【現在31,395話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

官能小説・エロ小説(約 5 分で読了)

公園で子供用のトンネルに挟まれて、動けなくなった妻が好き放題にされた話

投稿:2023-08-30 06:54:31

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

DanDan◆USIFFpA

ある夏の日、僕たち夫婦は近くの公園に3歳の子供を連れて行きました。

そこには幼児用の樹脂でできた、まだ新しいトンネル遊具があります。

地面に沿っていくつも出入り口があったり、煙突みたいな上に登る出入り口があったりする、比較的規模が大きいものでした。

基本的にトンネルは大人の人が入るには微妙な大きさです。

入れないわけではないのですが、上に行こうとしたり、分かれ道を斜めに進もうとするとつっかえてしまいます。

しばらく子供を遊ばせていると、中からウチの子供の泣き声が聞こえました。

「おい、どうする・・?」

僕は妻と顔を見合わせました。

「カラダが小さい私が行ってみるわ」

そう言って、妻がトンネルにもぐりこんで行きました。

今日は油断していたのか、ひざ上のフレアーミニを履いていた妻は、ビキニショーツが食い込んだお尻を丸出しにしながらトンネルを進んでいきます。

途中で妻の声がしました。

「あなたーっ。やっぱりだめ。つっかえたー!」

息子はすでに、反対側から入った年上の子に救出されました。

妻がつかえてしまったところは、ちょうどトンネルの樹脂が透明になっている部分です。

まだ新しいので、妻のめくれてしまったスカートや、ヘンな姿勢で動けなくなっているアソコの部分が、外からキレイに丸見えでした。

よく見ると、小さめのショーツがよじれて、ビラビラの中身が見えてしまっています。

「えーっ?あなた。もしかして見えてるの?恥ずかしいーっ!ダメっ見ないでよーっ!」

騒ぎを聞きつけて、人だかりができてきました。

「ダメ―っ。見えてるってー。集まってこないでー!」

隣のお父さんが、子供たちに言っていました。

「おい、お前ら中に入ってイタズラして来いよ」

すると数人の子供たちが、妻に向かっていろんな入り口からもぐりこんでいきました。

最初の子供が妻の顔の前にたどり着きました。

「ねえ、どうしたの?」

妻は苦しそうに答えました。

「あのね。胸がつかえちゃってるの・・」

すると子供は、

「じゃあ助けてあげる」

と言って、妻のブラトップTシャツを引っ張って、頭から脱がしてしまいました。

「ああーっ!そんなことしちゃダメ―っ!」

妻はまわりに集まっている人たちに、樹脂製の透明トンネルの中で、やや小さめのおっぱいを晒してしまいました。

「いやっ!見えてるの?ダメ―っ。みんなに見えてるってー。お願い。誰か―っ!」

妻は半泣きで叫びました。

「おかあさん、胸を引っ張ってあげる」

子供が妻の頭のほうから手を入れ、胸と乳首をつかんで、引っ張ろうとしました。

「あっ!ああん。だめ。引っ張っちゃダメっ」

子供は何度も妻の敏感な部分を引っ張り、マッサージをしているような状況になっています。

「ああっ!はあっ。だめん。そこは引っ張るところじゃなくて・・おっぱいなの・・」

すると、頭の横から子供が滑り込み、おっぱいを吸い始めました。

「はあん。だめん。いまは吸うときじゃなくて・・ああん。舌を使わないでえ・・」

しばらくそのまましゃぶられ続けて、妻が短く叫びなした。

「ああっ。ダメ。わたし変に・・くうっっ」

妻のカラダがビクビクっと震えました。

その場にいる全員が、妻が乳首で逝ったのだとわかりました。

「ああん。わたし恥をかいちゃった。お願いだから離れて・・ああまた!・・くっ」

妻は一瞬白目をむいて、子供の頭を胸に押しつけました。

すると、妻の下半身のほうへ2人の子供がたどり着きました。

「おねえさん、大丈夫?」

妻は息を荒くしながら答えました。

「あのね。そこはお尻がつっかえてるの・・」

すると子供は、

「じゃあ引っ張ってあげる!」

と言って、妻のビキニショーツをいきなり足から引き抜いてしまいました。

「ああーっ!ダメ―。見えちゃう!」

妻はおまんこを手で隠そうとしましたが、動きが取れません。

僕の妻は、透明のトンネルから、おまんこと、その中身を晒してしまいました。

しかも、おまんこはトンネルの壁にぴったりくっつき、愛液がべちょべちょと付いてしまっています。

「ねえ、あなた。もしかして全部見えてるの?・・ああん。わたしのアソコ見えちゃってるってーっ!」

すると子供が妻に言いました。

「ねえ、押してあげようか?」

妻はあわてました。

「ねえ、ち、ちょっと待って。ああーっ。そこはダメ。そこはわたしの・・押しちゃダメなところなのーっ!!」

