【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 8 分で読了)

評価:昨日39位

ダイビングで行ったグアムでの楽しい思い出。疼く身体を彼は優しく癒してくれた(2)。

投稿:2022-07-07 14:40:02

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

mikachan◆NWkkMxU(大阪府/40代)
前回の話

僕はソファーから美香を立たせると、上着を脱がせ、するりとキャミソールの肩紐を外す。膝丈までの茶色のタイトスカートを脱がし、ソファーに座らせ、濃いめのデニールの黒パンストに包まれた脚に頬刷りし、その足先を口に含む。自分の足先が舐められているところを上から見つめる美香の瞳はサディスティックな光を帯びている。この美香の表情が好きだ。

愛撫の痕跡が残らないように、軽く太もも、ふくらはぎと口で愛撫しながら、指先でパンストのクラッチの上から、あそこを指先で刺激する。足先の匂いとパンスト越しの秘部の柔らかさを十分楽しんだ後、黒パンストとパンティーを脱がすと、用意しておいた薄目のデニールの黒パンストに履き替えさせると、ベッドへと誘った。

「その話の続きをして。」

「長くなるけどいいよね…部屋の電気、少し暗くしてくれる?」

部屋の電気を落とすと、美香はまた語り始めた。

****************

もうへとへと。身体が壊れそうな感覚だった。お腹の上には白い液体が飛び散ってる。賢一はティッシュでお腹の液体を拭いながら、「良かったよ。」って言ってくれた。それだけで嬉しかったわ。和幸くんと美咲が、「お先に~」と言いながら、全裸で浴室から出て来たと思ったら、ソファーに二人座って、また抱き合ってキスし始めたの。

賢一は私の手を握ると浴室に連れていってくれた。暖かいシャワーが疲れた身体に気持ち良かった。お互いボディーソープで泡まみれになりながら、私の身体をとっても丁寧に洗ってくれたの。

「もう、こんなになってる。」。勃起したペニスを洗ってあげた。丸く膨らんだ亀頭が可愛くて、また咥えてあげたら、気持ちよさそうな顔するの。彼はペニスを私の股間の割れ目に沿わせて、スリスリしてくれた。もう少しで入りそう…またここで入れてって思った。ペニスの先がアソコの気持ちいいとこをナデナデしてくれるの。

とっても気持ちよかった。シャワーを止めて、「ここはしっかり洗っとかないとね」と言われながら、賢一の指先がまた、あそこに入ってきたの。グリグリとあそこの中を弄られる。もう私のあそこって彼のぺニスで開ききってるから、指は簡単に入るし、しかもシャワーで濡れてるのか、愛液で濡れてるのか分かんないけど、またたっぷりと濡れているの。

身体を大き目のバスタオルで拭いてもらいながら、バスタオルを巻いて、浴室の扉を開けたら、もうびっくりよ。美咲と和幸くんがソファーで二人全裸で、美咲はKの上に股がって、下から突き上げられながら、また大きな声で喘いでいるの。もう…またって…賢一と二人顔を見合わせてね。彼も呆れ顔よ。

(ねえ、私の話聞いてるの?…聞いてるのって…ああん、ああっ。そこいい。気持ちいいよ。したくなったの?…話は?いいのね、じゃあ、また後で続きね)

僕はたまらず、美香のあそこの濡れ具合を確認してから、後ろから肉棒を挿入していく。ぺニスがしっかりと根元まで繋がる。ぺニスの前後運動が美香の膣内を摩擦するごとに、美香も腰を振りはじめる。ヒップを突き出し、背筋をのけ反らせながら、いい声でヨガリ泣きを続ける。僕と美香の腰の振動が一致する。堪えていた男根が美香の中で暴発した。

濃いザーメンを美香の中に吐き出す。30分以上のセックスで大きく開放されたヴァギナから白い精液がこぼれだしている。紅潮した淫唇はとてつもなくいやらしい形に見える。その周りを飾るビラビラの小陰唇を音をたてて愛撫しながら、「美香さん、続きをして。」と話しの続きのお願いをした。

