エチケン

体験談メニュー

タイトル

同じ大学院にいる彼女がお漏らし

2012-10-30 09:00:00

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

僕には、以前から一緒に住んでいる彼女がいるんですが、彼女がお漏らしするのを昨日初めて見てしまいました。

僕も彼女も、専門は違うんですが同じ大学院にいて、普段からよくキャンパスで会ったりするんですが、昨日僕がゼミを終えて帰ろうとしていた時も、彼女にばったり会いました。

声を掛けたら、ちょっとビクッとした感じで挨拶を返してくれましたが、何となく落ち着きがなくてソワソワしてるように見えて、おやっと思いました。

というか、不必要に体をくねらせたりしていたので、絶対トイレ我慢してるな、と思って、

「調子悪いの?さっきから何かおかしくない?」

と聞くと、彼女はしばらく黙っていましたが、結局言ってくれました。

彼女の話だと、16時30分までに仕上げなくてはいけない事があり、その作業に追われていてトイレに行けず、ずっと我慢しているとの事でした。

僕は聞いているだけで興奮して、しばらく彼女を観察していたい気分に駆られましたが、彼女は足早に立ち去ってしまいました。

仕方がないので僕はキャンパスを出て、駅前で書店に寄ったりして、17時頃帰宅しました。

彼女はまだ帰っていませんでした。

17時20分頃、僕がテレビを見ている時、彼女が帰ってきたのが分かりました。

彼女はもの凄い勢いでドアを開け、すぐドアをバタンと閉めて部屋に入ってきました。

明らかにトイレを猛烈に我慢していて、スカートの裾を両手でひっつかんで、それで股間を押さえつけるように引き上げて、トイレに向かって走っていきました。

僕は呆気に取られて見ていました。

キャンパスで会ってから1時間強、彼女はずっと我慢に我慢を重ねていたんだと思うとかなり興奮しました。

(これまでも彼女がちょっと我慢しているのは見た事はありますが、こんなにギリギリまで我慢していたのは初めてです)

ようやく出てきた時、彼女は恥ずかしそうに、

「ごめん。あんなにギリギリになるとは思わなかった。それに、我慢できると思ったんだけど………」

と言っていたので、見てみると、デニム地のスカートの上に、濃い青色で、濡れた跡が少し残っていました。

結局彼女は少し漏らしてしまったようでした。

彼女のお漏らしを見るのは初めてなので僕もどうしていいか分からないぐらい気分が高ぶってきましたが、彼女は黙々とバスルームに戻って、シャワーを浴びていました。

シャワーから上がって彼女は着替えていましたが、結構ショックだったようでずっと黙っていたので、僕もあまり触れては悪いと思ったので、放っておきました。

結局その後は、何事もなかったように夜ご飯を食べました。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