【現在31,485話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 10 分で読了)

閲覧:昨日74位 評価:昨日36位

【高評価】セフレ化した西野七瀬似の後輩に中出し三昧

投稿:2024-04-01 23:28:59

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

ヤマ◆I5ZilgA(東京都/30代)
最初の話

これはまだ私(以下、A)が今の部署に異動になる数年前、教育係をしていた女の子とヤり、後に都合のいいセフレになった話です。6月に配属になる新入社員が入ってくるとのことで、女の子の教育係になることに。私自身、まだ3年目だったので正直荷が重いなぁと思っていました。計5人の新入社員が配属とい…

前回の話

今回は今まで登場しなかったエナとの体験談になります。(エナ編1)シリーズ最初の体験談に記載していますが、改めて登場人物のおさらいです。エナ。セミロングの黒髪にモデル体系で、西野七瀬似。きっと男には困ったこと無いんだろうな、と思えるスペック。アイ。少し茶髪のショートカット。…

今回はエナ編2になります。

前回の話で、エナもセフレとなり、しばらくまりえ、アイ、エナの三人の身体を楽しませてもらうことになりますが、今回はエナとの二回目の時の話です。

エナを抱いた翌日にすぐ連絡があり、次の土曜日に会う約束をした。その日は妻が実家に帰っていることもあり、お昼からエナの家の近くで待ち合わせた。エナが昼食を作ってくれるとのことで、一緒に買い物をしてエナの家に向かった。道中では、

「こうやって二人で買い物して家帰るなんてなんか夫婦みたいですねww」

「そうだねww新婚の時以来かもww」

「今日は奥さんのこと、色々教えてくださいよ!唯一のライバルなんですから!」

エナを抱いて以降毎日連絡をしていたが、まりえやアイと違ったのは、エナは二人ではなく、妻を意識していたこと。日々の連絡でも妻についてしきりに聞いてきたが、返信が面倒くさかったので実際に会った時に話すとしていた。