「一くん、セックスはまたあとでゆっくりね。」

************

そのあと、美咲はここ(アパート)に泊まるといい出した。美咲に「明日のフライトまでは別行動ね。じゃあ、14時に連絡してね」と言われた。私と賢一は宿泊先のホテルに車で向かった。グアムでは有名なホテル。ホテルのバーを利用する観光客も多いから、誰にも疑われずフロントを通って、エレベーターに乗った。

部屋にはキングサイズのベッドが2つ。3日間、美咲と寝泊まりした部屋だけど、こうして賢一といると今は何だか違って見える。窓のカーテンを開けて、二人夜景を見ながら、賢一は私を窓際で裸にしたわ。

また生まれたままの姿になった。でも、もう何も恥ずかしくもなかった。それよりも早く彼のアレが欲しかった。彼もトランクスを脱いだの。ヘソより上まで反り返った赤黒くて太いぺニスが、また私の前で脈打ってるの。

窓に手をついて、お尻をガシッと掴まれて、ぐっと左右に開かれた。すぐにお尻の深い辺りにすごい快感を感じたの。何だか分からなくなった。そして広げた脚の中でも何かが動くの。そして、二人で全裸で抱き合ったまま、ベランダに出たの。月明りでキラキラ輝く黒い海、

ベランダの下にはまだナイトプールで遊ぶ人たちが見えたわ。。私、このとき不思議に恥ずかしいとは思わなかったの。景色が綺麗だったせいだわ。誰かに見られてるような気もしたけど、ベランダに手をついて、あそこを舐められながら、もう興奮したわ。

彼のぺニスを咥えて、必死にそこをヌルヌルにしてあげた。そして、彼は私の腰を引き寄せると私の中にグイッと腰を突き出してきたの。脚を広げられ、今度はあのときのように激しくなく、優しく、ゆっくりとしと大きいストロークでぺニスを出し入れされたの。

アパートでは、見せつけるために激しくやってたのかしらね。とにかく今は、優しく甘く口づけされ、グアムの気持ちのいい夜風を感じながら、思ったわ。

「すごい、外から丸見え…イヤらしい、変になりそう。」って。頭の中が変になって、もう大きな声で叫んでたの。「ああぅ、すごい…もっと、もっと。」って。

ベランダで太いぺニスにつかれながら、ここでも何度もイッたわ。それから、部屋に戻ってベッドの上でまた深く激しく繋がった。ベッドがギシギシと軋む音がする。部屋にはムンムンした空気と私の喘ぐ声、耳元では彼の鼻息が聞こえる。カーテンは開けてたので、窓からは柔らかな月明りが差し込んでいた。

「ねえ、お願い。噛んでくれる、、どこでもいいから」。彼はおっぱいを揉みながら、甘く乳首を噛んでくれた。少し触られただけでも痺れのような感覚が走る身体。胸の先に少しの痛みが走る。脚を広げられ、太腿を吸われた。

「2人の記念にしようよ」って賢一がビデオカメラを取り出したの。「恥ずかしいから顔はダメっ」、て言ったら、側にあったバンダナで目隠しされたわ。

「今、僕と美香は愛し合ってます。あそこのアップで~す。ばっちり撮れてま~す。どう気持ちいい?」って言われながら、撮られてたら、なんだかとっても興奮しちゃって。それに、今までよりもさらに彼のあそこが太く逞しくなったような気がしたわ。

彼はひたすら腰を動かすの。電池の切れない機械のように。目の前がふらふらする感じがした。そのうち、少し痛みがしだした。その痛みで少し不安になったけど、痛みも忘れてまた気持ちよくなるの。いつまでたっても、フワフワした感じで気持ちいいの。

「私ってどれだけ敏感になってるの…こんなのすごいしたの…はじめて」。もう何度も感じた絶頂。アソコがすごく熱いの。もう何もかもが聞こえなくなり、自分の声だけが静寂のなかでこだましているような感じだった。

