【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 7 分で読了)

評価:昨日3位

【評価が高め】元ヤン年上婚約者京子 最後の夜、カオリさんは大人の女だった

投稿:2022-06-29 18:52:38

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆IBKFkjc
最初の話

【高評価】ヤンキーの女先輩の手コキで射精した中坊童貞の俺

俺が中学1年生の時の話。確か冬休みに入る少し前だったと思う。3年のヤンキーグループが7~8人ぐらい集まっていた体育倉庫に女子のヤンキーグループのリーダー格の京子という3年の女が一人で乗り込んできた。俺はそのグループに友達の兄貴がいたので、粋がって一緒に体育倉庫にいた。喋った事はないが、京…

前回の話

京子にプロポーズしてから、何度となくカオリさんとは電話やメールで業務的なやり取りはやっていたが、なかなか婚約した事は言い出せない日々…間接的に伝わるのも良くないと思い会社の人間にも言わなかった。

常務である叔父さんには個人的に報告していたが、社内にはまだ言わないで欲しいとお願いしていた。

このままの関係を続けるか…イカン、イカン……毎朝、毎晩来る京子からのメールが悪い俺の心を清める…

『おはよー♡今日も仕事頑張ろうね♡』

『体重1キロ減った!ガハハ!おやすみ♡』

『フェンディのネクタイ、特売だったから買ったよ♡イヒヒ♡』

『新メニュー発表で苦戦してる(;;)』

等々、ほのぼのするメールが荒む心を和ましてくれた。

そんな時、建設予定地での地鎮祭が行われる事に…県知事、市長、他議員、その他関係者各位…当然、カオリさんの会社の重役達も参加する事に…主催はカオリさんの◯◯不動産、準備するのはウチの仕事…。

『ここで言うしかない!』

覚悟した俺…だが、

『意地悪してこないかなぁー…態度変わるだろうなぁー…』

とか思って憂鬱だった。

1週間ほど前にカオリさんから携帯メール…

『前日入りする。よろしく!』

相変わらずの短文メール。

という事は◯日の夜が勝負…決意する俺。

程なく、地鎮祭前日になる…空港までの出迎えはカオリさんの会社の◯◯支店が行くとの事で夜の会食でご対面となる。

忙しかったのか、カオリさんからはそれまでメールはなかったが…宴もたけなわの時、ブーンブーン…メール着信の振動が…

『飲み直すよ!』

召喚状だった…カオリさんが居る方向を見る…いない…中座してメールしたようだった。

お開きになり、二次会へ…12〜13人でウチのお抱えのスナックへ流れた。

スナックの奥の広い部屋を貸切…カオリさんとは、ウチの女性社員を挟んで座るポジション…微妙だった。

しばらくして、その女性社員がトイレに立つ。

カラオケのリモコン操作を俺に聞くフリをしながら…

カオリ「デュエットしよっか!…場所考えといて…」

「お願いしまーす!了解です」

ドキドキ感とビクビク感の俺。

12時過ぎに二次会はお開きに…タクシーで帰るカオリさん御一行…俺は決戦へ!

上司たちを適当にタクシーに分乗させて、一人でボチボチ歩く…10分程して運命のコール…。

カオリ「お疲れ!どこ?」

「そっち向かって歩いてます!タクシーで行きます!」

ホテル裏でカオリさんと合流…街中のホテル街へ…下車して歩いてチェックイン…この日もカオリさんが払った。

部屋に入ってビールで乾杯してから、濃厚なキス…話す暇が無い…

カオリ「疲れたでしょ!…明日何時からだったっけ?」

「カオリさん…ちょっと…話というか報告が…」

カオリ「んっ⁈何よ?」

「いえ…あの…実は…」

カオリ「えっ⁈ちょっと…まさか辞めるの?何かあった?」

真剣に心配してるようなカオリさん…

「いえ違います…あのー…俺、結婚します」

カオリ「結婚⁈あぁーなんだー!辞めるかと思ったー!良かったー!おめでとう!」

意外過ぎるほど、笑顔で喜んでくれた!

