【現在31,517話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 5 分で読了)

年下の幼馴染みにちんこを見せつけた話

投稿:2023-01-31 05:35:51

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆SRRhBCA

数年ほど前、高校生2年生(17)だった自分は、

いつもの下校ルートを一人の女子と歩いていた。

その女子はユウリという名前で歳は自分の2つ下の15歳。

いつも学校指定のジャージを着込み少し男っ気はあるが肩まで伸びたショートボブとワンポイントのヘアピンが

女の子らしさを出している感じだった。

中高一貫の学校で学年も下校開始時刻も違う自分とユウリだが、

部活が終わるまでユウリに待ってもらい一緒に下校しゲームの話など他愛の無い話をしつつ俺の家に行き日が暮れるまでゲームするというルーティーンを踏んでいるのだが今日は少し違った。

いつものようにゲームの話などしているとふとユウリが興奮した様子で、

「ねーAさー聞いてよ今日やばいの!w」

「えーどうしたの?」

「なんかねークラスの女子たちと話してたんだけどねー」

ユウリの様な性格の女子があまり女子会に参加しなさそうな個人的なイメージがあったので自分は驚きつつも

相槌を打っていたら...

「めっちゃちんこの話してたんよwエロっていうかなんか男みたいだったw」

「マジかw女子もそういう話するんだな」

軽くは返すが自分はユウリが下ネタを言っているのを小さい頃以来あまり聞いたことがなかったので、

内心驚きつつもなんとか会話をしている状態。

「ガイジンのちんこがでかいとかー手術して皮切っちゃうとかwいたそー!」

会話の内容に驚きつつ相槌を打ちながら考える自分。

高校生真っ只中だった自分はユウリの事を女の子と見てたし、

ユウリが下ネタの話題振ってくれたのは驚きだったが関係を深めるチャンスでもあった。

「外国の人のちんこは確かにでかいかもw」

話を掘り下げてみるとユウリは目を見開いて、

「えー!?そうなんや!!やばいねw」

元々興奮してるようだったユウリは更に興奮したようで、それからはユウリからのシモの質問ばかりだった。

トイレはどうしてるだとか、立ちションのやり方をジェスチャーなどで教えた。

「ほら、こうやってやんの」

そう言って俺は小便小僧のポーズをやった。

「すごっ!女じゃ無理やわそれぇw」

口に手を当ててとても驚いた様子だった。

長らく下ネタの会話を続けているとユウリはちょっと恥ずかしがった様子で、

「Aはさーちんこムケてるん??」

「え…」

突然の事で自然に声が漏れてしまった。

自分は当時178cmという体格の良さもあり運動部所属なのだがちんこが小さいのがコンプレックスだった。

通常時は4cmで勃起しても7〜8cm程なのである

もちろん皮も被ってるしなんなら皮オナのし過ぎで結構皮も余っており正にちょっとしたぞうさん状態だ。

だがそんな事も言えるはずもなく...。

「ムケてるって...ちんこの事?」

「うんwそだよ!」

「ムケてるよw」

「そうなんや!wA体デカいもんなぁ」

ユウリはそう言って少し沈黙が続く。

見たい!と言わんばかりの雰囲気と自分は感じたが実際はどうだかわからず時間が過ぎ自分の家の前まで来た。

俺の家を見てハッとしたユウリは、

「あ、そや!家からコントローラー持ってくるね!」

そういってユウリは隣であるユウリの自宅に走っていった。

そういえばテレビゲームする約束だったと思い出す。

下の話題で夢中だったので忘れていた。

気付けば俺も家に入り部活終わりで汗をかいたのでサッとシャワーを浴び風呂場から出てユウリと遊ぶためにゲーム機を用意する。

パンイチでゲーム機を運んでいるとふと頭に考えてしまう。

もしユウリにちんこを見られたらどうしようと。

元々、露出系のAVやエロ漫画などをオカズにしていた自分は

まるでそのシチュエーションに今まさに会っていると気付き、自分の何かのスイッチが入ってしまった。

そこから自分は履いていたパンツを再び脱ぎ湯上がりに使っていたタオルを腰に巻き風呂場でシャワーを浴びるフリをしながら

ユウリを待った。

数分もすると玄関から遠慮なしに駆け上がる音がした。ユウリが来たようだ。

音もしなくなったので恐らく先に準備したゲームをやっているのだろう。

前にも俺が風呂上がりで上半身裸やパンイチで横でゲームに参加したこともあるので、

腰にタオルだけを巻いて登場しても指摘はあれど服を着て来いと止めることは無いと踏む。

タオルの中の息子を確認するとシャワーを浴び少し冷えた事で縮こまって3cm程の幼稚園児サイズかと思うような見た目になっている。

これを幼馴染である彼女に見られると思うと心臓がドキドキする。

意を決した俺はタオル一枚というあまりの防壁の薄さで風呂場から脱衣所へと出る。

リビングへ行くとこちらを見ずテレビゲームに熱中してるユウリがいた。

