【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 4 分で読了)

評価:昨日9位

都合の良い幼馴染2

投稿:2022-07-02 14:12:05

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

てとら◆GFBQIhc(東京都/20代)
前回の話

長い間お待たせしました!今回は杏香と初めてヤッた後、2回目をするまでの話をしようと思います

前回杏香とヤッてから次の日学校で杏香に話しかけると無視をされてしまいました。その後も、何度話しかけても適当にあしらわれちゃんと話をしてくれません。

LINEも既読無視ばかりで私は嫌われたのかと思いました。しかし、せっかく手に入れた都合のいい相手を簡単に諦める訳にはいきません。

なので私は2人でゆっくり話せる杏香の部活終わりを習いました。

杏香は吹奏楽部に入っており私の学校は中々の強豪でした。

音楽室は音漏れ防止の為真夏ですが、窓を閉め切りクーラーはついていたようですが凄い熱気だったみたいです。

私は杏香が部活が終わって音楽室から出てくるのをずっと待ち伏せをして、杏香が出てきたタイミングで後ろから近づき

「ちょっと話がある」

と手を引きました

他の吹奏楽部の女の子達は、何故杏香が私に連れて行かれたのか全く分かっておらず、ぽかんとした顔をしていました。

そして、音楽室の上の階の4階に杏香を連れて行きました。

4階は空き教室と屋上に繋がる扉しかなく、人が立ち寄る事はほとんどありません

私と杏香は空き教室に入り2人で話す事になりました

「何で最近無視すんの?」

「別に…」

「俺さまた杏香と練習したいんだけど」

「その事なんだけどさ」

「前回は流れであーゆー事したけど、普通に考えてありえないから!」

「付き合ってもないし、ただの幼馴染の関係なのにヤったとか考えただけで今吐きそう」

「悪いけどもう2度と練習しないし、あまり私に関わらないでほしい」

と言ってきたのです

当然私も怒りました

「は?お前が好き同士ならしてもいいって言ったんだろ?」

「最後の方俺の事好きっていってたじゃん?!しかも、また練習付き合うからいつでも呼んでって言ったの誰だよ」

「だから、あの時はおかしかっただけ!」

「〇〇は彼女もいるんだからあり得ないよ。普通に〇〇がやってる事最低だからね。」

「私もその最低な行動に巻き込まれたくないから、もう話しかけてこないで」

突然の手のひら返しに流石に我慢しきれず、私は奥の手を出す事にしました

「分かったよ、お前ともう関わらないよ」

「そのかわりこれを俺の彼女に見せて、お前は人の彼氏に手を出す女だって事を暴露してやるからな」

といい杏香との行為中に撮ったビデオを見せました。

そのビデオには杏香が裸で腰を自分から振ってる映像が映っていました。

ビデオ内の杏香は

「好き…だよ!気持ちいい?」

などの言葉を口にしていたのです。

それを見た杏香は

「は?!そんなの見せたら彼女さんにあんたまで嫌われるけど?」

「別に俺はもう別れてもいいと思ってるもん」

「ほんとに最低だね」

「で?どうするの?」

「そーゆーの脅しって言うんだよ」

「なんとでも言えよ」

「分かったよ、どーせ1回したんだし後1回だけならしてもいいから、したら動画消して」

「それはどーかなー?杏香の奉仕しだいかなー?」

「何すればいいの?」

「まず、俺の言う事は絶対聞いてね」

「はぁ…分かったよ」

「ほんとに?じゃあ、その約束としてカメラの前で、私は〇〇の言う事は何でも聞きますって言って」

カメラを構える

「私は〇〇の言う事をなんでも聞きます」

「おっけー!じゃあヤろっか!」

と言い私は杏香を教室の机の上に押し倒しました

「ちょっと待ってよ!なにしてんの?!ここ学校だよ?」

「せっかくこの時間人少なくて学校でできるチャンスなんだもん、学校でやるでしょ」

「ちょっとそれはやだ!部活終わりで汗かいてるし、お風呂入ってからがいい!」

「俺の言う事聞くんだろ?」

「それは…」

結局不満な顔をしながら机の上に倒れながら俺に服を脱がされていきました。

その日は授業で体育もあったので杏香は上下地味なスポブラのセットでした。

ワイシャツはボタンだけ外して、全ては脱がさなかったです。

そして、無抵抗な杏香の体をゆっくりと舐めたりキスをしました

「うっ…気持ち悪い…」

と少し涙目になっていました

そして私が腋を舐めると杏香の体がとてもビクつきました

「ちょっとほんとにそこは勘弁して!汗凄いし…くすぐったいから」

「杏香腋弱いんだ笑なら尚更舐めるよ」

「ちょっと、ほんとにやめ…て」

と、体をとてもビクビクさせていました

そして寝ている杏香の口に自分のチンコを突っ込み腰を振ったり、手マンで行く寸前で止めたりと、好きなように遊びました。

すると

「早く…ハァ、終わらせてよ」

「ん?杏香そう言いながらさ、ほんとは俺のチンコ欲しいんじゃないの?」

「別にそんな事…」

「じゃあイかせてあげないよ?」

「分かったよ!欲しいの〇〇のが!一思いに早くイかせてよ!」

「しょうがないなー」

「でも、杏香のお願い聞いてあげるんだからそれなりの覚悟してね」

「え?」

と言うと杏香を立たせて、後ろから挿入しました

1週間ぶりの杏香の中はとても気持ちよかったです。

そして、

「このまま廊下でるから歩いて」

「ちょっと流石にやばいよ!ダメだって」

「いちいちうるさいな、口答えすんな」

「はい…」

そして今日と廊下の真ん中でセックスをすることになりました。

ですがその途中もっと良いことを思いつきました

「杏香、もっと開放的なとこでやろっか、屋上いこ」

「屋上?下から見られたらどうすんの?校庭たくさんの部活やってるし〇〇の彼女がいる女バスも今日ランニングしてるよ?!」

「だからいいんじゃん」

そして私達は屋上につき、セックスをしました。

杏香はフェスに手をつき

「やば…きもちいい、見られたらどうしよ、恥ずかしいよ」

と小さな声で話していました。

「杏香さっきよりキツくなってる!案外こーゆーので興奮するんだね!」

「イクわ!」

といい杏香のお尻にぶちまけました

2人とも崩れ落ちるように座り込み、数分の沈黙の後服を着て帰りました。

帰り道に

「これで終わりだよね?」

と杏香が行ってきました。

「なんとなく分かってんだろお前も?」

とあえて、ちゃんと言わず返しました

「やっぱりそうだよね…」

と杏香も複雑な顔をしていました。

その後杏香と私の関係はガラッと変わっていく事になりました。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:5人
いいね
投票:12人
文章が上手
投票:3人
続編希望
投票:30人
お気に入り登録
投票:5人
名作
投票:1人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:56ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 1回
  • 44回
  • 241回
  • 3,952回
  • 3,952回
  • 12,020位
  • 4,874位
  • 4,756位
  • 5,939位
  • 21,585位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 26Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 3,389位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]