【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 9 分で読了)

【評価が高め】同じマンションの由紀子ちゃんと結婚3年経って

投稿:2024-02-20 10:06:18

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆N5eGdFU(60代)
最初の話

67歳。現在は、非常勤取締役として、週に2度、会社に行き仕事をしています。6年前、50歳を過ぎてから病で入退院を繰り返していた妻が、一人娘の二人目の孫が産まれて、その顔を見ると静かに息を引き取りました。その1年後。それまで住んでいた家を売り払い、1階が、住人が集まることができ、子供も遊べる共…

前回の話

その日の午後8時前に由紀子ちゃんが、帰って来ました。夕食が終わると。「ゴメンナサイ。生理がきてしまいました。お風呂は、一人で入ってください」風呂から上がると、入れ替わりでシャワーを浴びに由紀子ちゃんが、風呂に行きました。「私、木曜日と金曜日で出張になってしまいました。新しい得意先が出張じゃな…

67歳になった今、お腹が大きくなっている妻の由紀子、1歳半の娘が眠る横で、若いころの夢を見るようになりました。50年前近い、高校3年生のときの友人の夢をみました。

当時、私は、北海道に住んでいて、その夢は、仲が良かった鈴木です。仲が良くなった理由は、鈴木が太っていて、イジメに合い、私が中に入って、イジメを止めさせたことでした。ただ、鈴木は頭が良く、鈴木の家に泊りがけで、良く勉強を教えてもらっていました。

鈴木のことを考えていると、鈴木の姉のことを思い出しました。私に初めて女性の経験をさせてくれた人でした。

9月の土曜日に、いつものように泊りがけで鈴木の家に行きました。その日は、両親が旅行で不在、家には、鈴木の3歳、年上の大学3年の姉と3人でした。

午後11時、鈴木は寝てしまい、居間で、私一人でテレビを観ていました。鈴木の姉が風呂から上がり、私が座っていたソファーの横に座りビールを美味しそうに飲んで

「田中君も飲む?」私は、未成年で断ると《ゴメン。そうだね》と言って、一緒にテレビを観ていました。横に座る鈴木の姉を見ると、パジャマの上のボタンが外れていて、胸の谷間がチラチラ見えて、私は、気になって仕方がありませんでした。

「田中君。ハンサムで、背が高いからモテるでしょう」鈴木の姉に聞かれて。

「いえ。モテません。彼女もいないし」そう答えて、パジャマから見えている胸を見ると。

「何、見ているの?」鈴木の姉に言われて、視線をそらしてうつむきました。

「女の人のオッパイを見たことがないの?」鈴木の姉に聞かれて、頷くとニヤッと笑い。

「見てみたい?私、オッパイがEカップなのよ。結構、大きいの」鈴木の姉は少しふくよかで、背が163センチありました。大学で英語の勉強をしていて、スチュワーデスになると言っていました。私は《はい。見てみたいです》返事をすると。

「オッパイを見たことがないってことは、女の人と経験もないのね」私は、大きく頷きました。テレビを観ながら少し考えていた鈴木の姉が。

「そうね。ここではダメだから。チョット、こっちに来て」そう言われて、鈴木の姉の部屋に行くと中は、甘い匂いがしました。私は、男3人兄弟の一番下で、若い女性の部屋に入るのは初めてで、突っ立っていると、部屋の明かりを少し暗くして。

「ここに座って。あまり近づいちゃダメよ」鈴木の姉が座るベッドの前に正座しました。パジャマの上の方のボタンを外して、前をチラッと開きました。

「見えた?オッパイ」聞かれて、《良く見えませんでした》答えると。

「こういう風に見せるのは、初めてだから、恥ずかしいけど、これは」パジャマのボタンを全部、外して、前を大きく開いて見せてくれました。Eカップで大きく、乳首が上をみていてピンク色をしていました。