「でもどうして奥さんのことそんなに聞くの?アイとまりえはあんまり聞いてこないけど?」

「え?だって気になるじゃないですか〜?奥さん可愛いし、どうやってAさん落としたのかww」

「そうなの?あんまり話したくないけどなぁ。面白くないと思うし」

「話せる範囲でいいですよ!奥さんの情報を知っておくのも今後のこと考えたら大事ですよww」

「よくわかんないけど」

「ほら!万が一バレちゃった時、何かしら対応出来るかもですから!」

「まぁ、そういうことにしとくよ」

エナの家に着き、まずお互いラフな格好に着替え、エナは昼食の仕度を始めた。

得意料理の肉じゃがとハンバーグを作ってくれるとのこと。何とも言えない組み合わせだが、食べてほしいからと強引に献立を決められた。

「何か手伝う?」

「いいから、いいから!Aさんはテレビでも見て待っててください!」

仕方ないのでテレビを見て、それからしばらくしてエナが料理を運んで来た。

「お待たせしました!」

「うわ!美味しそう!」

「でしょ!気合い入れました!」

買ってきたお酒で乾杯し、料理を一口食べた。

「エナ、めっちゃ美味しい!びっくり!」

「やったぁ〜!嬉しい!」

「本当に美味しい!エナは良い奥さんになるね!」

「喜んでもらえて良かったです!奥さんの料理はどうなんですか?」

「するけど苦手みたい」

「やった!奥さんの弱点見つけた〜、ところでAさんはなんて呼ばれてるの?」

「センパイって呼ばれてる」

「なにそれ〜!なんかエロいwwじゃあ私もセンパイって呼ぶ!」

「いいけど、アイ達と会った時とか気を付けてね」

「わかってますよ!奥さんとはどこで出逢ったんですか?」

「大学のサークルの後輩だよ」

「お〜!大学時代の人と結婚なんて、なんか純愛っぽいww」

「いやいや、幼なじみとかの方が純愛っぽいじゃん」

「そっか。じゃあ奥さんの第一印象は?」

食事しながら他愛のない質問がどんどん続いていった。食べ終わったところで一旦中断。エナが洗い物をしてる間またテレビを見て待っていた。

「お待たせしました!じゃあ、続きしましょう!」

そう言って、ソファーの横に座り、肩に頭を乗せて腕に絡みつきながら質問の続き。

「じゃあ〜次は、付き合うキッカケは?」

「え〜と、ぶっちゃけると付き合う前にヤっちゃってwwお互いに身体の相性良かったから彼氏彼女いたけど、定期的に会って、その後流れでww」

「キャ〜!じゃあ、最初はセフレだったってことじゃんww」

「そうだねwwほぼ毎日ヤッてたww」

「なら、私にもチャンスあるかな?いいなぁ〜!私もセンパイが来てくれれば毎日するよ♡」

「ありがとうww考えとくよww」

「言いましたね!真剣に考えてくださいよ!じゃあ次は〜、奥さんと付き合ってからもセフレはいた?」

「実はいましたww」

「え〜!サイテ〜!!相手は?」

「エナ知ってるかな?エナ達が入ってくる前に辞めちゃったんだけど、俺の同期でKちゃんっていたんだけど、その子」

「話は聞いたことはありますよ!ちっちゃくて細くて凄い可愛いかったんですよね?」

「そうそう」

「センパイ、浮気性過ぎww一途になれないんですか?いっつもセフレいるじゃないですか?」

「たまたまだよww」

「じゃあ次!ヤる時は毎回生?」

「生だよww子供出来ちゃったらその時はその時ww」

「うわっ!無責任wwじゃあ、奥さんとの子欲しいの?」

「まぁねww」

「確かにセンパイ童顔ですし、奥さんとの子供すごい可愛くなりそう!」

「でしょ?自分でもそう思うよ」

「まだ子供いないのにwwじゃあ、最後の質問!私との子供は欲しい?」

「え?なんか最後だけ趣旨違う気がするけどwwエナとの子供はいいかなぁ〜」

「え?どうして!?なんか期待してた答えと違うんだけど!」

「冗談だよ、ちょっとからかっただけwwエナとの子供欲しいよ!」

「いじわるぅ!でも良かった!私達の子供もきっと可愛くなりますね!」

「そうだねwwエナが可愛いからね!」

「えへへっ!じゃあ、今から子作りする♡?」

そう言ってキスしてきた。それに応えて唇を重ねる。フレンチキスから始まり、お互いに舌を絡め合ってディープキス。

「今日はいっぱいしよっ♡」

途中、上目遣いでそう言って来たエナに興奮。キスしながらエナの服の下に手を入れ、ブラを外し、おっぱいを直で優しく揉む。

「んんんっっ…んんんっっ…」

おっぱいを揉まれたことで、エナから声が漏れ始めた。キスをしながら、エナは体勢を変えて私に跨って来た。両手を私の顔に添えながら激しく唇に吸い付く。それに応えながら、エナのおっぱいを強めに揉む。たまに乳首を指でいじると、

「あっ…あぁっっ…」

唇を離して喘ぐ。しばらくその体勢でエナの様子を楽しんだ。チンコが膨らんで来たのを感じたのか、

「センパイ、おっきくなってきましたよww舐めますか?」

「うん、じゃあ舐めて」

「はい!」

エナがソファーから降り、ここで二人共服を脱ぎ全裸に。ちょこんとソファーの前に跪き、細くて白い指でチンコを持ち、フェラし始めた。前回教え込んだこともあり、気持ちいいポイントを的確に刺激するフェラ。目を閉じながら、丹念にしゃぶっている。

「エナ、フェラホント上手くなったね!」

「やったぁ!嬉しい!」

エナはそのままフェラを続ける。その様子を楽しんでいると、

「疲れた〜、センパイのおっきいから大変だよwwもうビンビンww」

フェラでチンコはビンビン。エナももう入れてほしそうに瞳を潤ませていたが、

「エナ、いいって言うまで続けて!エナは俺の何だっけ?」

「はい…私はセンパイの奴隷です」

「奴隷なんだから言うこと聞けるよね!言うこと聞いたらご褒美あげるよ」

「はい、何でも言うこと聞きます…だからご褒美ください!」

そう言ってエナはまたフェラを続ける。先程よりも丁寧なフェラ。裏筋、カリ、玉を舌を使って舐めたり、口に唾液を溜めて咥えながら頭を前後に動かしてなんとか気持ちよくさせようとしていた。

