成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 5 分で読了)

【高評価】傷心旅行に一緒に着いてきた同級生の女の子。 4年後…

投稿:2023-11-03 00:58:20

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

名無し◆JQd4VgU
最初の話

「別れて欲しい」そのメールが終わりであり、始まりだった。1年前の高3の7月。クラスメイトの莉穂と付き合うことになった。付き合って1ヶ月でファーストキス。3ヶ月目で初体験を済ませて、順調に愛を育んでいた。1つ、懸念があるとすると大学の志望校を決めていて俺は地元から車で2時間…

前回の話

遥菜はSNSで俺達が遊びに行った時の事をアップしていた。友達からは驚きの声や祝福の声を多数貰ったが、蓮斗と莉穂からは何も無かった。俺も蓮斗とは仲良かったけど連絡を取らなくなった。まぁ、莉穂を寝盗られた訳だから、俺に連絡を寄越してくることはなく、もし連絡が来ていたとしたら、それはそ…

長めのボブヘアーは亜麻色の背中までのロングヘアーに変わり。

幼さの残る童顔は少し大人びた印象を与え、細くなったというよりも引き締まった身体は女性特有の丸みも残していた。

4年経った童顔美少女の遥菜は大人の女性へと成長した。

「懐かしいね。これ、あたし達が付き合った頃の写メだよ!」

「たかに顔もだけど、身体も一目瞭然だよな!」

大学1年の頃はパットを入れて誤魔化していた胸は2~歳まで成長した。

今では自然と谷間の出来る大きさになり、BからDカップへの奇跡の成長を遂げていた。

「んふっ♡まぁ、莉穂には適わないけどねぇ」

「十分だろ。カタチや小さい乳輪は遥菜の勝ちだぞ!」

胡散臭いと思っていたけど、オイルを使って揉んだりマッサージをしてあげた事も効果の表れかもしれない。

遥菜の親に挨拶に行った時にお母さんとお姉さんの胸が大きかったからワンチャンあるかとも思った事もマッサージを継続してあげた要因だろう。

家族がみんな胸が大きかったら、パットも付けたくなるんだな。それは理解することが出来た。

色んな事を調べてた遥菜自身の努力もあったと思うし。

別にBカップでも構わないんだが、大きくなって喜ぶ遥菜を見ていたら俺も嬉しくなったし結果は良かったと思う。

「おっパイの下が蒸れちゃった」

「拭いてやるか?」

「うん♡」

嬉しそうに言うけど……

高校の時に莉穂の下乳をいつも拭いてあげた…とは言えない。

「あん♡気持ちいい♡♡」

でも、まぁ喜んでるしいいか。

「そうそう!今日ね、龍臣の実家から牛肉送って貰ったからすき焼きにしようね!」

「たまには鍋を突くのもいいな!」

妊娠騒動があってから、お互いの親とも良好な関係になり、結婚する前に同棲をした方が良いとお互いの両親の勧めで20歳になった時から引越しして一緒に暮らすことになった。