「どう、初めて見た感想は?」私は《綺麗です》一言、答えました。

「触ってみたい?ウフフ」イジワルな目をして聞かれて。《お願いします》と返事をすると、近くまで来るように言われて、怖々と手でEカップを触りました。

「うわ~。柔らかい」感激した私が言うと。

「揉んでみて、先も触ってもイイよ」Eカップを揉んでから、乳首を触っていると。

「男の人は、オチンチンが硬くなるでしょう。女の人も感じると乳首が硬くなるのよ」そう教えてくれて、私の頭の後ろを手で押さえると、鈴木の姉の方に引き寄せて。

「先を舐めてから、吸ってもイイよ」私は、Eカップの片方を揉みながら、もう片方の乳首を舌で舐めて、吸うと。

「イヤだ、私。感じてきたわ」上半身が震え腰をくねらせました。

「ネェ。もしかしてアソコも見てみたい?」そう聞かれて、私は土下座をして。

「はい。お願いします!」大きな声で言うと。

「シ~ッ。弟が起きるじゃない。それと、弟には絶対に秘密だからね」私は、うんうんと頷くと、鈴木の姉が立ち上がり、パジャマを脱ぐと、花柄で小さなパンティを着けていました。

少し間があり、パンティを脱いで、ベッドに座り、脚をM字に開くと、顔を真っ赤にしてアソコを手で隠してしまいました。ゆっくり、隠していた手を避けると、アソコの周りに短めの毛が生えていて、アソコは閉じていました。

「そっか。これじゃあ、見えないか」今度は、目を瞑り両手の指でアソコを拡げました。

「見える?少し大きな穴が、赤ちゃんが産まれてくるところで、オチンチンも入れるところよ」私の顔を近づけるように言われて、膣の入口が見せて教えてくれました。

「チョットだけ、触ってもイイよ」鈴木の姉に言われて、膣の入口を指でつつくように触ると、ピクッと身体が反応して、触り続けていると。

「アァ~。気持ちイイわ。指を中に入れてみて」愛液がにじんできた膣の入口の中に人差し指の先を入れると、ヌルヌルしていて。

「ウゥ~ン。もっと、奥まで入れて動かしてみて」人差し指を根元まで入れて、指を出し入れするように動かすと。

「アッ。イイ。イイ~」鈴木の姉の腰が浮いてきました。さらに動かしていると。

「イヤ。ガマンできなくなった。田中君。ズボンとパンツを脱いで」言われた通り、ズボンとパンツを脱ぐと、先ほどのことで、完全に男性自身が勃起していて。

「何、それっ。大きすぎない。彼氏の倍はあるわよ」そう言われて、鈴木の姉がいるベッドに座らされました。

「触ってもイイ?」聞かれて、頷くと、男性自身を握られました。少しすると、手を動かし始めて、段々と動きを速めていきました。

「お姉さん。俺、出ちゃうよ」我慢できなくなり言うと、ティッシュを男性自身にかぶせられました。その中に精子を出すと、ダラダラと流れてきて、私の下半身は精子だらけに。

「スゴイね。こんなに精子が出たわよ」感心されてしまいました。

「ありがとうございました。自分でするより、気持ちが良かったです」私が立ち上がろうとすると、肩を押さえられて座り直させられ。

「何を言っているの。まだダメよ」そう言うと、Tシャツを脱がされて、裸にされました。

「アソコにオチンチンを入れてみたくない?」私は、驚きと嬉しさで興奮して、男性自身がまた、勃起してしまいました。鈴木の姉が、男性自身を握り。

「田中君の大きいから、私、もっと濡れないと入らないから。ここを舐めて」鈴木の姉は、ベッドに寝て、脚を拡げて、アソコを指差しました。私は鈴木の姉の下半身に顔を埋めて、アソコを拡げて、膣の入口をペロペロ舐めました。

