【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 3 分で読了)

全ての始まりはトイレから聞こえてきた嬌声でした

投稿:2023-08-30 16:53:29

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

K◆MoARSHU(10代)

俺の高校の旧校舎には男女共用のトイレがあった。数十年前に建てられた校舎だったので和式しかなく、そもそもあまり使われない特別教室棟の端にあったので男女共に使う人はあまりいなかった。

秋頃だったと思う。その日の放課後、俺は昼間に物理室に置いてきてしまったであろうメガネケースを探しに旧校舎に来ていた。

秋の日は釣瓶落としとはよく言ったもので、16時過ぎだというのに旧校舎は薄暗く、静まり返っており、不気味な様子だった。

早々にメガネケースを見つけた俺はさっさと帰ろうと物理室を出た。すると、誰かの苦悶するような声が聞こえた。

声の出処は例のトイレだった。最初は誰かが腹痛で篭ってるのか、はたまた泣いてるのかと思って近付いて行ったのだが、トイレまで来ると嬌声であることが分かった。

そうとなればやることは一つ、声の主を突き止めることだ。俺はそーっとトイレの中に入った。中は電気が点いておらず、30cm四方程の磨りガラスの窓から差し込む夕日で淡い橙色に染まっていた。

俺は音を立てないように細心の注意を払って扉の閉まっている個室の隣の個室に扉を閉めずに隠れた。

その後も嬌声は絶えることなく続いていた。覗きたいのはやまやまだったが、このトイレはたまにしか掃除がされないようなトイレなので、顔を床に近付けるなんてことはしたくない。

やがて声の主の呼吸が荒くなり、指の動きも早めたのだろうか、くちゅくちゅという音もはっきりと聞こえてくるようになった。

どうやら絶頂が近いようだが、このままでは顔を見ることができない。絶頂を間近で聞けないのは惜しいが、背に腹はかえられない。

俺はトイレの外で声の主が出てくるのを待ち、さも偶然居合わせたかのように廊下で合流することにした。

物理室はトイレから旧校舎の出口までの途中にあり、2つの距離は6、7m程だったので、俺は物理室で待つことにした。

やがてトイレを推薦する音が微かに聞こえ、女子生徒のローファーが硬い廊下をコツコツと歩く音が近付いてきた。

俺は、どうかブスやデブではありませんようにと祈りながら物理室を出た。

「あっ、Kくん」

「ん、Sさん?」

白々しく声のする方へ顔を向けると、そこに居たのは同じクラスのSさんだった。勝った。完全に勝った。

Sさんはマドンナという程ではないが、部活に打ち込む活発なタイプで、しっかり者ぶっているが、少し天然でいつもバタバタしているという性格が男子からそこそこ人気な女子だ。

なによりも、顔が清原果耶に似ていて俺のドタイプだった。こんなに可愛いのに学校のトイレでオナニーするような変態だったのかという驚きを俺は必死に隠した。

「何してたの?」

「昼間に物理室にメガネケース忘れちゃったから取りに来たんだよ」

「そうなんだね、見つかった?」

「ほら、お陰様で笑」

「何もしてないよ笑」

「ああ、そうか笑」

「Sさんは?」

「あ、うん、私も……昼間にトイレにハンカチ忘れちゃってね、ほら!」

彼女はポケットからハンカチを引っ張り出した。すると同時にポケットからペンのような物が落ちた。

「あっ」

俺は足元に転がってきたそのペンのような物を拾い上げて彼女に返した。

「はい」

「ありがと、じゃあ私、急いでるから行くね」

「うん、気をつけてー」

彼女は軽く手を振ると廊下を走っていった。

彼女が落としたペンは心做しか少し湿っていたように感じた。

それがハンカチの水分ではなく、彼女がペンを洗わなければいけなかった理由があったのだということを俺は後に知ることとなる。

この話の続き

クラスメイトのSさんが放課後に旧校舎のトイレでオナニーをしていたのを知ってから初めての休日が訪れ、俺はある人を家に招いた。俺の幼馴染でSさんと同じテニス部に所属している里香だ。クラスメイトとはいえ話したことがある程度のSさんの情報を聞き出そうという魂胆だ。「そういえばテニス部ってどー…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:2人
いいね
投票:8人
文章が上手
投票:1人
続編希望
投票:29人
お気に入り
投票:4人
名作
投票:1人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:45ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 3回
  • 5回
  • 30回
  • 4,478回
  • 5,191位
  • 10,741位
  • 10,085位
  • 2,383位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 16Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 4,755位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]