成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 4 分で読了)

僕の今までのラッキースケベ集ー高校生編

投稿:2022-12-06 04:04:33

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

名無し◆MUF4ZBQ(神奈川県/20代)
前回の話

これは僕が小学生の時の先生のラッキースケベになります。あることをきっかけに僕は小4から女性の裸が大好きになり、常に着替えや胸チラを覗くような変態でした。その中でも印象的だった人たちの事を書こうと思います。まず最初の先生は、僕が小6の時の管理栄養士さんになります。ステータス中川先生、当時25歳、給食室…

高校生の時の起きたラッキースケベです。

まず1人目と2人目はバスケ部の斎藤さんと吉田さん。

この2人は同時に見ました。

僕は高校ではバスケ部に入部しました。

夏休みに対外試合があり1年生の僕は部活の荷物持ちになりました。

午前中に練習を終え、翌日に対外試合を控えて帰宅しました。

しかし、部活の荷物を学校に忘れてしまい学校が閉まるギリギリに荷物を取りに戻りました。

荷物を忘れた体育館に行くと電気が点いていたので中に入ると女子バスケ部が練習を終えて先輩たちが先に帰り1年生が片付けをしていました。

体育館には1年生しかおらず、片付けもほぼ終わっていて着替えも終えていました。

誰もいないと思い荷物を忘れたステージの袖幕の所に行くと反対の袖幕で2人がこれから着替えるところでした。

僕はヤバいと思いギリギリで隠れることが出来ました。

齋藤さんは「もうみんな帰っちゃったね」

吉田さんも齋藤さんと一緒に喋りながら帰る準備を始めました。

「もう私たち以外誰もいないからゆっくりしようか」

2人とも僕の存在に気付くことなく帰宅の準備を始めました。

吉田さん:服の上からでも分かる巨乳、帰国子女のためフレンドリー

斎藤さん:少し胸が膨らんでる程度、

吉田さんはシャツとスポーツブラを脱いで上半身裸になり、制汗タオルなどで汗を拭いていました。

吉田さん高校1年生とは思えない巨乳で動く度にプルプルと揺れていました。

一方で齋藤さんは吉田さんから隠れるように着替えていました。

気になった吉田さんは斎藤さんにバレないようにコッソリ近づきました。

「うわっ!萌(もえ)のオッパイ大きくない!?何カップあるの?」

齋藤さんはビックリして慌てて胸を隠しました。

「え、Fカップ...」

「そんなにあるの!?服の上からじゃ想像できなかったよ...」

「胸が大きいのがコンプレックスで普段からスポーツブラして誤魔化してるの...」

齋藤さんは顔を真っ赤にして恥ずかしそうにタオルで胸を覆っていいました。

「れ、れなは何カップなの?」

「私はGカップあるよ~」

女子2人が上半身裸のまま自分の胸の大きさの話をしているのは興奮しました。

吉田さんは斎藤さんの手を取り自分の胸を揉ませました。

「萌よりオッパイ大きいから大丈夫だよ」

しばらく揉ませていると「誰かいるかぁ?もうカギ閉めるぞ」と怖いことで有名な警備のおじさんがやって来ました。

2人とも慌てて着替えを再開しました。

女子2人は体育館の玄関から出て、僕は3人にバレないように他の出口から出ました。

吉田さんは帰りの方向が別でしたが、斎藤さんとは中学が隣でお互いに歩いて帰れる距離だったので、後ろから走って追いかけて偶然を装いました。

「あれ?男子は午前中じゃなかったっけ?」

「部室に試合で使う荷物忘れたから取りに来てた」

齋藤さんは不思議とカバンを抱えて持っていました。

「荷物大丈夫?持つよ」

少し強引に斎藤さんからカバンを持つと、いつもと違って胸が大きく膨らんでいました。

齋藤さんにバレないように胸に目をやると乳首が汗でワイシャツから透けていてました。

ちゃんと汗を拭けていないのか、乳首どころか胸全体が透けているような感じになっていました。

僕たちの帰りのルートは人通りも少ないので、流石にマズいと思ったので齋藤さんに正直に話しました。

「ねぇ...スッゲー乳首見えてるけど...」

「え!?ウソ!?」

齋藤さんはかなりビックリしていました。

「このまま帰るの危険だしどこかで着替える?」

そう言っても近くにあるのは森林公園だけで、完全に隠れることは難しい状況でした。

「とりあえず公園に行こうか...」

森林公園に行くと運良く人もいなかったので「あそこで着替えちゃうね」とカバンからブラとタオルを取り出して影に隠れました。

齋藤さんにバレないようにコッソリ着替えてるところを覗いて再び裸を見せてもらいました。

最後は吉長さん

これは2年生になった時の放課後の体育祭練習が終わった時のことでした。

僕が練習していた二人三脚の練習が長引いて完全下校の時間ギリギリまで練習していました。

練習が終わり、教室に戻って着替えようとすると教室は明かりが点いていました。

僕は早く着替えて帰りたい気持ちがあったので、着替えだけ持って更衣室で着替えようとしました。

電気が点いているのに教室の中をにいる中を確認しないで入ってしまうとクラスのアイドル的存在の吉長さんが体育祭練習を終えて着替えていました。

ちょうど全裸になって汗を拭いている時で僕に下の毛や推定Eカップはあろう胸を見せてしまいました。

「きゃぁぁぁ!!」と吉長さんは大きな声を出し、僕は慌てて教室から飛び出しました。

しばらくすると着替えを終えた吉長さんが教室から出てきて「ごめんね...着替え終わったよ」と逆に謝られてしまいました。

「ねぇ...どこまで見た?正直に答えて...」

「下の毛から乳首まで見えた...」

吉長さんは俯いて「皆には内緒にしてね」と当然言われました。

その後の学校生活は何事も無く、普通に学校生活を送りました。

ただ、教室などで2人きりになったりすると吉長さんは顔を赤くしていたので全裸を見られたことを思い出していたと思います。

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:1人
いいね
投票:1人
文章が上手
投票:1人
続編希望
投票:2人
お気に入り
投票:5人
名作
投票:0人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:10ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 1回
  • 6回
  • 27回
  • 1,129回
  • 10,427回
  • 8,590位
  • 10,251位
  • 10,854位
  • 8,386位
  • 3,548位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 11,309位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]