「エナ、めっちゃ気持ちいい!じゃあご褒美。立って足開いて」

「ありがとうございます!わかりました」

「よし、じゃあオマンコ濡れてるか確認するわ」

エナを足を開かせて立たせ、おマンコに触れる。すでにしっかりと濡れており挿入には問題無さそう。指を入れると、

「ああぁぁんっっ!」

そのままGスポットを刺激しつつ手マン。

「あぁぁっっ…そこ気持ちいいっっ…」

マン汁が溢れ出し、グチョグチョのおマンコからピチャピチャといやらしい音が部屋に響く。そのまま続けていると、

「あぁぁっっ…そこっ…ああぁぁっっ……気持ちいい…あぁぁんっ!!!」

エナが潮を吹いた。フローリングにエナの潮がぽたぽたと垂れる。

「あ~あ、床汚して!後で拭くんだよ!」

「ごめんなさい…後で綺麗にします…」

「よし、じゃあベッドに手をついて」

エナは言う通りベッドに手をついて、チンコを迎え入れる体勢へ。すぐには入れず、チンコの先端でマンコを擦りながら焦らすと、

「焦らさないで…早く入れてください…」

「ちゃんとお願いして」

「はい…エナのオマンコにセンパイのおチンチン入れてください…激しく突いてください!」

その言葉で一気に挿入。

「あああぁぁぁぁっっっっん!」

奥まで入れ、すぐには動かさずエナのおマンコに馴染ませる。温かくてチンコ全体を包み込んでくれる膣の感覚は絶品。2〜3秒そのままの体勢でいると、エナの身体が痙攣して力が抜けベッドに倒れ込んだ。

「エナ、もしかしてイっちゃった?」

「はい…気持ちよくて…」

「早いよwwまだまだこれからだよ!」

力の抜けたエナの腰を持ってピストンを開始。ゆっくり長いストロークでエナのおマンコの感触を楽しむ。

「ああぁぁっっ…ああぁぁっっ…ダメっっ…ダメっっ…」

動く度にエナは甘い声で喘ぐ。少しずつピストンを早めると、

「あっ!あっ!あっ!あああぁぁぁっっ!ダメっっ!ダメっっ!やめてっっっ…おかしくなっちゃうっ…あああぁぁぁっっっ…あああぁぁぁんっっ!」

「嫌なの?嫌なら辞めるよ」

「ああっっ!ダメっっ!辞めないでくださいっ…気持ちいいぃぃっっ!あぁぁんっっ!あぁぁっっ!」

「どっち?辞めてほしくないならちゃんと言え!」

「あぁぁっっ!もっと…もっとください!あぁぁんっ!もっと突いてくださいぃぃ!!あぁぁっっん!!!」

立ちバックの体勢でおっぱいを揉みながらピストンを続ける。エナの膝は震え、立っているのがやっとの状態。

「エナのおマンコ最高!もっと気持ちよくさせて!」

「あぁぁっ!あぁぁっん!嬉しいっっ…あぁぁんっっ!もっとぉぉ!エナのおマンコでもっと気持ちよくなってぇぇっっ!!!あぁぁん!あぁぁっっんん!!!イクっっ!イクぅぅぅっっっ!!!」

エナが2回目の絶頂を迎えた。膝から崩れ落ち、ベッドに倒れ込む。

「エナ、今日感度いいね」

「私ばっかり…ごめんなさい…はぁはぁ…センパイとのエッチ…はぁはぁ…すごく楽しみだったので…」

「でも、まだまだだよ。ほら、足開いて!」

ベッドに倒れ込んでいるエナに今度は正常位で入れるため仰向けで足を広げるように指示。

「はい…お願いします…」

素直に足を開き、一気に挿入。

「ああぁぁぁっっっんん!」

そのまま勢いよくピストン。エナのおマンコはグチョグチョで、いやらしい音を立てる。

「ああっっん!ああっっん!気持ちいいぃぃっっ!気持ちいいぃぃっっ!!!ああぁぁぁぁんっっっ!ああぁぁんっっ!」

突きながらおっぱいを揉み、乳首を弄る。エナはもう全身性感帯になっているのか、喘ぎ声が一段と大きい。

「ああっっ!ああっっ!すごいっっ!すごいっっ!もっと!もっとぉぉっっ!気持ちいいぃぃぃぃっっっっっ!!!好きぃぃぃっっ!!大好きぃぃぃっっっ!!あああぁぁぁぁんっっっ!」

「エナ、感じ過ぎww俺も気持ちいいよ!」

「嬉しいっっ…あんっ!あんっ!もっと…気持ちよくなってぇぇっっ!…エナのおマンコで…気持ちよくなってぇぇっっ!あああぁぁっっっんん!」

フィニッシュに向けてピストンを早めながら、

「最高だよ!エナどうする?そろそろイきそうだけど、どこに出してほしい?」

「ああんっ!中に…中にください!いっぱい出して!お願い…します…あああぁぁぁんんっっ!」

「どうしようかな〜。一生奴隷で何でも言うこと聞くなら出してあげるよ」

「はい…あぁん!何でも…言うこと聞きます…あぁぁんっ!エナは一生…センパイの奴隷です…あぁんっ!だからお願いします…中にいっぱいください!!ああぁぁんっ!!!」

「俺の子ほんとに欲しいのか?」

「はい!センパイのっっ…あぁぁんっ!赤ちゃん産ませてくださいっっっ!」

「よし!じゃあ出すぞ!」

「はいっ…いっぱい出してぇぇっっ!!」

奥まで突き刺し、エナの子宮目掛けて精子を打ち込んだ。ドクドクと精子がエナのおマンコに発射され、それを受け止めるようにエナのおマンコが収縮。まるで搾り取られる感覚。

