成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 8 分で読了)

【評価が高め】元ヤン年上女房京子の激しい夜…逆レイプ⁈圧倒される俺

投稿:2022-10-31 15:49:42

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

名無し◆GFATciQ
最初の話

俺が中学1年生の時の話。確か冬休みに入る少し前だったと思う。3年のヤンキーグループが7~8人ぐらい集まっていた体育倉庫に女子のヤンキーグループのリーダー格の京子という3年の女が一人で乗り込んできた。俺はそのグループに友達の兄貴がいたので、粋がって一緒に体育倉庫にいた。喋った事はないが、京…

前回の話

大してエロくない話…切ない思い出…嘘みたいな本当の話。俺が27歳だった頃、忘れられない切ない出来事があった…関係した事がある人間はわかるだろが、大型の土地買収やいわゆる公共の『箱物』の計画・施工は、ほぼ政治力で決まる。ドロドロの世界がある事は知っていたが、具体的に絡む事はなかった。カ…

カオリさんの号泣から、しばらくは忙しくはあったが、それなりに充実した日々を送っていた俺。

チビもヨチヨチ歩きし出して、片言だが…聞き取れないが喋り始めていた。

動き出した分、目は離せないので子育ては大変だが、夜泣きが少なくなり京子いわく…

『夜寝れるだけメチャ楽!』

と、社内託児所に預けて仕事にも復帰していた。

これまでの溜まっていたストレスか欲求か、京子の求めは激しかった…

チビを寝かせたある週末の夜、京子が職場の先輩から貰ったワインを開ける事に…

京子「お酒から2〜3時間開ければ飲ませてもいいんだって、今はミコは昼と夜だけやけん大丈夫!」

元々、あまり酒が強くない京子、ほろ酔いでワインを口移しで飲ませてきた。

「んんぅぅ…んん…」

京子「フフフッ…美味しい?」

「美味しい…そろそろ寝よっか?…」

京子「えーーっ⁈もう寝るのぉーー⁈夜はこれからじゃん!イッヒッヒッ!」

気味が悪いような京子のニヤけ面…

俺…『コイツ、ヤル気満々やな…』

「えっ?もう、12時やし…」

京子「フフフッ…」

つまみのチーズをムシャムシャ咀嚼して口移ししてくる京子。

「んんぅぅ…ちょっ…んんぅぅ」

京子「美味しいやろ!イッヒッヒッ!」

一定量、酒が入ると笑い上戸になる京子。

「京子酔っとるやろ!寝よ!抱っこしてやるけん!」

京子「イヤだ!ねぇー…オチンチン、マッサージしてやろっか⁈スペシャルで!イッヒッヒッ!」

「何言いよるんよ!ミコが起きるよ」

京子「あーっ!SEXレスや!はぁーあぁー…仕事も育児も頑張っとるのに…アタシかわいそう…」

大根芝居する京子…

「俺は京子を抱きたいよ…京子が疲れとるかなーと思って…」

京子「そう⁈アタシ全然疲れてない!今週全然ヤッてないやん!ちょっとだけやろっ!」

パジャマの上から股を揉みだす京子…

京子「ウチのムスコは元気かなぁー⁈どれどれ?」

パジャマの中に手を入れてパンツの上から揉む…段々と目覚めるムスコ…

「ちょっ…ヤメろ…痛いって…」

京子「あらーっ⁈オチビちゃんが大っきくなってきましたねぇー!イッヒッヒッ…タマタマ揉んであげる!」

慣れた手付きでチンポと玉を巧みに揉みまくる京子…ハッキリ言ってメチャクチャ気持ちいい…

「あっっ…京子…あんっ」

京子「フフフッ…気持ちいいなら声出しなさーい!…我慢しないで…フフフッ」

キスをしながらパジャマを脱がせる京子…俺は素っ裸にされた。

京子「ココに寝て!イッヒッヒッ!、カチカチになって!このエロ小僧!あははは!」

