【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 13 分で読了)

閲覧:週間68位 評価:昨日15位

美女とキモい男。4(1/2ページ目)

投稿:2022-09-21 16:38:36

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

A◆NWlwMJE(神奈川県/30代)
最初の話

美女とキモい男。

目に映るのが現実と捉えるには、数分の時間が必要だった。実際には数秒だったのかもしれないが、自分の感覚では時が止まったような感覚にさえ思えた。灯りが漏れた閉店後の美容室を覗き込むとそこには憧れの美穂が服を淫らにはだけさせて、男のチンコを咥えていた。顔は紅潮して明らかに興奮しているようだ。そ…

前回の話

その日も定時に上がって、あれ以来会うのを躊躇っていた美穂に髪を切ってもらう約束だった、足早に美穂の務める美容室に向かっていると、スマホが鳴った。

金澤からの電話だ。

俺は高鳴る心臓を抑えて数コールの後通話ボタンを押した。

「もしもし」

「お疲れ様です。金澤です。お待たせしましたですかねw今日の夜8時頃に待ち合わせしましょう、町田の居酒屋でどうですか?」

「ああ、大丈夫だよ。」

明るい金澤と違い、俺は緊張しながら返事をする。

「じゃあ、また連絡しますね。」

そう言って金澤との電話を終えた。

俺はなんてタイミング何だと思ったが、足早に美穂の美容室に向かった。

駅からすぐのその店に入ると美穂は他の客のカットをしていた。

この前の姿や、金澤の話しが目の前の美穂と交錯して、勃起するのを必死に抑えていた。

「ねぇ、いいよ!どうしたの険しい顔してめっちゃ久々だし。」

美穂が目の前に立って、早くしてと促してくる。

俺はごめんごめんと謝りつつ立ち上がり、美穂に促されるままシャンプーに向かった。

椅子に座ると美穂が頭を洗い始める。その瞬間に美穂の手の動きに合わせて揺れ動く胸を見て、俺はもう限界だった。

「美穂…….ちょっと待ってて!」

俺は美穂に言うとトイレへと駆け込んだ。

個室の鍵を閉めてズボンを脱ぐ。

パンツの中へ手を入れると、先走り汁が溢れ出していた。

俺は左手で自分のモノをしごく、右手は美穂の頭に添えた時の感触を思い出しながら乳首を摘む。

俺は美穂の名前を何度も呼びながら果ててしまった。

賢者タイムに入ると同時に罪悪感に襲われる。

俺は何をやってるんだろう。

「ちょっと大丈夫?」

美穂がドアの前から心配そうに聞いてくる。「うん、全然平気、ありがとう。」

俺は美穂にそう答えると、手を洗ってから席に戻った。

「今日はなんか変だけど、体調悪いの?」

美穂は少し不思議そうな顔をしていた。

「いや、そんな事ないよ、最近忙しくて疲れてるだけ。」

俺は誤魔化した。

「そっかぁ、無理しないでね。」

「うん、ありがと。」

それからはいつも通り他愛もない話をして、カットとセットをしてもらった。

「今日は店終わったら一緒にゴハン出来る?美味そうな店が出来てたから行こうよ。」

俺は何気なく聞いたが、言葉に出した瞬間に、おそらく今日この後に美穂が金澤と会うんだと思い出した、そしてオレも、、、。

しかしここで美穂が快諾してくれれば、金澤とは会わない事になる。

俺は祈る気持ちで美穂の言葉を待った。

美穂は少しの間を置いて

「ごめん、今日はムリなの」

ある意味で予想通りの返答だった。

俺は「えー、せっかくなのに」と大袈裟にガッカリしてみせた。

