【現在30,898話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 3 分で読了)

英会話教室の先生のマンションでのこと

投稿:2023-06-05 16:05:06

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆MoUJRDk(30代)
前回の話

マイ。34歳で小学生の娘と息子と40歳になる夫と暮らしていて専業主婦です。ママ友のサキさん、37歳、私と同じ歳のご主人と二人の小学生の娘さんがいて、同じく専業主婦しています。上の娘が同級生で、ご近所ということもあって、夫、子供たちがいない日中にお互いの家を行き来して、お茶を飲んでおしゃべりす…

ジミーさんのマンションから逃げるように帰ってきた、サキさんと私。

その夜、ベッドに入りましたが、お昼の黒人男性3人とのマンションでのことが、頭に浮かんできて、なかなか寝つくことができませんでした。

ジミーさんの天井を見ているモノが、サキさんと私に近付くと私たちの顔と同じくらいの長さでした。裸の私に。

「ニギッテ。ホラッ」ジミーさんのモノを握らされると、私の拳の三つ分より長く、指がとどかない太さでした。私の口を無理に開かせると口の中に入れ喉の奥まできて。

「オェッ。ゲフォゲフォ。奥まで入れないでください!」飲んで食べていたものをもどしそうになり、涙目でジミーさんに言うと。

「ダイジョウブ。モウ、1カイ」ジミーさんのモノを握らされると、私の拳の三つ分より長く、指がとどかない太さでした。

「無理。無理です。入れないで!」お願いする私の口を開けると、私の頭の後ろを押しながら少しずつ口の中の奥へ、三分の二くらい入ったところで、私の喉の奥まできて両手でジミーさんの腰を押して、これ以上入れられないようにしました。息もできなく苦しくなると、ジミーさんが私の口の中から出して。

「ゲェ~。ゲェ~・・・ハァ~ハァ~」私は、嗚咽しながら大きな息をしました。

「そんなの。口に入りません!」サキさんがジョンさんのモノを口に近づけられて、大きな声をだしました。すると、ロバートさんが自分のモノを握りながら、サキさんの口元に。

「ロバートさんのは、口に入りそうね」そう言って、モノを握ると先の方を口の中に入れました。私がそれを見ていると、ロバートさんのモノがサキさんの口の中にドンドン入っていって、ほとんど見えなくなりました。サキさんは、私と違い苦しそうではなくて、顔を前後に動かし始めました。

ジョンさんが私のところに来て、太いモノを口に近づけてきました。500MLのペットボトルくらいで、とても口に入れることができないので。

「ノォ~。無理!」私が言うと、悲しそうな顔をしたので、両手で挟むようにして、手を動かしました。横にいたジミーさんに脚をつかまれて、仰向けにされて脚を開くと、モノを握って両脚の間に入ってきたので。

「イヤ~!絶対にダメッ。入れちゃ!」ジミーさんが驚いて、私から離れました。

「ウォ~!」サキさんの口の中に入れていたロバートさんがうなり声を上げると、サキさんの口の中からモノを出して、サキさんの首から胸のあたりにもの凄い量を射精しました。

射精した液体が裸のサキさんのお腹から下半身の毛の方に流れていきました。

舌で先の方を舐めながら両手を動かしていたジョンさんのモノがピクピクとすると、いきなり私の顔に液体がかかりました。

「キャ~!」思わず悲鳴を上げました。

残った、ジミーさんを寝かせて、サキさんがモノを口の中に、私は、太腿とゴルフボールくらいの大きさの玉を舐めました。ジミーさんがサキさんの肩をたたき、射精することがわかると、サキさんが口から出して、私と一緒にモノを握り、手を動かしていると、液体が出てきて、ジミーさんのお腹や胸くらいまで飛んでいきました。

3人の男性を満足させた私たちは、ティッシュで顔、身体を拭いて服を着て。

「さようなら」マンションから逃げ出すように、ドアから出ました。

家に帰る途中で、私はサキさんに。

「あんな大きいの。入りませんよね」するとサキさんが。

「入るわよ。だって、赤ちゃんが出てきたのよ。アソコから」何か自信満々で言いました。

「そうですけど。あんなに長いのは、私、怖いわ。突き抜けてしまいそうで」不安な私に。

「慣れるわよ。最初は全部入らなくても」サキさんに言われて。

「もしかして、サキさん。あの人たちと、エッチしたの?」首を振って、サキさんが。

「していないわよ。元カレ。大きかったのよ。始め、苦しかったけれど、何回かしているうちに全部入ったのよ」勝ち誇ったような言い方をしてから。

「マイさん。本当は、入れてみたいでしょう。あの大きいの」私は、すぐに返事ができずにいると。

「ほらね。興味、アリアリよね」確かに、男性たちのモノを握り、口の中に入れているときに、私の中に入ると、どうなのかな?気持ちイイのかな?そんなことを考えていました。

「その気になったとき、言って。ジミーさんに伝えるから」サキさんから言われて。

「ウ~ン。どうしようかな?サキさんは、どうするの?」心が傾きかけた私が聞くと。

「考え中よ」あっさりと言われました。

ベッドで、そんなことを考えていると自然と手がパンティの中にいって、指でアソコを触りながら、中に入れると。

「アッ。ウゥ~ン」指を中で動かしていると、声が漏れてしまいました。

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:0人
いいね
投票:4人
文章が上手
投票:0人
続編希望
投票:5人
お気に入り
投票:0人
名作
投票:0人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:9ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 1回
  • 11回
  • 67回
  • 2,822回
  • 8,663位
  • 8,119位
  • 7,214位
  • 7,864位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 4Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 8,257位
  • -位
※30910記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]