エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

お隣のお風呂を借りたらそこの息子に覗かれた

2013-11-27 22:00:00

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

高校3年生の秋頃の話です。

当時私の家ではお風呂の改装をしていて、工事のある1週間はお隣のお風呂を借りました。

最初の日、19時頃にお風呂を頂きに行きました。

脱衣場で服を脱ごうとすると、窓が10cmほど開いていましたのでカギは掛けずに閉めるだけ閉めました。

お風呂に入るとお風呂の窓も少し開いています。

湯気が逃げそうなので、ここも手を少し延ばして閉めました。

湯舟にしばらく浸かった後、体や頭を洗ってふと見ると、また窓が少し開いています。

私は

「あっ、誰かに覗かれてる?」

と思いました。

でも、お風呂の外側はビニールトタンで物置きのようになっていて、簡単には外部からは入れないはずです。

すると、覗いているのはこの家の誰か。

この家には、中◯2年生の男の子がいます。

その子が幼稚園の頃に少し遊んであげた事があります。

でも、最近では朝たまに学校へ行く姿を見かけるだけです。

脱衣場へ出ると、やはり窓が少し開いていました。

私はとてもドキドキしてしまいましたが、出てからもそこのお母さんには何も言いませんでした。

お風呂上がりにオレンジジュースを頂いて家に帰りました。

家でもその事は何も話しませんでした。

翌日も、19時頃にお風呂を頂きに行きました。

やはり脱衣場の窓もお風呂の窓も少し開いていましたが、そのままにしておきました。

お風呂から出て、脱衣場で乳液を体に付けました。

肘や膝に付けている時に、ドアの模様入りガラスに窓から覗いている顔が映っていました。

模様入りガラスなのでクニャクニャとしていますが、やはりこの家の男の子です。

私の裸の背中やお尻を見られてると思うと、体中に電気がビリビリと走るような感じがしました。

その時、何故だか私はもっと見せてあげようと思ったのです。

足首の方にも乳液をつけるような振りをし、体を前屈みになって両足を少し開き、お尻をぐっと上の方へ上げるようにしました。

お尻の穴や大切なところが丸見えになったはずです。

大切なところは、滴が脚を伝ってしたたり落ちるほどに濡れました。

私は自分にこんな趣味があったなんて、その時に初めて知りました。

その1週間は、自分の裸を男の子に見られて、今まで感じた事がない快感を味わいました。

家では、夜眠る前に思い出してはオナニーにも耽るようになりました。

その後、そういう機会はなかなかないです。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]