「ホントにゴメンね、友達と約束しててまた今度行こ」

美穂は申し訳なさそうに謝ってきた。

その後会計を終えて店を出ると、もう8時が迫っていた。

俺は急いで町田に向かった。町田に着くと、金澤から連絡があり、すでに着いているようだった。

俺は金澤が指定した居酒屋に向かう。

店の扉を開けると、カウンターに金澤が座っていた。

「おつかれさまです。」

俺も挨拶をしながら金澤の隣に座ってビールを注文した。

「とりあえず乾杯しましょうか。」

そう言って2人でジョッキを持ち上げて乾杯した。

「髪切りましたよね?」

金澤はビールで喉を潤すとそう切り出した。

オレは頷いて「今日、定時に上がってその足で向かってる途中にお前からの連絡だよ」

なんでこのタイミングなんだとつくづく思った。

「それってもしかして美穂?」

金澤の笑顔がムカつくが、オレはまた黙って頷いた。「やっぱりね、そんな気がしたんですよ。」

金澤は得意げに言った。

「美穂とは久しぶりだったんじゃないですか?どうでした?」金澤はニヤつきながら聞いてきた。「お前の話しを聞いて以来だったよ、行きづらさがあって行ってなかった。」俺は素直に答えた。

「でも行ったんですね、どうでした美穂?」

金澤は嬉しそうに聞いてくる。

「ああ、相変わらずキレイだったし可愛いかったよ」

すると金澤は笑いながら「ハハッ!やっぱりねw」

「何だよ!何か文句あんのかよ」

「いえいえ、別に。それより美穂はなんか言ってたり変わった感じとかなかったですか?」金澤の質問の意図がわからなかったが、俺は特に思い当たる節もなかった為「いや、特段何もないけど」と答えた。

「オレはやっぱりそういうところがアイツの良いところだと思うな」

金澤は嬉しそうに言ってさらにスマホを取り出し

「ほら、コレがつい今朝の美穂ですよ」

画面には美穂が太った中年男性に跨ってキスしている姿が写っていた。俺は思わず目を見開いて「これ、どういうことだよ!」と金澤に詰め寄った。

「超エロくて最高でしょ?美穂ってば、もう完全におじさん好きのド変態になってるみたいで、昨日の夜に会った時にお願いしたら、喜んでヤらせてましたよw」

金澤は美穂の痴態を見ながら下品に笑っている。

「相手は?」

俺は戸惑いを隠してながら言った。「あー、なんか美穂が上京してすぐにバイトしたCoCo壱の店長らしいですよ、昨日もここで美穂と呑んでたら偶然居合わせて、そっからね」

金澤はニヤニヤしながら事も無げに言う。

「そうなのか…….」俺は驚きつつも冷静に振舞おうとして言葉を絞り出した。

「最初はめちゃくちゃ嫌がってたけど、始まればノリノリでしたよ。

美穂がフェラしてる間におっさんが後ろから入れて、バックで突かれてる時の顔がマジでエロ過ぎて、オレも完全に勃っちゃいましたよw」

金澤は興奮気味に話す。

「おっさんもやっぱり憧れの美穂だったみたいで、めっちゃ腰振ってましたよ。」

俺は言葉が出なかった。

「美穂も『もっとして』とか言って舌絡ませてキスしてたから」

金澤が楽しそうに話し続ける。「で、最後は美穂が上に乗って自分で動いてイかせてから、一緒にイッてましたね、汚いオヤジと密着して2人とも汗だくで抱き合いながら果ててましたよ」

ほらコレ最高に興奮しますよねとスマホのムービーを見せる。

そこには肩で息をする美穂とオヤジが抱き合って、余韻に浸りながらキスをして舌を絡ませている。「こんなん見せられたらオレも我慢出来なくて、そのまま美穂に挿れて3人でヤッちゃったよ」