「ネェ。もう少し優しくしてよ。そこの周りも舐めて」言われた通り、ゆっくり膣の入口とその周りを舐めていると。

「そう。イイワ・・ウゥ~ン。感じる」愛液が出てきて、膣の入口が先ほどより濡れているのがわかりました。

「指を入れてみて。2本ね」膣の中に2本の指を入れると、時折、キュッ、キュッと中が締まりました。指の動きを速めると。

「アァ~。イイ~!それっ」鈴木の姉の腰が浮き、私の指には、ヌルヌルになった愛液がまとわりつきました。鈴木の姉が私を抱き寄せるとキスをして。

「誰にも言っちゃダメよ。それと、絶対に中に出さないでね。まだ、お父さんになりたくないでしょう」私の男性自身を握った鈴木の姉が、膣の入口に導いてくれました。

「田中君のは、大きいから、ゆっくり入れてね」男性自身の先が膣の中に入ると、中は、温かく、何とも言えない気持ち良さでした。

「ウッ。大きい。ゆっくり、ゆっくりよ」腰を動かして、男性自身が三分の二くらい膣の中に入り、先が奥まで届いたのがわかったとき。

「そこまでにして、中がオチンチンでイッパイ。苦しい」私は、そう言われて、腰を動かして言いると、3分経たずに限界になってきて、慌てて男性自身を膣から抜くと、鈴木の姉のお腹から胸にかけて、精子が飛んでいきました。

「キャ。2回目なのにスゴイ。たくさん出たね・・・ネエ。良かった?初体験の感想は?」鈴木の姉は、笑いながら言い、キスをして、抱きしめてくれました。

「すげぇ。良かったです!ありがとうございます。何か、大人になった気分です!」私は、興奮していました。鈴木の姉も嬉しそうで、私の頭を撫ででくれたので、Eカップを揉んで、乳首を触っていました。男性自身を握られて、手を動かして勃起させられると。

「もう1回、しょうよ。さっきは、中途半端だったでしょう。今度は、オチンチンを全部入れてイイよ。ガンバルから。私」私は、乳首を吸って、アソコを触ると、濡れていて。

「大丈夫よ。もう、入れても」私は、鈴木の姉の脚を開いて、身体をその間に入れて、今度は、自分で男性自身を膣の中に入れました。三分の二くらい入れると、先ほどのように奥まで届きました。鈴木の姉の肩をつかんで、グッと腰を入れて、男性自身を奥深く入れると。

「ギャ~・・ゴメン。イタイ、訳じゃないから。驚いただけ。全部、入ったみたいね」男性自身が全て、膣の中に入り、腰を動かしました。

「奥まで、オチンチンがきている。頭が変になりそう・・アァ~。アァ~!」5分くらいで。

「お姉さん。もう、出ちゃいます」男性自身が膣の中で、愛液に包まれて堪らなくなり。

「ダメよ。もう、チョット、ガンバって」私がギリギリまで我慢をしていると。

「アァ~。イイ~!・・出してイイよ」男性自身を膣から抜いて、鈴木の姉のお腹に精子を出しました。私は、少し休んでから。

「ありがとうございます。満足できました。俺、戻ります。鈴木が起きて来ると困るから」居間に戻り、ソファーで寝ることにしました。時計を見ると、午前1時過ぎでした。

「おい。こんなところで寝たのか?」鈴木に起こされたのが7時でした。鈴木の姉も起きてきて、朝食を作ってくれ食べていると、昨夜の鈴木の姉のことを思い出して、ニヤニヤしてしまいました。

