【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

官能小説・エロ小説(約 7 分で読了)

【評価が高め】妻が浮気をしたので、晒し物にしてお仕置きをした

投稿:2023-12-01 23:33:57

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

DanDan◆USIFFpA

妻が、浮気してしまった。

相手は同い年の30歳で、高校時代の元カレだった。

同窓会へ行った妻は、その晩持ち帰られて帰ってこなかったのだ。

そのあともちょくちょく遅くなる日が続いたので、問い詰めると泣きながら白状したのだ。

僕は妻と別れるつもりはなかったが、少しお仕置きしてやろうという気になった。

どうしてやろうかと考えたが、あまりひどいことはできない。

僕は、週末の土日の時間に、妻を向かいのマンションに晒してやることを思いついた。

僕たちの住むマンションは、向かいとの距離がやや近く、レースのカーテンをしないと丸見えになってしまう。

僕はベッドをリビングの窓際ギリギリへ移動し、素っ裸の妻をM字に拘束した。

「ああ。あなた。お向かいから全部丸見えてるわ。恥ずかしいところが・・ねえ。許して・・」

妻はよがりながら許しを乞うが、僕は許さなかった。

これはお仕置きなのだ。

僕は三脚にビデオカメラをセットして、妻の様子の録画を始めた。

すると早速、お向かいのご主人が洗濯物を干しにベランダへ出てきた。

妻はそれを見て、小さく叫んだ。

「ねえっ。あなた。見られるわ。あの人こっちを向いてる・・」

実際は窓の反射があって、遠くから見えているかどうかはわからないが、妻は見られている気になっている。

「ああっ。ダメ。向こうの人も・・どんどん出てきてる。あなたっ。シャレにならないわ。早くほどいてよっ!バカっ!」

妻が半ギレになったのにカチンとした僕は、メイクで使うやわらかいブラシで、妻の乳首の周りを円を描くように撫でてやった。

「あっ、あーっ。やめてったら。あなた、そんなことしてる場合じゃ・・」

僕は30分以上妻の乳首をメイクブラシでいたぶった。

「ダメっ。ダメ―。いくっ!・・またっ!また乳首逝くうっ!」

妻は何度も大声で叫び、何度もカラダをのけぞらせた。

「はあっ。はあっ・・さっきからもう何回も乳首でイッてるの。お願い、もうゆるして・・」

僕は窓の外の様子を妻に伝えた。

「なあ。お前がいまイッてるの、向かいのベランダから大勢見てるぞ・・」

「ぐっ・・くうっ!!」

その瞬間、何も言わずに妻はビクビクっと震えて、腰を上下にバウンドして潮を吹きながら上り詰めた。

それからトイレと食事以外は、ずっとベランダに向けて股間を開いた妻を放置し続けた。

「ねえ。あなた。さわって・・。乳首でもアソコでもどっちでもいいの。このままじゃおかしくなるわ。」

しかし僕はまだ妻に触れるつもりはなかった。

「あそこにずっと見てる人がいるの。きっと気づいてるわ。わたしのおまんこ、ずっと見られ続けてるの・・」

妻が自分で肛門に力を入れたり抜いたりするのにつられて、おまんこが開いたり閉じたりしている。

そのたびに白い愛液がどくどくと出てきていた。

かれこれ4時間以上拘束したので、そろそろ妻の体力も限界だろう。

「よし。今日はもう終わりにしよう」

妻は僕を驚いた表情で見つめた。

「えっ?・・逝かせてくれないの?。こんな状態じゃわたし・・」

僕は冷たく突き放した。

「また明日な。それと・・自分でするの、絶対禁止だから。もししちゃったら、明日は窓ガラスを開けて、みんなの前で足を開いてもらうよ」

窓ガラスを開けると、おそらく妻のアソコは、向かいのマンションから手に取るように見られてしまうだろう。

「もう。あなたってひどい人ね・・」

妻は自分の浮気を棚に上げて、自分勝手な言い方をする。

もう少し教育が必要のようだ。

明日はもっと過激なお仕置きをしてやろう。

そう思って僕は妻の拘束を解いた。

そして夜になって、とつぜん声がしたような気がして、僕は目が覚めた。

「あっ。くうっ・・」

すると、リビングに置いた妻のベッドから、喘ぎ声が聞こえていた。

そっと見てみると、潮を飛び散らせながら、おまんこに指を激しく出し入れしている。

「イクうっ・・」

声を押し殺してはいたが、しっかり逝ったところを動画に収めた。