ハイになっている京子…ツマミの皿に付けてあったマヨネーズを掬い上げてチンポに塗った。

「あっ、ちょっと冷たい…何しよん⁈」

京子「いいから!ママの言う事聞きなさい!」

マヨネーズを塗ったチンポをペロペロと俺を見ながら舐める京子…気持ちいいのと、怖いのと…完全にイッている京子。

上目遣いの顔は松たか子ソックリだった。

京子「フフフッ、気持ちいいやろ?イッヒッヒッ…あーっ!先っぽから何か出てるぅー!ホーラッ!」

先っぽから出てる俺の汁を指で水飴のように伸ばして遊ぶ京子…悪魔のような微笑みだった。

京子「トモちゃーん、コレ何ー?イッヒッヒッ、ヤメてって言ってこんなに汁出してぇー!コラッ!」

チンポ汁をペロッと舐める京子。

「あっ…」

京子「フフフッ、声出しなよ!気持ちいいんやろ!照れるなよぉー!イッヒッヒッ!」

意地の悪い、松たか子から言葉責めされてるようだった。

京子「はい!ホラッ!四つん這いになりな!ホラッ!」

強制的に四つん這いにさせられる俺…怖い反面、気持ち良過ぎて従う…

後ろからチンポを引っ張る京子。

京子「凄い勃起じゃーん!汁垂らしてるぅー!あははは!あっ⁈ちょっと待って!」

ダッシュでリビングを出て、何かを取りに行く京子…寝室からボディオイルを持ってきた。

これから何をされるか分かる俺…チンポはフル勃起だった。

京子「ホーラっ!勃起チンポがカチカチになってるよぉー!あははは!あーっ!お尻の穴がビクビクしてるぅー!イッヒッヒッ!」

アナルにオイルを塗り、指で撫でる京子…メチャクチャ気持ちいい。

「あっ、あんっ…あんっ」

京子「女の子みたいな声出して!コラーっ!フフフッ、何処が気持ちいいか言ってみぃ!」

「あんっ…あんっ」

何度も京子にアナルを責められた事はあったが、この日も気持ち良過ぎて声が出なかった。

『バシッ!』

お尻に京子が平手打ちした!

「イタっ…」

京子「何処が気持ちいいか言えって!言わんとヤッてやんないよ!何処がいいの⁈」

急に女王様のような口調になる京子。

「あっ…チンポとアナルが、気持ちいい」

京子「フフフッ、そうー!気持ちいいのぉー!イッヒッヒッ…まだ出したらダメよ!」

そう言うと京子は俺を仰向けにして、

京子「アタシも気持ち良くして!」

京子は素早く裸になった。

下から見る京子の身体…相変わらずの迫力ボディ…168cmの長身、白い胸にパツンパツンの太もも、趣味のヨガの効果か、出産しても胸もお尻も垂れてない…ウエストと足首はキュッと締まってアスリートのようだった。

思わず唾を飲む俺…

京子「フフフッ…足上げて!」

京子は俺の足を上げさせて、チングリ返しの体勢にした。

「イタっ、何?」

京子「いいから!…よっと…」

京子は俺の身体に90°反転して、俺を跨いでチンポを掴み、ゆっくり挿入した。

京子「あぁぁぁ…入った…あぁぁぁ…気持ちぃぃぃ…はぁぁぁん…はぁぁぁん…」

俺からは京子の側面が見える体勢…何処で習ったのか?初めてやる体位だった。

筋肉質の長い足にソソられる。

チンポを飲み込みお尻をグリグリと俺に擦り付ける…マン毛が玉や蟻の道に擦れて痛かった。

京子「あぁぁぁ…き、も、ち、い、ぃぃ…んんくぅぅぅ…入っとる、アタシに…入っとる…あぁぁぁぁぁ…き、も、ち、い、ぃぃ…」

マンコからも口からもヨダレを出してヨガリ捲る京子…真理子さんや雪乃さんを凌駕する乱れだった。

どんな女性も同じかも知れないが、昼間の余所いきの顔とは全く違った表情と乱れる姿…会社の人や京子の友人・後輩が見たら目が点になるだろう…俺しか見れない京子の本当の姿だった。