金澤はまたもや自慢気に話す。

「美穂も気持ち良かったらしくて、最後は泣きながら喜んでたよ」

俺は黙って聞くしかなかった。

「それが今朝です」

金澤は満足気な顔で言った。

「でも今日は藤田さんが好きに出来るんですよ?」

金澤の言葉の意味を理解して俺は愕然とする。

俺が美穂を犯すのか……?そんな事が本当に可能なのだろうか。

「さっきまで会ってた美穂を思い出して下さい、あれをこの後好きに出来るんです」

金澤はニヤリと笑って言った。美穂を好きなようにできる。

その誘惑はあまりにも甘美だった。

「どうです?やりますか?」

金澤は相変わらずニヤついている。

「ああ、やる」俺は即答していた。

「オッケー!」

金澤は嬉しそうに返事をした。

「じゃあ、この後に町田駅の西口にあるホテルに来てください。オレは美穂と先に入っていますから、ホテルの名前と部屋番号はLINEしますから」

金澤は立ち上がりながら言った。「藤田さん、待ってますよ!最高の夜にしましょうね」金澤は手を振りながら去っていった。

俺はしばらく呆然として動けなかった。

あの美穂を好きにしていいなんて……。

夢じゃないのか?俺は震える手でスマホを手に取り、美穂に電話した。

「もしもし、どうしたの?」

美穂の声が聞こえてくる。

「いや、特に用はないんだけどあんまり呑みすぎるなよ?」

俺はドキドキしながら答えた。

「大丈夫だよw今もう向かってるから切るよ?」美穂がクスっと笑いながら答える。

「ああ、わかった。」

「うん、バイバーイ」

美穂は元気よく挨拶して通話を終了した。

俺は美穂の笑顔を思い浮かべ、股間が熱くなるのを感じた。

1人で町田駅の外に座っているとスマホがLINEの通知を伝えた。

LINEにはホテル名と部屋番号だけが書いてあった。

オレは立ち上がり足早に指定されたホテルに向かった。

指定されたホテルに着き、1つ深呼吸をして指定された部屋へ向かった。

部屋の前から金澤にLINEするとすぐにドアが開いた。「いやぁ、お待ちしておりましたよw」

金澤が満面の笑みを浮かべて出迎える。

俺は緊張しながら促されるまま中へ入った。室内に入るとベッドに目隠しされた美穂が座っている

俺はゴクリと唾を飲み込んだ。

「美穂、連れてきたぞ」金澤がそう言うと美穂が小さく可愛い声で自己紹介を始めた。「はじめまして、三原美穂といいます。今日はよろしくお願いします。」

すると金澤が遮るように「はじめましてじゃないかもしれないだろ?もっとしっかり自分の事を教えてやれよ」と命令するように言った。美穂はビクッとして、「はい、三原美穂と言います。26歳です。」

美穂は怯えながらも一生懸命答えている。

「出身は島根県で橋本で美容師をしています。」

「はい、じゃあ次はカラダのサイズを教えて」金澤がそう言うと美穂は少し躊躇いながらも

「身長152cm、体重44kgです……」と答えた。美穂は恥ずかしそうに俯いている。

「立って胸とかウエストとか尻とかも」

金澤は命令する。美穂はゆっくり立ち上がると

「バストはFカップでウエスト58センチヒップ82です」と小さな声で言う。

美穂は顔が真っ赤になっている。

「美穂ちゃん、もっと詳しく教えてよ」

金澤が意地悪く美穂に命令する。美穂は顔を紅潮させて必死に説明を続けた。

「バストのサイズはFでアンダーが60、トップが90あります。ウエストは58、ヒップは82くらいだと思います。」

美穂の息遣いが荒くなっている

「美穂はこんな感じなんですよ、恥ずかしくて嫌だけど興奮しちゃうエロ女」

金澤が満足気に言う。

「じゃあ、もう我慢も辛いでしょうから好きにして下さい」

金澤が美穂に近づき目隠しを外す。

美穂が俺の顔を見て驚きと戸惑いの表情に変わる。

俺は美穂の身体を舐めるように見た。白くて綺麗な肌に豊満なおっぱいと細いが肉のついたムチっとした太もものギャップにドキッとする。「藤田さん、美穂の事好きにしちゃって下さい」

金澤がニヤニヤしながら俺を見ている。

俺は美穂の前に立つと両手を掴み抱き寄せてキスをした。美穂は驚いた様子だったが抵抗する事なく受け入れてくれた。俺はそのまま舌を入れて激しく絡めた。美穂の口から吐息が漏れる。

