【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 5 分で読了)

評価:昨日18位

小6の時、一緒に買い物行った帰りに、真面目なママが電車内で男の人にナンパされた話

投稿:2022-07-30 22:12:12

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

クレパスしんちゃん◆E5UzARE(東京都/10代)

これは僕が小学校の6年生の時に起こった出来事です。

ママと買い物に行った帰り、西武線乗り継ぎで小平から拝○行きの電車に乗り換えました。電車内はけっこう空いてて、十分座れました。僕はママの横に座りました。

僕のママは当時39才で、僕はそんな美人だとは思ってなかったのですが、友達からは「お前の母ちゃん、美人だよな」と羨ましがられたのを覚えています。

それで電車内でママとたわいもない話をしてたところに、30才くらいのあごにひげを生やした筋肉隆々としたイケメンの男の人が両手で吊り輪を握りながら、僕らの前に立ちました。

男の人はじぃーっとママを見ていました。ママもそれに気付き、男の人と目が合いましたが、すぐ視線を避け僕に話かけてました。僕はママと話しながら男の人が気になって、ちょくちょくチラリと顔を見ていました。

男の人は、まだママを見ていましたが僕と目が合いました。

僕がオドオドしていたら男の人が、

「君のお母さん?」

とママに視線を向け聞いてきました。

「はい」とつい返事をしてしまうと、

「君のお母さん、めちゃくちゃ綺麗だよね。お兄ちゃん、お母さんに惚れてもいい?」

と聞いてきました。

僕が答えられずオドオドしているとママが

「ちょっと、あなた何言ってるんですか?子供の前でやめてください!」

と男の人を叱りつけてしまいました。ママはすごく真面目な人で、この手の男の人は一番毛嫌いしそうな感じでした。

男の人は意に介さず、

「お母さん、何才ですか?本当綺麗ですね。旦那さんが羨ましいわ」

「俺は30才です。独身。お母さんに惚れちゃった。」

とママにモーションをかけてきました。

「これ以上つきまとってきたら、警察呼びますよ!」

ママは厳しく突き放しました。

「怖いなぁ。わかりましたよ」

男の人はヤレヤレと言った感じで離れて行きました。

「ママ、あんな男の人一番苦手っ!」

ママはまだ怒っていました。

それから夏休みに入ってママと自由研究の材料を買いに行き、帰りの電車に乗ると、あのあごひげの男の人がいました。僕はびっくりしました。あごひげを生やしてた時もイケメンだったのですが、ひげを剃り、髪型も変えたせいかさらにイケメンになっていました。

男の人は僕らに気づくと

「やあ、また会ったね」と爽やかな笑顔を見せて近づいてきました。

ママも男の人があまりにもイケメン化してたので驚いたのか、しばらく見とれていました。が、

「また変な事を言いに来たんですか?」

と、キッと男の人を睨みました。

男の人は急に真面目な顔になって

「俺、本当あなたに一目惚れしちゃったよ。別にどうこうしたいって訳じゃないけど、ちょっとだけお茶に付き合ってくれませんか?お子さんと一緒に」

とキラキラした目でママを見つめて告白してきました。

またママに怒られても知らないよ?と思ってママを見たら、驚いた事にどうしようか考えてるようでした。

(えっ?ママこんな人大嫌いじゃないの?)

そしてママは

「一杯だけですからね」

と応じてしまいました。

玉川○水駅で途中下車して、男の人がタクシーを捕まえて立川方面に向かいました。そして、男の人の行きつけの喫茶店に着きました。

男の人はママと僕を案内して、店内の見晴らしのいい場所を確保して、手際よく注文しました。

ママと男の人はアイスコーヒー、僕はクリームソーダでした。

僕は男の人の話術に驚愕したのをハッキリと覚えています。

大学留年して世界60カ国をバックパッカーした話から枝分かれにわかりやすく面白く本当に流暢に話をしてきました。僕もそうでしたが、ママも話に完全に引き込まれて聞いていました。

男の人は、諒さんだと名乗り、僕らの名前も聞いてきました。話術にはまってママが諒さんに僕らの名前を教えてしまいました。

「綾乃さんかぁ。キレイな名前だね、とても似合ってますよ。慎太郎くんか、賢そうないい名前だ」

ママが満更でもなさそうな顔をしていたので、何だかモヤモヤしました。

トイレに行きたくなって、用を足して座席に戻ろうとふとママを見たら、諒さんとスマホを出しながら何か話ていました。僕にはアドレスを交換しているように見えました……。

あんなに真面目で清廉なママが、他人の男の人にアドレスを教えていたのがショックでした。

そして8月に入ってすぐに、諒さんからお茶の誘いの電話がママにかかってきました。ママは僕も一緒ならいいと返事をしてしまいました。僕は嫌だったけど、ママと一緒に行かなかったら何か嫌な予感がしたので、ついて行きました。

