【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

官能小説・エロ小説(約 3 分で読了)

【高評価】美しくなって転校してきた幼馴染と僕との物語⑤

投稿:2024-02-18 10:19:55

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

DanDan◆USIFFpA
最初の話

冬にしては暖かいその日、僕は教室の窓から別のクラスがグラウンドでサッカーをしているのをぼんやりと見ていた。すでに中学生活も半分を過ぎたが、僕は特定の彼女も出来ずに、友人達とエロ話に花を咲かせる毎日だった。「おーい、静かに。転校生を紹介するぞー」すると先生の後ろから、背が高くて髪の長いモデ…

前回の話

僕たちは、物陰でキスをした後、電車に乗り込んだ。いつものラッシュと違って、市街地から遠ざかる方向の電車は、以外に空いていた。僕と山田は隣同士に座って、手を繋いだまま何となく体を寄せ合った。彼女は僕にもたれかかり、指と指を絡ませた手をモジモジさせている。やがて前の席の男性が降りてしまう…

その日僕と山田が彼女の家に着くと、家族の人は誰もいなかった。

「ねえ、たっちゃん。ちょっと上がって行く?」

僕は緊張した。

この雰囲気のまま彼女の家に上がると、大事な一線を超えてしまうのではないか。

僕たちはまだ中学生だった。

山田は、まだあどけなさの残る、現実感のない美しい笑顔で僕を見た。

「ねえ、どうする?」

彼女は背中で手を組んで体を左右に揺らしながら、可愛く僕の顔を見上げて来た。

そして、僕は家に上がる決心をした。

先生には、遅くなった理由を適当に説明しよう。

それよりも、すでに学校のアイドルになっていた山田と、冴えない僕との関係の噂がどのように広がっているのか心配だ。

山田は、僕を2階の自分の部屋へ案内した。

しかし彼女は浮かれていたのか、パンツを履き忘れたまま階段を登ったのだ。

僕は大きく咳払いをした。

するとそれに振り向いた彼女は、僕の顔がお尻のすぐ真下にあるのを見て、ようやく自分がノーパンだった事に気付いたのだ。

「キャーッ、たっちゃん。またアソコが見えてるよー!」

彼女はアソコを見せまいと、何故か僕の顔に敏感な部分を押し付けて来た。

そして僕は、山田の股間で顔をふさがれてしまったのだ。

「ああん、たっちゃん。ゴメン。恥ずかしくて。見ないでー!」

僕は、わかったから早く顔からアソコをどけてくれ、としゃべったが、フガフガして伝わらない。

「ああっ、たっちゃん。口を動かさないでーっ!」

僕が声を上げるたびに、密着した唇が山田の一番敏感な部分を刺激してしまう。

「はあっ、いやん。舐めちゃだめえっ!」

僕はついつい割れ目の中に舌を伸ばしてしまっていた。

少し塩辛い山田の味と、まだ幼さの残る潮のような匂いで、僕の頭の中がいっぱいになった。

山田は、しばらくそのままで僕にアソコを預けていたが、やがて階段を登り始めた。

「たっちゃん。ほんと恥ずかしいよー」

山田の顔が真っ赤になっている。

僕たちは手を繋いで彼女の部屋に入った。

お茶を取りに行く山田を見送ってふと机の上を見ると、昔の僕の写真が飾ってあった。

「ああっ!見たなーっ、・・もう!」

戻ってきた山田はまた真っ赤になって、僕の写真を抱きしめた。

「ああ、もう恥ずかしい。ちょっと横になっちゃう。」

彼女はベッドに横になって、意味ありげに僕を見つめた。

僕はベッドの縁に座って、優しく山田に今日何度目かのキスをした。

「山田・・暑いの?」

彼女は黙ってうなずいた。

僕は山田の制服を脱がして、下着を外した。

可愛い胸の膨らみと、ピンク色の乳首が目に飛び込んできた。

「あんまり見ないでよー。恥ずかしいんだからね」

山田はタオルケットを顔にかけて、照れ臭さを隠している。

僕は胸に手を当てると、小さめの膨らみをゆっくりと揉み上げ、徐々に膨らんで来た突起に指を這わせた。

「はあっ、たっちゃん。優しくして・・」

僕は二本指の背中でそれを挟んで、クリクリと左右に動かしてみた。

「あ、ああん。くすぐったい。けど気持ちいいよ。ああっ、もっとしていいよ」

山田は僕の頭を抱えると、自分の胸に押し付けて来た。

僕の舌が、山田の乳首を捉えた。

「あうっ、そこ。何か変だよー。感じるの。ヘンになっちゃうよー!」

山田はハダカにスカートを履いただけの格好で、均整のとれた体を震わせた。

そして最後のスカートを脱がすと、そこにはほんのわずかに翳りのついた割れ目があった。

僕は山田の両足を優しくひらき、その中心部に舌を這わせた。

「たっちゃん、だめん。ああっ、そのお豆のところ。昔と同じだよ。またキレイにしてくれる?」

僕はクリトリスを舌で転がし、割れ目を上下に舐めてみた。

山田の背中が弓のようにのけ反る。

「たっちゃん、わたしの初めて・・もらってくれる?。たっちゃんにあげたくて、ずっと大事に持って来たの」

僕は全裸になると、彼女と抱き合った。

美しい山田が僕の腕の中にいるのが、いまだに信じられない。

僕はゆっくりと山田のアソコに自分のモノを当てがい、その熱くなったところに徐々に侵入していった。

「ああっ、たっちゃん。うれしい。痛くないよ。だってずっと待ってたから。たっちゃんだから濡れてるんだからね。はあっ・・気持ちいいの!」

山田は初めてだが、感じているようだった。

「ああっ、たっちゃん。何か来ちゃう。わたし初めてなのにおかしいよ。」

僕は少しだけピストンを早めた。

もう出そうだったのだ。

「ああっ、やっぱり来た。たっちゃん。気持ちいいっ、だめ、一緒に・・ああっっ、逝くっ!」

山田がブルっと震えて、僕はギリギリのところで山田のお腹の上に放出した。

僕たちはしばらく抱き合ったあと、お互い顔を見合わせて笑い始めた。

二人の幸せな時間がいま始まったのだ。

そのあと学校へ戻った昼休みに、僕は友達から小突き回された。

しかしまさかついさっき、童貞だった僕が、あの美しい山田の初めてをもらって来たなどとは、誰も思っていなかっただろう。

現実感がないほど綺麗になって戻って来た幼馴染の山田と、学校でも冴えない僕との物語は、いままさに始まったばかりだったのだ。

この話の続き

高校2年の冬の始業前、僕はいつものようにグラウンドをぼんやり眺めていた。1時間目が体育のクラスの生徒が、準備運動をさせられている。僕は、転校してきた山田に再会した日のことを思い出していた。3年前に、美しくなって転校してきた幼馴染の山田と再会した僕は、学校の人気者になった彼女と付き合ってい…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:24人
いいね
投票:82人
文章が上手
投票:25人
続編希望
投票:83人
お気に入り
投票:23人
名作
投票:11人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:248ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 2回
  • 34回
  • 200回
  • 3,180回
  • 6,330位
  • 3,542位
  • 2,794位
  • 3,768位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • 165Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 2,243位
  • 427位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]