「エナのおマンコやっぱいいわ〜!気持ち良かったよ!」

「嬉しい!私も気持ち良かった!いっぱい出ましたねww」

チンコを引き抜くとおマンコから大量の精子が溢れ出してきた。

「いつもより多いかもwwそれだけ良かったってことだよ」

「良かった!でもまだギンギンですよww」

そしてすぐにお掃除フェラ。エナのマン汁と精子まみれのチンコを丹念にしゃぶってくれた。

「センパイ、すぐ2回戦しよ♡」

「しょうがないなぁ、じゃあ今度はエナが上になって動いて」

「はい、わかりました!」

そうして仰向けになった上にエナが跨る。

「入れますね」

エナのおマンコはグチョグチョで、するりと入った。

「あぁぁぁ、、、気持ちいぃぃ、、、」

エナが前後に腰を動かしているところを下から突き上げる。

「あぁぁぁ!センパイっっっ!ダメっっ!ダメぇぇっっ!」

「ほらほら!自分だけ気持ちよくならずにちゃんと動かせ!」

「あぁぁっっ!ごめんなさい…でもっ…でもっ…気持ちいいぃぃぃっっっ!あぁぁっっ!イクっっ!」

エナの全身がビクンっ!ビクンっ!と波打ち倒れこんできた。息も荒くかなり深くイったよう。

「センパイ…ごめんなさい…はぁ、はぁ…またイっちゃいました…」

「まだまだこれからだよ。おらっおらっ!」

その後もエナの柔らかいお尻を持ち突き上げ続けた。エナはもう身体に力が入らないのか耳元で甘い吐息と喘ぎ声を漏らしており、その声とマンコを楽しみながら2回目のフィニッシュを迎えた。

そのままお互いに疲れたのでいったん休憩。イチャイチャしながらそのまま寝落ちしてしまった。

目を覚まし、時計を見たら19時頃。エナはまだ眠っており、それを見ながらエナのマンコに手をやる。精子とマン汁でまだグチョグチョしており、するりと指が入った。そのまま手マンしているとエナが目を覚まし喘ぎ始めた。

「センパイ…あっ!あっ!ああぁぁんっっ!気持ちいいっっ!」

そのままエナに跨り正常位で挿入。最初からフルスロットルで突きまくった。しばらく突き続けたがその間もエナは喘ぎまくり。そろそろフィニッシュに近くなり、

「エナ、出すぞ!俺の種ちゃんと受け取れよ!」

「センパイっっ!センパイっっ!ああっっ!はいっ!出してっ!エナのおマンコに出してっっっ!センパイの種、エナの子宮に付けてっっっ!あああぁぁぁっっっ!」

このときはエナというメスを孕ませるためだけに集中し、オスとして本能的に力強く突いた。とにかく目の前の身体に遺伝子を残す、種付けするということだけを考え、そして果てた。

「エナ、めっちゃ気持ちよかったよ」

「センパイ…私もです♡センパイの精子ちゃんとエナの子宮に受け取りました♡センパイとの子できたらちゃんと産みますからね♡」

そういいながらしっかりとお掃除フェラしてくれた。

その後は一緒に夕飯を食べ、朝までエナの身体を楽しんだのは言うまでもない。

対面座位やバック、途中ガムテープで両手を縛る拘束プレイ、目隠しプレイも楽しませてもらった。従順さだけで言ったらエナが一番で、言ったことには全て素直に従い、男が喜ぶようなことを調教し、実行させた。西野七瀬似の美女が完全に俺の性奴隷のようになったことを思い出すと今でも興奮する。

朝までで俺は5発は出しただろう。それも全部中出し。エナの方は数えきれないほどイっていた。

今回の話はここまでです。また高評価頂けたら続きを書こうと思います。

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:59人
いいね
投票:115人
文章が上手
投票:61人
続編希望
投票:142人
お気に入り
投票:72人
名作
投票:34人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:483ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 233回
  • 1,739回
  • 10,652回
  • 10,652回
  • 49位
  • 75位
  • 16位
  • 567位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 5Pt
  • 25Pt
  • 341Pt
  • 341Pt
  • -Pt
  • 36位
  • 64位
  • 3位
  • 63位
  • -位
※31499記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]