【現在30,898話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 3 分で読了)

評価:昨日89位

高校の同級生Sをオナぺにしたきっかけ2

投稿:2023-05-26 02:08:40

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

ニンニンゲー◆NmNgkIY(北海道/20代)
前回の話

俺の高校時代の話を書こうと思う。俺は普通に男女とも友達がいて毎日楽しく過ごしていたが、友達の一人のSのことをある日をきっかけに最上位ズリネタにすることになった。Sは運動部所属で黒髪でちょっとだけ癖のあるボブ、体は引き締まってて巨乳ではないけどちゃんとあるおっぱい。三年生になって同…

前回の続きを書いていこうと思う。

Sのいない隙に水筒、汗拭きタオルでオナった俺は、射精する前に我に返ってしまったのもあり再びSと二人きりになってギンッギンだった。そんな俺の状態には全く気付かないSは、

「水筒職員室に持ってけばよかった~!今日暑すぎない?」

とか言いながら俺のムレムレちんこを洗った麦茶をがぶ飲み。

飲み口には俺の唾と我慢汁が塗ってあるのにも気づかないようで、思いっきりおいしそうに飲むもんだからもう大興奮。

「暑い日の麦茶はたまんないよねえ」というセリフも、まるで「俺君のおちんぽおいしいよ♡」と言ってるようにしか聞こえない。

しかもさっきまでちんこに巻き付いてたタオルで腋だの首だの顔まで拭きながらである…。まるで全身にちんぽを擦り付けた気分だ。顔ズリ好きの俺にはたまらない。

挙句の果てには全くそうとは気づかずに

「なんか毛入ってたw髪の毛入れちゃってたかな」

とか言いながら舌を出して水筒に混入させたちん毛を見せつける始末。Sがちん毛を乗せた舌を笑顔で突き出していたシーンは、一生忘れないだろう。指でつまんだちん毛が唾液で糸を引いていたことも。

唾液で糸引いた俺のちん毛がかわいい同級生の口から出てくるのを見た俺はもう限界。

そのまま射精するかと思うくらい興奮していたが、必死に平静を装っていた。

「ほんと暑いよなー。もうちょっと作業してくっしょ?」

「もちろん!切りいいとこまではやって帰るよ♪」

その返事を聞きながら、俺は今日まだエロいことができるってことしか考えてなかった。

前回もちらっと書いたが、Sは作業中の集中力がすごいので、ひと段落するまで俺のほうを全然見ないのだ。

そして休日の教室には人は来ない。そこで俺はSが戻ってきた時からやろうとしていたことを実行に移すことにした。

壁際に座っているSの真後ろで作業するふりをしながらの生オナニーである。

「俺そこやるわーちょっと前出てくれる?」と言いながらSの真後ろへ。Sは「あーおっけおっけー」と全く疑わない。

するりとSの真後ろに立つと、俺はおもむろにちんこを出してしこしこ。

露出オナニーは初めての体験だったが、同級生の頭の上でしこっていると考えると思ったよりも興奮した。汗ばんだSのうなじを見ながらしこっていると、数秒で信じられないほど射精してしまった。

もうちょっとちんこを近づけて…とか、そんな余裕もなかった。

その時は手元にティッシュがなく、さすがにぶっかける勇気はなかったので手のひらに出したんだが片手からあふれそうになっていた。

もうこれだけで忘れられない一生物の思い出兼ズリネタなのだが、この日は最後にもう一つチャンスがあった。

俺が射精したザーメンを処理しようと棚のほうへ向かうと、Sが「ねえねえ俺君!ボンドとってー!ちょっと多めに!」

この時教室にあったボンドはチューブとかじゃなくバケツタイプ。使う分だけ段ボールとかトレーの上にとって使うタイプだった。

「ヘラは?いる?」と俺が聞くと、Sは「細かいの多いからいらない!手で塗るよー」と。

ここで俺はひらめいた。ボンドにこのザーメンを混ぜれば俺のザーメンをSに触りまくってもらえるんじゃないか?

ここでやめれるような冷静さは残っていなかった。

俺はボンドとザーメンをトレーに乗せると、混ぜ合わせて違和感がないようにして、Sに渡した。

「こんなもんで足りそう?」「うん!ありがとー!」

俺はまんまとSにザーメンを渡すことに成功した。

Sは全く気付くことなく、ザーメンボンドを指でとっていった。

その光景を見ながら、俺はまた勃起していた。あのSが、俺のザーメンを指でもてあそんでいるのだ。

またしこりたかったが、Sは壁際に戻ってしまっていたしSの体勢的にもバレるリスクが高くできなかった。

Sの手が俺のザーメンでべたべたになっていく。額の汗を拭いたときに、顔にザーメンがべったりと着いた。

「ごめん、ちょっとトイレ!」そう言って俺は教室を出たが、男子トイレでしこることは生理的にしたくなかった。そこで俺は隣の教室に入り、女子の机に向かって射精した。二回目なのに一回目と同じくらい出た。

この席に座ってる女子はNと言って、また別のオナぺの一人である。

その教室にあったティッシュでNの机を拭いてから教室に戻ると、Sがちょうど作業を終え手を洗いに行くところだった。「おかえり!作業終わったから手洗ってくるね!そろそろ帰ろ~」

Sの手は俺のザーメンにまみれ、頬にも一筋の擦り付けられていた。Sは気づいていなかったが。

ボンドと混ぜられているとはいえ、その時確実に俺のザーメンはSの頬の上にあったのである。

「顔にもボンドついてるよ?」というと、Sは照れながら「えっほんと!?すぐあらってくる!」と小走りで行ってしまった。

ぶっかけたらこんな反応すんのかな、というような表情だった。

どんだけしこらせれば気が済むんだよと思いながら、俺は帰り支度をした。

家に帰ってから思い出して5回抜いた。まだ性欲は収まってなかったけどちんこの限界が先にきてしまった。

このことがあってから、俺はSをオカズとしか見れなくなった。それだけでなく、学校でエロいイタズラ(直近オナニー、私物オナニーなど)をするようになった。

Nに関する話や後輩に関する話など、もっとエピソードはあるから希望者が多ければまた書いていこうと思う。

この話の続き

だいぶ間が空いてしまったが、高校での話の続きを書いてみようと思う。Sとのことがあってから、俺はもとから興味があった私物オナニーを日常的にするようになっていた。それまでも興味はあったが、やっぱり「ばれたらどうしよう」#ブルーって思いが強くて実行に移せてなかった。そんな俺の高校時代の私物オナ…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:5人
いいね
投票:11人
文章が上手
投票:3人
続編希望
投票:24人
お気に入り
投票:2人
名作
投票:1人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:46ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 6回
  • 54回
  • 219回
  • 5,856回
  • 3,210位
  • 2,080位
  • 2,698位
  • 4,058位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 22Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 3,915位
  • -位
※30910記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]