そして僕が翌朝起きると、ハダカのまま寝させていた妻は、大股開きのまま口を開けて眠っていた。

朝食を作って妻を起こすと、彼女は外から見えていることを思い出して、あわてて股を閉じた。

「おはよう。昨日の夜はよく寝れた?」

妻は少し動揺した。

「も、もちろんよ。何もしてないわ。もしかして疑ってるの?バカじゃない?」

僕は、スマホを取り出し、妻が自分で昇天する動画を見せた。

妻は正座をして、

「スミマセン。自分で出し入れして逝きました。でも仕方ないじゃない。もう狂いそうだったのよ」

と開き直った。

「じゃあ始めようか。拘束するぞ」

妻は抵抗した。

「もういやーっ、こんなの。許してー。お願いっ、助けてー!」

しかし、妻は昨日と同じように股間を広げてM字に拘束されてしまった。

「じゃあ約束だ。」

ついに僕は窓を全開にした。

すると、ちょうどベランダにいた高校生と、僕たちの目が合った。

「イヤっ。見えてるよね。あの子、わたしのアソコ見てるよね?!」

するとそのあと、何人かの男性がベランダに並び始めた。

「ああっ。あっちの人も、みんなで・・だめえっ。わたしもう見られてるだけで・・」

そこで僕は、大型のバイブを取り出した。

「イヤーっ。そんなの。わたしが悪かったわ。もう許してーっ・・」

しかし、僕は妻のおまんこの奥まで、一気にバイブを突っ込んだ。

「ヒィーッ!あああーっ!!・・あうっ、おおーっ!」

妻の大きな叫び声に、妻はさらに多くのベランダにいる男性たちから注目を浴びた。

「あああっ!逝くうっ。ダメ!助けてっ。見せないでーっ!いくっ。いくうっ!!」

妻は腰をのけぞらせ、円を描くようにグラインドさせて絶頂を迎えた。

そして、僕は別の電動ディルドをコンセントに繋ぎ、妻のおまんこの中に押し込んでしっかりと固定した。

「あああっ!これはダメ。いま逝ったばかり・・ああっ。ああっ!また逝くうーっ!!」

妻がふたたび上り詰めたところで、僕はいったん妻から離れて、様子を見ることにした。

「ハアっ。ああっ」

妻は外のベランダにいる男性たちを見ながら、腰を動かしている。

乳首が固く尖っているが、妻はそこに触れることができない。

「うぐうっ!」

妻の股間が痙攣し、また潮が大量に噴き出した。

しかし僕は少し眠くなってきた。そういえば昨夜は妻のオナニーを録画したりで、ろくに寝ていない。

僕は寝室に戻り、自分のベッドに倒れ込んで寝てしまった。

・・「あなたー。助けてーっ」

遠くから声が聞こえた気がした。

しかし、深く眠っていた僕は、ふたたび眠り込んでしまった。

「ヒーっ。ああっ。狂っちゃうっ」

また遠くから声がした。

うるさいなと思っていると、だんだん目が覚めてきた。

ああ、そうだった。妻をそのままにしていた。

僕は時計を見た。

あれから2時間も経ってしまっていた。

リビングに入ると、妻が激しく暴れていた。

「おおーっ。ぐおあーっ!」

妻は獣のような叫び声をあげている。

ベランダの外を見ると、30人以上の男性が、股間に手を当てて動かしながら妻を見ていた。

「おい、大丈夫か?。寝てしまってた」

妻の首元に手を置くと、

「はううっ!」

と叫んで逝ってしまった。

乳首に触れると、

「あひいっ!」

と叫んでまた痙攣した。

股間を見ると、ディルドが動き続けていて、真っ赤になったおまんこから、精子のように真っ白な液体が、ベットの上に洪水のように溜まっている。

ドス黒いディルドを抜き取ると、ゴボゴボっと音を立てて、まるで中出しされた精子が出てくるように、愛液がとめどなく溢れ出した。

「あなたっ。オシッコ。うんちも出そうなの。早くしてください。お願いーっ」

僕は急いで洗面器とバスタオルを持ってきた。

「あなたっ。違うの。トイレよーっ。トイレに行かせてーっ。みんな見てるわ。こんなところで恥をかけない!」

しかし僕が妻のアソコに洗面器をあてがうと、

「ああっ。ダメ。だめえーっ、出るっ!」

と叫んで、一気に全ての排泄物を吹き出してしまった。

「おおーっ」

外から歓声が聞こえた。

妻のお尻を拭き取り戻ってくると、妻は弛緩して半笑いのまま、ぐったりして涙を流していた。

「ゴメンなさい。もうしません。一生あなたの言う通りにします。これ以上恥を晒すともう生きていけません。」

しかしまだ僕は許す気にならなかった。

僕はベランダに出て、

