【現在31,517話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 6 分で読了)

女王夏海、後輩の処女を奪う(1/2ページ目)

投稿:2023-04-30 02:55:57

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

ナイトスター◆NXV2CTk(東京都/30代)
最初の話

もう10年ほど昔の話になりますが僕が高校3年の時の話です、うちの学年には女3人組の不良がいました。その3人組のボス、名前を夏海って女の子だったんですが、その子が3年になってからは夏海の天下になりました。1年や2年の女の子をランダムに目をつけつ2週間に1度ほど放課後に体育館に呼…

前回の話

前回の続編でもあり、学校の女王、夏海の普段の遊びです。高校3年、僕のクラスには誰も逆らえない不良女3人組がいました。ボスは夏海見た目はギャルですがスタイルも良く見た目は普通に綺麗です。そんな夏海の普段のクラスでやってる遊びです。基本的に夏海は後輩の女の子に…

続編です。

なので最初の投稿から見てもらうと内容が

分かりやすいと思います。

高校3年、うちのクラスの、いやこの学校の女王である夏海は2週間に1度、ランダムに選んだ後輩の女の子にいイチャモンをつけて放課後呼び出し、

20人以上集まる男たちの前で裸にして撮影させたりして楽しむとゆう遊びをしていました。

今回も

夏海

「放課後また恒例のやつやるから男子見にこいよ」

と男子に声をかけていました。

僕も何となく声をかけられたので、

とゆうか情報さえ知っていれば勝手に参加してよい感じだったのでその日も

放課後、体育館に向かいました。

着くと女王夏海と、

男子が20人ほど、しかし、取り巻きの2人と

生け贄の女の子の姿がありません。

こんな事は初めてでしたが僕らは待ちました。

すると夏海の携帯が鳴り、

何やら夏海が怒鳴っています。

ひと通り電話が終わると、

夏海

「悪いんだけど今日の生け贄が逃げて帰ったらしいわ、今日は無し、明日改めて開催するわ」

と言い帰っていきました。

そうです、ターゲットにされた女の子が

危険を察知して帰ったのでした、

こんな事は正直初めての事で、

夏海もただじゃおかねぇ、とかなり怒っていました。

そして次の日の放課後、

夏海

「今日は大丈夫だから体育館に集合で」

そしてなぜか、

夏海

「おい、吉野!今日はお前も来いよ」

とクラスいちの嫌われ者で見た目が気持ち悪い吉野君まで呼ばれました。

放課後、体育館に吉野君と向かうと、

いつも通りの不良女3人組と、男が20人ほど、

そしてその傍らに、

昨日逃げたのであろう2年の女の子が

泣きそうな顔で立っていました。

その子は生徒会の役員をしていて何度か見た事のある子でした。

髪の毛はボブぐらいの長さで、痩せ型

前髪がぱっつんで、

身長は平均より低めで、色は透き通るように白く、

芸能人の宮崎あおいに似ていて、

正直僕は1番タイプでした。

髪の毛が少し乱れていたので、

みんなが来る前に不良女子3人に結構つめられたんだと思いました。

夏海

「お真面目ちゃんが、私の呼び出しを無視したみたいで今日はしっかり教えてあげないとね」

と言うといきなりビンタを1発、

バチン!!

夏海

「とりあえずはやく全部脱げ」

女の子は言われた通り服を脱ぎ始めます。

ブラウスを脱ぎスカートを脱ぐと

上下セットの白の下着が露わになりました。

男たちは

「モデル並みに細いな」

「今日はロリだねぇー笑」

なんて、言いながらその様子を見ています。

ブラは後ろから夏海が荒々しく外してブラをぶん投げました。

おっぱいが露わになります。

多分Aカップだと思うのですが、

ピンク色の乳首、そして

可愛い顔には似合わない大きめの乳輪が、

ぷっくりしています。

僕は興奮が止まりません。

完璧よりもこんな可愛い女の子が乳輪がデカくてそれを気にしてる様子がとても興奮しました。

夏海

「可愛い身体なのに乳輪でかくねーか、笑」

なんて言って周りの男たちもそれを聞いて笑っていました。

そんな事を言われて思春期の女の子からしたらたまらなく恥ずかしいと思います。

そしてまた荒々しく夏海が

パンツを一気にずり落としました、

これで一糸纏わぬ生まれたままの姿です。

女の子の股間に全員が集中します。

毛が、本当にほとんど生えていません。

ほんと眉毛を2倍にしたぐらいです。

男たちが口々に

「やば!これって剃ってないのにこんな薄いの」

「まじ小学生かと思うわ、笑」

などと話していると、

夏海

「こんなん生えてる意味ねーじゃん、笑」

と言って夏海がその隠毛を鷲掴みにすると一気に引き抜きました。

ブチブチブチ!