カオリ「あの年上の彼女でしょ!良かったじゃん!おめでとう!お祝いしてあげるよ!何がいい⁈奮発するよ!」

矢継ぎ早に喋るカオリさん…逆に話し難い俺。

『やっぱ今のままでいいか…』

と、正直思った…が、やっぱり京子に悪い…京子のお母さんも裏切れない…。

「ありがとうございます…あのー…やっぱ…結婚したら…ちょっと…」

カオリさんは優しい表情で俺を見ていた…

俺を抱きしめて…

カオリ「奥さん大切にしな!結婚してもトモはトモ…奥さんと喧嘩した時は連絡しなよ!」

「えっ⁈はい…」

カオリ「もしかしてアタシが怒ると思った?フフフッ…アタシそんな面倒臭い女じゃないよ!」

俺を離して両頬を摘み…

カオリ「奥さんを愛してあげなさい…万が一、どうやっても上手くいかない時は…慰めてあげる、フフフッ」

「はい…カオリさんと会えて良かった…」

泣きそうだった。

カオリ「フフフッ…弟が巣立って行く気持ちだよ!嬉しい…マジよ!」

「トモらしいね…そのままアタシを抱くような男じゃないもん…フフフッ…頑張れトモ!」

「はい…キレる懐刀になります!」

カオリ「ヨシ!それでいい!フフフッ…でも…今日はアタシを抱き納めして…イヤ?」

どこまでも優しい表情のカオリさん…今まで

そんなカオリさんの表情は見た事がなかった。

断れなかった…いや、正直なところ…カオリさんのカッコ良さに抱きたかった…ヤリたかった。

『今日でカオリさんとの関係は終わりだ…』

カオリさんを抱きしめで唇を重ね舌を絡めあった。

カオリ「あんっ…あんっ…んんんっ…」

カオリさんのスーツを脱がして、ベットに寝かせ、俺も裸になり重なった。

カオリさんは目を瞑ってじっとしていた。

胸を揉み乳首を吸う…いつもの如く突起する乳首…カチカチになっていた。

いつものように摘んで甘噛みする。

カオリ「あっ…はぁぁぁん…トモ…噛んで…あんっ…コリコリして…あぁぁぁ…はっぁぁ…」

乳首はどんどん硬く勃っていく…マジでカチカチだった。

カオリ「はぁぁぁーーん…イィィ、イィィ…噛んでぇぇ…噛むの…噛むのぉぉ…」

俺との最後の交わりだからなのか?甲高い大きな唸り声だった。

カオリ「あんっ…トモ…あんっ…オマンコ…オマンコ…あぁぁぁん…」

マンコに手をやるとビチャビチャ状態…指で擦る…クチョクチョ…クチョクチョ…カオリさんの汁の音が部屋に響いた。

カオリ「あんっ…ねぇ…きて…入れて…トモ…入れて…擦って…」

いつになく可愛い声でねだるカオリさん…ちょっと可愛かった。

入れる前に、じっくり見たかった…顔を埋める…プーんっと生臭い匂いがした。

赤茶色のビラビラを広げて、ピンク色の綺麗なマンコを舐める。

チョンと顔を出したクリも舌で転がして、舐めて吸う。

カオリ「あぁぁぁ…くっぅぅ…ダメよ…トモ…汚いよ…洗ってない…あんっ…あっはぁぁーーん…あっくっぅぅ…はぁっくぅぅ、あっっ…」

身体をビクつかせるカオリさん…イッたのがわかった。

カオリ「ハァハァハァハァ…ダメよー…ハァハァハァハァ…ダメって言ったじゃない…ハァハァ…」

泣きそうな声のカオリさんに興奮した。

俺は無言でギンギンのチンポを突き刺した。

ヌルッ…スッポリと入ったチンポ…温かいというか、マンコが熱かった。

カオリ「あぁぁ…んんぐっっ…ぁぁぁ…擦って…擦って…はぁぁぁーーん…」

俺を抱きしめて叫ぶカオリさん…お互い汗だくだった。

カオリ「あぁぁーん、あぁぁーん、あぁぁーん…イィ、イィ、イィ…んんんぅぅぅ…」

歯を食いしばり、腰を使い唸りまくるカオリさん…激しかった…。

俺も興奮していた…もうこの人とヤル事は無い…こんないい女と…終わる…そんな事を考えていた。

俺は頭が熱くなっていた…『出そう…』

眉間に皺を寄せ唸るカオリさん…

「あっ………出すぞ…カオリ…」

カオリさんの耳元で何故かそう言った…。

無言で『うん、うん』と何度も頷き、俺を抱き締めるカオリさん。

「あぁぁ…んっ…」

ピッピッピッ…射精する音が聞こえるようだった。

カオリ「あっっ…ふぅぅん…んんっっ…」

足で俺を蟹挟みするカオリさん…

俺・カオリ「ハァハァハァハァ…ハァハァハァハァ…」

「ハァハァ…すいません…出した…」

カオリ「ハァハァ…いいの…大丈夫…入ってるのがわかった…ハァハァ」

カオリさんを抱き締めようとしたら、逆に抱き締められた…目の前に長い乳首があった。

カオリ「ありがとう…トモ今日凄い…気が狂いそう…フフフッ…」

「カオリさん…俺…カオリさん離したくない…」

本心というか、つい言ってしまった…

