【現在25,449話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

体験談(約 4 分で読了)

閲覧:週間72位 評価:昨日9位

ギャルの部屋に忍び込んでオナニーしまくった話

投稿:2023-01-25 02:05:44

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

ポップ◆J2RDAXQ(神奈川県/20代)

フリーターやってた時の話。

俺のアパートの隣人はギャルっぽい大学生の女の子だった。

おっぱいもそこそこ大きく、夏はすごく薄いズボンを履いてるからプリッとした尻の形なんかも良くわかる。

隣に住んでるからって全然会話もしないし親しくもない(名前も知らない)んだけど、安アパートで壁が薄いもんだから何時家を出てるのかとかはだんだん把握できるようになってきた。

それで俺はそのギャルが昼は大学、夜はバイトとか遊びに出てて家にいる時間はほとんどなくて、しかも家に貴重品は置いてないのか防犯の意識もかなり薄いってことに気付いた。

どう薄いかって言うと予備の家の鍵を外から手が届くところに置いている。

玄関の横にある窓を開けるとキッチンがすぐあるんだけどそこに簡単に取れるように置いてある。鍵無くした時に入れなくなったら困るってことなんだろうけど泥棒からしたらカモみたいな家だ。

それで、当時フリーターで彼女もいない俺はだいぶ溜まっててある日ムラムラしすぎておかしなことを思いついた。

「あの子の私物でしごいたら気持ちいいだろうな……」

一度思いついてからはもう考えが止まらず、その日からはオナニーもせずにその日を待ち続けた。

そして決行の日が来た。ギャルの夜勤バイトが入っている日だ。この日は、朝に部屋を出てからは一切帰ってこずにバイトに直行する。つまり、ほぼ半日は家が空くのだ。

朝ギャルが通学するのをしっかり見届けた後、俺は何食わぬ顔で鍵を回収。ギャルの部屋に侵入することに成功した。そのアパートは住宅街の奥まったところにあり目撃者もいない。

家に入った瞬間に匂ってくる女の匂い。ギャルの体臭がかすかに匂ってくる。

かなりズボラな性格らしく床は散らかっていた。ベットの上も毛布が丸まっていたりと想像していた女性の部屋とはだいぶ違ったけど、むしろ生々しくて俺は興奮していた。

もうすでに1週間ほどオナ禁した息子はフル勃起で、部屋の色々なところを一通り見て回り遂に俺は目当てのものを見つけた。

それは洗濯カゴであり、数日分の洗濯物が積まれたお宝の山だった。

「おおお……!」

早速山の中に手を突っ込んで手探りでパンツを引っ張り出すと、そのクロッチの部分にかすかに汚れがついていた。

興奮がMAXになった俺はそのクロッチの部分を顔に押し当てる。汗やおしっこの匂いが混ざってかなり臭かったが構わずに嗅ぎまくり、次はペロペロとマンコが当たっていた部分を舐めた。

山の中から次はブラジャーを見つけるとこっちも匂いを嗅いで乳首のあたりを執拗に舐める。

もはや暴発寸前になっていた息子をズボンから出すと、また別のパンツのしっとりしたクロッチ部分に亀頭を押し付けてしごき始める。

「ああ…気持ちいい…」

ギャルマンコから出た汗やおしっこ、愛液が染みついていると考えるとシコシコする手はどんどん速度を増していき、あっという間に射精した。

一週間溜めた精子はパンツから飛び出しそうな勢いと量でクロッチ全体を汚した。そしてその精子がパンツに染み込んでいくのを見てさらに興奮。

大胆になった俺は下半身裸のまま部屋の中をうろつき、押し入れの中を物色。シャツやズボンが無造作に置かれていて、その中にギャルがよく着ているTシャツを発見。

Tシャツの袖の部分でさっき射精してヌルヌルになった亀頭をふき取ると、遠慮なく首の部分や裾にも息子をこすりつける。

Tシャツでこすりながら部屋を歩いているとなんとコンドームの箱が置かれているのを発見。彼氏を連れ込んでいるのだろうか。

俺は箱から一つゴムを取り出して装着し、さっきの洗濯物からいくつか他のTシャツを取り出すとそれを丸めて、即席オナホールを作る。

そしてギャルのベッドの上に寝っ転がり早速しこり始める。

他人の枕に顔をうずめて、四つん這いになり他人のTシャツでオナニーする…あまりに背徳的な体験に俺は腰が抜けるほどの快感を感じながらこすり続ける。

「今あのギャルを犯してるんだ…中に出してやる……」

ギャルとバックする妄想をしているとまた俺はすぐに射精する。

Tシャツはクシャクシャになりコンドームの中には二回目とは思えないほどたっぷりと精子が入っていた。

それでもまだまだギンギンな俺は、次は床に脱ぎ捨てられていた靴下を見つける。

柄がついた黒色の膝下ソックスで、片方しか見つからなかったが俺はそれを手に取り息子に被せる。

もう一個パンツをカゴから取ると俺はそれを顔に被り、他にもブラジャーなど掴めるだけ掴んでソックスに巻き付けたり口に含んだりした。

そしてベッドに横向きになりパンツの匂いを嗅ぎながらソックスごしにシコる。

3回目のオナニーにもかかわらず疲労感は全くなく、今度は時間をかけてゆっくりとソックスに息子の臭いを染みつかせるようにこすりつけると今にも射精しそうと息子がビクビク震えている。

「出る出る!」

ソックスをコンドーム代わりにその中にタップリと射精する。

その時ふと時計を見るともう30分もいたことに気付く。まだ帰っては来ないだろうがそろそろ終わりにしたほうがいいだろうと思い立ち上がった。

尿意を催した俺はギャルの部屋のトイレを使った。それだけでも少し興奮した。

グチャグチャに汚した衣服一式を家に持ち帰ると風呂で洗剤で手洗いして、ドライヤーで乾かしてから元の場所に戻した。

あらかじめ買っておいた消臭スプレーをギャルの部屋に撒いて、特にベッドにはしっかりとかけた。使ったコンドームは俺の部屋で捨てた。

そのあとギャルが帰ってきてもバレないでくれ!と祈り続けた。ギャルはその日は帰ってこず、次の日の昼頃に帰ってきた。

その後も予備の鍵の位置が変わらなかったことを見ると恐らくバレてない。いい気になった俺はその後も何度かこっそり侵入してパンツを持ち帰ってオナニーに使った後に返したりしてた。

ギャルは大学の卒業と共に部屋を出ていってそれっきり。結局最後まで話すことは無かったが、大変お世話になった。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:4人
いいね
投票:8人
文章が上手
投票:2人
続編希望
投票:10人
お気に入り登録
投票:4人
名作
投票:0人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:28ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 65回
  • 2,609回
  • 2,609回
  • 2,609回
  • 2,609回
  • 187位
  • 40位
  • 251位
  • 7,466位
  • 24,062位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 2Pt
  • 17Pt
  • 17Pt
  • 17Pt
  • -Pt
  • 42位
  • 43位
  • 187位
  • 4,125位
  • -位
※25461記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]