「田中。何、ニヤついている?」鈴木が聞くと、鈴木の姉に睨まれて。

「昨日のテレビが面白くて、思い出していた」適当なことを返事しました。

10時に帰るとき、鈴木の姉が玄関まできて。

「ダメよ。弟に知られちゃ。でも、喜んでもらって嬉しいわ。私。誰もいないとき、連絡するから。したっけ」そう言って、私の頬にキスをしてくれました。

翌年の3月、鈴木は、地元の国立大学に合格、私は、本州の大学に合格しました。

卒業式が終わった次の日に鈴木の姉から連絡が着ました。

《今日、両親と弟が祖父の家に行っていて、誰もいないの。来てよ。ネッ》呼ばれたのは、この日が2度目でした。午後2時に地下鉄に乗り、30分後、鈴木の家に着きました。

「遅いよ。早く入って」家の中に入ると、風呂に連れて行かれて。

「一緒に入ろう。この前、彼氏と入ってイチャイチャして興奮したのよ」私は、鈴木の姉が彼氏のことを言ったことで、少しムッとしてしまいました。

「アラッ。ヤキモチ焼いているの?可愛い」頭をポンポンと叩かれてから、服を脱がしてくれました。湯船に入ると、いきなり男性自身を握られて。

「彼氏は好きだけど、ここも田中君くらいあるとイイのにな」そう言うと、ギュッと強く握られ勃起してしまいました。鈴木の姉に男性自身を叩かれて。

「まぁ。もう、大きくして。ベッドまでお預けよ」お互いの身体を洗い風呂を出るときに。

「服は、着なくてイイよ。どうせ、すぐに裸になるから」裸のまま鈴木の姉の部屋に行くとカーテンが閉じられていて、薄暗く二人でベッドに横になりました。

「来月から、田中君。もう、北海道にはいないのよね。今日が最後か」私にキスをすると、鈴木の姉が私の胸に顔を埋めました。私は、鈴木の姉を抱き寄せて。

「あの~。彼氏と俺を比べないでください」私は、彼氏と比べられて、いじけていました。鈴木の姉が男性自身を握り、手を動かし。

「ゴメン。今日は、田中君が彼氏よ」少しだけ嬉しくなった私は、Eカップを揉んで、乳首を吸いました。

「ウゥ~ン。オッパイの扱い方、少し上手くなったね」調子に乗り、乳首を噛むと。

「コラッ。噛んじゃダメよ。敏感なのよ。乳首は」少し怒った鈴木の姉のアソコを触ると、濡れていて、指で開いて、膣の入口を舐めました。

「アァ~。気持ちイイよ。イッパイ、舐めて」濡れたのがわかり、指が2本、入りました。

指を根元まで膣の中に入れて、動かしていると、膣の中が締まり。

「イイ。イイ~!・・もっと、動かして」鈴木の姉がお尻を浮かせて感じていて、指の動きを速めていくと、今度は、腰を上下させました。

「アァァァ~!・・イイ~!」フゥー、フゥーと息を吐きながら動かなくなりました。

「気持ち良かったよ。もう、オチンチンを入れて。中に出しちゃダメよ」私の男性自身を握り、膣の入口に導き、中に入れていきました。腰を動かしていると、全部が膣の中に入り。

「ウッ。奥まできている。オチンチン。強く突いてみて」私は、できるだけ腰を動かして、奥を突いていると、愛液が膣から出てきて。

「イイ。それっ・・頭の中が変になってきた・・イイ~!」そう叫んだ、鈴木の姉の中が締まり、私も限界になり、膣から男性自身を抜いて、お腹に精子を出しました。鈴木の姉は脚を開いたまま動かず、私も少し息が上がり、ベッドに横になりました。

「田中君。良かったよ。私、息が苦しくて、気を失いそうになったも」まだ、息が荒い鈴木の姉がそう言って、私を抱きしめました。

「今日、泊っていってよ。明日のお昼くらいじゃないと、帰って来ないから。弟たち」夕食をご馳走になると、ソファーに座る私の横に鈴木の姉がきて、腕をつかみ言われました。