唇を離すと唾液が糸を引いた。美穂はトロンとした瞳になり、頬は上気してピンク色に染まっていた。

俺は美穂を押し倒し覆い被さった。

そして再び激しいキスをした。

美穂は目を閉じてされるがままだった。

俺は美穂の首筋を吸い上げた。

「あっ……んっ……」美穂が甘い声で喘ぐ。

俺は首元にいくつも赤い印をつけていった。

美穂は小さく震えながら快感に耐えていた。

俺は美穂にキスをしながら、カラダを触りまくる。柔らかい大きなおっぱい、細くくびれた腰、プリっとしたお尻……。俺はその全てを堪能していった。

美穂は全身敏感なのか触れる度にピクっと反応している。

着衣が乱れ隙間からは白い肌が露出していく。

俺は美穂の服を脱がせていく。ブラジャーを取り外すとFカップの柔らかそうな胸が現れた。乳首を指先で摘むと美穂のカラダがビクンと跳ねた。

美穂は恥ずかしそうに手で隠そうとするが、俺はそれを許さない。

「美穂、全部見せてくれよ」

耳元で囁きながら手をどけさせた。

美穂は顔を真っ赤にしながらも大人しく従ってくれた。

美穂の大きな胸は重力に逆らいツンと張りのある形を保っている。

「美穂、すごく綺麗だよ」

そう言って胸にしゃぶりついた。舌で転がしたり吸ったりすると美穂が切ない声で鳴いた。

美穂の反応を見ながら俺は夢中で美穂の乳房を攻め続けた。

「あんっ……あぁ……だめぇ……」

美穂の声を聞いてますます興奮してくる。

今度は美穂のお腹に舌を這わせて下腹部へと移動させる。

美穂の秘部へ到達すると、そこはもうびしょ濡れになっていた。

「美穂、すごいよ」

そう言いながらクリトリスを刺激すると美穂は大きな声で叫んだ。

「ああー!ダメェ!」

俺は構わず刺激を続ける。「ああっ!!イクゥ!!」

美穂はビクビクと痙攣しながら果ててしまったようだ。

はあはあと息を整えている。

「美穂、気持ち良かった?」

美穂はその問いかけには答えずに、トロンとした目でオレを見つめてそのままキスをしてきた。

俺のカラダに自分から密着して股間を擦り付けてくる。

「ねえ、もっと……」甘えた声を出してねだってくる。

俺は美穂の手を引き1人掛けのソファに座って、その上に跨るように促した。

美穂は自らパンツを脱ぎ捨てると、俺のズボンに手をかけて脱がせ硬くギンギンに勃起した上に跨ってきた。「ナオヤの凄く大きいし硬い……」

美穂はうっとりしながら自分の割れ目に押し付けるように腰を動かす。

「硬いの擦って気持ちいい?」

美穂はコクりと小さく肯く。

俺は美穂のカラダを抱き寄せて頬に軽くキスをした。

美穂はそれに応えるように、俺の唇にキスをしてくる。

舌が絡み合う。

お互いの口の中で舌が動いているのを感じる。しばらくディープなキスが続いた後、ゆっくりと顔を離すと唾液が糸を引いた。

2人は見つめ合いもう一度キスをする。

俺は美穂の頭を撫でてから、ゆっくり押し倒した。

美穂の脚を広げて、そこに顔を埋めて舐め回した。

美穂の愛液と俺の唾液が混じりあってグチョグチョになっている。

美穂は恥ずかしさと快感が入り交じったような声を上げていた。

俺は美穂の一番敏感な部分を口に含んで、優しく吸い上げる。

「ひゃうぅん!」

美穂は身体を大きく仰け反らせビクンと跳ねた。

「あぁ……ダメぇ……」

俺は構わずに美穂を味わい攻め続ける。「そこばっかり嫌っ!おかしくなるぅ……」

美穂は涙を浮かべて訴える。

俺は指でクリトリスを刺激しながら、さらに激しく舌を動かして責め立てた。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。