【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 6 分で読了)

評価:昨日12位

隣に住む小学5年生のゆうこちゃん 8

投稿:2024-02-18 22:09:12

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

はいじ◆QJdocDY(茨城県/20代)
最初の話

隣に住む小学生のゆうこちゃんに泳ぎを教えてと頼まれて一緒に温水プール行く事にした。隣町の温水プール、入場料を払うと受付の人が、まだ小さいのでお兄さんと一緒に着替えてねとゆうこちゃんは身長130無いくらい、学校でもあまり大きく無い(一個か二個下に見えたのだろう)俺「ゆうこちゃん…

前回の話

ゴールデンウィーク中、隣に住む小さい頃から仲良しの小5のゆうこちゃん(ゆうちゃんと呼んでいる)と泊まりで海水浴場に来ている。地元の人しか来ない様な海水浴場、それでもトイレとシャワー(外に水しか出ないシャワーとトイレには温水シャワーも有る)等は地元民の要望で設置された。今回はゆうちゃん…

俺達(俺とゆうこ、ゆうちゃんと呼んで居る。)は、ゆうちゃんの妹のまさこちゃんが小さい頃から俺を見ると着いて来て離れない程好かれている。

しかし、それは姉のゆうちゃんも俺を好いていて去年から泳げないのでとゆうこママから泳げる様にと。

お願いされて1年が過ぎ俺が見ても(俺はスイミングのインストラクター)覚えが早く週一で隣町のプールで指導兼保護者なので更衣室も俺と一緒に着替えも、その時から毎週裸を他の人に見られても平気な事に、俺は他の人にガラス越しに見えるようにエッチなイタズラを楽しみながらしていた。

初めての自宅でのお風呂の練習中に嘔吐した(後から分かったが、妹と父親が覗いて笑っていたと…)

それからプールの前の日から俺の家に泊めて一緒に寝る事と、お風呂は自宅でのトラウマになり毎日俺と一緒に入ってから自宅に帰るをそれから欠かさず行う。

それが、ゆうちゃんが今月からスイミングを習う事になり(妹も幼児から習うが週一)毎日、月曜日から土曜日迄の周6で来る事が妹に不満を買い、近くのプールに連れて行きそれを宥める様にした。

丁度ゴールデンウィークと重なり気分転換も含めて、

ゆうこママが2人の旅行を賛成して送り出してくれた

二泊三日で行き先は高3から大学終わるまで夏限定でアルバイトしていた場所の海水浴場、泊まるのもその社宅と言う事で許しを貰って千葉に来ている。

しかし、初日からハプニングがあって変な女子に絡まれ、しかも社宅に初日は泊まれないって事になって、とりあえず今日は皆には内緒でラブホに泊まる事に。

ゆうちゃんが入って色々見たが1番気になるのは大型テレビのエッチしてる映像、洋服を脱ぎ水着(AMORESYのハーフバックの競泳水着)の上からでもはっきりとわかる程乳首は硬く浮き出し、割れ目は明らかにびしょ濡れではっきりと見える程濡れる。

俺の推測だが、セックスってテレビで観て相当気持ちいいって思って居るのだろう。

ベッドに仰向けに横たわったゆうちゃんの腰の下に浴室に有るタオルを敷く。

顔は有村架純を更に幼くした顔立ちにCカップは無いがそれに近い胸の大きさ、脚は細くもなく太腿は程々お尻はぷっくり触り心地の良いお尻、割れ目にはまだ毛は全く生えていないし、初潮も来ていない。