「中で出して…早く…来て…いいっ」。もう何度、イッたかわからない。頭が左右に揺れふらふらする。こんなに何度もイカされたことは今までなかったことだった。

外はうっすら明るくなりかけていたの。鳥のさえずる声が聞こえた。彼は私の横で寝息を立てている。

「このまま少し眠ろう。寝顔見られちゃうからメイクもそのままね。でも昨日、明日朝日を見に行こう、って彼との約束を守るのは無理そうね。おやすみなさい」

**********************

話はそこで一旦終わった。というよりも、美香とセックスがしたかった。

僕はベッドのシーツをはぎ取ると、美香の足をひろげ、黒パンストの上から密壺へ舌を這わせる。たっぷりと唾液を含ませた舌でパンストの下の襞を絡めるように舌先に力を込める。パンストの隙間から指を入れる。手の動きに合わせて、黒パンストの下で何かの生き物が動いているように、パンストが波打つ。

瘦せすぎず、適度な柔らかさを保つその下腹部の上を指は這い、手のひらが恥丘の上にはえる陰毛をなぞりながら、指先が密壺の入り口にある固い突起物に触れる。指先を簡単にはじくかのようにそこは固く勃起している。

僕の舌が乳輪に触れ、乳輪を円を描くように愛撫すると、上半身の突起までもが勃起している。乳首を舌でビンタするように舐め、吸い込み、甘噛みすると、甘い吐息を漏らしながら、

「気持ちいい、、、あそこがもう濡れてるの。早くして、いつもの、早く。」

「パンストって以外に破れないのよ。丈夫に出来てるの。前ね、パパと前にパンストプレイしたとき、破ろうとしたら、あまりにも破れないから、パパ焦ってるの。それ見てゲラゲラ笑ったわ」

僕は唾液で濡れたパンストのクラッチ部分をつまみ上げ、ハサミで切ると、黒い縁取りの中に、白い肌、そして肌の色とは全く違う、パンパンに膨らんだ黒アワビのような物体が丸見えになった。足を広げ、アワビの中の赤い肉壁の中に溜まる愛液を舌で吸い上げた。

「ああっつ、だめ、そんなに強く、、いい、、もっと」

****************************

僕は美香の中からズブリとぺニスを抜いた。そして、今まさに自分のモノが入っていたヴァギナを舌先で嘗めあげると、今だに固く勃起しているクリトリスを吸い上げた。脚を広げ、ヌメ光る赤みに舌を押し付けると、

「ねえ、今日はどうしたの…おかしいよ…わたし、どうしたらいいの…あっあっ。」

僕は美香の濃く茶色がかった割れ目の上でビラビラと波打つ小陰唇を見ながら、鼻腔には熟女の色気と甘い匂いを感じた。ここはもう何度となく男根を咥えてきたことだろう。おそらく、今、20代の美香の性器の原型と色を留めているのは、肉厚の朱唇だけだろう。

それにしても、賢一が味わった20代の美香の媚肉はどんなものだったのだろうか…三人の子供を産む前の膣の味と感触。願いが叶うなら20代の美香の膣内の締まり具合を味わいたい。

「咥えてくれないか。」。そういうと、美香は上半身を起こし、腹にぺったりと付いたペニスをそっと持ち上げると、鈴口に舌をあて、美香と祐介との間で作られた愛液汁で先の濡れた亀頭にチュッとキスをすると、パクリとペニスを咥えた。

ニュル、ジュルル、ジュボジュボ

唾液にまみれた口からいやらしい音をたてながら、顔を前後させる。美香の頭に手をそえて、ベッドの中に沈み込みそうなぐらい身体から力が抜ける。美香はペニスを咥えながら、頬を紅潮させ、薄くひかれた眉毛の下の潤む瞳で祐介を見つめると、「んぱっ」とペニスから口を離した。

「まだ話、聞きたい?続きがあるの。」。美香は舌の動きをとめ、枕元に戻ると、アップにした髪をおろし、頭をそっと僕の胸へ乗せた。美香の黒く光る髪の毛が汗ばんだ僕の胸に張り付く。僕は美香の頭を引き寄せ、腕枕をしながら次の話の続きを待った。