京子「あぁぁぁぁ、チンポぃぃぃ…チンポ、気持ちいい…奥に…当たって…はぁぁぁん…」

下から見る京子のヨガル横顔…松たか子がヤッてるように見える。

体勢はちょっと苦しかったが、いつものように熱くて吸い付く京子のマンコ…狂ったようにヨガル京子の姿…堪らなく興奮して頭の中が熱かった。

動きを止める京子…

京子「ハァハァハァ…気持ちいい…ハァハァハァ…気が狂いそう…ハァハァハァ」

苦しそうな表情をしてチンポを抜いた。

自分から床に寝て股を開き…

京子「入れて…早く入れて…」

表情が怖かった…起き上がってビチャビチャのマンコに突き刺す…ヌルッと入るチンポ。

京子「あぁぁぁぁ…んくっっ…くぅぅぅ…動かんで…このまま動かんで…」

根元まで飲み込み静止させる京子…チンポが溶けるくらいマンコが熱かった。

京子「はぁぁぁぁん…き、も、ち、い、ぃぃ…あぁぁ、どうかなりそう…き、も、ち、い、ぃぃ…」

足を俺の腰に巻き、小刻みに腰を動かし悶えまくる京子…いつのまにか乳首はカチンカチンに勃起していた。

京子「かぁぁぁぁ…んふぅぅぅぅ…あぁぁぁぁ」

ゆっくりと腰を回す京子…

京子「あぁぁぁぁ、き、も、ち、い、ぃぃ…んんんぅぅぅ…はぁぁぁん…」

目を閉じて口を開けて、本当に気持ち良さそうに喘ぐ京子…

以前からヤッてる時は狂ったように悶えてはいたが、出産後はより一層激しく悶えるようになった京子…ストレスなのか?ホルモンの関係なのか?定かではないが、出産前より明らかに激しくなっていた。

京子「ハァハァハァ…ゆっくり動いて…ゆっくり…早く動かんで…」

指示通りゆっくりとピストンする俺…男娼のようだった…。

京子「あぁぁぁぁ…気持ちいい…ゆっくりよ…ゆっくり…」

悶えながら、京子は自分で勃起した乳首を摘んでいた。

『ピュー…』

乳首から母乳が噴き出した!

京子「あっっ…イヤん、出た…あんっ」

乳首から手を離す京子…俺は吸い付いた!

