成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 4 分で読了)

【高評価】隣人の婦警が猥褻犯を追い詰めて逆に襲われてしまった所を目撃

投稿:2013-08-26 13:00:00

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

名無し

私の住んでいたアパートの近所で猥褻事件が起きた時の事だった。

当時、通り魔的な犯行と思われて犯人も全く捕まらなかったので、近所でもかなり警戒が強まっていた。

特に狙われていたのは大学生の女の子で、近所は学生アパートが多いからという事もあった。

帰宅途中の女性を狙って、後ろから抱きついて胸を触ってそのまま逃げていくという事件だった。

そしてそれが何件も起きていた。

実は私のアパートの横に警察で働いている女性が住んでいるのだ。

若い女性だが、今回の近所の捜査にも加わっているのか、時々聞き込みしているのも見た事がある。

お隣さんでもほとんど挨拶程度の付き合いしかない。

でも、警察の方と言っても最初は全くそんな想像もさせないくらい綺麗な女性だったので、初めて警官だと知った時は驚いた。

長い黒髪を束ねて凛とした感じの人です。

そんなある日、夜に仕事の帰り道自宅への道をトボトボと歩いていると、警官の女性の人と帰る時間が同じになり、俺が前を歩き警官の女性が後ろを歩くような並びで自宅まで歩いていました。

すると約50m先くらいでしょうか、全身黒ずくめの男が私達の列の前にやってきたのです。

その男は私達とすれ違うように通り過ぎていったのですが、虫の知らせとでも言うのでしょうか、最近の事件の事もあるので少し怪しいなと警戒はしていました。

まさかあいつが!?と思い、念の為に通り過ぎてから不自然のないように後ろを振り返ると先ほどの男が私達のだいぶ後方の角で止まってこちらを見ていた。

見ていると行っても私ではなく、警官の女性の方な気がした。

しかし、もし警官の女性を襲ってしまえばむしろ犯人は万事休す。

警官なので、武術や護身術や身を守る術は色々学んでいるはず。

奴が犯人ならそのまま逮捕という事もあり得る。

しかしその日は何も起こらなかった。

後日、その男の事も気になったので朝方出勤時に警官の女性とすれ違った時に

「あの〜すいません。昨日の夜、怪しい男が貴方の事を見てましたよ」

と伝えると

「あ、そうだったんですか。ありがとうございます。気をつけますね」

それから数日後、また夜に警官の女性と帰りが同じになってしまった。

今度は向こうが前を歩いて私が後ろだった。

その時だった。

女性の警官の少し目の前で、若い女性が全身黒ずくめの男に襲われているところだった。

少し古いアパートの前で待ち伏せでもされていたのか、そのままアパートの中に引きずり込まれそうになっていた。

婦警が

「何してるの!やめなさい!」

すると男は慌てて若い女性を突き飛ばし、アパートの裏の方へ回って逃げようとしていた。

私と婦警の距離は少し離れていたが、視力が良いので目の前で起きている事に驚きながらも鮮明に事の内容がよく理解できた。

突き飛ばされた女性に駆け寄り、

「すぐ警察呼んで!」

そう言って、逃げた犯人を追いかけアパートの裏へ走っていった。

そして私が突き飛ばされた女性に声をかけようとしたら、泣きながら慌ててどこかへ走り去ってしまった。

気になって私もアパートの裏の方へ恐る恐る近づいてみると、婦警が草むらに倒れていた。

その傍らに先ほどの男が手に何か持って立ちすくんでいた。

どうやらスタンガンのようだった。

婦警はかなり苦しそうで、意識を保っているのがやっとといった感じだった。

これはまずいと思って慌てて電話をかけようと思った瞬間だった。

男がこちらに気づいて凄い勢いでスタンガンを振り回して近づいてきた。

逃げようとしたが間に合わずスタンガンの電流を食らってしまい、その場で倒れ込んで動けなくなってしまった。

その後目もぼやけてきたが、婦警が引きずられていくのだけ見えていた。

どうやらそのアパートのどこかに連れて行かれたようだった。

犯人は私が完全に意識を失っていたと思っていたようだったが、それからして何とか意識もマシになってきた。

ヨロヨロだったが少し歩けるようになってきたので、婦警を探そうと思ってボロアパートの中を探していた。

携帯は犯人に踏みつけられて壊されていた。

どうやらここのアパート、誰も住んでいないようだった。

電気は来ているようだが、まるで昭和にタイムスリップしたような古いアパートだった。

まだふらつく足で階段を上っていくと、1室だけ薄暗いがほのかに明かりが点いている部屋があった。

その部屋に近づくと、明らかに女性の嫌がるような、もがくような声が聞こえていた。

しかし声にはならない、口を塞がれているような声だった。

廊下側の窓が少し開いていたので中を覗いてみると、両手を縛られて口をタオルで塞がれている婦警の人が男に伸し掛かられて、服は乱れて今まさに胸をしゃぶられている最中だった。

腕も使えず、よく見ると結構体の大きい男だった。

これではいくら警官でもどうしようもない。

すると男は口のタオルを取り、今度は嫌がる口に無理矢理舌を入れていた。

「貴方…こんな事して後で大変な事になるわよ!」

「こんな可愛い女が警官か。これは中出し決定だな」

足を広げられ、すぐに男の陰部を婦警に突き刺していた。

「いやー!やめて!」

その後、ドンドンと物凄い勢いで突かれている婦警を私はただ見ているしかなかった。

目の前で起きている事が現実とは思えなかった。

あまりの男の激しい突きに、もう抵抗する力も失った婦警はただ呆然とするだけだった。

足がガクガク震えて何もできなかった。

しかしお隣に住んでいる綺麗な隣人がされている行為にも興奮を覚えてしまった自分もいた。

そして、もちろん中出しをされてしまった婦警は

「もういいでしょ…早く解放しなさい」

「そんな簡単に返すわけないだろ。どうせ妊娠防ぐ薬買いにいくだろ?」

「どうせなら子供孕んでいけよ。そしたら訴える気力もなくなるだろ」

さすがにこのままじゃまずいと思い、勇気を振り絞り少し離れた所から

「誰かいるのかーっ!」

と叫ぶと、慌てて男が部屋から逃げてどこかへ走り去っていった。

部屋の中に入ると婦警の乱れた姿で寝そべっていた。

先程までは強がっていたが、私が近寄ると泣きじゃくって寄り添ってきた。

今さっきまでここで見ていた事は絶対に言えないが、

「もう大丈夫ですよ。さぁ服を着てください」

と大半は破られたりしていたので、自分の上着を貸してその場を出る事にした。

事の最中はかなり強がっていたが、やはり相当怖かったのだろう。

家へ送る途中、顔面蒼白で全身がブルブル震えていた。

それから婦警の訴えもあって無事犯人は捕まり、その事件を機に今までは挨拶程度だったが、少しお喋りするほどの仲になった。

当事者には大変な出来事だっただろうけど、私にはある意味ラッキーな出来事になってしまった。

しかし窓から見ていたという事は今でも誰にも言えない。

ここ以外では。

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
投稿から3年が経過したため、投票ボタンは無効です。
抜ける・濡れた
投票:56人
いいね
投票:30人
文章が上手
投票:19人
続編希望
投票:91人
お気に入り
投票:56人
名作
投票:17人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:269ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 0回
  • 0回
  • 2回
  • 4,403回
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 18,687位
  • 8,090位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 11,128位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(3件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]