「みなさん。家に来ませんか?妻を犯してやってください。カギは開けてあります。」

僕の呼びかけに、10人ほどの男性が集まってきた。

「あなた・・正気なの?」

そして、僕は一人の男から鍵を借りて、向かいのベランダから妻を眺める事にしたのだ。

男たちが一斉に妻に群がっている。

妻はM字に拘束されたままで、乳房を揉みしだかれて乳首を舐められた。

首を激しく左右に振っている。

「ああっ。いやっ!やめてーっ、誰か助けてーっ!」

次に妻の腋の下とアソコを2人が舐め始めた。

「ああっ。恥ずかしい。わたしもうずっと汗だくで・・やめて!くすぐったいの!おかしくなるってー!ああっ。ダメっ。気持ちいいっ!」

10人がかわるがわる妻にむしゃぶりつき、やがて1人の男性が、妻のおまんこに肉棒を差し入れた。

「あぐうーっ!ああっ逝くっ!」

妻はひと突きで瞬殺されてしまった。

そのまま男性が強烈にピストンする。

「ああっ、ひーっ。いま逝ったのっ。まだダメっ。ああっ、また逝くったらあ。ダメーっ!あううっ!逝くっ!」

すると男性は我慢できずに、妻の中に放出してしまった。

「えっ、中に出てるっ。出てるってーっ!抜いてーっ!」

男性が肉棒を抜くと、妻のおまんこから大量の精液が溢れ出した。

「ああ、もう・・どうにでもしてっ!みんな順番に中にちょうだい。奥に出してーっ!」

その言葉を合図に妻は拘束を外され、一斉に代わる代わる何度も犯され始めた。

「ああっ、もう狂うっ。おかしくなるっ。あなたーっ。気持ちいいのっ。みんなあなたのより大きいわっ。固くて太いの。ああっ大きいの来たっ。また逝くわっ。ああっ、アタマがおかしくなる。逝くっ!ああっイクっ、ああっ逝くうーっ!・・おおうっ!あぐうっ!・・かはあっ!」

そのあと妻はかれこれ2時間以上、かわるがわるに犯されたあと、力が抜けて動かなくなってしまった。

男性たちが引き揚げたあと、僕が部屋に入ると、強烈な男と女の匂いが立ち込めていた。

そしてそこには1人3万円として、10人分の現金と、グループメールのアドレスが残されていた。

「ああ、あなた。ごめんなさい。反省しました。あなたの言う通りにします」

僕は妻に聞いた。

「気持ちよかったのか?」

妻は一瞬目を伏せ、小さな声でつぶやいた。

「気持ちよかったの。気が狂っちゃった。今度はあなたの前で犯されるわ。あなたのじゃないおちんちんで逝きまくるの。あなた、またお願いね」

僕は内心小躍りした。妻を寝取らせる愉しみと、毎月相当な収入が得られる。

結局僕は月に3回、妻をグループに抱かせる事にした。

妻は今日も僕の目の前で、大勢に囲まれて喘ぎまくっている。

僕はグループの男性たちと一緒に妻を犯した。

妻はもう訳がわからなくなっていて、おそらく僕が加わっていたことも覚えていないだろう。

もっと回数を増やそうか。

妻の浮気から始まり、僕はとんでもなく幸運を手にしたのだ、と思ったのだった。

この話の続き

僕の妻の浮気がまたもや発覚した。知り合いから目撃情報が寄せられたのだ。前回は窓際に拘束して、正面のマンション住人に視姦させたあと、多くの男性に輪姦させてお仕置きをしたのだが、懲りなかったようだ。どうしてやろうかと考えあぐねた結果、僕はよく猿が出現するという近郊の山へ妻を連れて行ったのだ。…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:13人
いいね
投票:32人
文章が上手
投票:12人
続編希望
投票:37人
お気に入り
投票:12人
名作
投票:6人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:112ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 15回
  • 241回
  • 701回
  • 4,369回
  • 790位
  • 340位
  • 729位
  • 2,477位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 10Pt
  • 75Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 409位
  • 1,434位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]