エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

倉科カナ似の女子大生が満員電車の中でお尻を当ててきた

投稿:2014-10-18 15:00:00

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

名無し

俺は普通の会社員で、毎日電車で通勤している。

名前は仮にダイとしておく。

大抵は毎朝同じ電車に乗っており、その電車はそれなりに混んでいる状態で、乗っている人も毎朝顔を合わせる人が大半だ。

その顔を合わせる大半の中に、前から可愛いって思ってる女性がいた。

スタイルも良く、芸能人で言うと倉科カナみたいな感じで多分JD。

名前は仮名でカナとしておく。

この話は、1週間ほど前に奇跡的な出来事があってカナとの距離が一気に縮まった話。

俺とカナはいつも同じ駅から同じ電車に乗るんだけど、この日は電車が遅れていていつも以上の人が駅で電車を待っていた。

俺はカナの2人後ろに並んで電車を待っていた。

電車が到着し、電車に乗り込んだらカナの後ろに俺がいるポジションになった。

密着はしていないが、カナの後ろなのでラッキーって思ってたらさらに数名が乗り込んできて、俺がカナの方に押し出させる形になって俺とカナは密着状態に。

さらに、カナのお尻が俺の股間に当たる体勢になった。

痴漢に間違われても困るので離れようと頑張ったが、満員で動けず・・・。

不可抗力と思いつつ、カナの柔らかいお尻が当たるので、俺の愚息はだんだん元気になってきた。

スマホでゲームでもやって鎮めようと思ったが効果なしwww

愚息は俺に似合わず、サイズ、硬さともにかなり上位レベルなので、カナは当たっている事が分かったと思う。

今までエッチした女性のほぼ全員に愚息は褒められているので間違いないと思う。

5分ぐらいこの状態が続いて愚息はマックス状態になり、スーツ越しだがカナのお尻に突き刺さっている。

少し後ろに下がれるスペースができたので、このままでいようか迷ったが理性が勝り、少し下がってカナのお尻に当たらない状態になった。

少し後悔もあったが、俺は正しい事をしたと思っていたらカナが俺の方をチラッと見た。

そして後ろに下がってきて、自分から俺の股間にお尻を当て始め、また俺の愚息がスーツ越しにカナのお尻に突き刺さっている態勢に・・・。

俺は偶然と思いつつも至福のひと時を楽しんでいたら、残念ながら今度は左側にスペースが・・・。

また理性が勝って少し左側にズレてまたカナのお尻に当たらない状態になったが、すぐにカナが俺の方をチラッと見て、左にズレて自分から俺の股間にお尻を当てた状態に。

これでカナがわざと俺の股間に自分のお尻を当てている事が確信できた。

その後、俺はカナのお尻の柔らかさを堪能していたら、今度はお尻を動かして俺の股間に擦り付けてきた。

俺の興奮はマックス状態になったが電車が駅についてしまい、カナの方が俺より一駅先に降りるので、この楽しみも終わってしまった。

俺の愚息はもちろんマックス状態で相当目立ったので、カバンで隠して次の駅へ。

直ぐにトイレに駆け込み、自分で抜いたw

その翌朝もカナと駅であった。

この日は俺の後ろにカナって位置で電車を待っていた。

電車が来て俺は普通に電車に乗ったら、カナが後ろから俺を追い抜き、俺の正面の位置に来た。

電車が発車したら徐々に俺の方に近寄ってきて、カバンを持っている手を俺の股間に当てだした。

もちろん俺の愚息はぐんぐん大きくなり、愚息がマックスになったらカナはカバンを持っていないもう片方の手で、俺の愚息を触りだした。

さらに自分のミニスカを捲って俺の手を自分の股間へ持って行き、俺に密着して周りから見えない様にした。

俺はいくら満員電車といっても周りに見られていないかドキドキしながら、カナのアソコを愛撫した。

愛撫を続けていたら、カナはだんだん表情が変わってきて、感じているのが良くわかる。

声を出すのを一生懸命我慢しているがまた可愛いwww

この状態を楽しんでいたら、直ぐにカナが下りる駅についてしまった。

俺もいつもの次の駅で降り、この日も直ぐにトイレに駆け込み、自分で抜いたwww。

翌朝も昨日と同じくカナが正面に立ち、俺に密着する体勢になった。

この日はなんと俺のスボンのチャックを下げ、そこから手を入れて直接俺の愚息を触ってきてビックリ。

俺の愚息は直ぐにマックス状態へ。

カナは俺の耳元で

「すごい大きい・・・」

と囁いた。

カナがミニスカを捲ったので、俺はカナのアソコを愛撫しだしたらなんとノーパンでまたビックリ。

俺は遠慮なく愛撫開始した。

やっぱり直接だと愛撫しやすく、カナの表情が直ぐに変わり、愛液が足を伝っている。

そのうちカナの呼吸が荒くなり、足が震えだして、俺に抱き着いた様な格好へ。

イってしまったみたいwww

周りからは朝から抱き着いているバカップルに見えたと思う。

カナが下りる駅についた時にカナから手紙を渡された。

手紙には、

『ここ数日の行為にビックリしていると思います。変態と思われても仕方ありません。私は明日から数週間研修があり、いつもの電車に乗れません。あなたに会えないのが寂しいです。こんな女でも良ければ、一度連絡下さい』

と書いてあり、電話番号、メアド、LINEのIDが一緒に書いてあった。

俺は早速LINEをしてカナと連絡を取り、近いうちに食事に行くことになった。

発展があれば、また書き込みます。

-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:68
いいね
投票数:78
続編希望
投票数:325
お気に入り
投票数:30
名作
投票数:3
読みやすい
投票数:18
この記事の解析グラフを見る
合計:522ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 34回
  • 155回
  • 608回
  • 8,470回
  • 25,494回
  • 1,504位
  • 3,050位
  • 3,564位
  • 3,624位
  • 4,642位
※18861記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

※コメントの上限:5,000件に変更

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]