【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 3 分で読了)

中学時代、学校のトイレでオナニーしていたら幼馴染の女子にバレてしまった話2

投稿:2023-12-04 06:38:48

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆IRYSiUA
前回の話

アラサーになりましたので今までの性の遍歴を振り返りながらこの話を書こうと思います。これは、今から十数年前僕が中学3年生の頃の話です。先に明かしておくと僕はこの話に出てくる幼馴染の女子と結婚することになるのですが、彼女との初体験は少しだけアブノーマルなシチュエーションでした。その彼女とは今…

彩は僕と同級生で家も近く幼稚園からの幼馴染。親同士が昔からの知り合いで家族ぐるみの付き合いをしている関係でした。

バレー部だったので背は170cmあって、胸もDカップ以上はあったと思います。僕を一番に可愛がってくれる姉のような存在でもありました。

性格も合うし、話も合う、彼女に少しSっ気があるところは唯一苦手(かく言う僕はMなんですが汗)でしたが、一番仲の良いの友達でした。

「翔ちゃんこんなところで何してたの?」

僕はもちろんオナニーをしていた事なんて言えるはずも無く、またバレているとも思わず、

「家に帰る前にトイレ寄っていただけだよ。」

と答えました。すると、

「なんかあっ、あっ、って声が聞こえたんだけど…」

僕はドキッとしました。

「それは、便秘だったから気張ってたんだよ。」

何とか誤魔化しました。しかし彩は、

「正直に言って、オナニーしてたんでしょ?」

彩の質問攻めに冷や汗が止まりません。

「何を言ってるの?そんな訳ないじゃん!」

彩は続けて僕を攻め立てます。

「最近、放課後にこの後一緒に勉強しよって言っても断って何故か誰もいない北校舎に寄って行ったり」

「昼休みにトイレに篭っていることも多いし」

「なんおかしいと思って今日翔ちゃんのあとを付いていったら私見ちゃったんだよね。」

僕は反論も出来ず、

「何かの勘違いだよ!僕はただ大便をしてただけなんだよ!」

「翔ちゃん、和式の方って下に隙間空いてるでしょ?私そこから覗いたの。そしたら翔ちゃんが自分のモノをシゴいてるのが見えたんだよ?」

僕の必死の誤魔化しも完全に詰みです。

彩は最近何故か北校舎のトイレに向かう僕を不審に思ってあとを付けたら、喘ぎ声が聞こえて、僕がオナニーをしているその瞬間を覗いてしまったのでした。

僕は誰にも話さず隠していた性事情が一番の仲の良い幼馴染の女子にバレたことで頭が真っ白になっていました。

少しの間の後

「翔ちゃんもやっぱりそういうことするんだね。てっきりまだピュアだと思ってた。やっぱり気持ちいいんだ?」

「う、うん。僕おかしいよね。最近すごい性欲が我慢できなくて…」

「おかしくなんかないよ!私もムラムラしてオナニーする時もあるし…ただ学校のトイレでしてるのは流石にビックリしちゃった笑」

「毎日してるの?」「家では3回とか4回…」

「いつからオナニーしてるの?」「小6くらい?から…」

こんな質問が繰り返されてから、

「もう1回、それ見せてよ笑」と彩が言いました。

僕は想定外の質問にノーともイエスとも言えずもごもごしていると、彼女に手を引かれさっきまで隠れてオナニーをしていたトイレに連れ込まれました。

彩は今までみんなに隠してきた僕の性事情やナニに興味津々のようでした。

「ほら、もう1回見せてよ。」

「恥ずかしいよぉ…彩ちゃんにそんなの見せられないよ…」

「ほら、ちょっとくらいいいじゃん!」

そう言って彩は、恥じらう僕のベルトを緩めズボンを下ろしペニスを露わにさせました。

華奢な身体にぶら下がっているのは、射精を終えたばかりでくたびれたペニスでした。

「昔と違って大きい…さっき覗いた時は少ししか見えなかったけど結構立派なんだね。でもまだこれ勃って無いんだよね?」

「うん。さっきしたばっかりだからしぼんでる。」

「ちょっと勃たせてみてよ笑」

「恥ずかしいよ…もうこんなのやめようよ。」

「私のも見せるからもう1回オナニーしてみてよ。」

恥じらう僕でしたが彩の勢いに押され彼女の前でオナニーをすることになりました。

彩は陰部を僕に見せ、僕は見てはいけないものを見せられている背徳感に興奮し、直ぐに勃起しました。

ペニスの大きさはその頃ですでに15cm近くあったと思います。(現在は18cmほど)

「興奮したらもっとデカいね笑」

15cmくらいではそんなに大きくないと思いますが、僕の小柄な身体に対してだとかなり大きく見えたのだと思います。彩はかなり興奮している様子でした。

「ほら早くシコシコしてみてよ。」

こう促され僕は対面する彩のアソコを凝視しながらブツをシゴき始めました。数十分前に一発出したばかりだったのでオーガズムに達するには少し時間が掛かりそうでした。

しばらくして彩は僕を壁側に向かせ

「私がやってあげる。」

と後ろから手を回り込ませて手コキをし始めました。

この時、僕は他人にアソコをシゴかれていることに猛烈に興奮し一瞬にして「ああっ!」と声を出しオーガズムに達しました。

本日2発目の精液は量こそ少なかったが、今までのどの射精よりも濃厚な精液が放出された感覚がありました。

壁に滴る精液を見て彩は

「すごい!これが射精なの?やっぱり白いんだ。」

「彩ちゃん、やっぱり恥ずかしいよ…」

「これまだできるの?」

彩は射精する僕をみてさらに興奮し、ペニスを萎えさせまいと手コキを再開しました。「」

この話の続き

「やめて!もう出ないよ彩ちゃん!」僕は必死にやめて欲しいと懇願しますが、彩の手コキに負け、萎えかけたペニスはまたぐんぐんと勃ち始めました。「あっ、あああっ」前の射精で魂が抜け切った僕は彩の手コキに耐えられず、腰が抜け膝から崩れ落ちました。サド心に火がついたのかそれでも彩はやめませんで…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:1人
いいね
投票:4人
文章が上手
投票:1人
続編希望
投票:3人
お気に入り
投票:3人
名作
投票:1人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:13ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 5回
  • 45回
  • 142回
  • 4,253回
  • 3,135位
  • 2,637位
  • 3,941位
  • 2,576位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 10Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 5,742位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]