京子「あんっ…はぁぁぁん……飲んで、飲んでいいよ…オッパイ吸って…あんっ、あんっ」

俺が乳首を吸って母乳を飲むと、京子はオッパイを自分で搾り出すように揉んでいた。

久しぶりの母乳…薄甘く美味しい…。

チンポをピストンしながら母乳を飲む…父親の特権ともいえる行為…勃起している乳首にも興奮した。

口に含んだ母乳を京子に口移しで飲ませた。

京子「あんんぅぅ…んんぅぅ…美味しい…あんっ、あんっ」

マンコを突かれ、自分のオッパイから出た母乳を飲まされる…多分、京子もその行為に興奮していたと思う。

京子の口から母乳が垂れる…精子を飲んだような感じだった。

「あっ、京子出そう」

京子「あんっ、ちょーだい、アタシにちょーだい、あんっ、あんっ」

口を大きく開ける京子…その顔にも興奮した。

限界まで突いて、京子の口にチンポを持っていく、京子の口へ…ピュッピュッピュッ…とめどなく出る精子。

京子「んんぅぅ…あんぐぅぅぅ…んんぅぅ」

口で受け止めて、最後まで搾り取る京子…

京子「あうぅぅ…んんぅぅ……ゴクン…」

飲み込む京子。

京子「ハァハァハァ…ニガい…ハァハァハァ…」

二人とも汗だくだった。

「京子、マンコ締まっとる…」

京子「ハァハァハァ…ホント?…アタシも気が狂いそう…オチンチン硬いもん…」

「わっ⁈京子、カーペットがマン汁で濡れとる!」

京子「えっ⁈トモのやろ、アタシじゃないよ…」

「俺のわけないやろ!京子のマン汁よ!ベトベトやん!」

京子「イヤん!言わんでよ!気持ち良かったもん…アタシやっぱトモのが合うんよ…メチャクチャ気持ちいいもん…」

「他のチンポより合うん?」

無意識に至らぬ事を言ってしまう俺…

京子「チッ!今何て言った⁈またキャメル掛けられて脱臼したい?卍がいい?玉掴みでもいいよ!」

冗談ぽく言う京子…ホントにやりそうだったので…

「ウソ、ごめん、ごめんなさい、冗談」

直ぐに謝罪する。

京子「アタシは誰かさんと違ってオイタせんもん!コレだけやもん!」

射精して小さくなったチンポを掴む京子。

「イタっ…痛いって…ごめんって…」

京子「フフフッ…アタシが育てたオチビちゃん、ミコが出て来たオチンチン…フフフッ」

ニコニコしながら萎んだチンポを摘んでいた。

「京子、イッてないやろ?」

京子「えっ⁈いいよ!気持ち良かったもん…スッキリした…」

「俺だけ出して…」

京子「いいって!男と女は違うよ…女は毎回イカんでもいいよ…」

「モヤモヤせん?」

京子「せんよ!満足しとるよ!友達とか一回もイッた事無い子おるよ!アタシはかなりトモにイカされるし…頭が真っ白になる…」

「ふーん…京子がやりたいようにヤッていいけんな…俺、京子が気持ちいいなら何でもする!」

京子「フフフッ、アリガト!でも満足しとるよ!ウチは性の不一致はないよ!」

出産後、激しい⁈とは言わなかった。

カーペットを拭き、チビをクーハンに寝かせて脱衣所まで連れて行き、ドアを開けたまま二人で風呂に入った。

風呂でも京子が責めてきて、バックで交わる。

リビングの時より締まる感じで俺は1〜2分で発射…

「京子、出る…」

京子「えっ⁈あんっ、うん…あんっ、いい、中いいよ、あんっ、あんっ…」

あえなく京子の中へ放出する俺…やっぱり中への放出は気持ちがいい…俺は放心状態だった。

「ごめん…」

京子「フフフッ…いいよ…他所で出したらダメやからね!旦那さまわかってますか?」

戯けて釘を刺す京子だった。

風呂から上がり、京子を入念にマッサージしてやって、いつものように京子は俺を胸に抱き、寝ようとした時、目の前にあるオッパイをちょっと触ったら…

京子「コラッ!またオッパイ出るじゃん!もうー!エロ小僧!あっ!そうだ!ミコの借りたらいい!」

そう言って京子はチビのおしゃぶりを俺の口にねじ込んだ!

「イヤよ!ヤメろって!」

京子「いーじゃん!かわいいよ!誰も見てないんやからいーじゃん!ホラッ!口開けて!」

結局、俺はチビのおしゃぶりを咥えて寝た…。

次の日も、深夜映画を観ていたら濡れ場シーンがあり、ムラムラしたのか京子から…

京子「この女優さんオッパイ大っきいねぇー!勃ったりして?」

股を触る京子。

「勃ってねーよ…あんっ」

結果的に裸にされる俺…学生の時と違って、毎晩となるとちょっとキツい俺…この頃は明らかに京子の方が性欲が強かった。

騎乗位で悶えまくり『完イキ』する京子…

俺…『マンコは気持ちいいけど、ほぼ逆レイプやん…』

とか内心思っていた。

ヤッた後、ぐずるチビを抱っこして、素っ裸であやす京子…

京子「ヨシヨシ、どしたのぉー?ミコちゃん…オシッコしちゃった?オムツ換えよーねぇー!ミコちゃんオムツ換えよぉーねぇー!」

剛毛を晒して、我が子を抱く京子…たまにキレる女傑の姿は無い…母は強し、という光景だった。

京子「あっ!パウダーが…トモ、リビングにあるけん取って来て!ハイッ!ダッシュ!」

俺に指示する京子…ダッシュで取り行く俺。

「あっ、うん…」

『さっきまでチンポ咥えてアンアン言いいよったくせに…』

ちょっとだけ我が娘に嫉妬する俺…。

チビを寝かせつけ、俺たちはイチャイチャして、そのまま裸で抱き合って寝てしまった。

日曜日の朝…『プルルルン、プルルルン』

京子の携帯が鳴る…京子の友達からだった。

京子「はい、おはよー、久しぶりどしたん?えっ⁈家よ…うん…はぁ⁈…うん……うん、いいよおいで…うん、マンションわかる?あっ、はい…気を付けておいで…うん、はーい」

夫婦喧嘩して家出した友達が来る事に…中学時代の友人だったので、話した事は無いが俺も顔は知ってる◯◯幸恵だった。

京子「トモ、ごめんね、幸が旦那さんと喧嘩して家出たみたい、マジでごめんね…幸が困っとるのに断れん…ごめん」

「いいよ!全然いいって!顔は知っとるし!話した事はないけど京子のツレやし!」

京子のホントに親しい友人の一人だったし、俺は何とも思ってなかったが、京子はえらく申し訳なさそうだった。

同じ市内に住んでいる事は聞いていたが…結果的にヤッては無いが…ちょっとエロくて、ヤバい事となる…万が一、京子にバレてたら、こんな投稿も出来てなかったことだろう…墓場まで持って行く幸恵との思い出が始まる…。

この話の続き

突然の京子の友達の来訪…夫婦喧嘩からの家出妻の幸恵…中学が同じなので顔は見た事はあったが話した事は無かった俺…顔は中の上…強いて言うなら鈴木紗理奈みたいな感じ。幸恵が来た。幸恵「こんにちはー…京子ー!!あっ!ミコちゃん⁈カワイイィィ!京子に似とるねぇー!……ごめん、突然…」リビングに来…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:19人
いいね
投票:45人
文章が上手
投票:20人
続編希望
投票:64人
お気に入り
投票:12人
名作
投票:11人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:171ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 1回
  • 4回
  • 51回
  • 847回
  • 5,635回
  • 7,957位
  • 11,041位
  • 8,413位
  • 9,606位
  • 6,634位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 5Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 7,856位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]