女の子

「キャー!痛いです!!」

泣きそうな顔で言います

いやほんと何本抜けたか分かりませんが半分ぐらいになってました、笑

夏海

「じゃあ、あれも持ってこい」

と言いました、あれとは?

すると取り巻き女2人が

体操で使うマットを一枚運んで来ました。

そして女の子に

仰向けになるように言いました。

女の子は写真を撮ってる男もいるので顔を手で押さえています。

渋々仰向けで横になると、

取り巻きの女2人が左右の足を持って

一気に女の子の顔の方まで持っていきました、

そう、マングリ返しです。

全部しっかり丸見えになりました。

人生で初めて見ましたマングリ返し

可愛いマンコでした。

周りには毛は生えておらず丸見え、

そしてなんと左右に足を開かれているので、

パックリ開いていたのです。

中のサーモンピンクがこんにちわしてました、

ピラピラが小さかったからからだと思います。

そしてその下にはお尻の穴が、

申し訳程度にちょこんとあります。

男たちも

「すっげー!マンコもう開いてんじゃん」

「マンコちっちぇーなー!笑」

なんて言いたい放題です、

鑑賞会、撮影会がひとしきり終わると

夏海

「おい、吉野!お前お尻の穴舐めてみろよ」

と信じられない事を言いました。

基本的にこの恒例のイベントは男子が女の子に触れることは基本ありません、

こんな事は初めてです。

吉野は最初は照れてモジモジしていましたが、

最終的にはマングリ返しのお尻の方に座り、

そして、少女の、誰にも触れられたことのないであろうお尻の穴を一心不乱に舐め初めてました。

お尻の穴にベロを幾度となく入れ、

舐めまくる彼の股間はビンビンでした。

正直まじ羨ましいと思いながら見ていました。

夏海

「けつの穴まで舐められたらお前らもう恋人同士じゃん!笑」

夏海

「じゃあそろそろ吉野、お前もチンコ出せよ」

吉野君も、え、、、それは、

みたいな反応をしていましたが、

他の男子からも出せと言われ渋々パンツを下ろしました。

吉野くんのそれは、、、

見た事ないような大きさをしていて、

それがギンギンにそそり立っていました。

リアルにサイズが、、

レッドブルぐらいあったんです。

周りの男たちもその大きさには引いてました。

男たち

「いやデカすぎだろ、バケモンか、」

「おれの手首ぐらいあるぞ、、」

夏海

「だよなー!噂では聞いてたんだよデカイって」

といって笑っています

夏海

「じゃあそろそろ開通式といきますか、笑」

え?周りの男たちも聞き間違いかと思いました、

夏海

「お前、処女なんだよな?今からこなデカチンで卒業さしてやるからよ」

女の子は足を解放されて身体を起こしました、

そこには吉野君のレッドブルちんこ、

女の子は目を丸くして、

「無理です無理です!こんなの入るわけないです!本当にそれだけは勘弁してください!他のことなら何でもしますからこれだけは、、、」

と今にも泣きそうな顔で訴えかけます。

そんな言葉が夏海に通じるわけありません。

夏海

「1分やるから今のうちにフェラしとけよ、乾いたままだと痛いぞぉ、笑笑」

それを聞いてやばいと思ったのか、

女の子は吉野君のチンコを舐め始めました、

舐めるとゆうより自分のよだれでどれだけ濡らせるかとゆう感じでした。

途中咥えようとしたのですが、口をめいいっぱい開けても仮までしか咥えられないようでした。

ちなみに吉野君の顔はめちゃくちゃ気持ち悪い顔をしてました。

そして1分が経ち、

いよいよ挿入です。

吉野君が仰向けになりその上に立たされた女の子、

男たちは

「入るのかあのミニマンコに、笑」

「ぜってー入んねぇよ、笑」

などと言っています。

夏海

「手伝うから大丈夫よ、

不思議なのよ、こんなのでも全部入っちゃうんだから、笑」

え?全部入れようとしてるの?

多分ヘソぐらいまでいっちゃうでしょ、、

でも、、見てみたい、、、

女の子がゆっくり腰を落とします

女の子の涎でベトベトのチンコを自分のマンコの入口に押しあてます、

無理です、絶対入りません。

女の子がモジモジしていると

手伝ってやるよ、と

夏海が肩を上から押しました、

女の子は

痛い痛いと言いながら、

見ると涙を流していました。

そして吉野君のチンコが4センチ程入った時、

その時は来ました、

バチン!

最初何の音か分かりませんでしたが、

なんと処女膜が破れる音だったのです。

こんな普通に大きめの音がなるなんて知りませんでした。

そこから鬼畜な夏海は

グイグイ肩を下に押していきます。

女の子は痛い痛いと泣きながらそれに耐えるしかありません。

そして半分ぐらい入った時、

夏海は思いっきり肩を下に押しました。

グボっとゆう音と共に、吉野君のチンコは全部マンコの中に沈みました。

女の子は

「ゔゔーーーーー、」

次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。