**************************

美香はそっと目をつむると、また静かに話し始めた。

しゃべっているうちに、だんだんとはっきり思い出してきたわ。

「何時間ぐらい眠ったかしら。」。部屋に差し込む光の中で、シーツにくるまれて目が覚めた。まだ頭がボッーっとする。ベッド脇のデジタル時計は9時過ぎを知らせていた。

「ねえ、賢一くん。」。声をかけたけど返事が返ってこない。眠い目をこすりながら、ベッドから起き上がる。裸の自分が鏡に映る。昨日のことがなんだか夢みたいに感じた。でも夢じゃない。ベッドのシーツが少し朱色に染まっていた。あそこに手をあてて、指を入れて確認する。指先には血液らしきものはついていない。

「あのとき感じた痛みってこれね」。ベッドのサイドテーブルには、脱ぎ捨てたブラジャーとパンティが、なぜかきちんとたたまれておいてある。それを身に着けベッドから出る。テーブルの上に目をやると、部屋のメモ帳に走り書きがしてあった。

「仕事にいってきます。起きたらこれを食べてください。それと仕事が終わったら見送りにいきます。連絡下さい。」。テーブルの上にはクロワッサンとシナモン味のパイが2個づつ置いてあった。

「そうだ、忘れてた。今日も仕事って言ってたわね。でも、あんなに動いてたのに。眠くないのかしら。ふふっ、さすがタフね。でも無理させちゃったかな。」

キャミソールだけを上に羽織って、窓から外を眺める。今日もグアムはいい天気だ。窓を開けると、静かだった部屋の中に海から吹く風と一緒に、海や人の声、鳥のさえずりが入り込む。

「今日で旅行も終りね」。ソファーに座るとなんだかとってもお腹が空いてきたので、部屋にあったコーヒーメーカーでコーヒーを入れた。そして、コーヒーを飲みながら、クロワッサンとシナモン味のパイを食べたの。空腹だったからとっても美味しかったのを覚えてるわ。

部屋のチャイムが鳴った。賢一くん?。一瞬、ドキっとした。まさかね。ジーンズのホットパンツを履き、ドアスコープから外をのぞくと、美咲がドアの外に立っている。

「美咲、、何よ~、来るなら連絡ぐらいしてよ」

「美香~、来るならって私の部屋でもあるのよ。何々、お楽しみ中だった?髪の毛ぼさぼさよ。賢一くんは?」

「居ないわよ。仕事に行ったわ。」

ふーんって言いながら、美咲が部屋に入ってきた。

「ところでそっちはどうなのよ?和幸くんは?」

「今から下のプールで泳ごうってことになったの。彼って今日、お休みなんだって。今、下で待ってるの。そうそう、美香もおいでよ。泳ごうよ。」

美咲はさっさと服を脱ぎ、全裸になるとビキニの水着に着替えた。「日焼け止め、日焼け止めっと。」っていいながら、バッグの中から日焼け止めを取り出すと、「先にいくね。」って言いながら部屋を飛び出ていった。

「もう…プールなんて行かないわよ。」。頭からシャワーを浴びて、髪の毛を乾かしながら、鏡の前に立った時、日焼けしていない乳房にいっぱいキスマークついてることに気づいた。内ももからあそこにかけても、赤いキスマークがいっぱい付いている。キスマークを見てると、足の爪先から私のアソコ、そして乳房から唇に熱い吐息みたいなのを感じた。

私はいつものように薄くメイクし直して、ホテルを出たの。一応、、あそこはきちんと洗って、下着もおニューにして。プールじゃないのよ…賢一くんに会いに行くため。

(第2章終)

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:1人
いいね
投票:1人
文章が上手
投票:1人
続編希望
投票:3人
お気に入り登録
投票:0人
名作
投票:1人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:7ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 4回
  • 30回
  • 691回
  • 691回
  • 0位
  • 19,065位
  • 17,423位
  • 15,747位
  • 23,905位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 4Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 9,484位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]