水着を着せたままヌルヌルするおまんこを少しずらし膝を立たせてM時開脚から俺しか見ていないクリトリスの皮を剥きいつもより硬く少し大きくなったのを見て舐め始めた。

声はするが多分気持ちいいのだろう。

ゆうこ「た、たっくん…のしたい。」

初めてゆうちゃんから俺のを…と言った。

「ゆうちゃん、それじゃ上に乗ってして。」

ゆうこ「えーっと、ゆうのおまんこたっくんの顔の上にするの?お腹に乗るって事かな?」

「そう、お腹の上に乗っていいよ、ゆうちゃんって軽いから全然平気だし、お互い舐められるよね。」

ゆうこ「ヨイショっと、脚開くんだよね?ゆうのおまんこたっくんに丸見えだよ、あ、ごめん…ヌルヌルが垂れてる。いいの?これで。」

「ゆうちゃんヌルヌルいっぱいだから平気だよ、それならゆうちゃんしやすいでしょ。」

咥えられないので、丁寧に先のカリや尿道を舐める。

俺は両手が使える様になったので少し水着の胸の部分から手を入れて乳首をコリコリを始める。

その間もう片方の指でクリトリスを広げて舐める。

ゆうこ「アッ、アン、アン、た、たっくん!イッ、イッ、何か凄いよ、アン、アン、アーッ。」

されるのはいつもだがするのは初めて、気持ちいいのか俺のモノをゆっくりこすり始めた。

「ゆうちゃん、入れ替わってヌルヌルのおまんこに俺のモノ、入れていいよね!」

ゆうこ「あ、たっくんの顔、びしょ濡れ拭かないとだめだよ、ごめんね、私のおまんここんなんで。」

「ゆうちゃん、ヌルヌルはいっぱい出る方がいいよ、上に乗って思い切り抱きしめていいよね。」

ゆうこ「ねぇたっくん、たっくんの初めてっていつなの!教えたく無ければ聞かないけど。」

俺は身体を起こしゆうちゃんのおまんこにモノを当てる、一緒身体がこわばったように腰が引けた。

ゆうちゃんを仰向けにしたまま指を1本、2本、奥まで入れてもヌルヌルが止まらない。

「いきなりは無理そうだから指入れてみてそれからね、俺の初めてはゆうちゃんと同じだよ、同級生と興味本位でやっちゃったんだけどさ、ほら、初めて同士でしょ、入った途端そのままで、それからしょっちゅうやって、気持ちよくなったんだよね。」

ゆうこ「凄いね、同級生、アッ、アッ、私は同級生とか無理。」

ついに初めて指3本使って奥までグイグイ攻める。

これでも痛がらないし、気持ちよさそうに声を出す。

「ゆうちゃん、痛くない?これでも。」

両方の指を入るだけ入れてみた。

ゆうこ「ちょっとだけ変な感じだけど奥の方がいいのもっとって言えないけど痛く無いよ。」

「ゆうちゃん、ずっとおまんこヌルはいっぱい出るからそろそろ入れるね。痛かったらすぐに言って。」

小さい身体に徐々にだが指3本ずつ入れている。

もうすでにタオルはびしょ濡れになっていた。

ついにゆうちゃんにまたがり広げた脚の間に俺のモノを再び添える、そしてゆっくりと先っぽが入る。

一緒ヒクついたが問題はないようだ。

ゆうこ「ちょっとだけ変な感じ、入ってるの?」

「ちょっとだけ入ったよ、もう少し入れるね。」

今、顔をしかめた、少し痛いのか?

ゆうこ「平気、もっといいよ、奥まで入れて。」

ゆっくり、ゆっくりと顔色変えないので少し動かす。

ゆうこ「アッ、アン、アン、平気だよ。」

俺はゆっくり出し入れをしながら奥へ奥へと入れる。

ゆうこ「アッ、アーン、何か頭が真っ白になるよ。」

とうとう奥まで入った、そのまま出し入れをする。

ゆうこ「た、たっくん、動いて、そう、アッ、アッ、ゆうのおまんこ凄く熱いの、たっくんもっといい?」

「平気?痛く無いの、それより気持ちいいの?」

ゆうこは無意識にクリトリスを触りながら。

ゆうこ「いいの、いいの、指よりいいの!ゆうのおまんこたっくんが入ってるの、おまんこいいよー。」

そう言い始めた頃から子宮の締め付けがキツくなる。

ゆうちゃんは無意識におまんこいいを連呼してから、俺も我慢が限界になりそうな時きつく締め付けられ

ゆうちゃんと同時にイッたようだ。

ゆうちゃんはそのままぐったりして寝ている様だ。

いや、失神したのだろう、呼んでも何しても変わらず

大量に発射した精子とゆうちゃんの初めての血、それに大量の愛液が初めてを見て分かる。

仰向けのゆうちゃんのおまんこを、触っても乳首を掴んでも全く動かない、このままもう一回するか?

