【現在31,487話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 2 分で読了)

マンションに住んでるのは、ほぼ女?!

投稿:2024-03-02 14:37:44

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆QmBSUkI
前回の話

あれは俺がマンションに住んでいた時の話だった。両親が共働きで遅くまで帰ってこないので、ほぼ一人暮らしの状態だった。そんな中、俺の心の支えとなる人がいた。ひよりさん。二十代前半くらいの顔にスタイルがよく、それなりに胸もあるようだった。近所ということもあり、仲良くさせてもらっていた。…

前回の続きです。

俺はあの事があってからずっと頭から離れなかった。

そんな時、ひよりさんと出くわした。

「お、お疲れ様です。」

「あら、しんくんじゃないの」

「一つ気になる事があるんすけど聞いてもいいですか?」

「ん?何か問題でもあった?」

「このマンションって男の人いないんですか?」

「そうなのよー、最近まで男の人いたんだけど、いつの間にかもういなくなってたのよ」

「え、じゃあひよりさん以外も女の人なんですか?」

「よければ今度紹介してあげるよ」

それから数日後、俺はある人を紹介された。

名前は、こはるさん。保育園の先生をしていて、可愛らしい見た目をしている人だった。

「あぁ、どうもー」

「え?男の子いたんだ」

「よろしくお願いします。」

俺が深々と頭を下げると

「よしてよー笑。気楽に話しかけてね!」

こはるさんは俺の頭をポンポンしながら言ってきた。

そして、俺が勉強をしていて分からないところを教えてくれるというので、こはるさんの部屋へ入った。

「ここは、こうするんだよ」

こはるさんは教え方が上手でとても分かりやすかった。

勉強をしていると、突如として眠気がしていつの間にか眠りに落ちていた。

目が覚めるとこはるさんが何かを囁いていた。

「ひよりがやってたんだから私もいいかな」

「えっ?!」

俺が驚きのあまり声を出すと

「起きてたのね、今の聞いてたでしょ?」

「な、何のことですか」

「もうーわかってるくせにー」

こはるさんは俺のちんぽを咥え出した。

「ジュポジュポ」

「しんくんのちんぽおいしい、、」

「ちょ、何するんすか」

「もう私我慢できない」

そう言うと、俺を押し倒し、騎乗位体制になった。

「あっ、、やばい、、はいるっっ、、」

「ちょっ、、」

「んんっ、、、いくぅーー」

結構激しめなピストンで中出しした。

「出しちゃったね、、」

「ごめんなさい、」

「責任とってもらうからねー????」

そのあと彼女とは何回もした。

〜翌日〜

俺が学校から帰り、家にいると、インターホンの音が鳴ったので開けてみるとそこにはひよりさんがいた。

「どうかされたんですか?」

「ねぇ、あのさ、昨日こはるとなんかやってたでしょ?」

「え?」

「聞こえてきちゃったの、」

「あれはいわゆる逆レイプであって俺が襲ったわけじゃなくて、、」

俺が弁論をしていると、

「こはるには負けないよ!笑」

俺を押し倒す勢いでキスをしてきた。

ディープキスだった。

〜続く〜

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:3人
いいね
投票:20人
文章が上手
投票:2人
続編希望
投票:25人
お気に入り
投票:6人
名作
投票:2人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:58ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 4回
  • 22回
  • 124回
  • 2,715回
  • 3,922位
  • 5,287位
  • 4,503位
  • 4,498位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 33Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 2,992位
  • -位
※31499記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

よく読まれている体験談

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]