムッとするような生臭い匂い。

そして、仰向けでシャツとブラジャーを胸の上まで捲りあげられ、下半身は裸の妻と、その奥でいびきをかいて寝ているUが見えました。

興奮を抑えてそっと近づいてみると、妻は意識が無いように寝ていて、だらしなく足は開いた状態で寝息を立てています。

股間に顔を近づけてみると、股間からシーツまで精液(たぶん)でべっとりとしていて、さらにお腹のあたりにも、まだ乾いていない液体が付いています。

胸は乳首がツンっと立っていて、つい最近まで犯されていたのかもしれません。

それ以上は暗いこともあって確かめることができず、いつ起きるかもしれないUを気にしながらどうしようか迷っていましたが、一度リビングに戻ってビデオカメラを持ってきて、客間の食器棚の奥にセットして、最も長い録画モードにしてまたリビングに戻りました。

それから落ち着かせるように水を飲み、横になりながら次の動きを待ちました。

これから2時間ほどが経ち、外は明るくなっていましたが、私は頭痛と興奮で全く寝付けなくなっていました。

そんな時、客間から人が動くような音がします。

しかし、Uや妻が出てくる様子はありません。

耳を凝らしてみましたが、何をしているのかは聞えませんでした。

心のどこかでは、今妻は犯されているんじゃないかと思って悶々としていました。

またしばらくして、今度はUが客間から出てきました。

私はタヌキ寝入りです。

Uは水を少し出すようにした後、また客間に戻っていきました。

7時頃に、Uはまた前回と同じように挨拶もなく家から帰っていきました。

すぐに客間に行ってみると、妻は服を着ていて、ベッドで一人で寝ていました。

妻は寝息を立てていたのでそのままにし、ビデオの中を確認します。

さっき音がした時間まで進めると、案の定目を覚ましたUが、妻を見て起きるような気配がないのを確認すると、パンツを脱ぎ、相変わらず見事なモノを軽くシゴいてあっという間に勃起させると、妻の足を広げて入り込み、妻に自分のモノをあてがって入れていきます。

前回は苦戦していましたが、今回はすぐに妻の中に埋めていきました。

妻はあれほど大きかったモノを根本まで受け入れています。

奥を突かれるのが好きな妻が起きていたらどうなっていたかと思います。

そのまま正常位のまま、Uは妻に無理やりキスをしたり乳首に吸いついたりしながら腰を振り続け、5分くらいした頃、妻の一番奥に叩きつけるような動きのまま果てました。

やっぱり、さっき見た時点でも妻は中出しされていたのでしょう。

Uに何度も中出しをされる妻を見て、倒れそうなくらい興奮と動悸がしました。

Uは射精後も余韻を楽しむように妻の中をゆっくりと出し入れし、乳首に吸いついていました。

その後、Uはタオルを持って一度部屋を出て妻の体を拭き、服を元に戻すと身支度を整えて部屋を出ていきました。

妻は10時過ぎに起きてきました。

昨日のことを聞いたところ、私が先に寝てしまい、その後に自分も寝てしまったと思うと言っていました。

またUに迷惑をかけたんじゃないかと心配をしていたので、

「朝会って、何も言ってなかった」

と嘘をついておきました。

さすがに今回のことは油断しすぎてしまったと反省していますが、一方で物凄い興奮をしている自分がいます。

職場ではUは相変わらずですが、もちろんUとは距離を置くつもりです。

■更に続きです。
職場でのUは相変わらずでしたが、あれから家に来たいとは言ってこなかったため、特に進展はありませんでした。

しかし、Uの行動はエスカレートしているようで、職場でUがお気に入りと噂の総務の女の子(24歳)に、用もないのに業務中に電話しているという話が聞こえてきて、

「中途半端に女性を知ってしまったからかなぁ・・・」

などと、変な反省をしていました。

そして時期は宴会の季節の年末になり、恒例の職場全体の忘年会がやってきました。

もちろんこちらから話しかける気はなかったのですが、前回にすごい興奮を覚えてしまったので、ちょっと期待している自分もいました。

そして忘年会が1週間前に迫ったあたりで遂にUからアクションがありました。

わざわざ電話で

「いい酒が手に入ったんだ」

と言ってきましたが、

「だから一緒に飲もう」

とは言ってこないあたりがUらしさです。

このままでは酒自慢の電話になってしまいますので、

「いいですね。また飲ませてくださいよ」

と言ったら、

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。