諒さんは相変わらずイケメンで

「やぁ」と眩しいくらいの笑顔を僕らに向けてきました。

そしてまた諒さんのすごく面白い話を聞かされました。テレビの一流の芸人さんの話術を凌駕するほど素晴らしかったです。あれだけ固いママがじぃーっと聞き惚れてるかのような態度をとっていました。

ママがトイレに行くと、諒さんが僕に、

「慎太郎くんのお母さん、いいバストしてるよね?」

と言ってきました。

そして次々に

「ちょっとブラ透けてるな、綾乃さん」「お母さん、旦那さんしか知らないのかな?真面目そうだし」「慎太郎くんのお母さん、奪っていい?」とイヤらしい事を言ってきたので、

「ママをそんな目で見るな!」と思わず叫んでしまいました。

諒さんは「ごめんごめん、冗談だよ」と僕の肩を軽くポンと叩いてきました。

ママが不機嫌な僕を見て、

「慎太郎、どうしたの?」

と聞いてきたので

「何でもない!」とムキになって返事をしてしまいました。

お盆が過ぎて甲子園の決勝戦があった次の日に、ママが昔の友達に会いに行くから今日はちょっと遅くなるねと言って出かけました。

夕飯になっても帰って来なかったので、パパと外食しました。

部屋に戻って、夏休みの宿題の残りを片付けていると、パパの大きな声が部屋の中にも聞こえてきました。

「泊まるって、聞いてないぞ!」「いきなり急に怪しいだろ!?」

(えっ!?ママ泊まるの?こんな事今まで無かった。)

あれだけ真面目で固いママが友達と会っても泊まるなんて…何だかとても嫌な予感がしていました。

すると突然、僕の携帯電話に見知らぬ番号から着信があり、怪しみながら出ると

「慎太郎くん、こんばんは」と諒さんの声が聞こえてきたのです。

「何で僕の番号、知ってるんですか?」

「君のお母さんの携帯電話、ちょっと覗いた」

「!?えっ、何でママの携帯電話が諒さんのところに?どうして!?」

「……慎太郎くん、君のお母さん、今シャワー浴びてるんだ。どういうことか分かるよね?」

何となくどういう事か分かったけど、信じたくない気持ちでいっぱいでした。

「うそだ!諒さん嘘つくな!!」

「慎太郎くんに証拠見せるてあげるから、パパには絶対見せるなよ?」

そういうと諒さんからの通話が切れ、すぐに画像が届きました。

おそるおそる画像を開けると、信じたくないものが見えました。

エッチなホテルの和室の布団の上で、上下下着姿になっているママ、諒さんに片手で揉まれて、薄い色の乳房が露わになってるおっぱい。白いパンティがいやらしく濡れ濡れになってるママ、そして少しグロかった開いたオマンコ……なぜか悔しくて少し涙が出ました。

また諒さんから電話がしつこくかかってきたので出ると、

「慎太郎くん、ごめんな。綾乃さん今までで抱いた中で最高の女の人だわ。諒お兄ちゃん、当分の間、君のお母さんめちゃくちゃ抱くわ。一生俺の体忘れられないようにするから。全部味わう。中出しもするから。妊娠させたらスマン。俺のものにするからね。」

と言うと電話を切りました。ふざけるな!と思い、諒さんに通話してみましたが、電源を切られていました。

僕は絶望して、眠れませんでした……

次の日の朝にママは帰ってきました。パパに、遅くまで友達に付き合わされてそのままその友達のマンションに泊まって、朝すぐに帰ってきたと話していました。パパは仕方ねぇなという感じでそれ以上追及しませんでした。

ママはパパに謝ってからすぐにシャワーを浴びに行きました。僕はママが全自動の洗濯機の奥に下着をコソッと隠してたのをつい見てしまって、ママがシャワーを浴びている間にその下着を手に取りました。

ママが履いていたパンティには、白いネバネバした濃い液体がついていました。それは僕が小学5年の時に初めて出してしまった液体でした。そして、パンティにその液体がついているのがどういう事か、中学に入ってから知ることになりました……

ママは相変わらず普段は真面目で気配りのある人でしたが、僕から見ても何だか少し色っぽくなっていたのを今でも覚えています。そして、黒い下着を着け始めた事も……

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:11人
いいね
投票:19人
文章が上手
投票:7人
続編希望
投票:44人
お気に入り登録
投票:14人
名作
投票:5人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:100ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 4回
  • 43回
  • 228回
  • 3,210回
  • 3,210回
  • 6,501位
  • 4,982位
  • 4,998位
  • 6,889位
  • 22,427位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 1Pt
  • 2Pt
  • 56Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 948位
  • 1,292位
  • 1,295位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]