私は、家に連絡をして、泊ることにしました。午後10時、二人でテレビを観ていると。

「ねぇ。ここでしてみようか?誰もいないのは、わかっているけど興奮しそうよ」私は、居間は明るくて戸惑っていると。

「さぁ。早く服を脱いで」鈴木の姉に催促されて、着ているものを脱ぎました。明るいところで見る鈴木の姉の裸は、眩しいくらい綺麗でした、それを言うと。

「嬉しい。そんなことを言われたのは、初めて」私に抱きつきキスをしてくれました。はっきりと見えるEカップの先の乳首は、ピンク色で、私は、立ったまま両方のEカップを下から揉み上げました。少し屈んで乳首を舐めて吸っていると。

「イイよ。感じて立っていられない。私」ヘナヘナと、その場に座り込んでしまい、私は、鈴木の姉の身体を抱いて、ソファーに座らせました。脚を拡げると、アソコが少し開いていて、膣の入口が濡れていました。

「そんなにジロジロ見ないで、恥ずかしいから」脚を閉じようとしましたが、私は、膝をしっかりつかんで拡げたままにしました。顔を近づけて、これまでより、はっきりと見えている膣の入口を指で拡げると、ピンク色の中がヒクヒク動くのが見えて、舌を入れてみました。

「アァ~ン。いつもよりも感じる」指を膣の中に入れようとしたとき、入口の上の方に小さな突起しているのを見つけました。そこを舌で舐めると、鈴木の姉が腰をビクッとさせて。

「キャ~!・・そこを舐められたの。初めて、身体に電気が走ったわ」舐め続けていると、腰がガクガクとしてきて。

「アァァァ~!・・イイ。イイ・・イイ~!」大きな声を上げました。

「ネェ。もう、入れて。ガマンできない」鈴木の姉がソファーに手をついて、後ろ向きになりました。私は、この格好が初めてで戸惑っていると、お尻を開いて、膣の入口を見せて。

「これっ。初めてか。大丈夫。オチンチンを入れて」私は、男性自身を握り、膣の入口に先を入れると、ヌルっと中に入っていきました。始めは、ぎこちない腰の動きでしたが、慣れてきて鈴木の姉の腰をつかみ、奥深く入れると。

「アァ~。そこっ・・そこをイッパイ、突いて!」後ろからは、初めてで興奮して腰の動きが速くなり、腰をつかむ手に力が入りました。

「出して、イイよ・・出して。私、満足したから」膣から男性自身を抜いて、鈴木の姉の背中に精子を出すと、想像以上の量がでて、お尻の方まで精子が流れていきました。

「私、頭が真っ白になったわ。スゴイね。田中君。もう、一人前よ」褒められて照れていると、裸のまま手を引かれて、ベッドに行きました。

「今日は、このまま寝ようね」私の首を抱いて、キスをされ、そのまま眠ることにしました。

私は、ほど良い疲れからか、グッスリ眠ることができました。

朝、6時に目が覚めて、横で寝ている鈴木の姉のEカップを触っていました。

「こらっ、こら。イタズラっ子。まだ、したいの?」鈴木の姉に聞かれて《はい》と答えると、男性自身を握り勃起させてくれて、もう一度、精子を出させてくれました。

鈴木の家を出るときに。

「サヨウナラ。あっちでも元気でね・・・それと、イイこと教えてもらったわ。クリトリスがあんなに気持ちイイなんて」元気に手を振って送ってくれました。

この話の続き

高校のときの友人の鈴木の夢を見てから2日後、大学1年のときの大学祭の夢を見ました。大学に入り、仲が良くなった友人に頼まれて、屋台の手伝いをすることになりました。屋台は、焼きそばとソーセージを提供し、友人が入っているサークルの仲間で行うことになっていました。2日間、私は、主に客引きをしていまし…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:14人
いいね
投票:46人
文章が上手
投票:11人
続編希望
投票:49人
お気に入り
投票:18人
名作
投票:8人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:146ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 2回
  • 34回
  • 136回
  • 2,525回
  • 7,085位
  • 3,584位
  • 4,099位
  • 4,868位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 97Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 1,054位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]