そう思って衰えないモノを再びおまんこに挿入。

さっきと違いおまんこに緊張感がないままなので、俺はそのままの可愛い顔したゆうちゃんを眺めた。

可愛い顔、小5にしてはふくよかな胸、水泳して体力のついてはっきりわかったくびれ、生理のないエッチなおまんこ、顔付けたら気持ちいいお尻、全ていい。

ゆうこ「あれ、エッチ、セックスしたよね、気持ち良かったよ、少し痛かったけど平気だったよ、ねぇたっくん私どうしたの?夢見てたのかな、でもねまだおまんこに何かが挟まってる感じはあるんだよね。」

「ちゃんと入れたよ、血も出てるしほら、」

ゆうこ「本当だ、血出るんだね。それで頭が真っ白になって奥が気持ちいいって思ったら、その後が…」

「ゆうちゃん気持ち良すぎて失神したみたい。初めてでそれは俺も驚いたけどね。」

ゆうこ「ちゃんと入れた…私も良かった…けど。」

「水着も汚れたし(血も付いてる)お風呂行こう」

ゆうこ「水着着たままだったんだよね、お風呂。」

タオルを半分に折りゆうちゃんの腰に巻いてお風呂に向かうがヌルヌルが、俺の精液と一緒にドロドロ出て来たのでおまんこもタオルで塞いだ。

お風呂で綺麗に洗い流すが、シャワーの圧力で敏感なクリトリスに当たるためヒクヒクしている。

ゆうこ「たっくん、そこまだ敏感だからシャワーじゃなくて指でして、それからなら大丈夫かな。」

言われた通り指でおまんこをいじるとそれはそれで。

ゆうこ「ねぇたっくん、昨日お外で裸になって見られたでしょ?その時もね、お股ヌルヌルしたの。」

「ゆうちゃんはプールでもそうだけど、見られるとか見せるって平気なの?」

ゆうこ「そうだなー、場所と場合によるかも、プールの時シャワーでおまんこをたっくんが触ったでしょ?その時も、ガラス越しだから平気だったんだよね。」

「ゆうちゃん見られてるって感じながら感じてたよね、それから着替えも年齢近い子には見せないし。」

ゆうこ「だってもしもって有るからかな、たっくん以上の年齢なら、それと小さい子は平気だけど。」

「処女喪失記念にもう一回する?」

ゆうこ「今日は覚えていないから大丈夫、明日なら昼でも夜でもドンと来いってとこかな。」

「明日は昨日の海水浴場には行かないで、朝から地元のライフセーバーの子と半日合宿だから。」

ゆうこ「走ったり、泳いだりするやつ?」

「ボードに乗ってとか泳いだりはするね。」

ゆうこ「たっくんも一緒に?」

「今回は初めてだから一緒だよ。」

ゆうこ「それからは?どこか行くの?」

「もう一か所行きたい海水浴場があるんだよね。」

ゆうこ「たっくん、そこは遊ぶの?」

「砂浜と冷たいシャワーしかないけど波は無いし、泳いだり出来るから心配しないで。」

ゆうこ「たっくん、今日寝る時水着着たままで…」

「それなら俺も履いて寝るよ、ゆうちゃん選んで」

ゆうこ「うん、お揃いの水着ね、今日はそのまま寝かせて、朝早いし少し疲れた、でしょ?」

「それじゃ出るよ。」

ゆうこ「ねぇたっくん、私もされるばっかりだから、そろそろたっくんだけ気持ちイクしたいの…寝てる時とか、朝起きたら襲ってるって許してね。」

「それなら大歓迎だよ、いつでもゆうちゃんになら襲われても平気だから。」

「ゆうちゃんの初体験も済んだし、今のところ中出しでいいから凄く安心、それにしても初めてで生中出しをしたけど、生理が来たらそうは行かなくなるし、色々と俺達でしなければいけない事沢山だからね」

ゆうこ「そうだね、ちゃんと彼女って言われる様に私もおっきくならなきゃ!」

この話の続き

ゆうちゃんとの処女幕を貫通し、失神したのは驚いたが、移動やその他の疲れも有り朝6時に起きなければいけないので、色々お話しをしていたが疲れたのか?ゆうちゃんは話途中で寝てしまい俺も一緒に寝た。5時半に一応アラームをセットしたが、いつもよりも早く寝た為に少し早く起きてしまう。俺がトイレか…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:4人
いいね
投票:11人
文章が上手
投票:3人
続編希望
投票:16人
お気に入り
投票:5人
名作
投票:2人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:41ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 2回
  • 13回
  • 128回
  • 1,894回
  • 6,771位
  • 7,589位
  • 4,357位
  • 6,225位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 25Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 3,679位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(4件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]