ちょうどゲームの内容も区切りよく終わっている様だった。

「おー勝ってるじゃん」

「めっちゃコンボ決まったよw」

そう言って会話をしながら腰タオル1丁で隣に座る。

まだギリギリ股間に布が覆っておりなんとか隠せてる状態だ。

俺の格好を見たユウリは少しギョッとしながらも、

「シャワー浴びてきたんだ。汗だくだったもんねー」

気にしてない素振りだがそう言いつつも少し俺の方を少し見ていた気がした。

「今日は日差しキツかったからな〜」

俺はそう言ってあぐらから片方だけ足をだし膝を曲げユウリの方向からちんこが丸見えになるようにした。

自分は気がついてないフリをしてユウリの方を伺うと、

「ちょっ!A!ちんこ見えてる見えてる!w」

慌てた様子で俺に言ってくれているがユウリの目線は俺の短小ちんこをガン見している。

やばい。興奮する。そんなことを考えていると...

「ちょっとまってAのちんこ、めっちゃ子供じゃない!?w」

「え!?」

「え、やばくない!?赤ちゃんのちんこみたいw」

俺のちんこの感想を言われ今更物凄い恥ずかしさを感じしてしまう自分。

そんな俺を気にせずにユウリは、

「えーめっちゃちっちゃいw」

そんな無自覚な言葉責めを受けた俺は恥ずかしさと興奮でフル勃起してしまう。

「ボッキしてない!?wすごwエロじゃん」

目を見開いた状態で俺の勃起したちんこに数cmあれば触れてしまう程の近さで観察している。

「ホントにおっきくなった...wAのちんこってでかいの?w」

俺のMAX8cmのちんこと俺の顔を交互に見ながら聞いてくる。

俺の中のm心にスイッチが入っていたのでやけくそになって、

「かなり小さい方かも。多分普段は幼稚園児と同じくらい。」

それを聞いたユウリはニヤニヤ笑いで、

「えーw幼稚園児ってやばくない?wあ、でもさっき見たとき赤ちゃんみたいだったもんねw」

「う、うん」

俺のちんこは観察され興奮でフルボッキを超えピクピクと脈をうっているレベルだ。

少し手を触れたら射精するのではないかと思うぐらいに...。

「めっちゃピンピンしてるーwね、ムケるんだよねこれ」

どうやらズルムケじゃなく包茎でも剥ければいいとユウリは勘違いしたらしく俺に剥けるか聞いたようだ。

「む、剥けるよ」

「剥いて剥いて!」

無邪気にいうユウリを他所に恐る恐る皮の先端を摘み射精をしないように少しずつ皮を剥いていく。

亀頭が少しづつ出た段階で、

「さきっちょの出てる!wやばいw」

と興奮気味に実況するユウリ。

「全部剥けたよ...うぅ....っ」

ようやく亀頭を全部出すことができたが剥いた刺激で射精をしてしまいそうになってしまう。

「すっご!ピンクいの全部出た!ムケるからオトナちんこでしょ!?A!」

「え?そうかな」

「うん、でも赤ちゃんちんこでもムケてるから大人って変なのーw」

「あっ!」

「えっ!?きゃっ!」

限界を迎えたちんこにユウリの言葉がトドメでソファに精子を飛ばしてしまう...。

「精子出したの!?えええっ!やばいね!触ってないじゃん!w」

「ごごめん...」

「あっいやいいよwべつに」

ーーーーーーーー

その日は後片付けをしユウリに帰ってもらった次の日は何もなくいつもの日常だったが、

後日ちんこが剥けても小さいと意味がないと言うことを自分からユウリに伝えると、

「じゃあホントにAのちんこやばいんだねw」

とまた無自覚な言葉攻めを貰えたので家に帰って摘みオナニーして4回射精した。

この話の続き

前日、自宅で自分は風呂上がりのバスタオルのままの状態で、リビングでゲームをしている幼馴染のユウリと遊んだはずみで見えてしまった(様に見せた)自分の短小ちんこ。羞恥と興奮、そしてユウリの短小無自覚言葉責めで射精した自分は味を占め凝りもせずユウリにあの手この手でちんこを見せつけたい。そして気持ちよくなり…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:3人
いいね
投票:4人
文章が上手
投票:2人
続編希望
投票:5人
お気に入り
投票:5人
名作
投票:0人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:19ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 10回
  • 71回
  • 323回
  • 4,322回
  • 16,545回
  • 2,006位
  • 1,489位
  • 1,632位
  • 2,524位
  • 2,013位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 6Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 7,493位
  • -位
※31529記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]