カオリ「バーカ!…奥さん守ってやらないでどうすんの…そんな男はダメよ…奥さんを大切にしなさい…わかった?」

諭すように、強く言った。

「はい…」

カオリ「ヨシ!結婚してもしなくてもトモはアタシの弟…強い懐刀になって!」

俺はこの時『やっぱりこの人は凄い…勝てない』

と思った。

その日は風呂に湯を張り一緒に入った。

湯船に入る前に、股を洗うカオリさん…

カオリ「トモのが出てる…大量じゃん…」

恥ずかしそうにマンコに指を入れて洗ってる姿が、何となく可愛かった。

カオリ「いつか奥さんに会わせてよ!変な事言わないから!あははは!」

「いいですよ!カオリさんみたいにカッコ良くないですよ…でも温ったかい女です」

カオリ「トモ見てたらわかるよ!中学の先輩って言ってたよね?」

「2個上です…俺の初めての人です…◯◯に勤めてます…よく笑ういい女です」

カオリ「言ってたねー!トモを男にしたんだ!フフフッ……トモさっき、カオリって言ったね!」

「あっ、はい…すみません、つい…」

カオリ「ううん…嬉しかった…初めて呼び捨てにしたよね……嬉しかった…」

照れるように俺の頬にキスをするカオリさん。

風呂から上がりソファに座っていると、カオリさんが裸のまま出て来た。

カオリ「フフフッ…何か大人になったねー…」

そう言って俺の横に来て、キスをしてチンポを撫でた。

カオリ「この可愛いオチンチンが…アタシをイカせる…」

直ぐに勃起する俺のムスコ…

カオリ「フフフッ…もう元気になって、フフフッ」

俺に跨り自分でチンポをマンコに刺す。

カオリ「あぁぁぁ…気持ちぃぃぃ…カタィ…」

俺の首に手を回してバウンドしまくるカオリさん…長い乳首が俺に当たる。

カオリさんの腰に手をやり支える。狂ったようにバウンドするカオリさん。

カオリ「はぁぁぁん、はぁぁぁん、気持ちぃぃぃ…んぐぅぅぅぅーーー…あんぐぅぅぅーーー…」

歯を食いしばり怖いような形相だった。

カオリ「んんぅぅぅ…んんぅぅぅ…はぁぁぁーーーん、くっっ、くっっ…」

唸り声を上げ、完イキだった…同時に俺も

発射…ピッピッ…ピッ。

『もし、出来てたら…カオリさんは、どうするんだろう…』

咄嗟にそんな事を考えた。

カオリ「ハァハァハァハァ…ゴクン…ハァハァハァ…どうにかなりそう…ハァハァハァ…」

俺の舌を吸って、絡めまくるカオリさん。

俺をギュッと抱きしめて、

カオリ「これで終わり…お終い……ハァハァハァ…いい男になりなさい…アタシが見込んだ男だから…」

優しくしっかりした口調だった。

俺はこの時のカオリさんの言葉を一生忘れないだろう…。

それからシャワーを浴びてホテルを出た。

部屋を出る時…

カオリ「これからも忙しくなるよ!新婚ボケって言われるなよ!遅れを取るなトモ!」

ニコッとしてキスをして部屋を出るカオリさん…カッコ良かった!

タクシーの中で手を繋いだ…何故かスッキリというか晴れ晴れした気持ちだった。

カオリさんを降ろして、携帯を見る…京子からのメール…

『久しぶりにお母さんと餃子使ったよ!めちゃ美味っ!今度作るね!おやすみ♡』

いちいち癒される俺…ヤッてしまったけど、一つ綺麗になりました…心の中で京子に報告する俺だった。

翌日も、凛としてキレッキレッのカオリさん…俺の顔を見て一瞬ニコッとしてくれた。

とりあえず、一つ綺麗になった俺…翌月の東京出張で再度、若女将雪乃さんから大人の女の深さを教えられる事になるのだが…その出張前に俺は馬鹿な事でケガをして……情けない限りだった…。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:15人
いいね
投票:45人
文章が上手
投票:22人
続編希望
投票:68人
お気に入り登録
投票:10人
名作
投票:12人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:172ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 9回
  • 56回
  • 272回
  • 4,222回
  • 4,222回
  • 3,172位
  • 3,955位
  • 4,291位
  • 5,619位
  • 21,281位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 104Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 403位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]