子供は妻のおまんこに手のひらをつけて、一生懸命押そうとしていました。

リズミカルに力を入れる子供に、妻は感じているようです。

「はあん。だめん。ああっ!いいっ。」

徐々に妻の声が大きくなりました。

たぶんもう逝くのだと、その場の全員が思いました。

「ああっ。助けて。わたしまた・・だめっ。だめっ。あああっ!イクっ。逝っちゃうーっ!!」

妻は痙攣して大量の潮を吹きだし、子供の手がびしょびしょになってしまいました。

「ああー。ごめんね。わたし感じちゃって。はあっ。はあっ。ダメ、いま逝ったとこ・・みんな見ないで!ダメまたっ!イクうっ!」

妻はガンバって動きを止めない子供の手の動きに、もういちど上り詰めてしまいました。

「はあっ。はあっ。もうダメ。誰か助けて・・お願い」

すると、小柄な男性が子供に出てくるように言って、代わりに入っていきました。

「大丈夫ですよ。奥さん。お尻を押して、手を引っ張りますよ。せーの!。せーの!」

妻は恥ずかしそうにお礼を言った。

「ありがとうございます。・・あの、見えてませんか?」

下半身の男性が、少しおまんこを手で開きました。

「見えてますよ、奥さん・・もう大洪水です」

男性はそう言って、指を1本妻のおまんこに刺し入れました。

「ああん。ダメえっ。わたしまた・・ううっ!」

妻は男性の顔にも潮を吹きかけてしまいました。

そのまま3人はようやく、トンネルが大きく広がった広い部分にたどりつき、あと少しで出口です。

しかし、中の見えないトンネルからなかなか妻が出てきません。

「ああっ。ああっ。感じるわっ。もっと深く奥まで・・もっと舐めてあげます・・」

小さな声で喘ぎ声が聞こえます。

僕はトンネルの中で妻が肉棒を挿入され、もうひとりの肉棒を舐めている予感がしました。

「おうっ」「ああんっ!」

2人の声が同時に響き、しばらくしてようやく先に男性が出てきた。

妻は男性に手を引っ張られて、トンネルから顔だけ出しました。

「ああ、あなた。もうちょっと待って。まだ引っ張り出さないで・・ああっ。あと少しなの。はあっ。くうっ!うーーっ!!ああっ。ああっ。」

妻は何度も白目をむいて、僕の顔を見ながらガクガク痙攣しました・・・。

そしてようやく中から押し出されてきた妻は、一糸まとわないマルハダカでした。

「おおーっ。すげーっ」

まわりの男女が歓声を上げます。

妻はどこも隠す余力がなく、だらんと大股開きで膝を立てていたので、すべての男女に濡れたおまんこと、中からあふれている精子を晒してしまいました。

僕が妻を抱き上げると、息子が妻の服を差し出してくれました。

「ありがとう。ママは少し疲れたって・・先に車へ行ってるから、すぐ後でおいで。」

僕はそういって妻を車に乗せ、そのまま妻の中にはち切れそうな肉棒を刺し入れました。

「おうっ。中に出すぞ」

妻は意識朦朧としたまま、僕の欲望をおまんこで受け止めたのでした。

僕はすぐに息子を車に乗せ、隠れて撮影していた動画を確認しました。

すると、スマホの画面の中で、妻がこちらを見ながら大声で喘いでいる姿が映っていました。

「帰ろうか。ばっちり撮れてたから、帰って一緒に見ようね」

そういうと妻は力なくうなずき、

「あなた。トンネルの中であの2人に中で出されちゃった。帰ってからもう一度お願い。わたしを滅茶苦茶に犯してね・・」

そう言って、運転席の僕に腕を回し、エンジンをかけた僕に激しいキスをしてきたのでした・・。

この話の続き

僕の住んでいる地域には、大型の公園があります。先日はトンネルの遊具で妻が恥をかきました。僕たちはよく子供を連れて遊びに行くのですが、特に息子が好きなのはローラー滑り台でした。かなりの距離があって、大人も遊べる優れものです。僕たちはいつも、子供を抱きしめて2人で一緒に滑り降りていました…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:14人
いいね
投票:25人
文章が上手
投票:10人
続編希望
投票:31人
お気に入り
投票:16人
名作
投票:4人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:100ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 17回
  • 93回
  • 5,340回
  • 0位
  • 6,272位
  • 5,664位
  • 1,773位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 73Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 1,475位
  • -位
※31407記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]