同じ高校で地元も同じだから親同士も仲良くなった事が1番の要因だ。

殺風景だった俺の部屋と比べると今は女の子の部屋の色の方が多いかもしれない、てか多い。

ぬいぐるみが置いてある事は勿論だが。

脱衣場で歯磨きをする時には俺の横には常に遥菜の下着が干されてぶら下がっている。

特にブラのサイズが大きくなった時はブラジャーが良く吊るされていた……

一緒に暮らすようになり、前までは常に一緒にお風呂に入っていたが、お互いバイトで遅い時は別々で入る事が多くなった。

まぁ、結婚の予行練習も兼ねて俺がばいとに多く入って遥菜が家事をメインでやってるから必然的に俺が遅くなるんだが。

「ただいまぁ」

「おかえり!今日もお疲れ様でした!」

同棲して2年経っても遥菜は必ず玄関まで出迎えてくれる。

気が付いたらどんな時でも……

「今からお風呂に入ろうと思ってたんだよねぇ」

「服脱ぎかけだろ……」

白いキャミソールには赤いブラジャーが透けていて、キャミソールの裾には無毛の縦割れが隠されずに晒されていた。

「だって、パンツ脱いだ時に鍵の開く音が聞こえたんだもん!」

「だからって……もし誰か連れてきてたらどうするんだよ!」

「そうゆう時って事前に教えてくれるでしょ?」

「まぁな」

「それより一緒に入ろうよ!週5でバイトしてるんだから全然一緒に入れないでしょ。せっかくだし浴槽にお湯入れるね!」

「うん、じゃあ俺も準備するかな。明日ゴミの日だろ?着替える前に捨てて来るわ」

「うん、今持ってくるね」

「うん、ありがとう。てか冬で寒いんだから服着たら?」

「パパが暖房代はケチるなよって言ってくれたから暖かくしてるよ!」

そう言いながらホックの外れたブラジャーを器用に脱ぎ始めて、以前とは違ってキャミソールは見事な

もちろん、相変わらず薄桃色の綺麗な乳輪に小さめの乳首がうっすらと浮かび上がった。

軽く頭をなでると嬉しそうな顔をすると同時に張り切ったキャミソールから乳首がプクりと立たせた。

しゃがみながらゴミ袋を結ぶ姿は女の子らしからぬ姿で股を開き電気の光は割れ目から溢れた愛液によって反射された。

ゴミを捨て終わりお互いの身体を洗って浴槽にお湯が溜まり温め直している間に少しの時間が出来た。

座って俺の足の間に座らせて振り向かせてキスをした。

遥菜の右手は俺のちんぽを握り、俺が手を動かすと自動的に遥菜は股を開いた。

クチュクチュとキスの音が響き、指がヌルッとした割れ目に入っていくとキュッと締め付けられた。

いつもなら、そのまま奥を攻めるのだが、大学生の男子は下ネタを話すことも多く……

それを実践しようと思う。

第2関節まで抜いて指を2本入れると遥菜の吐息が荒くなり絡めた舌が止まった。

「あっ……んっ♡」

手前をゆっくりと……そして徐々に激しく

「あんあんっ♡な、なんかはげしぃ……んっ♡」

クチュクチュと今度は溢れ出す愛液の音が響き渡り……

「だめっ、、、もぉ……やだっ、だめぇ!!!」

支えている遥菜の身体がビクッとしたが構わず指を上下に動かした。

友達にそう聞いたから。

そして……

ピュッ……ピュッピュッ……

「いやぁぁぁ」

愛液?おしっこ?

いや、潮が吹き出してきた

それでも止めず、潮が終わるまで手を止めなかった。

何度もイッタのだろう。

終わる頃には遥菜はぐったりとして、俺のちんぽを咥えると……

「いてっ!!」

噛んだ……

「恥ずかしいことさせるから……」

「気持ちよくなかった?」

「えっ……気持ちよかったけど……もぉ、知らない!!」

相変わらず可愛い彼女だ。

ご飯の時はちょっとムッとしてたけど……

それもベッドに入ったら可愛くしおらしく、股を開いて可愛い声をあげるようになる。

布団の中でゴムを外してきっちりと舐めて掃除をした後はゴムを咥えて顔をひょこっと出してきた。

「ズズズッ……ゴクッ。」

妊娠騒動以来、ゴムは必ず使ってる。

ある時、布団を捲るとゴムの中の精子を吸って飲んでる姿を見つけた。

それ以来、俺の前で普通にゴムの中身を吸うようになった。

「昨日してないから今日は濃いね!」

「まぁな。生理不順で病院に行くって言ってたよな?」

「うん、冬は2ヶ月とか生理来ない事があるからね。なんでもなかったよ!そうそうピル貰ったから明日からは生でも出来るよ?」

「まじ?でも、しちゃったらピルが無くなっても生でしたくなるだろ」

「むぅ...たしかに」

「そういえば、産婦人科でもこんなに濡れるのか?」

「はぁ?なんで!!?濡れるわけ無いじゃん!」

「あー、女医さ……」

「先生っておじさんだよ!?」

「えっ?女医さんじゃないのか?」

「痛くない所って聞いてたから」

「痛いの?気持ちよくないのか?俺が触ったら気持ちよくなるだろ?」

「バッカじゃない?気持ちいい訳ないでしょ!ほんと男って……」

「あ〜、そう言うってことは蓮斗にも同じこと言われてたのか……」

「まぁ……」

「男なら気になるからな」

「あの頃は……ねぇ...俺も見てないのに!って言われてた」

「もしかして、処女の時?」

「え、うん...その日で産婦人科の痛さと初体験の痛さを体験した...」

「産婦人科とは触り方違うんだろ?」

「うん、中とお腹で子宮を挟むようにするんだよ?気持ちいい訳ないでしょ」

「そりゃ痛そうだ。」

「ねぇ、なんで立ってるの?」

「あっ、、、」

「もぉ、ゴム付けるよ?」

「おう!」

俺たちは相変わらずラブラブだ。

医者にマンコ見られた?

痴漢された?

パンツ見られた?

飲み会に男子がいる?

喧嘩して万が一別れる事があったとしても。

色々な感情はあるけど、心配はしていない。

必ず最後には遥菜は俺の元に戻ってくるし、他の男に興味はないと思う。

これは余談だが

処女は蓮斗に奪われてるが。

お尻の処女は俺が頂いている。

翌日に軟膏を塗ってあげたのは言うまでもないが。

小さなケンカはよくあるけど。

大きなケンカは未だにないって事はお互い信頼しあってるからだと思う。

この話の続き

20歳になり俺たちが同棲を初めて間もない頃。満員電車の中。遥菜と抱き合いながら俺の手は遥菜のお尻を触っている。なぜか?それは前日に遥菜が友達と買い物に行った帰りの電車でお尻を触られるという痴漢にあったと聞いたからだ。それなのに今日も満員電車に乗ってる理由は2人で暮らす…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:24人
いいね
投票:82人
文章が上手
投票:25人
続編希望
投票:92人
お気に入り
投票:25人
名作
投票:9人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:257ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 11回
  • 35回
  • 195回
  • 8,444回
  • 1,143位
  • 3,192位
  • 3,058位
  • 855位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 5Pt
  • 165Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 1,299位
  • 447位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]